排出権取引市場

【よみ】はいしゅつけんとりひきしじょう【英名】Emissiontradingmarket

「排出権」とは、国や企業などに対し、二酸化炭素などの温室効果ガスを
一定量排出してもよい、という割り当てを指し、環境省の構想では、
企業が削減目標を掲げて自主参加し、目標を達成すれば、省エネルギー設備などの
補助金が受けられる仕組みをとる予定である。