年俸制

【よみ】ねんぽうせい【英名】AnnualSalarySystem

年俸制とは、日本における年俸制は、その定義が明確に定義されている
わけではない。ただし、日本で世間一般に言われている年俸制には、
以下の特徴がある。(1)定期昇給を廃止し、業績への期待等を考慮して
一年単位での給与を決定する。(3)管理職に導入し、
一般職等には年俸制は導入せず、定期昇給を残す。
日本で年俸制というとプロ野球の世界のイメージが強いが、
このためか「評価次第で次年度の給与が下がる可能性のある人事制度」を
年俸制と捉えられることがある。この点のみに注目し、
「わが社は年俸制を導入した」という企業があるが、
(1)を満たさず、基本給と各種手当等で給与を構成しているところも多い。
日本では1985年のプラザ合意直後に、藤沢薬品や東京ガスなどで
年俸制が導入され、バブル崩壊後に導入企業が増え現在に至っている。
しかし、日本の風土になじまないということで、導入を見送り
企業も少なくない。