B2C

【よみ】びー・つー・しー、びー・とぅ・しー【英名】BusinesstoConsumer

別名、BtoCともいう。B2Cとは、企業が一般消費者を対象に商取引を行う
ビジネス形態のことである。B2Cにおける電子商取引(EC)としては、
インターネット上に商店を構えて消費者に商品を販売する
オンラインショップ(電子商店)が最も一般的な形態だが、
ソフトウェアや画像、音楽などのコンテンツを販売するビジネスや、
オンラインゲームやオンライントレードのようにサービスを
提供する事業者も登場している。B2Cをめぐるニュービジネスは、
多くのネットベンチャー企業がこぞって参入し開拓してきた新市場である。
しかし結果的に利益をあげているネット企業はごく限られた企業に
絞られつつある。また最近では、インターネットによる
顧客接点だけでなく、インターネットと既存インフラの両面から
マーケティングを考える「クリック&モルタル」の戦略を
重視し成功を収める例が出てきている。インターネット(=クリック)と
店舗(=モルタル)それぞれの顧客接点をうまく活用し相乗効果を
上げる考え方である。類似語:B2B(企業対企業の取引き)、
C2C(一般消費者同士の取引き)