TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 会計 > 全面時価評価法

全面時価評価法

【よみ】ぜんめんじかひょうかほう【英名】Fullscalecurrentpriceratingsystem

全面時価評価法とは、支配獲得日における、子会社の資産および
負債のすべてを支配獲得日の時価により評価する方法。
なお、従来は部分時価評価法の採用も認められていましたが、
平成22年4月1日以後開始する連結会計年度から、全面時価評価法の
採用のみが認められることになった点に留意が必要。