TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 会計 > 適格退職年金

適格退職年金

【よみ】てきかくたいしょくねんきん【英名】Qualifiedretirementannuity

適格退職年金とは、信託銀行、生命保険会社または全国共済農業組合連合会が、
企業年金を実施する企業と、退職年金に関する信託、生命保険、
または生命保険共済の契約を締結することにより、
企業年金の運営の委託を受け、国税庁長官の承認を受けて実施する年金。
「適格」とは税制適格年金という意味。適格退職年金と認められた場合には、
事業主が負担する掛金は全額損金として扱われるなど、
税制上の優遇措置があるため、企業年金制度の1つとして広く利用されている。
なお、平成13年の確定給付企業年金法の成立により、
平成24年3月までに廃止もしくは他の年金制度に移行しないと
税務上の優遇措置が受けられなくなる。