TOP > 用語集 > ビジネス用語集 > 会計 > 一時差異

一時差異

【よみ】いちじさい【英名】Temporarydifference

一時差異とは、「貸借対照表に計上されている資産および負債の金額と
課税所得計算上の資産および負債の金額との差額」をいう。
一時差異には、
(1)収益または費用の帰属年度の相違から生じる差額(期間差異)
(2)資産の評価替えにより生じた評価差額が直接資本の部に計上され、
かつ、課税所得の計算に含まれていない場合の当該差額がある。
資産負債法による税効果会計において、調整の対象となる企業会計と
税務計算との差異が一時差異。