総合的品質管理

【よみ】そうごうてきひんしつかんり【英名】TotalQualityControl

別名、TQC、ティー・キュー・シーともいう。
総合的品質管理とは、「製品の品質を管理するためには、
製造部門だけに任せていては効果が限定されるので、
営業・設計・技術・製造・資材・財務・人事など全部門にわたり、
さらに経営者を始め管理職や担当者までの全員が、
密接な連携のもとに品質管理を効果的に実施していく」活動である。
TQCは、アメリカのファインゲンバウムが提唱した言葉である。
最近は、品質管理だけに限定されず、幅が広がったため、
TQM(TotalQualityManagement)と呼ばれていることが多い。