準則主義

【よみ】じゅんそくしゅぎ 【英名】Principleofobservanceofstandards

法律に一定の要件を設け、その要件を満たすものは官庁の許可や
認可を要せずに、一定の手続き(公証人による定款の認証、設立登記)を
行えば設立を認められるもの。商法上の会社や中間法人は、この主義による。