就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

CALS

【よみ】きゃるす、かるす【英名】CommerceAtLightSpeed,ContinuousAcquisitionandLife-cycleSupport

CALSとは、CALSの頭字語はいろいろ変遷したが、
現在は”ContinuousAcquisitionandLife-cycleSupport”ないし
“CommerceAtLightSpeed”が用いられている。
CALSは1985年米国国防総省が提唱したイニシアティブ(推進運動)で、
従来紙ベースで行われていた取引(広義)を2000年目標に
デジタル化しようというものであった。
現在米国ではCALSは当初の目標を達成したとして、
関心はもっぱら企業統合(エンタープライズインテグレーション)に
向けられている。もちろん、企業統合の手段は情報のデジタル化である。
CALSの基本は、「データの作成は一回、その使用は繰り返し」ということ
で、しかも、それを一企業内で実現しようということでなく、
グローバルに広がる関連企業が、作られたデジタル化情報を共有化して、
同一の目的・目標を達成しようというものである。
我が国におけるCALSの取り組みは米国に遅れること10年、
1995年のCALS推進協議会を設立して着手した。
官民力を合わせ、多くの活動、取り組み、努力がなされ、
多大な成果を上げたが、その後、インターネット、
EDI、ECを中心とした新しい動きがあり、CALS推進協議会は
2000年5月その活動ならびに成果をECOM(電子商取引推進協議会)に
引き継ぐこととなった。

ページトップへ