就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

故障モード影響解析

【よみ】こしょうもーどえいきょうかいせき【英名】FailureModeandEffectAnalysis

別名、エフ・エム・イー・エー、FMEAともいう。
故障モード影響解析とは、製品またはプロセスについて、
問題が発生する前に問題(故障モード)を識別し、
予防する体系的な手法であり、「設計FMEA」と「工程FMEA」の2種類がある。
「設計FMEA」は、設計段階において、製品の故障モードを含めた
設計以降の後工程(顧客まで)で発生する問題(リスク)を予測し、
定量的に重みづけをした上で、リスク低減の方策(設計施策・製造施策)を
実施する。信頼性、製造性の高い設計を目的に使われる。
「工程FMEA」は、製造品質に影響を及ぼすと考えられる製造プロセス上の
品質不具合(リスク)を特定し、定量的に重みづけをした上で、
リスク低減の方策(対策・管理)を実施する。新工程の早期安定化や
工程の改善のために使われる。
また、自動車部品産業のISO9001セクター規格であるISO/TS16949において、
コアツールとしてFMEAが要求されている。

ページトップへ