TOP > 用語集 > IT用語集 > IT一般 > 赤外線サーモグラフィ

赤外線サーモグラフィ

【よみ】せきがいせんさーもぐらふぃ 【英名】InfraredThermography

赤外線サーモグラフィとは、対象物から放射される赤外線量を検出して温度に
換算し、温度の分布を画像でビジュアルに可視化する装置または方法のことで、
最近では、世界的な大流行が懸念される新型インフルエンザの感染者を
チェックするため、来訪者の対表面温度を測定する
赤外線サーモグラフィシステムを設置する企業もある。

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活