就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

ムーアの法則

【よみ】むーあのほうそく 【英名】Moore’sLaw

ムーアの法則とは、米Intel社の共同創設者であるゴードン・ムーア
(GordonE.Moore)氏が1965年に提唱した、「半導体チップに集積される
トランジスタ数は、約2年で倍増する」という説で、Intelはムーアの法則を
維持するため、CPUに集積されるトランジスタの数を指数関数的に
増加させてきたが、2010年頃にはトランジスタの小型化(微細化)が
限界に達すると思われていた。

ページトップへ