TOP > 志望動機の書き方・例文 > 採用担当者が絶対に面接したくない志望動機の特徴3つ。

採用担当者が絶対に面接したくない志望動機の特徴3つ。の志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

採用担当者が絶対に面接したくない志望動機の特徴3つ。

志望動機は、あなたの強みや働く意欲を伝えるための項目です。

採用担当者は、あなたの経歴や志望動機を見て、面接するかどうかを判断します。

志望動機は「履歴書の顔」とも言える項目です。初対面の採用担当者に、あなたの人柄や仕事の意気込みが伝わるよう、

わかりやすく書くことが求められます。

では、あなたの強みや働く意欲が伝わらない志望動機とは、どのようなものでしょうか。

今回は「採用担当者が絶対に面接したくない志望動機の特徴3つ」と題して、書類選考で落とされる志望動機の特徴をご紹介します!

採用担当者が絶対に面接したくない志望動機の特徴3つ

1.「〇〇が好き」という志望動機

【参考】

?【NG】「〇〇が好き」という志望動機を避けるべき2つの理由。

詳しくは、上記の記事にて解説していますが、「〇〇が好き」という志望動機は、熱意を伝える以外になにもメリットがありません。

働きたいという意欲を伝えるのは、悪いことではありません。しかし、あなたの強みを、どのように仕事に活かすのかということが

書かれていなければ、企業があなたを採用するメリットがわかりません。

意気込みを書いただけでは、企業があなたを「面接したい」と思えるポイントが一切ないのです。

2.「御社の企業理念に共感して…」という志望動機

【例文】

私は、御社の〇〇という思想・企業理念に共感し、御社を志望いたしました。

御社の〇〇という企業理念を体現できるよう、業務を遂行していきたいと考えております。

「志望動機に共感した」と書くと、志望動機としてそれらしい文章が出来上がります。

しかし、絶対に面接までいたりません。

単に「志望動機に共感した」と書いても、ただ企業を褒めているだけなのです。

企業は、自分たちの仕事に誇りを持っています。褒められて「嬉しい」と感じることはあっても、「褒められたから面接しよう」とはなりません。

「なぜ企業理念に共感し、自社でどのような仕事ができる(成果を上げられる)のか」という理由やあなたの強みが書かれていなければ、

意味がないのです。

理由や強みが書かれていないと、採用担当者に「ウソっぽい」という印象を与えてしまいます。

単に「志望動機に共感した」と書いても、採用担当者はあなたの魅力が感じられないのです。当然、面接にはいたりません。

言い換えれば、企業理念に共感した理由や経緯、あなたの強みが明確に書かれている志望動機は、採用担当者の心を動かす可能性が高い

ということです。

3.「社会貢献したいと考えております」という志望動機

企業は、自社に貢献できる人材を求めています。

明るく親しみやすいお店づくりに貢献したいと考え、御社を志望いたしました。

大学では、チアリーディング部に所属し、応援のプロとして笑顔と一体感あるパフォーマンスでお客様を楽しませてまいりました。

お客様に楽しんで頂くためには笑顔とチームワークが重要だと考えております。

御社での業務においても、チアリーディング同様、職場の先輩方と一丸となり、明るく親しみやすいお店づくりに

貢献したいと考えております。

また、いち早く接客のプロになれるよう、努めてまいります。

御社の業務を通じて社会に貢献したいと考えております。

上記は、志望動機が書けない…ゼロから志望動機を生み出すための3つのテクニック。という記事で紹介した志望動機の例文です。

最後に、“御社の業務を通じて社会に貢献したいと考えております。”という一文を追記しました。

自分の強みや就職後の目標が書かれた志望動機ですが、”御社の業務を通じて社会に貢献したいと考えております。”という一文があることで、

採用担当者のあなたに対する印象が大きく変わります。

この一文があることで「社会貢献したいなら、ほかでやって」と嫌悪感を抱く採用担当者は少なくありません。

企業は、自社を成長させるために新しい人材を採用します。「社会貢献したい」という学生に会社の成長スピードをあわせることはできません。

社会貢献ならば、ボランティア活動でも十分可能です。単に「社会貢献したい」という学生に、企業が賃金を払う理由はないのです。

まとめ 志望動機は具体的に書こう

「〇〇が好き」、「企業理念に共感して…」といった内容が抽象的な志望動機は、書類選考で確実に落とされます。

なぜなら、あなたの強みや働く意欲が伝わらないからです。

志望動機は、過去の経験を交えて具体的に書きましょう。

経験を交えて書くことで、志望理由がわかりやすくなり、説得力ある志望動機を書くことができます。

こちらの記事も合わせて読まれています

?【NG】「〇〇が好き」という志望動機を避けるべき2つの理由。

?就活期間が2ヶ月に短縮!!学生が就職活動本番までにやっておきたい3つのこと。

?面接で緊張しないために覚えておきたい4つの心構え。

?営業職ってどんな仕事?人前で話すことが苦手な人が意識すべきこと。

個別面談開催中!!

?【仙台開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「No.1」だから出来る就活サポート!

?【大阪開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「No.1」だから出来る就活サポート!

?【東京開催/無料】就活個別面談PREMIUM!センパイ達のESや面接対策シートから弱点を克服デキル

?【東京開催/無料】就活個別面談!文系学生の内定取得支援実績がNo.1だから出来る就活サポート!

?【東京開催/無料】面接対策個別セミナー体験版!備えあれば憂いなし

?【名古屋開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「No.1」だから出来る就活サポート!

?地方大学の理系学生向け就職支援「ちほりけ」