就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【履歴書|郵送】封筒・添え状の書き方~図を用いてわかりやすく解説~

「履歴書を郵送する時のルールってある?」「封筒に何を書けばいいかわからない」

という不安を感じている人に向けて本記事では履歴書を郵送する際の封筒の書き方や、履歴書と同封する添え状の書き方について紹介しています。

画像を用いてわかりやすく解説しているので、履歴書を郵送する前にチェックしてみてください。

目次

封筒の色、サイズ

封筒は白のものを選ぶようにしましょう。ない場合は茶封筒でも問題ありません。

しかし茶封筒は企業に届いた他の郵便物と混ざってしまう可能性があるためできれば白の封筒を使用することをオススメします。

サイズについては、履歴書のサイズがA4かB5であるため、A4の履歴書が入る封筒にしてください。

郵送する際の封筒の書き方

履歴書を郵送する際の封筒の書き方を紹介します。

表面

封筒の表面には「宛名」「住所」「赤字で〇〇在中」と書きます。宛名を書く際は以下の3点に注意して書きましょう。

★企業、部署宛へ送付する場合は「御中」と書く
★個人宛へ送付する倍は「様」と書く
★個人名が不明な場合は「○○ご担当者様」と書いてもOK

住所は略さず、「◯◯-◯」ではなく、「丁目、番地、号」を用いて書きます。

最後に赤字で「履歴書在中」と忘れずに書くようにしましょう。

裏面

裏面には自分の住所と差出人名(自分の名前)を書きます。

書く場所は封筒の真ん中より左側に書いてください。イメージ沸かないという方は画像の書き方を参考にしてみてください。

封筒に入れるもの

ここでは封筒に入れるものを紹介します。

履歴書を郵送する際は履歴書やその他指定されている書類の他に添え状を入れるようにしましょう。

封筒に入れる書類はクリアファイルに挟んでから入れるときれいな状態で保つことができるため、クリアファイルを使用してください。

また書類を封筒に入れる時の順番は、(1)添え状⇨(2)履歴書⇨(3)その他書類の順番です。

添え状の書き方

ここからは履歴書と同封する添え状の書き方を紹介します。添え状が何かわからない人はぜひ参考にしてみてください。

日付

右上に作成した日付ではなく投函する日付を書きます。

西暦でも和暦でも問題ありませんが、書類の中で必ずどちらかに統一するようにしてください。

宛名

左の上側に宛先を書きます。

担当者名がわかる場合は「正式社名+正式部署名+○○ ○様」、担当者名がわからない場合は「正式社名+正式部署名+採用ご担当者様」と書きましょう。

個人ではなく企業や部署宛てで郵送する場合は「正式会社名+正式部署名+御中」と書くのが一般的です。

差出人

右側に差出人情報として「大学名」「学部・学科」「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を書きます。

タイトル

添え状のタイトルは趣旨が一言でわかるように「選考応募書類の送付につきまして」などと中央揃えで記載します。

本文

添え状の本文を書く際は以下の3つのポイントを意識して書いてください。

(1)「拝啓」「敬具」などの頭語を書く
(2)時候を書く
(3)「敬具」「敬白」などの結語で閉める

結語から一行空けて、中央揃えで「記」と記入し、その下に送付書類を記載し、何が入っているかがひと目でわかるようにしましょう。

最後に右下に「以上」と書きます。

履歴書を郵送する際の注意点

履歴書を郵送する際の注意点を紹介します。郵送する前に必ずチェックしてください。

切手

切手の料金は封筒のサイズや重さによって異なります。

自分ではわからないという方は郵便局で料金を計算してもらうことも可能なので、オススメです。

郵便局に行く時間がないという方は、以下の料金表を参考にして必要な切手を選ぶようにしてください。

参考:定形外郵便物の料金

のり付け

必要書類を封筒に入れ全て入っているかを確認したら封筒をのり付けします。

のり付けをする際は水のりだと封筒がふやけてしまうこともあるため、スティックタイプののりか、両面テープを使用することをオススメします。

封字

封筒をのり付けしたら「〆」など、封字を書くようにしましょう。

どんな感じで書けばいいかわからない方は画像を参考にしてみてください。

提出期限

履歴書の提出期限には「必着」と「当日消印有効」の2パターンがあります。

どちらかは企業によって異なるため、企業の締切情報を見て必ず把握しておきましょう。

必着とは、指定された締切日までに履歴書などの郵送物が企業に届いていないといけません。

例えば、「4月30日必着」の場合は、4月30日には既に企業に履歴書が届いていないといけない、つまり30日よりも前に投函していなければいけないということになります。

一方で当日消印は、郵便局にて押された消印が期日以内であれば大丈夫です。

例えば「4月30日 当日消印有効」とされている場合は郵便局で消印を押してもらえば30日に投函しても問題ないというになります。

どちらにせよ履歴書などの大事な書類は余裕を持って早めに投函するようにしてください

まとめ

本記事では履歴書を郵送する際の封筒の書き方を紹介してきました。

封筒の書き方が間違っているからといって、絶対に受からないというわけではありませんが、企業側に与える印象は異なります。

面接官に良い印象を与えるためにも封筒の書き方をマスターしておきましょう。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ