就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

企業研究東急不動産ホールディングス
更新日|

【企業研究】5分でわかる東急不動産ホールディングス|選考フロー・志望動機を紹介

「東急不動産ホールディングスの強み・弱みは?」「どのような選考対策をすればいいの?」「会社の安定性や成長性はどうなの?」などと考えていませんか?

本記事では東急不動産ホールディングスの事業や会社の強み・弱みなど、企業研究に役立つ情報を紹介していきます。

他にも内定を獲得するために知っておくべき”過去の選考情報”なども紹介していくので、企業研究に自信が持てない人や選考に不安を抱えている人は、確認してみてください。

また当サイトを運用している就職エージェントneoは内定支援実績が約40,000件にのぼり、就活における様々な悩みを日々解決しております。就活でお悩みのある方はお気軽にご相談ください。

CTA1_大_今すぐ無料で相談
目次

不動産業界のホットニュース

不動産業界では近年のコロナウイルス感染拡大による影響とDX化がトレンドとなっています。

以下ではそれぞれのトレンドについて紹介していきます。

コロナウイルス感染拡大の影響

現在、不動産業界はコロナウイルス感染拡大による影響で、オフィス賃貸の空室率の上昇やホテル・リゾート分野での収益が減少していることなどが課題となっています。

今後、規制緩和や経済の回復によってオフィスの空室率などがどれほど改善するのか注目されています。

このような状況の中、東急不動産ホールディングスもコロナ禍の影響を受けています。グループの売上高は若干の減少で済んだものの、賃貸のホテル・リゾート分野では大きな減収となりました。

大きく低下した外国人宿泊率や客室単価をどれほど回復させられるかが今後の経営で重要になってくるでしょう。

DX化の普及

不動産業界におけるDX化に関して、賃貸契約では2017年10月から、売買取引では2021年3月からオンラインによるIT重説(※)が解禁となりました。

これにより社員の移動時間や交通費を削減できるようになった他、AIを使った不動産査定やバーチャルでの内覧など、不動産業界全体でDX化の流れが進んできています。

こうしたDX化の流れの中で東急不動産ホールディングスは、2022 DXレポートにてDigital Fusionというコンセプトを掲げて更なる進化を目指しています。

具体的には、業務のデジタル化による更なる効率化や既存サービスをオンライン・オフラインの両面から提供することによって利便性の向上を図るといったことです。

※IT重説とは、不動産の契約をする際の重要説明事項をパソコンやスマートフォンなどのIT機器を活用して行うことです。

CTA_A_今すぐ無料で相談する

データで見る東急不動産ホールディングスの企業研究

ここでは、企業研究で見るべき事業内容や業績について紹介します。さらにSWOT分析という企業研究を深堀りする際に役立つ分析方法についても紹介するので、見てみましょう。

東急不動産ホールディングスの企業概要

東急不動産ホールディングスの企業概要について紹介するので、以下の情報を参考に企業選択をする手段の1つとしてご利用ください。

会社概要
会社名   :東急不動産ホールディングス株式会社
設立年月日 :2013年(平成25年)10月1日
資本金   :77,562百万円(2022年3月31日時点)
代表者   :代表取締役社長  西川 弘典
従業員数  :87人(提出会社) 21,276人(連結)(2022年3月31日時点)
平均年齢  :43.4歳(提出会社)(2022年3月31日時点)
平均勤続年数:15.6年(提出会社)(2022年3月31日時点)
平均年間給与:10,579千円(提出会社)(2022年3月31日時点)
参照元:
東急不動産ホールディングス 第9期有価証券報告書
東急不動産ホールディングス 第8期有価証券報告書

東急不動産ホールディングスの事業内容

東急不動産ホールディングスは都市開発事業・戦略投資事業・管理運営事業・不動産流通事業を展開しています。

以下ではそれぞれの事業について紹介していきます。

都市開発事業

都市開発事業では、オフィスビルや商業施設などの開発・賃貸・運営・売却業務等を行っています。

この事業はグループ企業である東急コミュニティーや東急不動産SCマネジメントが業務を担っており、 分譲住宅・賃貸住宅の開発、分譲なども行っています。

戦略投資事業

戦略投資事業では再生可能エネルギー発電施設や物流施設といった開発・賃貸・運営・整備などを行っているほか、不動産投資運用ノウハウを国内外に展開しているようです。

また、戦略投資事業はアメリカやインドネシアを中心に海外進出もしています。

この事業は東急不動産キャピタル・マネジメントや東急不動産リート・マネジメントなどが業務を担っています。

管理運営事業

管理運営事業では、建物の資産価値に関わる管理事業や改修工事業、健康増進などに貢献するウェルネス事業などを幅広く展開しています。

ホテルやゴルフ場、スキー場などのほか、シニア住宅の経営など多様なビジネスを展開しているのが特徴です。

この事業は、東急コミュニティーや東急不動産、東急リゾート&ステイなどが管理運営事業に関わっています。

不動産流通事業

不動産流通事業では、不動産の売買仲介や販売委託のほか、賃貸住宅の管理に関わる事業を展開しています。

一般家庭向けの不動産のみならず学生マンション等の管理・運営などの業務を担っているのが特徴です。

この事業では東急リバブルや東急住宅リースなどが事業展開をしています。

参照元:東急不動産ホールディングス 事業内容

東急不動産ホールディングスの業績

次に、過去3年間における東急不動産ホールディングスの売上高・営業利益(本業で稼いだ利益)を紹介します。

東急不動産ホールディングスの売上高および経常利益

以下は、東急不動産ホールディングスの売上高と経常利益をまとめたグラフとなります。

東急不動産ホールディングス 売上高、営業利益

*各年度の決算書より就職エージェントneoが独自に作成

売上高とは、営業活動として商品やサービスを提供した際に、対価として受け取った販売額のことを指します。

そして営業利益とは、販売した商品の「売上高」から「売上にかかったコスト」を差し引いた残りのもののことを指します。営業利益が大きいほど優良企業だとされています。

東急不動産ホールディングスの営業収益と営業利益は2021年度に減少しています。これは新型コロナウイルスの感染が拡大した影響であると考えられます。

今後、コロナ前の水準までに営業収益と営業利益が回復するのかに注目です。

東急不動産ホールディングスのSWOT分析

以下にて、SWOT分析というフレームワークを活用して、東急不動産ホールディングスの事業環境を分析していきましょう。

SWOT分析とは、競合や法律、市場トレンドといった自社を取り巻く外部環境と、自社の資産やブランド力、さらには価格や品質といった内部環境をプラス面、マイナス面にわけて分析する手法です。

この分析により、企業の置かれた状況を客観的に俯瞰して見ることができ、将来性のある企業かどうかを判断することが可能になります。

東急不動産ホールディングスのSWOT分析
SWOT分析
【強み】
・「働く」「住む」「過ごす」の全てのシーンで幅広い事業を展開
・顧客接点の多様化(運営業、不動産管理・仲介、東急ハンズなど)

【弱み】
・海外事業の収益性の低さ

【機会】
・最先端テクノロジーを活用したスマートシティづくり(※)
・デジタルとリアルを複合したサービスの提供

【脅威】
・コロナ下での事業活動縮小による業績及び財政状態への影響

※スマートシティとは、デジタル技術を用いて都市の抱える問題を解決し、住民や利用者などの快適性や利便性などを向上させることでより良い環境を目指す都市のこと

*就職エージェントneoが独自で作成したSWOT分析になります

企業研究をしっかり行っている学生でも、SWOT分析まできちんと行えている学生は多くいません。

そのため上記の分析内容を自分なりに理解し、志望動機や逆質問などで活用できると、他学生と差別化が出来る可能性があるでしょう。

CTA_A_今すぐ無料で相談する

東急不動産の求める人物像

東急不動産の求める人物像について見ていきましょう。

東急不動産の採用情報に掲載されているメッセージをピックアップして、どんな人が求められているかを紹介していきます。

人と向き合う。街に寄り添う。
これは新卒の採用情報ページで最初と最後に書いてあるものです。このメッセージと一緒に掲載されている動画の最後には『あなたの思いが人を動かす』とあります。

このメッセージと動画の内容から、信念を持って働くことで自然と周囲の人を巻き込んでいけるような人材が求められていると考えられるでしょう。

街は生きている
人が住み、活動し、常に変化していることを表しているのでしょう。

他にも「“想い”から始まる街づくり それが私たちのDNA」というメッセージがあります。

ディベロッパーとして街の開発を行うだけではなく、実際に生活を送る顧客に寄り添い、先を見通して物事を考えられる人材が必要にされているのだと考えられます。

人を見つめる。広く、深く。
東急不動産は展開している事業を「人と街に寄り添う事業」と紹介しています。

働く人や環境に優しいオフィス、街のシンボルとなるような商業施設、全国の優良資産を活用した投資マネジメント事業などを展開しています。

様々な用途で街を利用する全ての人に向けて魅力的な街づくりを目指しているのが特徴です。

そのため1つの物事に対して複数の角度から考えを巡らせることで、物事の表面だけでなく根本にある課題などを発見できる人材が求められていると考えられます。

自由な未来を、躍動的な感性で。
このメッセージのリンク先では社員がどのような想いを抱きながら街づくりに関わっているかが記載されています。

活躍している社員からは主体性やチャレンジ精神などを持っていることが分かるでしょう。

自分から周囲に積極的に働きかけたり、新しいことに恐れず挑戦できるような人材が求められていると考えられます。

こうした社員へのインタビューや就活生向けに発信されているメッセージからは、求められている人物像や入社後活躍できる人材に必要な要素などが記載されていますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

参照元:東急不動産 RECRUIT 2023

東急不動産ホールディングスの選考情報

東急不動産ホールディングスの採用情報によると東急不動産ホールディングスでの採用は行っておらず、グループ各社で採用を行っています。

そのため、今回はグループ会社の中核企業である『東急不動産』の選考情報について紹介していきます。

東急不動産の本選考対策

ここでは、東急不動産ホールディングスの本選考対策について紹介していきます。

過去の情報によると東急不動産ホールディングスでは、下記の選考フローが組まれています。最新の情報では選考フローが変更されている恐れもありますので、予めご了承ください。

「ES→webテスト→面接(複数回)→内々定」

以下で実際に東急不動産ホールディングスのESと面接で問われた内容を紹介していきます。本選考対策として、ぜひご活用ください。

■エントリーシート(ES)

東急不動産は設問1つあたりの文字数が少ないです。そのため、伝えたいことを端的にまとめて文章を整える必要があります。

きちんと対策を行ってからESに取り組まないと選考を通過することは難しいかもしれません。

以下で内定者のESを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

趣味を教えてください(100文字以内)
趣味はサウナだ。体が整っていく感覚と、サウナ後の気持ちが昂った状態で友人と熱く語る時間が大好きだ。特技はボウリングである。友人に負けたくないがために特訓を重ね、最高スコアは270まで到達した。

→100文字以内となっているため、伝える趣味は1つの方がより詳細に伝わりやすくなります。
趣味をサウナに限定した場合、サウナにはまるきっかけや生活の中でサウナがどんな良い影響を及ぼしているのかなどを書けるようになります。

あなたが印象に残っている挑戦(成功または失敗体験)を3つ記入してください。(100字以内)
1.ハンドボール部主将としてチームを導いた経験だ。一時は学業を頑張りたい部員と部活を頑張りたい部員の確執でチームがバラバラになった。これに対し粘り強くチームをまとめ、本校初の県大会ベスト8の成績を収めた。

2.個別指導塾代表として退塾者数減少に取り組んだ。信頼関係を活かし他講師に協力を仰ぎ、個別面談や授業体験制度等の施策を導入した。当施策を通して生徒皆と向き合うことでニーズを理解し、退塾者数を減少させた。

3.超高層建築物の安全性検討の研究だ。先行者がなく高難易度だったが、勉強会を主催したり他大学教授に共同研究を依頼したりするなど問題解決に挑戦し続けた。結果、研究を世界初の成果に繋げることができた。

→3つそれぞれに課題・改善・結果の流れをしっかりと掲載できているため非常に伝わりやすい内容となっています。

■適性検査

東急不動産はヒューマネージ社のwebテストを採用しているようです。

学生によると他のwebテストに比べて難しかったという声もあったので過去に受験した先輩や知り合いに聞いてみるのもいいかもしれません。

また、東急不動産は人気の大手企業であり、選考を受ける学生も非常に多くなっています。

そのため、難易度が比較的高くなりやすいので、きちんとテスト対策をしてから受験しないと通過に通過するのは難しいでしょう。

■面接

面接は複数回にわたって行われています。以下では過去に面接でされた質問を紹介していきます。

質問例
・ガクチカ
・志望動機
・就職活動の軸
・ESの深堀り
・高校時代の話
・他社選考状況
・将来のビジョン
・入社して携わりたい部署
・希望部署での事業のイメージ
・逆質問 など

この他にも様々な質問がされているため、きちんと調べて準備をしてから面接を受けましょう。

東急不動産ホールディングスの財務状況

ここでは、東急不動産ホールディングスの財務状況を「会社の安定性を図る指標」「会社の成長性を図る指標」の2つの観点から説明していきます。

”安定性”を図る指標

まずは、会社の安定性を図る指標である「流動比率」について紹介します。

東急不動産ホールディングスの流動比率

「流動比率」とは会社の安全性を測る代表的な指標です。自己資本比率とは異なり、短期的観点から企業の安定性を判断できます。以下の公式により流動比率の算出が可能です。

「流動比率=流動資産÷流動負債×100」

東急不動産ホールディングスの流動比率は以下のようになりました。

流動比率=77,330÷226,635×100%≒34.12%

*東急不動産ホールディングスの財務諸表(貸借対照表)の流動資産合計と流動負債合計より就職エージェントneoが独自に計算

流動資産は原則として1年以内に現金化できる資産を表し、流動負債は1年間以内に返済可能な金銭債権のことを表します。

この流動比率を計算することで会社にどれだけすぐに現金化できる資産があるかがわかり、流動比率が120%の会社であれば安全であると言われています。

ちなみに流動比率はあくまで簡易的に会社の安定性を判断する指標であるため、流動比率が低いからといって東急不動産ホールディングスが破産することを示唆するものではありません。

”成長性”を図る指標

続いて、会社の成長性を図る指標である「売上高」「純利益」「純利益率」について紹介します。

東急不動産ホールディングス純利益

上記の表は東急不動産ホールディングスの直近3年の売上高・純利益・純利益率を表したものです。

ちなみに純利益とは、法人税など企業が支払うべき費用を差し引き、最終的に会社に残ったお金のことを指します。

東急不動産ホールディングスは2021年に新型コロナウイルスの影響を大きく受けていますが、2022年には回復しています。今後、コロナ以前の水準まで業績を戻せるかが課題となっています。

まとめ

本記事では、東急不動産ホールディングスの企業研究に役立つ情報を紹介してきましたが、いかがでしょうか。

企業研究は内定獲得をするための重要な要素の1つですが、ただ情報を見るだけでは内定を獲得することはできません。

ぜひ本記事を参考にし、東急不動産ホールディングスへの理解を深め、内定までの一歩を踏み出してください。

就職エージェントneoでは、専属のキャリアアドバイザーがあなたの悩みに応じたアドバイスを行っています。

もし「うまく情報収集できない!」「まとめられない!」などの不安を抱えている人は、1人で悩まず就活のプロである就職エージェントneoにご相談ください。

CTA_A_今すぐ無料で相談する

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

就職エージェントneoの専属アドバイザーは、あなたが内定を獲得するまで伴走してくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。

本記事を読んで「就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ