就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

医療事務の志望動機の例文・書き方〜選考通過ESを公開〜

医療事務と聞いて、「受付業務」や「書類仕事」と思い浮かべる人も少なくないでしょう。確かに、受付や書類の仕事はありますが、新卒採用で病院採用される場合は経理やスタッフのマネジメントに関わるような立ち位置に進むこともあります。

医者や看護師ができない病院の運営を支える特殊な役割を担っている仕事なのです。

目次

医療事務の最新情報

医療事務での最新情報はどのようなものがあるのでしょう。これから医療事務の最新情報を紹介します。

レセプト作成などのIT化

レセプト作成はレセプト専用のコンピューターソフトを使って行われます。レセプトのIT化が進んでおり、紙媒体から電子媒体へと変更されました。電子媒体に変化したのはレセプトだけでなく、カルテも電子カルテを使用している病院が増えています。

ドクターズクラークの広がり

ドクターズクラークはドクターがより質の高い医療を提供できるようサポートをします。診察時に先生が画面を見て患者と向かって話さないことで、クレームを受けることがあります。

そのため、先生の隣にクラークが座って画面に必要な情報を打ち込むことで、患者と先生がしっかりと向き合うことが可能です。ドクターズクラークは大きい病院を中心に、多くのクリニックで取り入れており、年々増えつつあります。

患者へのホスピタリティの提供

患者とコミュニケーションをとり、ホスピリタリティを提供するようになっています。患者さんのことをいかに安心させてあげることができるかや、質問された際に丁寧に受け答えができるかなど、コミュニケーションスキルが必要です。

医療事務にとって身に付けておきたいスキル

コミニュケーション能力

患者を安心させてあげられるようなホスピリタリティの高いコミュニケーションスキルです。患者には受付のことから病気のこと、病院内のことまで色々なことを聞かれるでしょう。

その際には患者が安心できるような丁寧な受け答えが大事です。答えられる質問には答え、分からないことはきちんと確認を取り、あいまいにしないようにしましょう。

パソコンスキル

医療事務に特化したパソコンソフトを使いこなせるスキルです。医療事務では会計伝票の作成や、Word、Excel、PowerPointなどのパソコンソフトの使用が多くなります。これらのパソコンソフトが使用できないと仕事が進まないので、あらかじめ取得しておくようにしましょう。

スピード性と正確性

多くの書類を間違いなく作成できるスピード性と正確さが必要です。病院には毎日多くの患者が訪れるので、数多くのカルテがあります。また、患者の診察記録は1つでも間違えると大きな問題になります。そのため、多くの書類を素早く正確に記入する必要があります。

医学的な知識

医学的な知識も欠かせません。医療事務は医療行為に直接関わるわけではないですが、病院に勤める以上、医療と関わる必要があります。医療事務職をする上では病気名やケガの情報、処方される薬の名前、薬の効果や効能など最低限の医療知識が欠かせません。

医療事務の仕事内容

医療事務ではどのような仕事が行われているのでしょう。多くの方が受付業務をしているイメージを持っていると思いますが、実はそれ以外にも沢山の業務があります。これから詳しく紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

病院での受付業務

患者から保険証や診察券を預かり、診療申込書を書いてもらうなどの業務です。患者に受診料の案内をしたり、診療が終わった方から診療費用をもらいます。また、初めて病院に訪れた患者にはカルテの作成や新しい診察券の発行もします。

医師や看護師との橋渡しとなるクラーク業務

医療事務ではクラーク業務も必要な仕事の1つです。クラーク業務は外来クラークと病棟クラークに分けられており、どちらもこなさなくてはなりません。外来クラークでは電話対応、患者の呼び出し、カルテやレントゲンの準備などです。

病棟クラークではナースステーションにいることが多く、入院病棟で必要な入院の手続き、食事の管理、事務作業全般を行います。

レセプト業務

医療事務ではレセプト業務もあります。レセプト業務とは1か月分の保険診療における診療費用の支払いなどをすることをいいます。

レセプト業務には患者さんの氏名や診療を行った医療機関名以外に病気の名前、治療に対して行われた処置や使用された薬に応じた診療報酬点数などが記載されています。これには医療の知識も必要であり、パソコンスキルも求められます。

カルテ管理

カルテ管理は、カルテの搬送やフィルム搬送、カルタの管理・抽出・収納などを行う仕事です。医師や看護師の要請に応じてカルテを運び、必要な情報を伝えたりします。カルテ管理の仕事はあまり人と関わる必要がなく、1人でもできる仕事なので人気の部署です。

医療事務の志望動機を書く際のポイント

志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、その職種の中でもなぜその企業なのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。

なぜ医療事務なのか?

医療事務を仕事にしたい理由を明確に書きましょう。例えば医療現場に関わる仕事がしたい、年齢に左右されないから長く続けられるなど理由は様々です。これらを書く際に気をつけたいのが自己中心的な理由にならないことです。

例えば、家から職場が近いなどは、医療事務ならではの理由ではないですし、自分にとって都合が良い自己中心的な理由です。このように、自己中心的な理由を避け、どの職業にも当てはまる理由も避けましょう。

医療事務でアピールすべき強み

医療事務では受付、クラーク、レセプト業務など書類仕事が多いです。そのため、多くの書類を効率よく書かなければなりません。また、患者とのコミュニケーションも大事な仕事の1つなので、コミュニケーション能力があることは強みです。

医療事務は病院で仕事をするため、病気名やケガの情報、処方される薬の名前や効能など医学的な知識を身に付けておくことは強みになるでしょう。

なぜその病院か?

医療事務は病院勤めです。そのため、その病院を選んだ理由を書くのですが、病院によって、方針はさまざまです。個人の小さな病院と大学病院では、志望動機も変えなくてはいけません。

例えば、小さな町医者のような病院の場合は「医療事務全般の仕事ができる」。大学病院や、地域を支える総合病院の場合は「他の医療事務スタッフと協力し合いながら仕事ができる」など、病院の規模に合わせて書くのもよいです。

また、他にも、「幼い頃から通っている病院であり、受付時の会話で診察時の不安がなくなった」、「この病院では家族がいつもお世話になっている」など具体的な理由を挙げると良いでしょう。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機をひと言で
(2)具体的に言うと
(3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性)
(4)入社後にどうなりたいか

医療事務のNG例文

以下で医療事務の志望動機NG例を紹介します。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。

志望動機のNG例
医療事務は病院に関わることができる職種であり、昔から医療に関係のある仕事に就きたいと思っていたので志望しました。また、家族が病気の際にこの病院に通っており、そのときに医療従事者にインスピレーションを受けたことです。私がこの病院を志望する理由は家から近くて通いやすいことです。

→病院で働きたいことの理由として、家族が病気だったことのエピソードが挙げられていますが、医療事務ではなくてはならない理由が書かれていません。医療の中でも、医師や看護師など様々な職種があるため、医療事務でなくてはならない理由を挙げましょう。

また、この病院を志望する理由が利己的になっています。もっと病院側がメリットを感じるられるような理由にしなくてはなりません。

医療事務の志望動機の例文

以下では医療事務の例文を紹介します。どのような書き方がよいのかも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

国立病院機構の選考通過ES

志望動機の良い例
病院のような人々の生活になくてはならないものに携わりたいと考え志望しました。私の祖父が病気を患ってから医師の技術とともに現在の医療技術に幾度も助けられてきました。寿命の平均年齢が上がっていることや少子高齢化の社会の中で医療は欠かせない存在となっています。そんな中、看護師や医師のように医療技術はできなくとも、事務職として病院経営に関わりたいと思いました。

また、貴機構はセーフティネット分野の医療を扱っており、国民全体を対象とした非常に公共性の高い業務を行うことができます。全国に存在する病院ネットワークを活かし、国民の皆さんから必要とされ、貴機構があってよかったと思ってもらえるような病院にしたいです。

→医療事務として仕事がしたい理由が明確に書かれています。医療系の仕事に憧れを持ったエピソードや、就職後はどのように働きたいのかなど、就職後のビジョンが伺えるので、病院側も働く姿をイメージしやすいでしょう。

終わりに

医療事務では病院での受付や書類作成など様々な業務があります。全体的にはパソコンソフトを使用した業務が多いので、WordやExcel、PowerPointなどのパソコンスキルが必要です。また、多くの業務を正確に効率よくこなせるスピード性と正確さも必要不可欠でしょう。

また、病院によって規模や理念などが異なってくるため、企業研究をしっかりと行ってから志望動機を作成するようにしましょう。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ