就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

レストランホールスタッフの志望動機の例文・書き方

レストランホールスタッフの仕事は、ただ来店客を席に案内し、メニューを配り、注文を取るだけの単調な仕事と思われがちです。しかし、業態や店舗によって違いはありますが、実際は盛り付けやドリンク作りなどの簡単な調理や食器洗い、店舗の清掃も行います。

そのため、レストランホールスタッフが覚えるべき基本的なマナーや求められる礼節のレベルは高く、臨機応変な対応が必要な仕事です。また、お客様とのコミュニケーションを通して、礼儀作法やホスピタリティを学ぶことができ、仕事を通じて得られるメリットも多いでしょう。

 レストランスタッフの仕事は、レストランでの食事を、素晴らしい体験や忘れられない思い出にすることができる仕事です。 
目次

レストランホールスタッフの特徴

レストランホールスタッフは、飲食業界の中でも豊富な求人数がある職種の一つです。しかし、一口にレストランホールスタッフといっても業態、業種は多岐にわたります。ここでは、レストランホールスタッフの情報を職種別にお伝えします。

ファミリーレストラン

ファミリーレストランのホールスタッフは、接客と給仕が主な仕事ですが、その他にも食器の並べ方や簡単な調理方法も学ぶ必要があります。また、業種や店舗によってはデリバリーやポスティング、配達などを行うこともあるでしょう。

高級レストラン

高級レストランのホールスタッフも人気です。コース料理があるような高級レストランのホールスタッフは、キッチンとホールのつなぎ役として、料理の進行を操作するお店の司令官といえます。最近では、予約管理やモバイル決済といった、カスタマーエクスペリエンスの向上につながる技術が多く採用され始めています。

レストランホールスタッフで働くことで得られるスキル

レストランホールスタッフの仕事を一定期間経験すれば、さまざまなスキルが得られます。以下に、レストランホールスタッフで働くことで得られるスキルの一部をご紹介します。

マルチタスクで業務遂行するスキル

レストランホールスタッフは、複数の仕事を同時に遂行できるマルチタスクスキルが得られます。お皿を下げながら、注文をとったり、追加のオーダーが無いか確認しながら、ドリンクが無くなっていないか見たりするなど、一つのことだけに集中することが少ない仕事です。

このスキルは飲食業だけでなく、どの業種でも活かせるスキルなので、一生役に立つでしょう。

お客様とのコミュニケーションスキル

レストランホールスタッフは、人との関わり無しには成り立たない仕事です。お客様だけではなく、スタッフやシェフとも関わりながら仕事を進めるので、コミュニケーションスキルを磨きたい方におすすめの仕事です。

店全体をコントロールするスキル

レストランホールスタッフは、店全体の流れを見極め、先読みをして段取りを進めなければなりません。スタッフに的確な指示を出したり、料理の提供や接客がスムーズになるように気配りをするなど、店全体をコントロールするスキルが得られます。

レストランホールスタッフの仕事内容

レストランホールスタッフの仕事内容は大きく分けて、5つに分かれます。ここでは、その内容を1つずつご説明します。

オーダーの受注

ホールスタッフの業務には、お客様が注文するメニューを聞き、キッチンスタッフへ伝えるというオーダーの受注業務があります。

店によってやり方は異なるものの、お客様の様子を伺いつつ、ベストなタイミングでオーダーを受けることが大切です。

配膳

ホールの仕事で大半を占めるのが配膳です。キッチンで調理した料理を、お客様へ提供するために、トレーに乗せて運びます。

現在は、客席で盛り付けをするお店などもありますが、お客様に喜んでもらえる、気持ちのよい配膳をすることが大切な仕事です。

お会計

飲食代を精算するのもホールスタッフの仕事です。伝票の記載内容に間違いがないかチェックをし、1件1件丁寧に対応しなければなりません。

また、お会計後の見送りや、出入り口の開閉なども行い、来店してくれたお客様に「ありがとうございました」とお礼をお伝えします。「また来たい」と思ってもらえるような対応が必要です。

テーブルセッティング・片付け

お皿やグラスの片付け、次の来店客の準備など、テーブルセッティングもホールスタッフの仕事です。また、片付けはテーブルの上だけでなく、床も汚れていないかなど細かくチェックする必要があります。

大人数での貸し切りパーティーや宴会のセッティングをする場合もあるでしょう。

席案内

席案内はお客様が来店した際に、空いている席まで案内する業務です。お客様をスムーズに席に案内することが求められます。また、満席の場合には、臨機応変な対応が必要です。お店の回転率が売り上げを左右するので、他のスタッフとも連携を取り合って適切な判断をしましょう。

レストランホールスタッフの志望動機の書き方とポイント

志望動機を書く際は、なぜその職種を希望するのか、なぜ数あるレストランの中でこのレストランで働きたいのかを具体的にアピールすることが重要です。ここでは、志望動機を書く際のポイントについて説明しましょう。

なぜその職種か

まずは、なぜレストランホールスタッフになりたいのかを記載しましょう。数ある業種の中から、レストランホールスタッフを選んだ理由を明確に伝えることが大切です。

レストランホールスタッフでアピールすべき強み

「人とのコミュニケーションが好き」、「質の高いホスピタリティを習得したい」、「デシャップなどの高いレベルで仕事がしたい」など自分の強みや目標をアピールしましょう。

採用担当者に「即戦力」として考えてもらえるような内容を伝えることができれば、採用されやすくなります。

なぜそのレストランを選んだのか

数あるレストランの中で、なぜこのレストランを選んだのかしっかり伝えましょう。その際にポイントとなるのが、自分の将来の夢や目標がそのレストランの理念などに共通しているかどうかです。

志望するレストランだからこそ身に付けることができるスキルや経験を、自分の将来と結びつけて、志望した理由を書きましょう。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機をひと言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

レストランホールスタッフのNG例文

レストランホールスタッフの志望動機として、書かない方が良いポイントがあります。志望動機のNG例文をあげて解説するので、参考にしてみてください。

志望動機のNG例
私は幼い頃から人が好きで、誰とでも仲良くなることが出来ました。コミュニケーション能力には自信が有り、人に喜んでもらえる仕事がしたいと思っています。

どうせやるなら高いレベルで働きたいと考え、御社を志望しました。御社は、勤務地や勤務時間が自身の希望と合い、平均給料が高く、求められるスキルや仕事のやりがいもあるのではないかと考えます。

自ら厳しい環境に身を置き、1人の人として成長し、1人前のレストランホールスタッフになって多くの人を幸せにしたいです。

→人が好きということが、レストランホールスタッフに向いているとは限りません。そのレストランがどのような人材を求めているのかを把握して、自分の強みを伝えましょう。

また、勤務地や勤務時間が希望と合うなど、福利厚生面を志望動機にするのは控えた方が無難です。志望するレストランが望む理想に、自分ならどう貢献できるかを伝える事が重要です。

レストランホールスタッフの志望動機の例文

レストランホールスタッフの志望動機はどのようなことを書くのが良いのでしょうか?次の例文を参考にして、自身のESや面接に活かしてください。

志望動機の良い例
御社が手がけるレストランに食事をしに行った際、非常にサービスが丁寧で興味を持ちました。特に印象的だったのが、スタッフの皆さんの笑顔です。

ぜひ自分もこのレストランで、ホールスタッフとしてお客様を笑顔でおもてなししたいと感じ、御社の求人を拝見してこれはチャンスだと思い、応募いたしました。

私自身、この数年は飲食業にアルバイトして携わっていたので、その経験を活かして将来的には、現場スタッフのモチベーションを高めるための労務管理やマネジメントにも積極的に携わりたいと考えています。

→そのレストランで食事した際の思い出や、記憶に残っているスタッフの名前を伝えることで、より親近感を抱いてもらえます。今自分が努力していることや、今後どのように学んでいこうと考えているかを伝え、熱意や意欲をアピールしましょう。

接客業における展望と上昇志向を記載することがポイントです。

終わりに

レストランホールスタッフは、店全体の流れをとらえて同時に複数のことを考えられる力、先読みをして段取りよく動くことができる力、スタッフに的確な指示を出せるコミュニケーション力など、多くのスキルが必要です。

そのスキルを身につけるためにも、自分が目指すべきポジションを明確に伝え、自分がどんな成果を残せる人材なのか志望動機に記載することが大切です。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ