就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

例文5選|広告業界の志望動機の勝ちパターンとは?選考通過した志望動機をもとに解説!

✔ 本記事のまとめ
●広告業界で魅力的な志望動機を作成するためには、業界理解・企業理解が必要不可欠である。

●志望動機に盛り込む内容は[広告業界を選んだ理由][企業を選んだ理由][入社後に貢献できること]の3つである。

●志望動機を書く際には、フレームワークを用いて書くとより思いが伝わりやすい。

●志望動機に向かない内容は[憧れをアピール][どこの会社にも使えるアピール]をすることなので注意する。

セミナー・イベント情報をチェックする_青

目次

華やかでかっこいいというイメージがあるため広告業界は就活生に人気な業界の1つです。

人気な業界であるため、書類選考においては、「どれだけ他の就活生より魅力的な志望動機を作成できるか」という点が非常に重要なポイントです。

そこで本記事では、広告業界で一歩差を付けた魅力的な志望動機を作成するために知っておいた方が良い3つのポイントをご紹介していきます。

さらに、実際に書類通過をした志望動機例文も公開していますので、絶対に書類通過をしたいと考えている就活生は、是非参考にしてみてください。

広告業界を理解しよう!

広告業界を理解しよう!


志望動機を作成する上では、業界をしっかり理解し、その企業ならではの志望理由を考えることが必要不可欠です。

そのため、まずこの章では、広告業界の動向・ビジネスモデル・職種について確認し、業界に関する理解を深めていきましょう。

広告業界の動向

近年の広告業界の売上は全般的に堅調な成長を見せています。 
というのも、「オンライン動画」と「ソーシャルメディア広告」の成長によってデジタル広告費が著しく増加しているためです。

モバイルやSNSとの連携が強まったことで広告と消費者との距離が縮まり、大衆向けの広告から個人の趣味や嗜好に合わせた広告へと変化しています。 
しかし、テレビや新聞といったオフライン広告は厳しい状況にあり、既存媒体の広告は伸び悩みを見せています。

また、人口減少や経済成長率の低下による日本市場の鈍化に伴い、国内各社は海外展開に力を入れています。特に電通は積極的に海外M&Aを進め、現在の売上総利益の半分以上が海外事業となっています。

広告業界の動向についてより詳しく知りたい人は下記記事を参考にしてみてください。

広告業界は総合広告代理店、専門広告代理店、ハウスエージェンシーの3つに分かれています。本記事ではそれぞれの役割や特徴、代表企業を紹介しています。また広告業界の動向についても「現在・過去・将来」に分けてわかりやすく紹介しています。電通や博報堂だけではなく広い視野で業界を見渡してみましょう。

広告業界のビジネスモデル

ここでは、広告業界のビジネスモデルについて紹介していきます。

広告業界の多くは広告代理店としてビジネスを展開しています。広告代理店は取り扱う媒体や広告主によって3つに分類されているため、ここではそれぞれの特徴について確認していきましょう。

■総合広告代理店
・取扱媒体:テレビや雑誌、交通広告、インターネット広告など様々な媒体を扱う
・特徴:大企業が多く、グループ会社が制作・運用・管理をしている。あらゆる広告枠を扱うため、複数メディアに横断的にアプローチすることが可能。
・主要企業名:電通・博報堂・ADK(アサツーディ・ケイ)など

■専門広告代理店
・取扱媒体:特定の媒体に特化している
・特徴:各業界のエキスパートが集まるため、提案やサポート内容、費用対効果が良い
・主要企業名:サイバーエージェント(インターネットメディアに特化)など

■ハウスエージェンシー
・取扱媒体:テレビや雑誌、交通広告、インターネット広告など様々な媒体を扱う
・特徴:特定の企業専属の広告代理店。 親会社やグループ会社が広告主となるため、仲介手数料が削減可能、意思疎通がスムーズである。親元の企業が存続する限り安定して事業運営が可能である。
・主要企業名:JR東日本企画・東急エージェンシー など

広告業界の主な職種

ここでは、広告業界の主な職種について紹介していきます。職種理解を深め、自分自身の将来のキャリアイメージを膨らませ志望動機に活かしていきましょう。

■クリエイティブ職
広告のデザインやコンセプト策定、キャッチコピー考案などを担う広告代理店の要の職種。

■営業職
広告主となるクライアントの獲得がメイン業務であり、クリエイティブ職と並ぶ要の職種。案件獲得のため、クライアント調査やプレゼン準備、自社とクライアントの調整などをおこなう。

■マーケティング職
市場調査やターゲット調査、戦略策定などが主な業務で、代理店の「頭脳」的な役割を担う。広告ビジネスに関わる知識や経験、的確な判断力などが求められる難易度の高い職種。

希望業界紹介します_CTA

広告業界で評価される志望動機を作る3つのステップ

広告業界で評価される志望動機

ここでは広告業界の志望動機を書く際に意識してほしいポイントを3つ紹介します。

これから志望動機を作成するという人は、以下のポイントを参考に作成してみてください。

志望動機に必要な要素を把握する

志望動機を作成する際は「広告業界を選んだ理由」「志望企業を選んだ理由」「入社後に貢献できること(入社後の想い)」について記載することが大切です。

広告業界を選んだ理由

「広告業界を選んだ理由」については、数ある業界の中でもなぜ広告業界を選んだのかについてしっかりとした理由を準備しておく必要があります。

「世の中の人に直接アプローチできる広告を通して、人々に笑顔や活力を与え、心を動かしたい」のような広告業界ならではの理由を入れましょう。

志望企業を選んだ理由

「志望企業を選んだ理由」については、志望企業の強みや事業形態などの特徴を調べて、競合他社と差別化しながら伝えます。

例えば、電通と博報堂のいずれかの志望動機を作成する場合、どちらも国内でも1位・2位を争う大手広告代理店であり、どちらも100年以上の歴史がありグローバル展開をしているという点でも相違はありません。

しかし、創立から現在に至るまでの歩み、働く環境、社員、社風、広告を手がけるまでのフローや想い、培ってきたノウハウなどに関しては全く異なる性質を持ちます。

その企業独自の魅力を見極め理解したうえで、「なぜこの企業を志願するのか」という点を深堀りしてみましょう。

入社後に貢献できること(入社への想い)

志望動機を締める言葉として、「入社後に貢献できること」「入社への想い」を伝えることが非常に重要です。

面接官は志望動機を通じて、企業への[熱意]があり[入社後に活躍してくれる人材かどうか]を見極めたいと考えています。

そのため志望動機の最後は、必ずあなたの想いが伝わる言葉で締めくくるようにしましょう。

広告業界の求める人物像を把握する

広告代理店では社外のクライアントに限らず、社内においても営業職やデザイナー職、マーケティング職など様々な人が協力して1つのプロジェクトに取り組むため、多様な人との関係を構築し、まとめていくコミュニケーション能力が必要です。

また、時代やトレンドに合わせて新しいものを生み出していくため、柔軟な発想力や創造性も求められます。

ただ、これらは生まれつきのセンスによって決まるものではなく「知識」と「どれだけ考えることができるか」の2つによって決まるものです。

自分のクリエイティブさに自信がないという人は、これら2つを意識してみると良いかもしれません。

広告業界が求める人物像をまとめると下記となりますので、これを理解したうえで志望動機に盛り込める要素は盛り込んでいきましょう。

[広告業界が求める人物像]
●円滑にプロジェクトを進めることができるコミュニケーション能力のある人
●時代やトレンドに対応できる柔軟な発想力や創造性を持ち合わせている人

志望動機のフレームワークを知る

情報収集や自己分析をもとに、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。

シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。

文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。

■志望動機の構成例
(1)志望動機を一言で
(2)具体的に言うと
(3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性)
(4)入社後にどうなりたいか

志望動機の考え方、書き方を詳しく知りたい人は下記をご覧ください。

【志望動機の書き方】選考通過率をUPさせる方法とは?
志望動機はESで頻出の質問です。人事の目に留まる志望動機はどうすれば書くことができるのでしょうか。
本記事では、志望動機に盛り込むべきポイントをわかりやすく解説しています。

志望動機について相談する_オレンジ

広告業界の志望動機の例文

広告業界志望動機の例文

実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。

電通の志望動機の例文

電通の何に共感していただけたのか、そこにはどんなきっかけや背景があったのか、あなた自身の言葉で教えてください。 電通の何に共感したか(200文字以下)
私は貴社の圧倒的な影響力に魅力を強く感じています。座談会の中で、社員の方から「電通にしかできない仕事がある」というお話を伺いました。誰もが知る知名度や他社を圧倒する信頼と実績を持つ貴社でしかできない、規模の大きな仕事に携わっていきたいです。また、貴社の「電通を、つかえ。」というメッセージに共感しています。私も貴社を良い意味でフルに利用し、自分の夢である「ワクワクする空間創り」を叶えたいと思います。

→200文字という文字数がある中でよくまとめられています。実際の事業や社員の方から聞いた話がもとになっているなど、独自性のある志望動機から熱意が感じられます。また、入社後の意欲や自身の目標も伝えられている点も好印象です。 

参照元:unistyle/内定者本選考ES(電通21卒)

博報堂の志望動機の例文

Personal Core Sheet を踏まえて、あなたが博報堂/博報堂DYメディアパートナーズで実現したいや経験したいと思ったことを300字以内で記入してください。
【人々が描く幸せをサポートしたい】
私は、知らない世界や新たな自分に出会える「ワクワク感」と「笑顔にしたい」という想いからサッカーや学生団体、国際NGOなど幅広く本気で挑戦してきた。
貴社主催のUoCを通じて、これまでにはない正解を見つけるには今までの当たり前に縛られてはいけないと改めて気づかされた。
これは私が大切にしてきたことに通じる。
何かの専門性を身につけるとともに、幅広く経験してきた人材こそ、今後世の中に新たな価値を生み出し、より多くの人を笑顔にできると思う。
論理的に導く「正解」と同時に、常識を打ち破る「別解」で課題解決に挑む貴社でこそ、これまでの経験と学んだ価値を活かす事ができると考え志望した。

→「志望動機」という質問ではなく、より具体的に入社後のビジョンについて確認する質問です。
この問いに対して、自身の信念と企業の理念をうまく掛け合わせた志望動機が作成できています。入社して働くイメージが沸く良い志望動機です。

参照元:unistyle/選考通過者本選考ES(博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ22卒)

ADKホールディングスの志望動機の例文

あなたがADKで実現したいことは何ですか?(400文字以内)
私は貴社で「ジャンルにとらわれずにコンテンツを選択する環境を作る」ことを通して、人々の生活をより豊かにしたいと考えています。私は、エンタメは生活に欠かせないものだと考えており、エンタメと人との接点を増やすことが生活の豊かさに繋がると考えます。そこで鍵となるのが「ジャンル」です。多くの人々はジャンルを前提にコンテンツを選択します。音楽に興味のない人は配信サイトを利用しません。人々とエンタメとの接点を増やすには、ジャンルの壁を壊すことが必要不可欠です。そこで広告の力を使って、コンテンツのターゲット外の人々の目にも止まるような施策を打ちます。さらにこの動きを広告全体に広げることで、クライアントと生活者の繋がりを広げることができると考えます。このミーハーな私だからこそ生み出せる新たな物の考え方を貴社を通じて生活者に届けたいです。

→ADKならでは特徴をしっかりと掴み、ADKでしか出来ない点を自身が入社後に実現したい点として良く伝えられています。また、自身の性格についても触れて記載されておりこれが広告業界が求める人物像と合致している点も評価できます。

参照元:unistyle/選考通過者本選考ES(ADKホールディングス(ADK)23卒)

サイバーエージェントの志望動機の例文

「ビジネスコースオンライン会社説明会動画」をご視聴頂き、感想を教えてください。(300字程度)
インターネット広告事業の紹介にあった、自分たちが業界をつくってきたという話が印象的だった。多くの企業では、時代のトレンドに合わせて事業拡大の軌道を決めていくという経営方針が備わっていると考えている。しかし貴社は正反対であり、事業が先でその後に時代が追いついたという点が、自分の仕事選びの軸である「未来の当たり前を更新したい」という内容と合致していると感じた。また、Nオーガニックの事例のように、実際に若手から大きな裁量権をもって働いている社員の方を見て、自分も個としての社会的価値を高められると思った。自分の強みである、物事の本質を捉える力で周囲に影響を与えつつ、貴社の社員の方々が有するスピード感を自分のものにしたいと感じた。

→質問に対する回答が冒頭にあるため非常に読みやすい構成です。また、自分自身が同社に向いている点や自身の強みなどもアピールできており熱意の感じる内容となっている点も評価できます。

参照元:unistyle/内定者本選考ES(サイバーエージェント23卒)

東急エージェンシーの志望動機の例文

ビジネスイノベーションコースで、あなたはどのように活躍したいと思いますか。具体的に記述してください。(400文字以内)
私は広告を通して人の心と今の社会を動かすことのできる人になりたいです。広告にはただ情報を発信するだけではなく誰かにきっかけやチャンスを与える力があります。人に会いたくなった、ものを買いたくなった、どこかに行きたくなった、そうした人間の生活を豊かにし、経済を動かしていく事ができる唯一無二の存在であり、そこに魅力を感じたため広告業界を志望しています。中でも貴社を志望するのは、東急グループがそこだけで生活の全てがまかなえてしまうほど私たちの生活に密着しており、生活に近いと感じたためです。そのため、より消費者の近くで効果的にアプローチをしていく事が可能であり、かつまちづくりにも力を入れているため、自分の関わった広告が多くの人の生活に影響を与えているという実感を肌で感じることができるのではないかと考え、なりたい自分の実現に一番近いと考えます。

→結論と業界の志望動機、東急エージェンシーの志望動機がそれぞれ明確に記述されています。きっかけとなる経験をもう少し具体化できるとより良い志望動機になると思います。

参照元:unistyle/選考通過者本選考ES(東急エージェンシー23卒)

志望動機について相談する_オレンジ

広告業界の志望動機に向かないアピール内容

広告業界の志望動機に向かないアピール

最後に広告業界の志望動機でアピールしない方が良い内容についてお伝えします。自分の志望動機が下記に当てはまっていないかを確認してみてください。

広告業界への憧れをアピールする

広告業界を志望している就活生の中で「かっこいいから」「キラキラしてるイメージがあって楽しそう」といった理由で志望しているという人も多いかと思いますが、それを志望動機で伝えてしまうことはオススメできません。

企業は、採用活動を通して「自社に貢献してくれる人材」を探しています。そのため、当たり前ですが、具体的な夢やキャリアプランが伝わる志望動機とただ憧れだけを伝えた志望動機では、圧倒的に前者の志望動機の方が好印象です。

広告業界で働きたいのであれば、憧れを伝えるのではなく、例えば「消費者の購買意欲を高められるような広告を作り、クライアントの課題を解決したい」といったような入社後に成し遂げたいことをアピールするようにしましょう。

どこの会社にも使えるアピールをする

志望動機に必要な要素を把握するでもお伝えしましたが、[その企業ならではの志望理由]を伝えることが重要です。

どこの企業でも使える志望動機を作成してしまうと、「この学生は本当にうちの会社のことを理解しているのかな?」「理由が明確ではないからうちの会社でなくても良いのでは?」と捉えられ、不採用になってしまう可能性が充分に考えられます。

繰り返しになりますが、面接官は志望動機を通じて皆さんの[熱意]を確認していますので、[志望理由]を明確にし[熱意]の伝わる志望動機を作成しましょう

まとめ

本記事では広告業界の動向・ビジネスモデル・職種など業界に関する情報や志望動機で評価を得るための3つのポイント、実際に書類通過をした志望動機の例文を紹介していきました。

広告業界はイメージが先行しやすい業界であるため、書類選考の倍率は特に高いです。そのため、なぜこの業界が良いのか、なぜこの企業が良いのか、入社後どのように活躍したいと考えているのかといった明確な理由がなければ書類通過は難しいでしょう。

憧れではなく、入社後を見据えた業界・企業選びをおこない、成し遂げたい夢を実現したいという熱意が伝わるあなたらしい志望動機を作成してみてください。

就職エージェントneoを活用して就活をしよう!

  • 「広告業界への目指すならではの志望動機とはどういう内容?」
  • 「広告業界の選考で評価される志望動機を書くにはどうしたらいい…?」
  • 「書類選考を突破して内定獲得したい!」

このように就活に関する悩みは人それぞれでしょう。

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、就活生1人ひとりの就活状況をお伺いした後に、状況にあったアドバイスの実施や希望や適性に合った企業の求人情報を紹介しています。

「広告業界の選考を突破するために、自分の志望動機の何を改善したらいいかわからない…」など、少しでも不安がある人は是非就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoのサービス_今すぐ無料で相談する

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ