就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

ラインオペレーターの志望動機の書き方と例文

ラインオペレーターの仕事は、工場のラインに流れてくるものを加工し続けなければならないと考えられがちです。

実際その側面もありますが、ラインオペレーターは生産効率を挙げるために不可欠な役割があり、様々な商品の加工に携わることで製造技術を向上させ、社会に求められている商品を多く提供することにつながる仕事でもあります。

 様々な商品の製造に携わることで、人々の快適で便利な生活をスムーズに提供できるようになるため、ラインオペレーターの存在意義は大きいと言えます。 
目次

ラインオペレーターの最新情報

ラインオペレーターの仕事に関して、現在2つの最新情報が話題となっています。

1つ目は、製造ラインの自動化が進んでいることです。従来から製造ラインに機械は導入されていましたが、製造に関わる最新機器を工場に導入することで、手作業でおこなっていた仕事をさらに自動化できるようになっています。

これによって、より効率的な製造が可能になり、従業員たちは新商品の企画や設計など、人間にしかできない業務に集中できるようになるのです。

2つ目は、スマートファクトリーが普及してきていることです。従来は、工場の製造ラインを監視したり指示を出したりするために、一定の従業員が工場に配置されていました。

しかし、スマートファクトリーが普及することによって、工場ラインの遠隔操作が可能になるため、離れた地域からでも的確な指示をタイムリーに出せるようになっているのです。今後もこのような工場が増えてくると予想されているため、ITに強い人材が求められるようになるでしょう。

ラインオペレーターであると便利な資格

ラインオペレーターになるために必要な資格はありませんが、持っておくことで給与アップやキャリアアップにつながる、便利な資格を紹介します。

クレーン運転士資格

ラインオペレーターは、工場内でライン上に流れてくる製品を加工する仕事だけではなく、重たい荷物をクレーンで運ぶ仕事もあります。

クレーン運転士の資格を持っていれば、クレーンの仕事を任せてもらえるなど、携われる仕事が増えるため、人材の希少性が高くなるのです。

職場によっては、クレーン運転士の資格を所持していれば給与がアップするところもあるため、取得しておいて損をすることはないでしょう。

フォークリフト免許

工場では、クレーンで大きな荷物を運ぶだけでなく、細かく分けられた荷物を必要な場所に運搬する仕事もあります。フォークリフト免許を持っていると、これらの業務をフォークリフトでおこなえるようになるため、さらに仕事の幅を増やすことができるのです。

職場で活用できる資格を多く持っているほど、キャリアアップがスムーズに進むため、必要に応じて取得を検討してみましょう。

ラインオペレーターの仕事内容

ラインオペレーターといっても、配置される部署によって仕事内容が異なります。そのため、配置される部署ごとの特徴や違いを把握しておくことが大切です。自身がラインオペレーターとしてどのように働きたいのかを考えて、ESに反映させましょう。

ここからは、配置される部署ごとに、ラインオペレーターの仕事内容を紹介します。

組み立てライン作業

組み立てライン作業は、工場のラインに流れてくる車や家電製品の部品を次々と組み立てていく作業です。一定のスピードで部品が流れてくるため、正確かつ迅速に製品を組み立てていく必要があります。

機械にはできない組み立て作業が多いため、より多くの製品を人々に届けるために、なくてはならない仕事です。

加工・製造のライン作業

加工のライン作業は、組み立てライン作業とは違い、力や体力が必要な仕事ではありません。しかし、プラスチック製品にシートを貼ったり切り取ったりするなど、丁寧な作業が求められます。

また、製造ラインオペレーターでは、プレス機などを使用して板金を適切な形に整形していきます。使用する機械によって操作方法や求められる技術が異なるため、製造するものによって柔軟に対応できる能力が必要なのです。

人々が気持ちよく製品を使用できるようにするためにも、加工・製造のライン作業は大切な仕事なのです。

検査のライン作業

検査のライン作業は、工場のラインに流れてくる製品や完成した製品、発送段階の製品などに、傷や汚れ、不具合がないかを確認する仕事です。

機械では発見できない不具合を見つけるためには、目視での確認が大切になります。製品のトラブルによって、お客様との信頼関係を損ねないためにも、入念なチェックが必要です。

機械オペレーターのライン作業

機械オペレーターは、工場で製品を自動生産する機械を操作する仕事です。機械にも、ラッピング加工機械やプレス加工機械など様々な機械があるため、適切に操作することが求められます。

限られた時間にどれだけたくさんの製品をつくれるかが、機械オペレーターの力量によって変わる場合もあるため、多くの製品を社会に産出するために重要な仕事です。

仕分け・梱包のライン作業

仕分け・梱包のライン作業は、生産や発送の工程をスムーズに進めるために大切な仕事です。一定のペースで流れてくる製品を、適切に分類して梱包しなければ、配送トラブルにもつながりかねません。

この仕事が適切におこなわれることによって、社会に求められている製品が人々の手元に無事に届くのです。

ラインオペレーターの志望動機の書き方のポイント

志望動機を書く際は、ラインオペレーターを目指すことになったきっかけや、志望する企業を選んだ理由を明確にして、採用担当者にしっかりと伝わるようにしましょう。

なぜその職種か

志望動機を書く際は、なぜラインオペレーターという職種を選んだのかを、はっきり記載しておくことが大切です。

具体的には、「小さい頃からプラモデルなどをつくることが好きだったから」や「電動工具を使ったDIYが好きで、仕事に活かしたいと考えたから」といった理由が望ましいでしょう。

それに加えて、「自分のつくった製品をスムーズに人々に届けたい」や「社会で暮らす人たちの日常生活を、便利で快適にしたい」といった将来の夢や目標を記載するといいでしょう。

ラインオペレーターでアピールすべき強み

採用の可能性を高める志望動機を書くためには、あなた自身が持っている強みを、採用担当者にしっかり伝えることが大切です。

ラインオペレーターは、基本的には1人で業務を行うことが多いですが、場合によっては他者と協力して仕事を進める必要もあります。

「コンピューターに関する知識や技術を活かして、社会で暮らす人々に役立つ製品を送り届けたい」や「溶接やハンダ付けを教えられる知識を持っている」といったことが伝えられるといいでしょう。

なぜその企業か

ラインオペレーターとして採用してもらうためには、企業ごとの特徴を理解した上で、なぜその企業を志望したのかを記載することが大切です。

例えば、ナショナル・ベンディング株式会社では、「時代の変化・お客様のニーズを的確に捉え、フルラインオペレーターとして高品質なサービスを提供し、お客様満足度No.1を目指す」という企業理念を持っています。

志望動機を書く際には、製品を手に取るお客様を思い浮かべながら、ラインオペレーターの仕事に責任感をもって取り組みたいといった内容だと、いい印象を与えるでしょう。企業ごとに理念や運営方針は異なるため、企業研究は必ず行った上で志望動機を書きましょう。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機を一言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

ラインオペレーターの志望動機のNG例

ここからは、ラインオペレーターの志望動機のうち、NGになる例を紹介します。どこがNGになるかということも説明しますので、適切な志望動機を書けるようにしておきましょう。

志望動機のNG例
以前のアルバイトでは、プラスチック製品工場における製造ラインに携わっていました。御社に就職してからも、そこで学んだスキルや経験を活かせると思い、志望させていただきました。

また、製品の製造だけでなく、他のアルバイトの業務を調整するといったマネジメントにも携わっていたため、それらの経験を活かして御社で活躍したいと思っています。

→この志望動機では、そもそもどのような理由でラインオペレーターを目指したのかが伝わりません。また、なぜその企業を選んだのかという理由も合わせて書いておくことで、採用担当者の印象に残りやすくなるでしょう。

ラインオペレーターの志望動機の例文

志望動機として望ましい例文を挙げるので、あなたのESや面接に活かしてください。

志望動機の良い例
趣味のアクセサリーづくりなど、細かい部品を扱いながら黙々と作業をおこなうことが自分の性格に合っていると思い、ラインオペレーターを目指すようになりました。

御社では、社会で暮らす多くの人々を魅了している雑貨を製造されており、より多くの商品を人々に使ってもらいたいと思ったため、御社を志望しました。

ラインオペレーターとしての技術を身につけ、将来的には製品ごとにさらに効率的な生産ができるような仕組みを開発したいとも考えています。

→ラインオペレーターになりたいと思った理由やその企業で働きたいと思った理由、将来の展望がしっかりと表現できています。志望者の強みやアピールポイントが記載できていると、さらに印象に残りやすいESになるでしょう。

まとめ

ラインオペレーターは、工場のラインに流れてくる製品を加工するだけでなく、不具合の確認や梱包などをおこなうことで、社会で暮らす人々へスムーズに製品を届ける役割も担っています。

企業ごとに注力している事業が違ってくるため、企業研究をしっかりおこない、あなたの魅力が最大限に伝わる志望動機をつくっていきましょう。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ