就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

非鉄金属業界の志望動機の書き方・例文~住友電気工業など3社の選考通過ESを公開~

非鉄金属とは、銅やアルミニウム、鉛など、鉄以外の金属のことを指します。どんな仕事をしているのか、すぐにはイメージできない方も少なくないと思いますが、非鉄金属業界の仕事は住宅や自動車など様々な業界と関わっています。

本記事ではそんな非鉄金属業界の動向や職種、志望動機を書く際のポイントなどを紹介しています。志望動機を書く際にぜひ参考にしてみてください。

目次

非鉄金属業界の特徴

この章では非鉄業界の動向と特徴について解説していきます。

非鉄金属業界の動向

非鉄金属業界は、今まで海外からの輸入に頼りきっていたことから、為替や精錬マージンによって大きく売上に影響を受けてしまう業界でしたが、2019年に国内の安定供給を確保するため住友金属鉱山が海外の大型鉱山の開発を進めるなど、企業ごとに海外進出に向けて動き出しています。

そんな非鉄金属業界は一時期、電子機器、自動車関連部品の需要の減少により業績が悪化していましたが、2013年以降、海外市場の自動車関連需要や住宅需要の増加に伴い、再び業績は好調となりました。

さらに近年では次世代自動車や第5世代通信(5G)の進展でさらに好調な業界となっています。

そして現在様々な業界で猛威を奮っている新型コロナウイルス。就活生の皆さんも自分の志望業界がどのような影響を受けているのか気になっていると思います。

非鉄金属業界も例外ではなく、コロナウイルスの影響を受け一時期需要が減少しました。

しかし早くも非鉄金属の中でも大量に消費されるベースメタルである銅の需要が戻ってきたことから、少しづつ回復してきていると言えるでしょう。

■数字で見る非鉄金属業界の現状

非鉄金属業界の主な仕事内容

営業

営業は顧客の扱う製品に合う自社製品の提案や、顧客のニーズを持ち帰り開発に役立てたりする仕事です。最近はリテール営業(個人顧客に対して影響すること)に注力している企業が増えています。

提案力はもちろんですが、非鉄金属の知識や自社製品の特徴などと幅広い知識が求められる職種となります。

研究開発

研究開発は、研究で得た知識や技術によって製品開発を行っています。新しい機能を持った材料の開発や、金属加工、熱処理などと幅広い分野が存在するため、企業は自社の戦略に合っている分野の研究開発に注力して進めています。

製造

製造では、原材料を加工して製品を生産しています。原材料とは銅や鉛などの貴金属、ニッケル、チタンなどのレアメタル、金、プラチナなどの貴金属が当てはまります。

さらに製造の中にも、設備を操作するオペレーター、製品の品質テストを行う品質管理などとさらに細かい職種があります。

生産技術

生産技術では、安全且つ効率的に生産を行ために、生産プロセスを管理しています。

具体的には予算や時間、材料調達の管理、新規生産ラインの立ち上げなど、他にも工場の生産性を向上させるための役割を担っており、非鉄金属業界を支えている職種だと言えます。

非鉄金属業界の志望動機のポイント

非鉄金属業界と一言で言っても、企業によって注力している事業や強みとしている製品は異なります。

そのため、自己分析を通して非鉄金属業界の中でも特にどのような仕事がしたいのかを明確にしてから、志望動機を作成するようにしましょう。

非鉄金属業界を志望する理由

素材業界の中で、ガラスや繊維などではなく、なぜ非鉄金属業界なのかを説明する必要があります。

具体的には自分が将来何を成し遂げたいのか、例えば非鉄金属業界であれば「石炭の輸入販売及び調達業務に携わりたい」などといった非鉄金属業界ならではの理由を述べるようにしましょう。

その際は必ず自分の過去の経験と紐づけて書き、説得力のある志望動機に仕上げましょう。

なぜその企業なのか

非鉄金属を扱っている企業と言っても各企業によって強みや特徴は異なります。

例えば住友電気工業は、海外に309社もの関係会社を持っており、2019年度の売上では海外の売上高が全体の56%を占めるほど、グローバルに事業を展開しています。

このように企業によって強みや注力している部分は異なるため、自分が成し遂げたいことを明確にしてから、企業を探すようにしましょう。

求められる人材像

非鉄金属は建築や自動車の部品だけでなく、医療や化学など様々な分野で利用されています。そのため新たな製品の開発に成功すれば多くの分野の推進に貢献することができます。

新たな製品を製造するのは簡単なことではなく、たくさんの時間や努力が必要です。そのため成功に向けて自ら行動できる人や、失敗を恐れず挑戦できる人が求められる人材であると言えます。

その他にも忍耐力やチャレンジ精神という素養も必要となります。

志望動機の書き方

情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。

■志望動機の構成例
(1)志望動機をひと言で
(2)具体的に言うと
(3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性)
(4)入社後にどうなりたいか

志望動機の例文

実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。

三菱マテリアルの志望動機の例文

当社への志望理由を記入してください。(200文字以上400文字以内)
私は、モノづくりに携わり、多くの人々の日常を支え、豊かにしていきたいと考えている。

きっかけは、地元宮城が被災した際に、日常が崩れていくのを目の当たりにしたことにある。実家は一部損壊で済んだものの、長年住んでいた叔母の家は全壊。叔母は仮設住宅に移り住み、近隣の大切な人達とのつながりを失い、心に大きな傷を負ってしまった。形あるモノが機能しなくなった結果、形の無い大切なものが失われたのだ。

この経験から、モノが人の日常に与える影響を強く感じ上記の想いに至った。そして、モノの根幹となっている素材に付加価値を付け、最終製品の可能性を広げる素材業界で私の想いが実現できると考えた。

貴社は、総合素材メーカーとして、高い技術力、幅広い事業を有し、全ての事業でNo.1を獲得。更に循環型社会への貢献を掲げ、事業に取り組んでいる。これらは、他社に見られない魅力であり、貴社でこそ、私の想いは実現できると思い志望した。

⇨1番最初の部分で自分の仕事の軸を完結にアピールすることができています。

また入社後に自分の知識を活かして具体的にどのようなことに取り組みたいのかについても述べられているため、入社後の姿がイメージしやすいだけでなく、志望度の高さを感じられる志望動機になっています。

住友電気工業の志望動機の例文

志望理由についてご記入ください。(300文字以内)
貴社の選択と集中をしない多角的な事業展開で広く社会を支えている点が、【社会基盤を支え、世の中に無くてはならない会社】という私の企業選びの軸にマッチしていると考えたため貴社を志望する。

更にそれぞれの事業で高いトップシェアを誇っている点が非常に魅力だ。 私は大学時代○○部で同期の女子部員が私1人というアウェーな状況の中、謙虚に教えを乞う姿勢と素直に悩みや意見を話す姿勢で自分から周りの部員とコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていった経験がある。

入社後は営業社員として、私の持ち前の謙虚さ、素直さで顧客と深い信頼関係を築き、貴社の高い技術力を世界に広めることで貴社に貢献したい。

⇨自分の強みについて過去の経験を交えてアピールできているため、信憑性がある志望動機になっています。

しかし企業を選んだ理由が少し抽象的な内容になってしまっているため、事業内容や社風についてもっと具体的に書けるとさらに良い志望動機になります。

三井金属鉱業の志望動機の例文

あなたが三井金属に入社して実現したいことを教えてください。(400字以内)
私は幅広く人々の生活や日常を支える役割を担いたいと考えております。素材メーカーは様々な産業の根幹を担っており、社会に無くてはならない存在として重要な役割を果たしています。

特に御社は高い技術力で製品の薄型化や小型化を可能にし、製品の高性能化に貢献することで人々の暮らしをより便利で豊かにすることができます。私は中高時代の◯◯部経験や、大学時代に◯◯サークルの幹部を務めた経験から、人を支えることにやりがいを感じております。

御社は自動車部品事業において、自動車の安全を支えています。私の祖父は優良ドライバーでしたが、発作が突然出て自動車事故を起こしてしまいました。このような経験から、事故の危険性が日常に潜んでいることを学びました。高齢ドライバーの増加や自動運転車の普及で安全性が重要になる中、御社のドアロック技術が社会を支えることに魅力を感じております。

⇨将来成し遂げたいことや、その企業の何に魅力を感じているのかについて具体的に書けています。

また、なぜそう思ったのかについて過去の経験を踏まえて書けてはいますが、少し抽象的な内容になってしまっているので、文字数制限がある中でももう少し具体的に書けるとさらに良い志望動機になります。

まとめ

本記事では非鉄金属業界の動向や、仕事内容、志望動機のポイントについて紹介してきました。

評価される志望動機を作成するためには、業界や企業の理解は必須となります。

そのため非鉄金属業界への就職を志望している学生は、業界・企業研究をしっかり行った上で自分の過去の経験などと結びつけてアピールするようにしましょう。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ