就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

面接で「あなたが仕事で大切にしていることは何ですか?」と質問された時の正しい答え方~回答例10個紹介~

「仕事で大切なことは何だと思いますか?」という質問を受けた際の、正しい回答方法をご存知でしょうか。

仕事に関する質問は面接官も重要視しているため、採用の合否に大きく関わってきます。

そこで、本記事では「失敗しないために知っておきたい回答方法」「内定に近づく回答例」などを紹介していきます。記事を読むことで、あなたが志望する会社の内定に大きく近づくはずです。

目次

企業が面接で「仕事で大切なことは?」と質問する意図

企業が面接で「仕事で大切なことは何だと思いますか?」と聞く意図は下記の通りです。

■論理的な思考を持っているか知るため
■仕事をどのように捉えているかを知るため

以下で、それぞれの意図について詳しく解説していきます。

論理的な思考を持っているか知るため

面接官は「仕事で大切なことは何だと思いますか?」という質問をすることで、就活生の論理的思考を試している可能性があります。

普段聞いたことのない質問はその場で考えて回答することになるため、その人の論理的思考が問われます。

したがって、面接官からこの質問を受けた際は焦らず、論理的に回答することが大切です。

仕事をどのように捉えているかを知るため

面接官が「仕事で大切なこと」を聞く理由として一番多いのは、「仕事をどのように捉えているか」を知るためです。

仕事の捉え方は、人によって違います。例えば、アルバイト経験のある人とない人では仕事に対する考え方は違うでしょう。

では、面接官はなぜ仕事をどのように捉えているかを知りたいのでしょうか。それは、 これから一緒に働く仲間として同じ価値観を持っているかどうかを確認するためです。

「仕事とは、お客様に価値を提供することだ」という価値観を持っている面接官に「仕事をするのは自己成長するためだ」と回答すると、面接官は意見が相違していると捉えます。

しかし、仕事に対する価値観は人それぞれであるため、意見の相違は悪いことではありません。

大切なのは、自分が持っている仕事の価値観を面接官に分かりやすく説明し、納得してもらうことです。本記事では、面接官に納得してもらえる答え方と、具体的な回答例を紹介していきます。

面接で「仕事で大切なことは?」と質問されたときの答え方

面接で「仕事で大切なことは何だと思いますか?」と聞かれた際は、以下のフレームワークに従って回答しましょう。

まずは、結論部分で自分が仕事で大切だと思うことを簡潔に述べましょう。

次に、理由の部分でエピソードなどを述べて具体性を持たせます。

最後はエピソードなどをまとめつつ、 自分の考えをこれからどう企業に活かしていくのかを述べてください。

エピソードは、自分の経験が一番良いですが、アルバイトなどの経験がなければ「働いている家族を見てどう思ったか」といった事を中心に答えてもよいでしょう。

「面接の質問」への答え方の詳細、注意点、面接官のタイプ別対策方法を知りたい方は下記の記事をご覧ください。
▶参考:「【面接】質問の正しい答え方|面接官のタイプ別に特徴と対策を紹介」

面接で「仕事で大切なことは?」と質問されたときの回答例

以下では、面接で「仕事で大切だと思うことは何ですか?」と聞かれた際の回答例を紹介していきます。

質問の内容にピンと来ない人は、以下の回答例を参考にしてみてください。

協調性

私が仕事をする上で大切だと思うのは、協調性です。

誰か1人の力だけで結果を出そうとするよりも、皆で協力するほうが、より大きな成果を得られると思うからです。私は大学の4年間飲食店でアルバイトをしており、チームワークの大切さを知りました。例えば、お客様で混み合っているときの自分勝手な行動は、あらぬトラブルや提供の遅延を引き起こします。私は周りにたくさん声をかけるなどして、協力しあうことを促しました。

これから社会に出て働く際も協調性を大切にして、チームで大きな成果を挙げていきたいです。

 【想定追加質問】 

⇨団結をする際に重要だと思うポイントは何ですか?

モチベーション

私が仕事をする上で大切にしているのは、モチベーションです。

なぜなら、会社からお給料をもらう以上、自分自身のモチベーションを維持して会社に与える恩恵を大きくしていくのは当然だと思うからです。また、私は仕事を通して、人間的に成長していきたいと考えています。そのためには、高いモチベーションの維持が絶対的に必要だと思っています。

入社した後も、先輩方から教わるだけでなく、モチベーションを高く維持し、高いパフォーマンスを発揮していきたいと思っています。

 【想定追加質問】 

⇨モチベーションの維持で大切なことは何ですか?

主体性

私が仕事をする上で大切にしていることは、主体性を持って会社の売り上げに貢献することです。

私は大学の4年間、大手のファストフード店でアルバイトをしていました 。店舗が人通りの多い所にあったため、忙しい時は息をつく間もないくらいでした。しかし、主体性を持ち、会社の売上に貢献することを信条としていた私は、1つひとつ丁寧かつスピーディーに、やるべき仕事に取り組み続けました。

これから社会に出て働く際も、主体性を持ち、会社の売り上げに貢献できるような働き方をしていきたいと思っています。

 【想定追加質問】 

⇨あなたならどのような形で会社の売り上げに貢献しますか?

改善力

私が仕事で大切にしているのは改善力です。

なぜなら、改善力を高めることで仕事をするスピードや成長が加速すると考えているからです。私は大学時代、Tシャツの作成を請け負う会社でアルバイトをしていました。Tシャツの作成はデザイン力が問われますが、それ以上に作成するスピードが求められます。スピードを上げるために欠かせないのが改善力でした。私は先輩からノウハウを聞くなどして日々どうすれば早くなるかを考え、改善を重ねました。その結果、お客さんから喜ばれることが増え、改善力の大切さを再認識しました。

入社後も改善力を底上げし、成長と仕事を加速させていきたいと考えています。

 【想定追加質問】 

⇨改善を重ねる際のポイントは何だと思いますか?

生産性の向上

私が仕事をする上で大切にしているのは、生産性を向上させることです。

私はただ目の前にある仕事をこなすだけではなく「どうすればもっと効率的に仕事ができるか」という点に着目しながら仕事に取り組んできました。生産性の向上は、自己成長にもつながると考えています。日々改善を重ねることで、昨日の自分にはできなかったことが今日はできるようになると考えています。気づきと改善を繰り返し、人材としての価値をどんどん高めていきたいと思います。

入社した後は、まず自社で取り扱う商品やサービスなどについて深く学び、どうすれば効率よく営業することができるのかを毎日考えていきたいと思います。

 【想定追加質問】 

⇨生産性を上げるためのコツは何だと思いますか?
⇨なぜ人材としての価値を高めたいと思ったのですか?

責任感

私が仕事をする上で大切だと思うのは、責任感を持って取り組むことです。

私は大学時代、サッカー部の部長を任されており、チーム全体の管理や練習メニューの作成などを行っていました。適当に作ってしまえばすぐにできてしまうことでしたが、私はチームを勝利に導かなければいけないという責任感を持ち、どの仕事にも真摯に向き合ってきました。その結果、関東大会で優勝するなどの成果を上げられました。

入社した後も、仕事1つひとつに責任感を持ち、真摯に取り組んでいきたいと思っています。

 【想定追加質問】 

⇨部長していて大変だったことは何ですか?
⇨チームを管理する際に気をつけていたことはありますか?

コミュニケーション力

私が仕事で大切にしていることは、コミュニケーションです。

私は大学時代にコンビニでアルバイトをするかたわら、ダンス教室に通っていました。アルバイトもダンス教室でも、人と接する以上はコミュニケーションを大切にしようと考えていました。コミュニケーションを大切にした結果、ダンス教室に通って3年になる頃には、ダンス教室が開くイベントでメンバーをまとめるリーダーを務めるまでになりました。私はこのような経験を通して、何事も諦めずに取り組む気持ちは、とても大切だと思うようになりました。

これから社会人として働いていく上でも、困難なことや投げ出したくなることがたくさんあると思います。ですが、私は諦めない気持ちを持つことの大切さを知っているため、簡単には諦めません。成果が出るまで挑戦し続けたいと思っています。

 【想定追加質問】 

⇨なぜコミュニケーション力が大切だと思いますか?

向上心

私が仕事で大切にしているのは、向上心を持って取り組むことです。

具体的には、任された仕事をただこなすだけではなく、自分から仕事を取りに行く姿勢を大切にしたいと思っています。

私は大学時代、個人経営の小さなカフェでアルバイトをしていました。仕事中は常に「何か役に立ちたい」という気持ちで仕事をしていました。そうした向上心を持っていたため、任せられた仕事以外も率先して取り組むことができました。

その姿勢を見た店長から評価していただき、時給アップにもつながりました。私はこのような経験を経て、向上心を持つことの大切さを再認識しました。

これから社会に出て働く際も、向上心を持って業務に取り組みたいと思います。

 【想定追加質問】 

⇨カフェでは具体的にどのような仕事をしていましたか?
⇨飲食店のアルバイトから経営について学んだことはありますか?

信頼関係

私が仕事で大切にしていることは信頼関係です。たとえば、その一つとして、自分が仕事をさせてもらっていたり、お給料をもらったりすることに感謝し、その対価以上の仕事をするようにと心掛けています。高い信頼関係を築くことで仕事も楽しくなり、成果も出やすくなると考えています。

これから入社した後も、自分が仕事をさせてもらっていることに感謝をしてたくさんの人に喜んでもらいたいです。

 【想定追加質問】 

⇨お客様に喜んでもらうために気をつけていることはありますか?

慎重さ

私が仕事で大切にしているのは、慎重に取り組むことです。なぜなら、慎重さを欠いてしまうと大きなミスにつながると思うからです。私は部活動やアルバイトなどを通して、新jン町に取り組むことの大切さを学んできました。たとえば、サッカーの試合中、「力技でねじ込める」と思うこともありましたが、慎重さを心掛けていたことで、確実に点数を取ることができました。

これからの仕事にも慎重さを大切にして、ミスのない仕事をしていきたいと思っています。

 【想定追加質問】 

⇨取り組んでいることを投げ出したいと思った時はどのように対処しているのですか?

面接でよく聞かれる質問集と回答例は下記の記事を参考にしてください。
▶参考:「【面接でよく聞かれる質問集】答え方のポイントと前日までに準備すべき対策も紹介」

面接で「仕事で大切なことは?」と質問されたときのNG例

面接で「仕事で大切なことは何だと思いますか?」と聞かれた際のNG例は、下記の通りです。

■「残業をせずにストレス無く働くこと」と回答する
■「今の自分にはわからない」と回答する

以下では、上記の回答がなぜ NG なのかを解説していきます。

「残業をせずにストレス無く働くこと」と回答する

面接官に「仕事で大切なことは何だと思いますか?」と聞かれた際「残業をせずにストレス無く働くこと」と回答するのはNGです。

本音の部分では、面接官も残業のない会社で働きたいと思っているかもしれません。

しかし「残業がない会社で働きたい」という意欲の感じられない回答は、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

企業側は「意欲の高い人を雇用するにはどうするべきか」と常に考えていることを念頭に置いておきましょう。

そのため「仕事をする上で大切なことは何だと思いますか?」という質問がきたら、「働く意欲があることをアピールするチャンス」と捉えましょう。

「今の自分にはわからない」と回答する

面接官に「仕事で大切なことは何だと思いますか?」と聞かれた際「今の自分にはわからない」と回答するのはNGだと思っておきましょう。

アルバイトとして働いた経験はあっても、正社員として仕事をしたことがないことを理由に、このように答える就活生もいますが、アルバイトも立派な仕事です。

そのため、仕事に対する認識の甘さや想像力の欠如とみなされる可能性が高いため、面接官に対する心象が悪くなるでしょう。

したがって、アルバイトとして働いていたときに、自分がどのようなことに気を付けて仕事をしていたか。

また、どのような面にやりがいを感じていたのかを分析して、自分なりの仕事に対する思いを整理しておく必要があります。

まとめ

本記事では面接で「仕事で大切だと思うことは何ですか?」と質問された際の回答例と面接官の意図について紹介してきました。

企業は、働く意欲の高い人を採用したいと思っているため、仕事関連の質問は事前に対策しておくことをおすすめします。

本記事で紹介した回答のためのフレームワークを参考に、質問に回答できれば、内定獲得にも一気に近づけるでしょう。

面接を通過するためには想定質問への対策として、答え方を知るだけではなく、マナーの習得や事前の練習も必要です。

下記ページに面接突破のためのノウハウ記事をまとめているので、面接に少しでも不安がある方は参考にしてください。
▶参考:「面接対策と質問回答例」

就活の不安・悩みは就職エージェントneoに相談

ここまでは、面接対策の情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ