就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【企業研究】5分でわかるアシックス~選考フロー・志望動機~

「アシックスの強み・弱みは?」「事業展開や扱っている商品は?」などと考えていませんか?

本記事では事業展開や会社の強み・弱みなど、アシックスの企業研究に役立つ情報を紹介していきます。

他にも内定を獲得するために知っておくべき”選考情報”なども紹介していくので、企業研究に自信が持てない人や選考に不安を抱えている人は、確認してみてください。

当サイトを運用している就職エージェントneoは内定支援実績が約40,000件にのぼり、就活における様々な悩みを日々解決しております。ぜひ本記事を参考に悩みを解決していきましょう。

就職エージェントneoの就活支援サービス
目次

スポーツ用品(メーカー)業界のホットニュース

2020年のスポーツ用品業界は、小売店舗の休業や営業短縮などコロナ禍の影響を受け、販売不振に苦しみました。そして現在も3密を防ぐ取り組みなどが続いており、屋内でのスポーツ自粛や各種スポーツイベントの中止も影響しているようです。

しかし、笹川スポーツ財団(※1)によると健康志向によるスポーツ人口は増えてきており、ランニングなどの外で楽しめるスポーツの需要が伸びてきています。

そこでアシックスは、コロナ禍でも健康のために運動を継続してもらうための動きを取っています。例えば、ランニングをいつもより楽しく長く、 さらには、速く走れるというコンセプトのもと、「METARIDE(メタライド)」という新商品を開発しました。

他にも高齢化社会に目をつけ、人生100年時代をサポートするために「アシックスヘルスケアチェック」というサービスを進めています。具体的には、健全度(歩行・身体・精神)を評価し、健康寿命を予測しつつ、健康に向けた改善プログラムを提供する体力診断です。

参照元:(※1)笹川スポーツ財団/国内外のスポーツ推進に関する調査・研究/スポーツ政策研究所

データで見るアシックスの企業研究

ここでは、企業研究で見るべき事業内容や業績について紹介します。さらに企業研究を深堀りする際に役立つ分析方法(SWOT分析)についても紹介するので、確認してみましょう。

アシックスの企業概要

まず、アシックスの企業概要について紹介するので以下を確認してみてください。

会社概要
会社名   : 株式会社アシックス
創業年   :1949(昭和24)年9月1日
資本金   :23,972百万円(2020年12月31日時点)
従業員数  :8,904人(連結)/998人(単体)(2020年12月31日時点)
平均年齢  :40.7歳(2020年12月31日時点)
平均勤続年数:13.1年(2020年12月31日時点)
平均年間給与:約778万円(2020年12月31日出店)
福利厚生  :フレックス勤務、スポーツ休暇、在宅勤務制度、プレミアムフライデーなど
参照元:アシックス/ホームページ

アシックスの事業内容

アシックスはグループ化をしており、アシックス及び国内10社、海外52社の関連会社で構成されています。

ここでは、アシックスに焦点を当てて、展開されている3つの事業領域について紹介するので、確認してみましょう。

■アスレチックスポール事業領域
〈事業内容・扱っている商品について〉
アシックスのコアともいうべき事業領域で、スポーツ分野を対象としています。

本領域では、ランニング事業を中心に展開しています。他にもテニス、ラグビー、バレーボールなど世界で第3位になれるようなカテゴリーにフォーカスして、高機能・高品質なシューズやアパレルを世界の市場に供給しています。

■スポーツライフスタイル事業領域
〈事業内容・扱っている商品について〉
スポーツで生み出してきたデザインやスタイルを、日常ファッションとして展開するブランドを扱っている事業領域です。

ランニングを楽しむ人達(ファンランナー)向けのランニングシューズや、デザイン性に優れカジュアルにスニーカーとして使用できるシューズを展開しています。例えば、「オニツカタイガー」「アシックスタイガー」などが挙げられるでしょう。

「オニツカタイガー」においては、有力ブランドや著名デザイナーとのコラボレーションを積極的に推進しながら、国内外で、直営店の出店にも力を入れてブランドの世界観を表現しています。

■健康快適事業領域
〈事業内容・扱っている商品について〉
スポーツで培った知的技術を活かしながら、健康・快適をキーワードとした様々な分野にも事業を展開しています。

子供から高齢者まで幅広く愛されるグラウンド・ゴルフにて使用するクラブ等の商品や男性用ビジネスシューズ「RUNWALK」、働く女性の機能パンプス「GIRO」、キッズ用シューズ「スクスク」などがあります。

アシックスの業績

次に、過去3年間におけるアシックスの売上高・営業利益(本業で稼いだ利益)を紹介します。

■売上高及び営業利益

ここではアシックスの実績を基に、2018年〜2020年の売上高及び営業利益を作成しています。

*各年度の決算書より就職エージェントneoが独自に作成

グループ企業を含めた連結ベースの売上高は2020年に下がっている状態です。売上が減少傾向である背景には、 店舗販売などのコロナの影響が挙げられるようです。売上向上に向けて、デジタル化などの強化や新商品の発売などに力を入れています。

2021年11月に報告された第3四半期報告書によると、オリンピック・パラリンピックの影響、そして全世界のEC売上が伸長していることもあり、売上状況が右肩上がりに回復している段階です。

参照元:アシックス/有 価 証 券 報 告 書 (2021年3月)

参照元:アシックス/第68期第3四半期報告書 (2021年11月)

アシックスのSWOT分析

以下にて、SWOT分析というフレームワークを活用して、アシックスの事業環境を分析していきましょう。

SWOT分析とは、競合や法律、市場トレンドといった自社を取り巻く外部環境と、自社の資産やブランド力、さらには価格や品質といった内部環境をプラス面、マイナス面にわけて分析する手法です。

この分析により、企業の置かれた状況を客観的に俯瞰して見ることができ、将来性のある企業かどうかを判断することが可能になります。

*就職エージェントneoが独自で作成したSWOT分析になります

SWOT分析
〈強み〉
・長年、スポーツを核とした事業領域でつちかってきた技術・製品・ブランドへの信頼性
・アシックススポーツ工学研究所を設立し、運動力学や人間工学に基づく製品開発が可能

〈弱み〉
・デジタ ルを中心としたオムニチャネルにおける販売(※1)
・バランスシートの強化(保守的な財務運営を企図)(※2)

〈脅威〉
・コロナ禍での事業活動縮小による業績及び財政状態への影響
・季節性の高い商品を扱っているため、時期によって業績に偏りが生じる

〈機会〉
・コロナ禍で一人でも楽しめるランニングやウォーキングへの注目が高まっている
・健康意識の高まりから、心身の健康維持のために運動が重視されている

補足
(※1)オムニチャネルとは?
実店舗やECサイト、SNSなどのあらゆる販売チャネルを活用して顧客と接点を持ち、アプローチする販売戦略。

(※2)バランスシートとは?
会社の財政状況を表す「貸借対照表」のことを指し、会社の会計期間の経営成績を表す「損益計算書」と同時に作成されるもの。いわば「決算書」の一種とも言える。

企業研究をしっかり行っている学生でも、SWOT分析まできちんと行えている学生は多くいません。

そのため、上記の分析内容を自分なりに理解し、志望動機や面接での逆質問などで活用できると、他学生と差別化が出来る可能性があるでしょう。

参照元:アシックス/中期経営計画2023

アシックスが求める人物像

アシックスは「フィロソフィー」「ビジョン」「バリュー」の3つを踏まえた「ASICS SPIRIT」を提示しています。

フィロソフィーにおいては、創業哲学とアシックスの理念の2点があり、創業哲学では【「健全な身体に健全な精神があれかし−“ANIMA SANA IN CORPORE SANO”」】を提示しています。

アシックスの理念は、下記の通りです。

1.スポーツを通して、すべてのお客様に価値ある製品・サービスを提供する
2.私たちを取り巻く環境をまもり、世界の人々とその社会に貢献する
3.健全なサービスによる利益を、アシックスを支えてくださる株主、地域社会、従業員に還元する
4.個人の尊厳を尊重した自由で公正な規律あるアシックスを実現する

ビジョンは「CREATE QUALITY LIFESTYLE THROUGH INTELLIGENT SPORT TECHNOLOGY(スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する)」を提示しています。

バリューは下記になります。

第1条:スポーツマンはルールを守る
第2条:スポーツマンはフェアプレーの精神に徹する
第3条:スポーツマンは絶えずベストを尽くす
第4条:スポーツマンはチームの勝利のために闘う
第5条:スポーツマンは能力を高めるために常に鍛錬する
第6条:スポーツマンは、「ころんだら、起きればよい。失敗しても成功するまでやればよい。」

23卒を対象とした求める人物像では「ASICS SPIRITを体現できる人財」を提示していました。

これらを基に面接などでは、スポーツマン精神を基に動いた経験やチームのために力を発揮した経験などをアピールすると良いかもしれません。

アシックスの本選考対策

アシックスでは、過去の情報によると下記の選考フローが組まれています。最新の情報では選考フローが変わる恐れもあるので、予めご了承ください。

「ES→WEB選考→適性検査→面接(複数)→内定」

以下で実際にアシックスのESと面接で問われた内容を紹介していきます。本選考対策として、ぜひ活用下さい。

エントリーシート(ES)

アシックスのエントリーシートでは、志望動機や過去の経験、将来叶えたいことを問われることが多いようです。

下記では、2021年にアシックスの選考を受けた人の志望動機を紹介します。質問例などを見ながら、自分であればどのような回答をするか考えてみましょう。

※就活サイト「unistyle」に記載されている原文を引用

志望理由(400字)
「誰もが一生涯、スポーツを通じて心身共に満たされたライフスタイルを創造する」という貴社の目指すべき姿に共感したからだ。「現代病のほとんどの原因は運動不足」内科医である親からこの考えを学び、私は、幼少期より、様々なスポーツに挑戦し、心身の健康を維持し、また、それに没頭することで、挑戦し続ける醍醐味とチームワークの素晴らしさを学んできた。また、留学した大学で〇〇部に所属し、多国籍な価値観の中でも、スポーツを通じて一体感や達成感を味わえることを体感した。さらに、このコロナ禍により、心身の健康を維持する為のスポーツの果たす役割も実感した。私は、今こそ、世界中の人々が心身共に充実した人生を送ることができるよう、スポーツ工学のデータに裏付けされた貴社の確かな技術力をもって、質の高い健康ライフスタイルを提案したい。貴社で、チャレンジ精神に溢れる私の強みを大いに発揮したい。

→自身の経験に関しても書かれているため、説得力のある文章になっています。さらに良くするには【貴社で、~】にかかれている【チャレンジ精神】に関した過去のエピソードを書けるとより説得力のある文章になるでしょう。

入社後どうやって仕事を覚えたいか教えてください。(200文字以内)
私が身につけたいと思っていることは2つある。1つは製品の細かい知識である。製品に深く精通することで見えてくる細かいニーズや動向があると考えている。もう1つは収益を上げるための、ビジネスモデルの知見や経験である。収益は世の中に還元できた価値を定量化したものであり、想いのこもった製品によって、収益を上げることが、人々にスポーツの熱中できる価値を提供することにもつながると考えた。

→【1つは~】と伝えたいことの数がいくつあるかを提示しているため、読みやすくなっています。しかし、設問では【どうやって】と身につけるための行動を聞いているため、どのように仕事を覚えるのかを書けると良いです。

強みについて
(質問1)あなたの一番の強みを教えてください。(50文字以内)
私の一番の強みは、向上心が高くチャレンジ精神に溢れ、課題達成に向けて人を巻き込む力があることだ。

(質問2)その強みが活かされたエピソードを記載してください。(150文字以内)
高校の〇〇部での経験だ。大半が初心者、コーチ不在、当初は個人演技中心の同好会的な部だった。私は、団体競技出場を提案し、個別目標を明確にした練習メニューや個々メンバーの個性が発揮される演技構成を考案し、仲間を巻き込みながらチームを牽引した。その結果、全国大会に出場することができた。

→エピソードでは【向上心が高くチャレンジ精神に溢れている】に関する内容が書かれていないように感じます。今回、強みを伝える文字数の割にエピソードを記載する文字数が少ないため、できるだけ具体的に、かつ1つに絞って強みを提示した方が良いかもしれません。

面接

次に、アシックスの1次~最終面接において、どのような質問をされるのかを紹介します。人によっては、質問の内容が異なることもあるので、参考程度に見ておきましょう。

■過去問

【1次面接(録画面接)】 学生1人:送られてきたURLから録画開始
〈質問内容〉
・自己紹介
・学生時代に頑張ったこと
・なぜそれに取り組んだのか
・そのなかでも何が一番大変だったか
・志望理由
・アシックスの改善点やアドバイス
・英語で自身の強みと弱みについて
・最後に言い残したこと

〈ポイント〉
録画面接でも自分が伝わるように、普段よりもオーバー気味に笑顔を作り、明るくしゃべることを心掛けると良い

【2次面接】 学生1人:社員3人(自宅でオンライン面接を30分)
〈質問内容〉
・自己紹介と志望理由
・学生時代に最も力を入れたことについて(その深掘り)
・学生時代で最も困難だったこと(その深掘り)
・弊社の改善点(その深掘り)
・あなたが弊社で活かせることは何か

〈ポイント〉
穏やかな雰囲気だが、各答えについてかなり深ぼられるので、しっかり自己分析する必要あり

【最終面接】 学生2人:社員3人(アシックスジャパン本社で30分)
〈質問内容〉
・自己紹介と志望動機
・現在の学問を学ぶに至った経緯(その深掘り)
・自分で目標を設定し、それを達成した経験
・就職活動状況について

〈ポイント〉
現在の学問については、データを扱ったことがあるかどうかについて詳しい説明が必要。
そのため、デジタル人材を会社として欲しているのではないかと考えられる。
面接の雰囲気は少し厳しい。

年次によって質問内容が異なってくる場合もあるので、選考前は最新の情報を各サイトから確認して情報収集しておいてください。

アシックスの財務状況

ここでは、アシックスの財務状況を「会社の安定性を図る指標」「会社の成長性を図る指標」の2つの観点から説明していきます。

”安定性”を図る指標

まずは、会社の安定性を図る指標である「流動比率」について紹介します。

h4アシックスの流動比率

「流動比率」とは会社の安全性を測る代表的な指標です。自己資本比率とは異なり、短期的観点から企業の安定性を判断でき、以下の公式により流動比率を算出することができます。

              「流動比率=流動資産÷流動負債×100」

ここではアシックスの2020年の流動比率を紹介します。

             流動比率=235,812÷101,516×100%=232%

*アシックスの財務諸表(貸借対照表)の流動資産合計と流動負債合計より就職エージェントneoが独自に計算

流動資産は原則として1年以内に現金化できる資産を表し、流動負債は1年間以内に返済可能な金銭債権のことを表します。

この流動比率を計算することで、会社にすぐ現金化できる資産がどれぐらいあるかがわかるのです。また、流動比率が120%の会社であれば安全であると言われています。

つまり、上記の数字を見るとアシックスは現段階では安全と言えるでしょう。

ちなみに流動比率はあくまで簡易的に会社の安定性を判断する指標であるため、今後含め、流動比率が低いからといってアシックスが破産することを示唆するものではありません。

”成長性”を図る指標

続いて、会社の成長性を図る指標である「売上高」「純利益」「純利益率」について紹介します。

上記の表は、アシックスの直近3年の売上高・純利益・純利益率を表したものです。

ちなみに純利益とは、法人税など企業が支払うべき費用を差し引き、最終的に会社に残ったお金のことを指します。

アシックスでは、売上高が年々下がってきておりますが、純利益2019年に一度下がった後2002年には回復を見せています。今後、デジタルを軸にした経営への転換を行い、売上含め会社の成長を目指していくようです。

まとめ

本記事では、アシックスの企業研究に役立つ情報を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

企業研究は内定獲得をするための重要な要素の1つですが、ただ情報を見るだけでは内定を獲得することはできません。

ぜひ本記事を参考にして、アシックスへの理解を深め、内定までの一歩を踏み出して下さい。

就職エージェントneoでは、専属のキャリアアドバイザーがあなたの悩みに応じたアドバイスを行っています。

もし「うまく情報収集できない!」「まとめられない!」などの不安を抱えている人は、1人で悩まず就活のプロである就職エージェントneoにご相談ください。

就職エージェントneo就活相談

就職エージェントの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。

本記事を読んで「就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

CTA3_大_今すぐ無料で相談

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ