TOP > 志望動機の書き方・例文 > 職種 > ネイルアーティスト

ネイルアーティスト 志望動機の書き方・例文

マニキュアとタイトル

ネイルアーティストの志望動機の書き方と例文

ネイルアーティストと聞くと、デザインの変化や技術の進歩に追いつくことが必要で、大変な仕事のように思う人もいるかもしれません。しかし、デザインの変化があるからこそ技術向上に上限がなく、飽きることなく仕事に打ち込むことができます。

決まりきった仕事内容ではなく、まるで芸術家のように自分のアイデアを形にしたり新しいスタイルを創作したりできます。色や質感、パーツの組み合わせなどによって、ネイルのデザインは数限りなく、お客様に似合うものを形にする楽しみがあります。

爪に施された素敵なネイルは、目に入るたびに気分を上げてくれます。お客様は、日々の生活のなかでいやなことがあっても、自分のネイルをみることで、気持ちを変えることができたり、場合によっては、前向きな考えを持てるようになったりします。

 たとえ短い期間であっても、美しく施されたネイルは、お客様の人生に癒やしや彩りを与えるのです。ネイルアーティストは、施術の後もお客様に幸せを届けることができる仕事といえるでしょう。 

ネイルアーティストのトピック

ここでは、ネイルアーティストのトピックについて紹介します。以下に述べるネイリストとは、ネイルアーティストと同じ意味です。

今、「福祉ネイリスト」という資格が注目を集めています。福祉ネイリストというのは、とくに高齢者福祉施設や障がい者就労支援施設でネイルを施術するネイルアーティストのことです。

高齢者になると身だしなみやおしゃれに無関心になりがちです。ネイルは、ヘアカラーやパーマと違い、福祉施設などの施設で簡単に行うことができます。

きれいに装飾されたネイルが目に入ると、高齢者も気持ちが明るくなるようです。そのため認知症予防に繋がるといわれていますが、今のところ十分な科学的根拠があるわけではありません。

しかしながら、高齢者や障害者が自分のネイルを見て笑顔になることは事実であり、少しずつ福祉ネイリストという職業が知られるようになってきています。

また、ネイルは女性だけでなく男性の間でも楽しむ人が増えています。華美な装飾を施すのではなく、エチケットとしてきれいに爪を整えることが目的です。

最近では、男性専門のネイルサロンも生まれています。男性も仕事上、名刺交換をするときなど、人に手を見られる機会が多くあります。きれいに手入れされた手や爪は清潔感が感じられ、女性受けもいいようです。

ネイルアーティストであると便利な資格

ネイルアーティストになるためには、美容師のような国家資格は必要なく、年齢や学歴の条件もありません。ただし、厳しいネイル業界で行き残るためには、新しい知識や技術について常に学ぶ必要があります。

国家資格などは必要ありませんが、業界内で知名度の高い民間資格があります。次に、いくつか紹介しましょう。

JNECネイリスト技能検定(1級〜3級まで)

1997年に設立された検定で、ネイルに関しての資格試験では知名度が最も高いものです。1〜3級までのレベルがあり、飛び級は認められないので、下位の資格から順番に試験を受ける必要があります。2級以上の資格を持っているとプロであると認めてもらえます。

JNAジェルネイル技能検定(初級、中級、上級)

この資格は、ジェルネイルに特化した資格です。初級〜上級までのレベルがあり、中級以上であればネイルサロンで通用するレベルとみなされます。

JNA認定講師資格試験

この試験に合格すると、JNA(日本ネイリスト協会)の認定講師として働くことができます。取得することでネイルサロンでの地位が上がり、独立する場合でも技術の高さを客観的に証明することができます。

ネイルサロン衛生管理士

ネイルサロンでは、お客様の手や肌に直接触れるため、器具の消毒や店内の衛生管理は欠かせません。この資格は、とくに独立を目指すネイルアーティストを中心に取得する人が多いようです。

ネイルアーティストの仕事内容

ネイルアーティストの主な仕事は、お客様の爪を健康に保つことと美しく見えるように装飾することです。ここでは、その仕事内容を紹介します。

カウンセリング

納得のいくネイルに仕上げるために、施術前のカウンセリングは非常に大切です。手や爪についての悩みはどんなものか、どのようなデザインに仕上げたいのか、などの要望をチェックします。ここでの認識に誤差が生じるとクレームになりかねないので、丁寧なヒアリングが求められます。

ハンドマッサージ

おりゃれな爪に仕上げるために、ハンドマッサージなどで手のケアを行います。ハンドマッサージを行うことで、血行が良くなりお客様もリラックスできます。お店によっては、ハンドマッサージを専門に担当するスタッフがいるところもあります。

爪を整える

ネイルを装飾する前に爪を整えます。爪と皮膚の間にある甘皮を取り除き、爪の形を整えた後、最後に爪の表面にネイルオイルを塗り、特別な道具で磨いていきます。また、爪が割れている場合には、爪の修復もネイルアーティストの仕事の1つです。

ネイルアートの施術

爪を整えたらネイルアートを施します。カウンセリングで聞いた要望を再度チェックし、サンプルのチップを使ってデザインを提案します。ネイルアートは、主に次の3つに分類されます。

・カラーリング
・ジェルネイル
・スカルプチェア

店内の清掃

お客様に気持ちよくサロンで過ごしてもらうために、店内をこまめに掃除し清潔に保ちます。使った器具の洗浄や消毒はいうまでもありません。

ネイルアーティストの志望動機の書き方とポイント

志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、なぜ数あるネイルサロンのなかからそのサロンを選んだのかを明確にして、ロジカルにアピールすることが大切です。

カラーチャートとマニキュア

なぜその職種か

多くの職種のなかから、なぜネイルアーティストを選んだのかを明確に説明する必要があります。

「自分でネイルをするのが好きで、プロとして仕事をしたい」、「自分のアイデアを活かしたネイルアートで、人を喜ばせたい」など自分の経験や意欲を織り交ぜて説明することで、より説得力のある志望動機となります。

ネイルアーティストは、ネイルを美しく装飾することにより、お客様の気持ちを明るくすることができます。ネイルアートを通して、人の役に立ちたいといった想いも志望動機の1つでしょう。

ネイルアーティストでアピールすべき強み

ネイルアーティストは接客業でもあるため、コミュニケーション能力は必須といえます。お客様の様子を見ながら、どのような接客が望まれるかを瞬時に判断する必要があります。人の気持ちを察して行動できるといった資質もアピールできる強みです。

また、ネイルは流行りのデザインの移り変わりが早く、常に技術の向上や勉強は欠かせません。そのため向上心や自ら積極的に学ぶ姿勢も大切です。

ネイルアーティストとしてどのような点がアピールできるのかを分析し、自分がもつ強みを志望動機に盛り込みましょう。

なぜその企業か

数ある企業やネイルサロンのなかから、なぜそのサロンを選んだのかを伝えることも重要です。

たとえば、株式会社コンヴァノは、「あらゆる人々に、新しいネイルサービスの魅力を伝え、価値あるライフスタイルの創造とネイルサービスの普及に貢献する」をビジョンに掲げていますが、自分ならどのようにそのビジョン達成への役割を果たせるのか、具体例を示すことが大切でしょう。

きちんと企業研究を行ってから作成した志望動機であれば、働きたいという意欲や企業への関心を伝えることができます。その結果、相手側からよい印象を持ってもらえ、採用の可能性が高くなります。

実際に志望動機を作成する場合は、以下のフレームワークに沿って作成しましょう。

■志望動機の構成例
(1)志望動機を一言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

ネイルアーティストの志望動機のNG例

以下ではネイルアーティストの志望動機のNG例を紹介します。
どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。

志望動機のNG例
私が貴社を志望したのは、小さいころからおしゃれに興味があり、また手先が器用なので、ネイルの世界であれば自分の長所を発揮できると思ったからです。

学生のころからさまざまなネイルを自分なりに研究してきました。友達にも好評で、お客様にも喜んでもらえると確信しています。

貴社に入社した際には、現場で経験を積みながら多くの知識と技術を学び、プロのネイリストとして活躍したいと思います。

→企業研究がされておらず、どうしてその企業を選んだのかがきちんと伝わってきません。自分の長所がどのように役立つのかを伝えなければ、採用する側にはメリットがないように思われてしまいます。

現場で知識や経験を積む意欲は大事ですが、職場は学びの場ではないので、自分がどのように活躍していきたいのかを具体的に示すことが大事です。

ネイルアーティストの志望動機の例文

例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。

赤いネイル

志望動機の良い例
私はネイルアーティストとして、「自分の仕事が人々の笑顔を生み出している」という実感を持って働きたいと考えています。貴社の理念は、「ネイルサービスであらゆる人を笑顔に」であり、貴社であれば自分の想いを実践できると確信し志望しました。

ネイルは短い期間の美しさを届けるものですが、自分の手が目に入るたびに気持ちが明るくなります。ネイルアートを通してお客様を笑顔にし、幸せにするお手伝いがしたいと思っています。

また、私は小さいころから絵を描くことが好きでした。ネイルアートの分野でも、新しい知識や技術を積極的に学び、自分のオリジナルなデザインで、お客様の爪を美しく装飾し幸せを届けられるようになりたいと考えています。現場で基本から学び、将来、貴社の顔となれるようなネイルアーティストを目指して頑張りたいと思います。

→企業研究がきちんとされていることがわかる志望動機です。さらに、人を笑顔にして幸せな気持ちになってほしいという志望理由も明確に伝わります。

自分の得意とすることをアピールしながら、入社後にどのように活躍したいのかという自分の思いも示せています。将来の目標が「企業の顔としてのネイルアーティスト」であれば、長く企業のために働いてくれるのだろうと、印象がよくなります。

まとめ

ネイルアーティストは、ネイルに美しい装飾を施すことで、人の気分を変えたり気持ちを上げたりすることのできる、とてもやりがいのある仕事です。

企業やネイルサロンによって得意とするネイルのデザインやサービスが異なるため、志望動機を作成するときには、事前に企業研究をすることが大切です。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活