TOP > 志望動機の書き方・例文 > 職種 > UI/UXデザイナー

UI/UXデザイナー 志望動機の書き方・例文

UI/UXデザイナーの志望動機の書き方と例文

UI/UXデザイナーは仕事内容に多少の違いはありますが、それぞれweb制作に欠かせない仕事です。UI/UXデザイナーは、webサイトを見やすくするために、文字や画像の配置などをデザインします。

私たちが快適にサイト閲覧をできることで消費をうながしたり、コミュニケーションの輪を広げたりすることができるのです。 つまり社会の動きを活発にする後押しをしている仕事といえます。 

UI/UXデザイナーは能力によって給料に大幅に差が出やすく、新しい技術が次々生まれるので流行に敏感でないと生き残りにくい仕事です。

しかし、それらのデメリットは裏を返せば、能力を高めれば給料も上がり、新しい技術を学べる機会が多いということです。

またネットが発達し続けている現代社会では、webに関わるUI/UXデザイナーはなくてはならない仕事であり、将来性も高いといえます。

UI/UXデザイナーのトレンド

UI/UXデザイナーには大きく2つのトレンドがあります。

まず1つ目は、ネット社会の広がりによってUI/UXデザイナーの需要が高まったことです。ネットが普及した現代では、ほとんどの企業や商店は自社の商品や店の宣伝を行うためにwebサイトを開設し出しました。

そのwebサイトのデザインを見やすく、使いやすく整えるのがUI/UXデザイナーの仕事です。このように、UI/UXデザイナーの需要はネットの発達と共に急上昇したのです。

2つ目のトレンドは、UXデザイナーの定義が変わりつつあることです。

そもそもUXとは「User Experience」の略であり、「人が物やサービスを通して得られる”体験”」をより良いものにするのがUXデザイナーの仕事です。

つまり、webサイト上のサービスを分かりやすく、使いやすくすることが仕事ですが、この仕事をこなすためには、フォントのサイズなどwebのデザインをすること、さらに、ユーザーが今のデザインをどのように感じているかをリサーチする必要があります。

しかし、この2つの事柄はそれぞれ専門的な知識が必要な上、同時にこなすのは困難です。「二兎を追うものは一兎も得ず」ということわざがあるように、それぞれが中途半端な状態でしかこなせないとなると、結局良いものは作れません。

そのため、今後はUXデザイナーはwebのデザインを専門とするプロダクトデザイナーと、ユーザーの行動分析などをするUXリサーチャーに別れ、それぞれの仕事に専念できるようになっていく可能性があるのです。

UI/UXデザイナーであると便利な資格

UI/UXデザイナーになるために必須の資格はありませんが、取得していると就職で有利になったり、仕事がしやすくなったりする資格はあります。どのような資格か詳しく解説するので、UI/UXデザイナーを志す上で参考にしてみてください。

アドビ認定エキスパート(ACE)

この資格は、PhotoshopやInDesignといった、webデザインでは欠かせないツールの製造元であるAdobeが主催する民間資格です。この資格を取得しておくことで、ある程度のデザインに関する知識と腕があることの証明になり、就職活動で有利になります。

ウェブデザイン技能検定

特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施するこの資格は、webデザインに関する資格の中では唯一の国家資格です。学科試験と実技試験があり、階級は1~3級に分かれます。

当然1級の取得が望まれますが、2級でも取得すれば、インターネットの仕組みやネットワーク技術、JavaScript・CGIの技術、ユニバーサルデザインなど、webデザインに関する基礎知識は網羅していることの証明になります。

CGエンジニア検定、CGクリエイター検定

それぞれその名の通り、CGを開発で使うエンジニアや、CG作品を作るクリエイター向けの資格です。

これらの資格を取得していると、CG技術に精通している証明になります。webデザインではCG技術を使うこともあるので、取得しておいて損はありません。

人間中心設計(HCD)専門家 資格認定制度

製品やシステム開発の際に、人間中心設計を実践できる専門家を認定するための試験で、階級は「スペシャリスト」と「専門家」に分かれます。

試験を受けるためのハードルが高く、UXデザインなどの実務経験が「スペシャリスト」は2年以上、「専門家」は5年以上なければ、そもそも応募することができません。また、テストは技術面だけではなく、後進の育成能力も試されます。

そのため取得は容易ではありませんが、逆にこの資格を取得していると、UI/UXデザイナーとして高い能力を持っていることの証明になるので、UI/UXデザイナーとして就職することができたのなら、ぜひ取得を目指しましょう。

UI/UXデザイナーの仕事内容

UIは「User Interface」の略であり、主にユーザーの”目”に触れる外観を整えるのがUIデザイナーの仕事です。一方、UXは「User Experience」の略であり、「人が物やサービスを通して得られる”体験”」をより良いものにするため、ユーザーにリサーチなどを取ることがUXデザイナーの仕事です。

それぞれ具体的にはどのような仕事をしているのか見てみましょう。

サイトの「フォント」「画像」などを整える

サイトの外観を整え、見やすいサイトを作るのがUIデザイナーの仕事ですが、具体的に何を整えるのかというと「フォント(文字)」や「画像」です。これらをより見やすく、好感度を得られるデザインに整えることで、ユーザーの満足度を上げることが目的です。

ユーザーが満足する「体験」ができるようにデザインする

ユーザーのサイトでの「体験」をより良いものになるデザインを組むのがUXデザイナーの仕事です。具体的には商品購入ページの配置場所や、会員登録画面のレイアウトを使いやすくするなどです。

ユーザーインタビュー

ユーザーにとって見やすく使いやすいサイトを作るためにはユーザーの「感想」は欠かせません。ユーザーの生の声を聞き、ユーザー目線に立つことで、デザインに思わぬ欠点が見つかったり、改善点に気がついたりできるのです。

そのため、ユーザーにインタビューし、どうすればより良いサイトにできるかを考えることもUI/UXデザイナーの仕事であり、ユーザーインタビューに関してはUXデザイナーの仕事範囲になります。

マーケティング

せっかく素晴らしいwebサイトを作っても、顧客の目に触れなければ意味はありません。作ったwebサイトをより多くの顧客に利用してもらうためのマーケティング活動も、UXデザイナーの重要な仕事の一つです。

サイト解析

webサイトは作ったら終わりではありません。サイトの完成後も、より良いサイトに進化させ続けるために、ユーザーの利用度などサイトを解析して改善点を探す必要があります。

この仕事もUXデザイナーの仕事の一つであり、解析内容をUXデザイナーとUIデザイナーで打ち合わせながらより良いデザインを作ります。

UI/UXデザイナーの志望動機の書き方とポイント

志望動機を書く際は、なぜその職種を選んだのかということと、その職種の中でもなぜその企業なのかを明確にし、アピールできるようにしましょう。

なぜその職種か

web系の仕事だけでもたくさんある職種の中から、UI/UXデザイナーを選んだ理由をはっきり述べられるようにしましょう。例えば「webデザインに興味があり、ネットサーフィンをしていて素敵なHPを見ると、自身でも人の目と心を捉えるサイトを作ってみたいと思うから」などです。

この部分では、webデザインに関わる仕事に興味を持っていて、勉強していきたいという意欲的な態度を示すことがポイントです。

UI/UXデザイナーでアピールすべき強み

UI/UXデザイナーに大切なのは「デザイン力」ですが、ただ感性で「良い」と感じるだけのデザイン力ではUI/UXデザイナーは務まりません。ユーザーの使いやすさにも着目し、論理的な思考に基づいたデザインセンスがあることが重要なのです。

つまりUI/UXデザイナーには、ユーザーにとって使いやすく、販促効果が高い、ファン創りができるサイトを作る力が必要とされます。

そのためデザイン力をアピールする際、実績を述べるのであれば、そのサイトやデザインに触れたユーザーからどのような反応があったかも述べるようにしましょう。

さらにデザインは無難なものだけでは飽きられてしまうので、今までにない画期的なデザインを考案する力と、それを提案できる積極性も大切な要素のひとつです。

UI/UXデザイナーは、クライアントとデザインの打ち合わせをしながら制作を進めるため、
コミュニケーション能力があることもアピールポイントとなります。

デザイン業界は日々新しいものが生まれ、流行に敏感である必要もあります。面接時には直近のデザインに関するニュースを挙げられるようにすると良いでしょう。

なぜその企業か

UI/UXデザイナーといっても、企業によって強みや特徴が異なります。なぜ数ある企業の中からその企業に就職したいと思ったのかを述べることも重要です。

例えば、毎度革新的なデザインを打ち出す会社もあれば、分かりやすさ、使いやすさを重視したデザインを売りにしている会社もあります。

その企業の特徴や強みを見つけ、さらにどのような理由で共感したのかを述べられるようにしましょう。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機を一言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

UI/UXデザイナーの志望動機のNG例

以下ではUI/UXデザイナーの志望動機のNG例を紹介します。どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。

志望動機のNG例
私はwebデザインに感心があり、自身でも斬新なwebサイトを作ってみたいと思ったことからUI/UXデザイナーを志しました。

学生時代に自身でデザインしたゲームの攻略ブログを現在でも運営しており、常にゲームカテゴリではトップ10に入るほど、人気を保ち続けられています。

貴社は「〇〇(現在売り出し中の大手ショッピングサイト)」のデザインを担当されており、これからのとても活躍されることと思います。そこで私もぜひ貴社でデザイナーとして働かせていただきたいと思い、志望しました。

→自身のデザイン力のアピールとして、作成したブログの話をしていますが、この説明ではデザインが良いから人気なのか、単にゲーム攻略の中身が人気なのかが分からないので、アピールポイントとしては不十分です。

また、「これからの活躍に期待しているから」とその企業を志望した理由を挙げていますが、その会社ならではの強みや特徴に触れておらず、単に安定性を求めているだけに感じられてしまいます。

UI/UXデザイナーの志望動機の例文

UI/UXデザイナーの志望動機の例文を紹介します。良い点やポイントも挙げて解説するので、ぜひ自身の志望動機や面接に活かしてください。

志望動機の良い例
私はwebデザインに関心があり、自身でも斬新なwebサイトを作ってみたいと思ったことからUI/UXデザイナーを志しました。

学生時代に自身でデザインしたゲームの攻略ブログを現在でも運営しております。運営を続ける上で、ブログを訪れる人からの意見を募り、より見やすいブログに変えていくことで、現在でも毎日多くの人が訪れ、ゲームカテゴリでトップ10入りする人気を得ることができました。

貴社を志望した理由は、担当された「〇〇(現在売り出し中の大手ショッピングサイト)」のデザインを拝見して、そのデザイン性の高さとユーザーファーストの仕様が私の目指すサイトだと感じたからです。

貴社に入社できたあかつきには自身のこれまでのデザインのノウハウを活かしながらさらにスキルを高め、「〇〇」のようにユーザーの満足度も高いデザインのwebサイトを制作したいと思います。

→自身のブログの経験の話で、UI/UXデザイナーに必要な「ユーザーの声を上手に取り入れる」というスキルがあることをアピールできているのが良い点です。

また、その企業を志望する理由も、その企業が制作したデザインに憧れたからという、その企業ならではの理由を述べられているのもポイントです。

さらに入社後のビジョンも明確で、説得力のある志望動機としてまとめられています。

まとめ

UI/UXデザイナーはwebサイトを見やすく、使いやすくするためのデザインを考案する仕事で、ネット社会の現代には欠かせない職業です。

UI/UXデザイナーの仕事や業務範囲は企業によって異なるので、必ず各社の特徴を比較しながら企業研究をし、志望動機を書くようにしましょう。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活