就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

カフェの志望動機の例文・書き方

一般に「カフェはアルバイトの仕事」というイメージが強くあります。確かに、カフェのスタッフはアルバイト学生が多いのも事実です。しかしながら、カフェの仕事は決して単純な作業ばかりではありません。カフェには「憩いの場を提供する」という重要な役割があります。

そして「朝・昼・夜」それぞれの時間帯によって変化する特性もあります。しかも、メニューや店内装飾などのトレンドの変化スピードが早く、ショップではカスタマー・ニーズに適応することが求められます。

 それら時代の変化に適応した店づくりをするのがカフェ・スタッフの役目なので、人気店舗を創り上げるやりがいと歓びが得られる職場がカフェなのです。 
目次

カフェのトレンドと最新情報

カフェにはさまざまな業態があり「スターバックス」に代表されるおしゃれなショップはすっかり日本に定着しました。工夫を凝らしたカフェも次々に誕生し、カフェ業界は激しい生存競争を繰り広げています。

そして近年は、WeWorkなどの仕事場に合体させたカフェや、定額制サービスを特徴とするサブスク型のカフェが人気です。

多様化するカフェ業界の中にあって、常に新しいトレンドに即応し、魅力あるショップづくりに貢献できる人材が強く求められているのです。

カフェの仕事で得られるスキル

カフェのメニューには、数種類のコーヒー以外にも複数のドリンクや軽食類があります。競争の激しさを反映し、どの店もモーニングセットやランチなどで店独自のメニュー開発に余念がありません。カフェの仕事で獲得できるスキルを以下に紹介しましょう。

調理スキルが身につく

カフェのキッチンでは調理のスピードが要求されます。キッチンスタッフは、オーダーを受けて素早くサンドイッチなどの軽食を調理するスキルが身につきます。将来に飲食業界で独立を考えている人には、修業の場として適しています。

マネジメントスキルの獲得

大手のチェーン店では、店である程度の期間経験を積み仕事ぶりが認められれば、チーフから店長そして複数の店舗を統括して管理するエリアマネージャーに昇格する道が開けています。

外食産業で確固たる地位を築くには格好の職場環境です。

カフェの仕事内容

カフェの店内での仕事内容を以下に紹介します。

ホール

「ホール」とは飲食スペースのことです。
店が混んでいる場合は、ホールスタッフが来店客をテーブルに案内します。着席した客から注文を受ける、商品を運ぶ、食器の片付け、テーブル・椅子・床の清掃などの業務をこなします。

社員・アルバイトともに、入店したら最初はホール業務からスタートすることが一般的です。

キッチン

メニューにある飲食物を調理するのがキッチンの仕事です。カフェのキッチンスタッフは、何種類もあるコーヒーの淹れ方から覚えていきます。

飲料以外にもサンドイッチなどのパン類やスパゲッティなどの軽食を調理します。調理以外にも食器洗いや清掃などの業務があります。

スタッフ管理

カフェには多くのアルバイトが勤務しています。多くは学生ですが、中にはパートで働く主婦もいます。カフェの社員にとって、スタッフの勤怠管理をするのも重要な仕事です。

スタッフの勤務スケジュール表を作成し、店がより能率的に稼働するように、スタッフ全員の勤務シフト管理を行います。

店内装飾

大手チェーンでは、店内のレイアウトは本部の指示で行うことが多いのですが、店独自に工夫することも大切です。おすすめメニューを店頭に貼り出したり、黒板ボードに手書きでアピールしたりなどの装飾を行います。

センスある店内装飾は人気店になるために必要です。

店舗の企画・運営

社員として働く場合は、与えられた仕事を無難にこなすだけではなく、「どうすればもっと来客を増やして売上をアップできるか」など、方法を考えて実行する企画力が求められます。

店長をサポートするチーフ職になると、店の運営方法について店長とともに方策を練ることもあります。

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

カフェの志望動機を書く際のポイント

就職先をカフェと決めた就活生のために、志望動機の文章の参考例を以下に紹介します。重要なポイントをよく読んで参考にしてください。

なぜその職種か

まずカフェを志望することになった経緯を端的に述べます。例えば「接客業に向いている性格」「おしゃれで清潔な雰囲気が好み」「アルバイト経験で得た印象」など自分の鋭角と経験をもとにした文章から具体的な志望動機につなげてみましょう。

カフェでアピールすべき強み

自分がカフェで働くことをイメージし、自分の長所を職場で生かすことができるという風に文章を続けてみましょう。例えば「自分の行為で相手が喜ぶことが楽しい」という性格や「コーヒーや軽食などをすばやく調理することが得意」という長所を職場で生かせるという書き方もよいでしょう。

なぜその企業か

企業のウェブサイトなどに記載されている「企業理念」や「事業方針」などを読み、それに共感したことを自分の言葉で書いてみましょう。

その企業で働くことが社会貢献につながるという表現を入れることで、社会人としての意識をしっかりと持っていることが伝わります。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機をひと言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

カフェの志望動機のNG例

カフェの志望動機の文章でのNG例を以下に紹介します。「なぜNGなのか」という点を、解説文をよく読んで参考にしてください。

志望動機のNG例
私は、大のコーヒー好きなので、好きなコーヒーの香りのあるカフェで働ければ楽しそうだと思い志望しました。

それに家から徒歩で10分位と距離も近いので、寝坊しても遅刻にならない点もいいと思いました。できるだけ家から近い場所で働きたいので、できれば他店への転勤が当分なければうれしいです。

→「コーヒー好き」と「家が近い」という安易な理由で志望している点が問題です、カフェの社員として将来どうなりたいのかという明確なビジョンがありません。

転勤を嫌がっている点もマイナスです。これでは将来幹部職への登用を自ら拒絶している意欲のない人物としか思われません。

カフェの志望動機の例文

カフェの志望動機の良い例文を以下に紹介します。例文をもとに解説をよく読んで参考にしてください。もちろん、例文を丸写しにするのではなく、自分なりにアレンジして書いてみましょう。

志望動機の良い例
私は、学生時代からカフェに行くのが日課で、いくつかのカフェでのアルバイト経験があります。アルバイトでカフェの仕事内容を覚えると同時に、しばしば本部の管理職の方から研修を受けていました。

数あるカフェの中では、御社が最も研修制度や職場環境の改善などに尽力されていることを感じました。そして、御社なら人と触れ合うことが好きな自分の長所を充分に伸ばせると思ったことが大きな志望動機です。

数年はカフェスタッフとして修練し、ゆくゆくは各店を指導するエリアマネージャーになり、カフェの仕事を通じて社会にも貢献できる社会人になりたいと思います。

→カフェを選んだ目的が明確で好感が持てる文章です。志望先も将来の希望をもとに選択しており、しっかりとした考えを持っていることが分かります。

企業にとっては、将来幹部クラスとして登用できる可能性のある人材と思わせる内容になっています。

まとめ

カフェでは、傍から見るよりもはるかに多くの業務をこなしています。カフェスタッフを職業とするのなら、事前にカフェでの業務とカフェ業界の現状をよく把握した上で就活に臨んでいることを強くアピールしましょう。

企業が「これなら当社で長く働いて貢献してくれる人材かも」と思わせるような、自分の長所と資質を志望動機の文章に込めることが大切です。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ