就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

面接で「趣味は何ですか?」と質問された時の正しい答え方~回答例9つ紹介~

「面接で趣味を聞かれたとき、何と答えるのが正解なんだろう?」このようにお悩みではありませんか?

本記事ではこれから重要な面接が控えているという人に向け、大手企業でも通用する正しい回答方法や、企業が面接で趣味について質問する意図などについて解説します。

正しい回答方法を知っておくことで、失敗のない就職活動を行いましょう。

目次

企業が面接で趣味を聞く意図

企業が面接で趣味を聞く意図は、下記の通りです。

■あなたの人柄を知るため
■熱中しやすい人かどうかを知るため
■仕事との適正を知るため

それぞれの意図について詳しく解説していきます。

あなたの人柄を知るため

面接で趣味を聞く理由として最も多いのが「あなたの人柄を知りたい」という点が挙げられます。

面接官はあなたの趣味を聞くことで「どのようなことに興味を持ち」「どういったことに積極的なのか」を探ろうとしているのです。

そのため、趣味を聞かれた際は「良い印象を与えよう」とするよりも、あなたの人柄について知ってもらうチャンスだと捉えるべきでしょう。

肩に力の入った回答をするのではなく、あなたらしさを前面に押し出した回答を意識しましょう。

熱中しやすい人かどうかを知るため

面接官はあなたが熱中しやすい人がどうかを知るために趣味を聞いている可能性もあります。

例えば、趣味を聞かれた際に「プラモデルの作成です」と答えれば、面接官は「小さなことをコツコツとやるのに向いているのかも」という風に捉える可能性があるでしょう。

また「小学生の頃から現在までテニスを続けています」と答えれば、「好きなことに打ち込むことができる人なんだな」という印象を持つかもしれません。

したがって、趣味はその人がどのようなことにどれだけ熱中してきたかを知るための質問だと考えられるのです。

仕事との適正を知るため

面接で趣味について聞くことで、仕事との適性を知ろうとしている可能性もあります。

例えば、スマホゲームのアプリを開発している会社の面接で「趣味はスマホゲームをすることで、アプリの開発にも興味を持つようになりました」と答えれば、面接官は「スマホゲームが好きでゲームアプリに関心があるんだな」と捉えるでしょう。

仕事と趣味の関連性が高ければ、面接官は仕事との適性があるのではないかという印象を持ちます。

ウソをつくのはよくありませんが、仕事と関連している趣味を持っているのであればうまくアピールするのもおすすめです。

面接で趣味を聞かれたときの答え方

趣味を答える際は以下のフレームワークに沿って答えるようにしましょう。

まず最初の結論部分であなたの趣味を簡潔に述べます。

次に、エピソードの部分で「いつからやっているか」「どの程度熱中したか」など、面接官が興味を持ちそうな部分を掘り下げましょう。

最後はまとめつつ、入社後は自分の趣味とどう向き合っていくのかを回答するという流れがスムーズです。

また、趣味を通して面接官にアピールしたいことがあれば、数字などを用いて具体的に説明することをおすすめします。

「面接の質問」への答え方の詳細、注意点、面接官のタイプ別対策方法を知りたい方は下記の記事をご覧ください。
▶参考:「【面接】質問の正しい答え方|面接官のタイプ別に特徴と対策を紹介」

面接で趣味を聞かれたときの回答例

面接で趣味を聞かれた際の回答例を紹介していきます。内定を取った人が、どのように自分をアピールしたのかを実際に見ていきましょう。

また、それぞれの回答例に対して深堀されることに備え、追加の想定質問も紹介していきます。

音楽鑑賞

❏例文1

私の趣味は音楽鑑賞です。小学生のとき、好きなアニメのオープニング楽曲を聴いたことをきっかけに、さまざまなジャンルの音楽に興味を持つようになりました。

私は音楽が持つ色々な力に救われてきました。たとえば、受験や大切な試合の前にはアップテンポな曲を聴くことで勇気をもらったり、どうしても眠れない夜にはバラードを聴いて心を落ち着けたりしていました。

これから社会人になり、仕事をするうえでも音楽に助けられることはたくさんあると思います。自分の大好きな音楽を聴いて、これから待ち構える困難な仕事にも果敢にチャレンジしていきたいです。

 【想定追加質問】 

⇨音楽を聞くときにどういう観点で曲を決めますか?(流行りなのか歌詞なのか曲調なのか?など)

❏例文2

私の趣味は音楽鑑賞です。特によく聞くのはクラシック音楽になります。

クラシック音楽を聞くことで、人との会話や文章の作成が上手になりました。クラシック音楽には起承転結があり、日常的にその音楽に触れることで、自分の中に起承転結が根付いたからです。

クラシック音楽の中で最もお気に入りの曲は、ベートーベンの交響曲第9番です。序盤の静けさと後半の大合唱とのギャップがクセになりました。

これから社会に出た後も、クラシック音楽で学んだ起承転結を活かし、文章作成や人との会話を楽しんでいきたいです。

 【想定追加質問】 

⇨クラシック音楽以外に何を聞きますか?
⇨クラシック音楽のにはどのような起承転結がありますか?

ピアノ

私の趣味はピアノです。幼少の頃からピアノを習い始め、今までも時間があればピアノを演奏します。

ピアノを弾き続けてきたことで、学んだことがあります。それは「諦めずにコツコツと続ければ何事もうまくいくし結果は裏切らない」ということです。

中学生の頃、出場したコンクールで大きな失敗をして落ち込んだことがありました。しかしそのときの悔しさをバネに課題曲を何回も聴きこんだり、練習量を増やしたりすることで、次のコンクールでは好成績を残すことができました。

これから社会に出るにあたり、今までよりも大変なことがたくさんあると思います。しかし自分自身がこれまで行ってきたことを信じ、どんな困難にも立ち向かっていける人材になります。

 【想定追加質問】 

⇨ピアノをやめようと思ったことはありますか?
⇨ピアノをやっていて良かったと思ったことは何ですか?

書道

私の趣味は書道です。親に勧められたことがきっかけで、小学生の頃から始めました。

書道を始める前は字が汚いことにコンプレックスを感じていましたが、継続することでどんどん字がうまくなり、中学2年生の全国書道大会にも出場しました。大学では憧れだった先生から直接指導をしていただき、師範の免許を取得することもできました。

字が上手くなったことはもちろん大きな成果ですが、継続は裏切らないということを身をもって知ることができ、達成感を得ることができました。社会人になったばかりだと、うまくいかないこともたくさんあると思いますが、持ち前の気力と継続力でコツコツと精進していきます。

 【想定追加質問】 

⇨書道をやっていて一番大変だったことは何ですか?
⇨書道の先生になることを考えたことはありましたか?

料理

私の趣味は料理です。小学校の家庭科での調理実習をきっかけに、少しずつ料理をするようになりました。

最初は手伝うことだけで精一杯でしたが、中学1年生の頃には、冷蔵庫の中にある食材だけで作れるようになりました。料理を作ることはリフレッシュにもつながるため、社会人になってからも自炊しようと思っています。

今回はじめての一人暮らしになるので、料理を作る余裕があるかどうかはわかりませんが、できるだけ栄養バランスの良い食事を作り、精力的に仕事ができるように心がけます。

 【想定追加質問】 

⇨得意料理は何ですか?
⇨料理を作る際の自分なりの工夫はありますか?

ゲーム

私の趣味はゲームです。ゲームというと、あまりよくない印象を与えてしまうかもしれませんが、私は本気でゲームに打ち込んできました。

例えば、私はゲームを短期間でクリアするために発売前のゲームの情報を本やインターネットで収集します。収集した情報を整理し、自分なりに傾向と対策を立てておくことで、他の人より圧倒的に速くゲームをクリアできるのです。このようなことを日常的に行ってきたため、大学のゼミで行われたデータ分析作業では、作業量・速さ・正確性ともに他のメンバーを大きく上回りました。

私が短期間でゲームをクリアできるようになったのは、自分なりに検証し、改善を加えてきたことにあると思っています。会社で働く際も、検証と改善を繰り返し、いち早く実践で活躍できる人材になっていきたいです。

 【想定追加質問】 

⇨ゲームを好きになったきっかけはなんですか?

アニメ

私の趣味はアニメを見ることです。アニメは見ているだけでも楽しいのですが、私が最も注目しているポイントはアニメの脚本です。

例えば「このアニメはどのような人に向けてどのようなメッセージを発信しているのか」といったところに着目しながら見るようにしています。純粋にアニメを楽しみつつ、制作側の意図を詮索するのはとても楽しいです。また、コンテンツ作成の観点でも勉強になることがたくさんあります。

これからもたくさんのアニメを見て、見ている人に喜んでもらえるコンテンツ作りのノウハウを学んでいきたいです。

 【想定追加質問】 

⇨脚本として1番好きなアニメはなんですか?また、どういうところが好きですか?

写真撮影

私の趣味は写真撮影です。中学と高校では写真部に所属していました。土日になると部活動のメンバーで街中を駆け巡り、四季折々の風景を写真に収めていました。

大学では同じ趣味を持つ人達と SNS で繋がり、同じ被写体を撮って比較するなどして、お互いのスキルを高めあってきました。同じ被写体を撮影しても写真を撮る際の構図や、色合いなどによって写真の雰囲気が大きく変わるといった面白い発見もありました。

今後は撮影だけではなく、フォトショップやイラストレーターなどを使い、編集の技術も磨いていきたいと思っています。

 【想定追加質問】 

⇨写真を撮る際に重要なことは何ですか?
⇨写真部で大変だったことは何ですか?

スポーツ

私の趣味は、スポーツです。小学校から大学までサッカーを続け、高校時代には全国大会にも出場しました。

大学生になってからはフットサルもはじめ、サッカーとは違った魅力に面白さを感じています。また、フットサルを始めたことで新しい出会いがあり、これまで知らなかった人とコミュニケーションをとる機会が増えたため、人と接することの楽しさを再認識しました。

社会人になった後も休日に友人や知人と集まり、サッカーやフットサルを楽しめればなと思っています。今後の目標は、自分のチームの作り色々な人とコミュニケーションを取りながら練習や試合をすることです。

 【想定追加質問】 

⇨高校時代のサッカーで1番大変なことは何ですか?

面接でよく聞かれる質問集と回答例は下記の記事を参考にしてください。
▶参考:「【面接でよく聞かれる質問集】答え方のポイントと前日までに準備すべき対策も紹介」

面接で趣味を聞かれたときのNG例

面接で趣味を聞かれた際のNG 例は、下記の通りです。

■ギャンブル全般
■宗教や個人の思想に関わること

これらが趣味であることを面接で言ってしまうと、それだけでマイナス印象を与えてしまう可能性が高いでしょう。

上記2つの趣味がなぜマイナス印象を与えてしまうのかについて解説していきます。

ギャンブル全般

面接で趣味を聞かれた際、パチンコや競艇など、ギャンブルに関連する趣味を答えるの避けましょう。

なぜなら、パチンコや競艇などといったギャンブルは、面接官に「だらしない人」という印象を与える可能性が高いからです。

偏見であるともいえますが、社会通念上そう思われても仕方がありません。

面接官によってはラッキーパンチ的に好印象を与えることもありますが、ほとんどの会社では逆効果になってしまうでしょう。

また、本格的なモデルガンの収集や、賭博麻雀など、人によって犯罪を連想させてしまうような趣味はNGと留意しておいてください。

面接官の立場になり、よく考えた上で回答することが大切です。

宗教や個人の思想に関わること

面接で趣味を聞かれた際、宗教や個人の思想に関わることを回答するのもNGです。

例えば、「デモなどの政治運動」「偏った思想を持つ宗教の運動」などを趣味として回答するのはおすすめできません。

信念を持って運動に関わっている場合は、誇れるものであるかもしれません。しかし、面接官によってはネガティブなイメージを持つ人もいます。

趣味以外の質問でも、特定の宗教・思想・政治に偏るような回答は控えるようにしましょう。

まとめ

本記事では、面接で趣味について聞かれた際の回答方法について紹介してきました。

趣味はあなたの人柄や特技をアピールする絶好のチャンスです。自分が今まで行ってきたことに自信を持ち、まっすぐ面接官の目を見て話しましょう。

あなたの人柄がしっかりと面接官に伝われば、最終面談や内定へとつながるはずです。ただし、先ほども紹介した「回答する際の NG 例」については十分ご注意ください。

自分らしさを前面に押し出し、前向きなアピールをしていきましょう。

面接を通過するためには想定質問への対策として、答え方を知るだけではなく、マナーの習得や事前の練習も必要です。

下記ページに面接突破のためのノウハウ記事をまとめているので、面接に少しでも不安がある方は参考にしてください。
▶参考:「面接対策と質問回答例」

就活の不安・悩みは就職エージェントneoに相談

ここまでは、面接対策の情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ