就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

面接で「最後に一言ありますか?」と質問された時の正しい答え方~回答例5個紹介~

「用意していなかった」「何を答えていいのかわからない」と困ってしまう就活生も多いのではないでしょうか。

そのような場合は、本記事で説明している「なぜ企業が最後の一言を求めてくるのか」を把握しておきましょう。

どのような最後の一言で終えるべきか、しっかり理解しておくことが大切です。

本記事では最後に一言を求められた場合のよくある回答例を紹介しているので、参考にして面接の対策をしてください。

目次

企業が面接で「最後に一言ありますか?」と質問する意図

まずは、企業側が「最後に一言」を求めるのはどういう意図があるのかを知りましょう。

企業側は単に締めの言葉がほしいわけではなく、明確な目的があって聞いています。

面接官の意図に沿った回答ができるように、最後の一言を聞いてくる目的を正確に把握してください。

面接で把握できなかった人柄を知るため

最後に一言を聞いてくる意図には、面接で把握しきれなかった就活生の人柄をもっとよく知りたいという目的があります。

ほとんどの就活生が面接で聞く内容を準備しているため、似たような回答になりがちです。

そのため、当たり障りのない回答ばかりで、就活生独自の個性が見えない場合もあるでしょう。

判断に迷っている場合に最後の一言を促すことで、就活生の熱意や独自性を見極めたいと思っているわけです。

企業は最後の一言でも、自社に合う人材かどうかを判断します。

このような企業の意図に沿うためには、面接でうまく伝えられなかった強みを補足するとよいでしょう。

入社に向けたやる気や熱意を、アピールするのもおすすめです。

なぜこの企業を選んだかを具体的に説明し、入社後にどれだけ貢献できるかを伝えてください。

あくまで面接の質問は終了したあとの最後の一言なので、長くなりすぎないことが大切です。

最後にアピールのチャンスを与えるため

最後に一言について聞くもう一つの意図は、アピールのチャンスを与えるためです。

どんなに優秀な人材でも、緊張してうまくアピールできない場合もあります。

そのような就活生のため、最後にもう一度アピールする機会を与えてくれるのです。

一通りの質問が終わったころは就活生の緊張もだいぶ落ち着いてくるため、最後の一言で力を出し切ってくれることを期待しています。

面接官は最後の一言も採用の参考にしており、与えられたチャンスは逃さずしっかりアピールしなければなりません。

アピールが足りなかったと思う点を思い出し、しっかり補足や追加を行いましょう。

面接で「最後に一言ありますか?」と質問された場合の答え方

最後に一言を伝える際は、以下のフレームワークに沿って答えるようにしてみてください。

最後に一言で強みや自己アピールを補足したい場合は、最初に結論を簡潔に伝えます。そのあと、それにまつわるエピソードを話しましょう。

エピソードはできるだけ具体的に伝えることで、面接官のイメージが鮮明になり説得力が強まります。

最後に、入社後にどのような貢献ができるかを述べるという流れになります。

ただし、「最後の一言」はあくまでも「一言」なので、簡潔に述べることが大切です。

事前に回答を用意していても質問内容によっては十分に伝えきれず、思ったようなアピールができない場合もあるでしょう。

そのような場合に、最後の一言で伝えきれなかったと思うことを話してください。

用意していたことはすべて出しきれたが熱意が足りていなかったと感じる場合は、簡単にやる気や熱意を伝えるだけでもいいでしょう。

面接で聞けなかった質問をするのも問題ありません。

最後に与えられたチャンスということで強みや熱意を伝えるのがベストではあるものの、思わぬ質問に動揺してしまう人もいるでしょう。

慌てて何かよいことを答えようとすると不自然な回答になり、印象を悪くするリスクもあります。

緊張で何も思いつかない場合は無理をせず、お礼を述べておくとよいでしょう。

「本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうございました」と伝えるだけでも、印象は良くなります。

また、「最後に一言」は必ず聞かれるものではありません。

聞かれることを想定して準備することは必要ですが、そのために質問などを溜めておくことは避けたほうがいいでしょう。

聞かれなかったとしても、面接のなかで十分自己アピールできるようにしておいてください。

「面接の質問」への答え方の詳細、注意点、面接官のタイプ別対策方法を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

▶参考:「【面接】質問の正しい答え方|面接官のタイプ別に特徴と対策を紹介」

面接で「最後に一言ありますか?」と質問されたときの回答例

これまでの説明で、最後に一言を伝える際の流れについては理解できたと思います。

ここからは、よくある「最後に一言」の回答例を13個紹介します。

回答例を参照していくつかの回答を用意しておき、スムーズに返答できるようにしましょう。

回答に対して想定できる質問も紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

強みを伝える

本日の面接で御社の理念や企業方針を伺い、なおいっそう御社で働きたいという気持ちが強くなりました。中学、高校時代は父の転勤が多く3回も転校を経験しましたが、転入したクラスではその日にみんなと打ち解け友人をたくさん作ってきました。

このようなコミュニケーション力が高いという私の強みは、御社の「顧客へのサービス第一」という方向性にも存分に活かせると考えています。

入社後は自分の強みを発揮して、御社の発展に貢献したいと思っています。

先ほどもお伝えしましたが、私の強みは行動力があることです。高校時代は文化祭の委員など積極的に立候補していました。催しの企画を立ててスケジュールを組み、実行するなど、常に他の生徒の先頭に立って行なってきた自負があります。高校2年のときには隣の県で大規模な豪雨災害が起こりましたが、その際はクラスで支援の呼びかけを行ないました。家にあるものを持ち寄る提案をして、たくさんの援助物資を送ることができました。

入社後もこの行動力を活かし、御社の業務に貢献したいと思っています。

やる気や熱意を伝える

本日の面接で御社の目指すビジョンについて詳しく聞かせていただき、御社で仕事をする意欲がますます高まりました。

私の父は10年前に重い肝臓病を患いましたが、最新の医薬品によって一命を取り止めたという経緯があります。この経験で私は新薬の開発が多くの人を助けることを痛感し、自分もこのような仕事の一翼を担いたいと強く思うようになったのです。

開発への取り組みで先端を走る御社に貢献し、少しでも多くの人を助けたいと考えています。

本日の面接で御社が海外進出を本格的に進めているというお話を聞くことができ、入社して貢献したい気持ちがさらに強くなりました。

私は小学生のころから海外に憧れ、将来は海外で働ことを夢見て英語の勉強にも取り組んできました。高校時代は本格的にTOEICの試験に挑戦し、大学1年のときには830点を獲得しています。現在も英会話スクールに通い、ビジネスコミュニケーション能力を鍛えているところです。

これからさらにスキルを磨き、御社の仕事に貢献できるよう努力していきたいと考えています。

面接のフィードバックをもらう

これまでお話しした自分の強みや経験を活かし、御社の事業に貢献したいと思っています。今回の面接で感じられた課題や懸念すべき点があるようでしたら、ぜひ教えていただいてもよろしいでしょうか?

本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。できましたら、今回の面接についてのフィードバックをいただけたら幸いです。

この面接を今後に活かしたいと思いますので、ぜひフィードバックをいただけたらと思います。直すべき点などがありましたでしょうか?

質問をする

今回の面接では、社員の成長努力を評価するというお話がありました。これに関連して質問したいのですが、入社に備えて準備することや読んでおくべき本などはありますでしょうか?入社後はできるだけ早く業務に慣れて少しでも役に立ちたいと思いますので、特に勉強するべきことがあればぜひ教えていただけたらと思います。

面接でお聞きできなかったことをぜひ質問させていただきたいのですが、御社に入社してから目覚ましい活躍をされている方の特徴について、教えていただけますか?

それでは最後に1点、質問をさせていただきます。面接官の方々が御社で働いていて、一番やりがいを感じるのはどのようなときでしょうか?

面接のお礼

本日の面接で御社の目指すところや企業理念を詳しく聞くことができ、よりいっそう御社に入社したいという熱意が深まりました。新しい事業に参入するというお話は驚きで、自分もぜひ参加したいという気持ちが強くなっています。チャレンジ精神が旺盛という私の強みを発揮し、事業の発展に貢献したいと考えています。本日は、このような貴重な機会を設けていただきありがとうございました。どうぞよろしくお願いいたします。

本日は貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました。今回の面接で、より深く御社で働きたいという気持ちが強くなりました。入社できましたら、IT業界の先端を行く御社で、新しいシステム開発に貢献したいと考えています。

本日はこのような面接の機会をいただき、心より感謝いたします。面接の中で御社が環境問題に力を入れているということをよく知ることができ、さらに御社で働きたいという気持ちが強まりました。御社での仕事を通じ、社会貢献ができたらと考えています。お忙しいところ貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

面接でよく聞かれる質問集と回答例は下記の記事を参考にしてください。

▶参考:「【面接でよく聞かれる質問集】答え方のポイントと前日までに準備すべき対策も紹介」

面接で「最後に一言ありますか?」と質問されたときのNG回答例

ここでは、最後に一言を伝える際に注意したい答え方について紹介します。

NG回答がどのような伝え方なのかを知り、面接の際に活かしてみてください。

「特にありません」は避ける

何も伝えることが思い浮かばない場合でも、「特にありません」は避けてください。最後の一言を促す場合、面接官は就活生にチャンスを与えています。

強く志望しているのであれば、面接の時間のすべてを活かしてどの質問にも自己アピールを行おうと努力するでしょう。

最後のチャンスを与えられたら、それを活かそうとするのが通常です。

そのため「特にありません」と答えるのは、「あまり入社したいという意欲がないのではないか」と思われてしまっても仕方ありません。

とっさのことで伝えることがわからない場合は、お礼や入社への意欲だけでも述べておきましょう。

同じ回答を繰り返す

「最後に一言」は、面接で把握できなかったことを確認したり、うまく自己アピールできなかった就活生にチャンスを与えたりするために聞いてきます。

そのため面接で答えた内容を繰り返しては意味がありません。

面接で伝えきれなかった自分の強みや熱意を、上手に補足するようにしましょう。

回答に一貫性がない

最後に一言で伝える強みや自己アピールの補足は、面接で答えた内容と一貫性を持たせるようにしましょう。

矛盾した回答にならないよう、自分の強みなど事前準備はしっかり行なってください。

まとめ

本記事では企業が「最後に一言」を促す意図や回答例、NGの回答について解説してきました。

「最後に一言」は緊張してうまく自己アピールができなかった就活生を助ける、

もしくは採否の決定打がない場合の判断材料にする意図があります。

本記事で紹介した解答例などを参考にして、最後の一言を上手に伝えられるようにしておきましょう。

下記ページに面接突破のためのノウハウ記事をまとめているので、面接に少しでも不安がある方は参考にしてください。

▶参考:「面接対策と質問回答例」

就活の不安・悩みは就職エージェントneoに相談

ここまでは、面接対策の情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ