就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

モチベーショングラフを活用した自己分析のやり方|図付きでわかりやすく解説

「自己分析をしたいけど、どうやってやったらいいんだろう」と悩んでいる方に自己分析の方法を紹介していきます。

第三弾は「モチベーショングラフ」です。

モチベーショングラフは幼少期から現在までの出来事のモチベーションを書き出すことで、自分のモチベーションの源泉を知ることができます。

モチベーションの源泉を理解することで企業選びの軸が明確になるため、自分に合う仕事を見つけたいと思っている方にオススメな自己分析方法です。

本記事ではそんな「モチベーショングラフ」を活用した自己分析のやり方についてわかりやすく紹介していきますので、自己分析の方法に悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

目次

自己分析でモチベーショングラフを作成するメリット

モチベーショングラフを作成することで「モチベーションの源泉がわかる」「説得力のある自己PRを作れる」というメリットがあります。

なぜこれらのメリットを得ることができるのかについて以下で詳しく解説していきます。

モチベーションの源泉がわかる

モチベーショングラフでは過去の出来事に対して当時どれくらいのモチベーションがあったのかを記入していくため、自分がどんな時にモチベーションが高くなるのか、または低くなるのかを分析することができます。

モチベーションの源泉は企業選びの軸となるため、非常に重要です。

自分に合った企業を選ぶためにも、モチベーションの源泉は何なのかをしっかりと把握しておきましょう。

説得力のある自己PRを作ることができる

モチベーショングラフは自分の過去の経験に対してその時どんな考えを持ち、どんな感情だったのかを深堀りしていくため、過去の自分についてしっかりと振り返ることができます。

実体験から生み出した強みであるため、より説得力が強い自己PRを作ることができるでしょう。

またモチベーショングラフを作る際にしっかりと深堀りを行い強みを考えているため、面接などで深堀りされても、スムーズに回答することができるのもメリットの一つです。

モチベーショングラフの作り方

ここからはモチベーショングラフの作り方を紹介していきます。

手順をよく確認し、実際にモチベーショングラフを作成する際に活かしてみてください。

手順は全部で5ステップあります。

(1)2つの軸を書く

図のように軸となる2つの線を書きます。縦軸がモチベーションの高低、横軸が時間の流れを表しています。

時間は「幼少期、小学生、中学生、高校生、大学生、現在」と6つに設定してみましょう。

(2)出来事を具体的に書く

ここではモチベーションが高い時、低い時など、自分の中で印象に残っている出来事を具体的に書き込んでいきます。

端的に「受験に失敗した」という出来事だけを書くのではなく、「1年間毎日○時間以上受験勉強をしていたが、第一志望の高校に受からなかった」など、できるだけ詳細を記入するようにしてください。

(3)出来事が起こった際の感情や思考を書く

出来事の詳細を書き出したら、次はその出来事が起こった時の感情や思考を書き込みます。

理由としては感情や思考を書くことで、あなたがどんな時に喜びを感じ、どんな時に悲しみを感じるなどの価値観を知ることができるためです。

図のように感情を書き出したら、今度はその感情に対して「なぜ?」と問いかけてみましょう。

モチベーショングラフを作成する上ではこの感情や思考を書き込む作業が最も重要となるため、自分に何度も「なぜ?なぜ?」と問いかけ、そのような感情になった理由をしっかりと深堀りしてください。

(4)感情や思考に共通点を探す

モチベーショングラフ上に記入している複数のエピソードの中で、それぞれのエピソードを深堀りした際に出た感情や思考で共通している部分がないかをチェックしていきます。

具体的にはモチベーションが高いエピソード同士を比べ、高い時期に共通する要素があるかどうか、モチベーションが低いエピソード同士を比べ、低い時期に共通する要素があるかを考えます。

またモチベーションが高いエピソードと低いエピソードを比べ、どのような時にモチベーションが上がるのか、または下がるのかを考えることでモチベーションの根源を見つけることもできるでしょう。

今回の図の例で考えてみると、モチベーションが高い時に共通する要素は「仲間と一緒に何かに取り組んでいる時」、低い時に共通する要素は「ずっと頑張ってきたことに対し結果が出なかった時」になります。

このようにそれぞれのエピソードを比べて見つかった共通点こそがあなたの特性や価値観となります。

(5)言語化する

ここまでのステップを通して、あなたの価値観やモチベーションの源泉が浮き出てきたと思います。

モチベーショングラフを作成したことで満足し終わってしまう就活生も少なくありませんが、大事なのはモチベーショングラフで明らかになった自分の価値観やモチベーションの源泉を言語化することです。

就活で役立てるためにもここでしっかりと言語化しておきましょう。

自己分析でモチベーショングラフを作成する際の注意点

モチベーショングラフを書く際に大切なことは「ありのままを書く」ということです。

自己分析は自分について理解するために行うものであるため、ここで自分をよく見せようとしたり卑下したりする全く必要はありません。

正直に書かないとあなたの本当の価値観を見つけることはできないため、モチベーショングラフを書く時は感情や思考を素直に書くようにしてください。

まとめ

本記事ではモチベーショングラフの作り方やメリット・注意点を紹介してきました。

幼少期から現在までの経験を深堀りしモチベーションの源泉を知ることで企業選びの軸を定めることができます。

実体験をもとに自分に合う仕事を見つけたいという方は、本記事で紹介したやり方を参考にしてみてください。

就活相談は就職エージェントneoへ

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ