就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【業界研究】通信業界の動向4選!仕事内容や志望動機・自己PRのポイントも紹介

通信業界とは、電波や通信に関わるサービスを運営する業種を集めた業界のことで、IT業界に含まれる業界の1つでもあります。

本記事では、通信業界の動向や仕組みについて紹介するだけでなく「どういうビジネスモデルでどんな仕事をしている?」「どういうスキル・知識が求められる?」という人に向けて、業界の動向やキャリア、志望動機、自己PRの書き方についてわかりやすく解説していきます。

また通信業界の売上や利益、年収、従業員数、勤続年数をランキングで紹介しています。ビジネス規模や働きやすさ等がわかるので、ぜひあわせて確認してみてください。

CTA1_大_今すぐ無料で相談
目次

業界研究完全攻略の記事一覧

通信業の仕組み

通信業界とは、電波を活用したサービスを消費者に提供する業界のことです。総務省が定義する日本標準産業分類においては「情報通信業」に分類されています。

また通信業界はさらに細かく3つの業種に分かれており、電波や回線を提供する「通信業」、電波を介して情報提供を行う「放送業」、インターネット上に空間を提供する「デジタルプラットフォーム事業」があります。

下記にてそれぞれの業種の特徴を確認してください。

 通信業

通信業とは、携帯電話会社などの通信キャリアの事業で、利用者に電波や回線を提供するとともに、それに付随するネットワーク設備の保守や運用サービスなどを行っています。

その中でも、光回線などの「固定通信」、携帯電話やスマートフォンなどの「移動通信」、インターネット接続サービスを提供する「ISP(インターネットサービスプロバイダー)」の3つに分けられています。

固定通信

固定回線は、私達の身近にある電柱や電線により、自宅や職場など特定の場所に、無線もしくは有線接続することが可能な通信回線です。固定回線を設置することで、固定電話やWi-Fiルーターの利用が可能になります。

近年は、高速で安定した通信が魅力の「光回線」が主流です。NTT東日本・西日本の「フレッツ光回線」は、固定回線のシェアの7割近くを占めています。

移動通信(無線通信)

先程述べた固定通信は、回線を通じて通信を行うのに対して、無線通信は一般的に電波を使用した通信を行うため、場所にかかわらず、いつでも利用できる通信手段です。携帯電話やスマートフォンは移動通信に含まれます。

以前は通信が安定しづらい印象にありましたが、時代とともに変化を遂げ、高速かつ大容量の通信を実現する「5G(第5世代移動通信システム)」には、期待が高まっているようです。

移動通信を提供する主な企業は、大手キャリアの3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)が挙げられます。

 ISP

ISP(インターネットサービスプロバイダー|英語: Internet Service Provider)とは、インターネット接続の電気通信役務を提供する企業です。ユーザーがインターネットを利用するためには、インターネット回線に接続しなければなりません。

ISPは、光ファイバー回線や高速モバイル回線などの通信網を通信の拠点施設から接続し、契約している個人や企業がインターネットを利用できるようにします。

光回線やモバイル回線の代表的なものは「フレッツ光」や「auひかり」、「ADSL」、「WiMAX」などが挙げられます。

放送業

放送業とはテレビやラジオ放送事業のことで、通信電波を用いた放送を提供し、スポンサーからの広告料が主な収益です。これらの収益や人気アニメ・ドラマのグッズ化、CD・DVD化に伴う収益が番組制作費に充てられます。

さらに近年、テレビ局ではインターネットを通じて映像を閲覧できる「TVer」や「hulu」といった「ビデオオンデマンド」サービスが注目されており、収益源にも変化が出ているようです。

公共放送のNHK、民放キー局と呼ばれる日本テレビ、TBSなどのテレビ局や、エフエム東京やJ-WAVE、文化放送などのラジオ局などが放送業に含まれます。

デジタルプラットフォーム業

インターネット上に「人と人」や「人とモノ」を繋げる場所を提供する事業です。この事業は提供するサービス内容によって、主な収益源が異なりますが、多くの企業に共通するのは広告料です。

SNS(LINE、Twitter等)やECサイト(アマゾン、楽天市場)などがここに入ります。近年、携帯電話の普及に伴い、Web広告は効果が高く人気です。

その他、LINEではスタンプの売上やゲームユーザーによる課金、楽天では楽天市場への出店料などが収益の一部となっています。

通信業界のビジネスモデル

通信業界のビジネスモデルを大きく分けると、個人に対し固定回線や無線回線を販売するBtoC事業、法人に対して法人向け通信回線やソリューションを提供するBtoB事業、異業種のサービス提供者を通じてエンドユーザーに回線サービスを提供するBtoBtoX事業の3つになります。

下記にてそれぞれのビジネスモデルを確認してください。

 BtoC事業

BtoC事業の場合、ドコモショップやソフトバンクショップ、KDDIなどといった通信キャリアが構築した通信インフラを利用する個人ユーザーからの利用料が収益になります。

継続的に一定の料金が得られるストックビジネスという仕組みにより、安定した収益が見込めます。月々のスマホ料金を想像するとわかりやすいでしょう。

また自社回線を持たない企業は、NTT東日本・西日本が持つ光回線や、大手キャリアが持つ4G(LTE)回線等を借りて契約者にサービスを提供し、収益を得ています。

BtoB事業

BtoB事業では、法人向けのネットワークサービスや固定電話の提供のみならず、通信デバイスやクラウドサービス、AIなどといった通信会社が持つ幅広い商材を駆使して、トータルソリューションを提供する事業が主です。

また先述しましたが、自社回線を持たない企業に対し、電波や光回線のインフラを提供して対価を得ている企業もあります。例えばソフトバンクやKDDIの光回線は、全てではありませんがNTT東日本、NTT西日本が提供しています。

 BtoBtoX事業

BtoBtoX事業は自治体・イベント企業・スポンサーなどの異業種と協同し「ビッグデータを活用した顧客分析」、「IoTやAIを活用した業務の効率化」や「顧客への遠隔サポート」などエンドユーザー(個人・法人)に対し、高い付加価値を提供する事業です。

これらは次世代通信規格「第5世代(5G)」の導入により主流になってくると考えられています。

消費者や法人に通信サービスを販売するのではなく、5Gという次世代インフラを使って他社とサービスを「共創」することが可能になる事業です。

例えば「通信×自動車業界」の「自動運転」や「通信×医療業界」の「遠隔医療」など、様々なサービスと提携するインフラとして今後も「通信×〇〇」といったサービスが多く登場するでしょう。

通信業界の動向4選

ここでは通信業界の動向を下記にて4点紹介します。それぞれ以下のトピックスについて紹介しているので、確認しておきましょう。

市場規模
5GサービスとIoTの普及
地域による格差
携帯料金の値下げ

市場規模

IT化が進み始めた2000年以降、通信業界の生産額は下降・上昇を繰り返してきました。しかし、2013年以降は継続的に上昇し続けています。

2020年-2021年の通信業界の市場規模は合計29兆9,598億円です。(主要対象企業43社の売上)

参考:総務省『ICTの経済分析に関する調査』

▶参照元:業界動向サーチ/業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング(対象企業計43社)2020-21年の業界レポート。(※2022年6月作成時点)

5GサービスとIoTの普及

5Gは、あらゆる利用目的に対応し、ユーザーが満足できる品質を提供する移動通信システムで、これまでの4Gと比較にならないほど通信技術が高度になっています。移動通信の分野で見ると、新規格「5G」登場のトピックは見逃せません。通信速度は4Gの20倍、通信遅延は1/4、最大同時接続数は4Gの10倍です。

また5Gは「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」といった3つの要求にも柔軟に対応可能なことから、ICTの基盤として、今後あらゆる分野への実装が期待されています。

IoTは、Internet of Thingsの略で、「モノのインターネット」と訳されます。インターネットはもともと、コンピュータ同士を接続するものでした。しかし、現在ではテレビやスマートスピーカーなど、あらゆるデジタル家電がインターネットと接続されています。

このように今までネットワークに接続されていなかったものが接続されるようになり、生活の利便性は飛躍的に上がりました。そして、今後もこの動きは加速していくと考えられています。

参照:ソフトバンク|5Gと4Gで何が変わる?何ができる?

 IoTの普及にあわせたセキュリティーの強化

テレワークやIoTの拡大によって身近なモノにも通信技術が組み込まれるようになり、IT技術は人々の生活において、ますます欠かせないものとなりました。一方、IT技術が広がれば広がるほどサイバー攻撃による重大な被害を受けるリスクも高まります。

サイバー攻撃への対応は日本国内のみならず世界的な脅威となっており、国内外の多くの大企業がサイバー攻撃によって稼働停止や情報漏洩などの被害に遭っています。

そのため、セキュリティ強化を図り、悪質な第三者からのサイバー攻撃にどのように対策していくことが、通信業界の重要な課題の一つと言えるでしょう。

地域による格差

日本全国で通信技術が等しく展開されていくことが理想ではありますが、現実的には地域によって通信格差は生まれてしまいます。

総務省がまとめた「ブロードバンド基盤の整備状況」によれば、2020年3月末の光回線の世帯カバー率は99.1%と非常に高くなっています。ほぼ全国民が光回線を使える状態になっていると言って良いでしょう。その反面、残りの0.9%にあたる約53万世帯については光回線が使えない状態です。

また移動体通信では対象エリアのばらつきが多く、大都市を離れると十分な速度で通信が行えなかったり、圏外になってしまったりする場合もあります。最近サービスを開始したばかりの5Gも、まだ関東圏の中心部をはじめとした全国の大都市の一部でしか利用できません。

このように、通信業界では最新技術が生まれたとしてもすぐに全国各地にサービスが提供されるというわけではなく、大都市などの発展した地域から少しずつ普及を進めていくのが一般的です。

そうした地域による通信格差をスムーズに縮めていくための施策が求められています。

携帯料金の値下げ

2018年に携帯料金を「4割程度下げる余地がある」と当時の菅官房長官が発言し、2020年、政府による「携帯電話料金の値下げ」要請を受け、各社、料金プランを一斉に引き下げました。

要請を受け、大手3キャリアは2021年にahamoやpovo、LINEMOといったインターネット上(オンライン上)から申し込み可能な従来ない低価格プランを展開しました。

また2020年4月には第4のキャリアとして、楽天モバイルやahamoなどが参入し、業界に新たな動きが見られていましたが、2021年9月に菅前首相が退任し、今後行政からの料金引き下げ圧力は弱まる可能性があります。

しかし既に低価格の料金プランは多数存在することから、総務省としては料金の直接的な引き下げよりも、2019年の電気通信事業法改正以前に提供されている料金プラン契約者を、それ以降に提供された安価なサービスへの乗り換えを促すことに力を注がれることが予想されています。

参考:マイナビニュース|2022年の携帯業界はどうなる? 独自チップでスマホ競争は新たな段階へ

参考:日本経済新聞|携帯料金、「4割下げ余地」 官房長官

通信業界の動向を知ることは選考を突破するために必要です。

そのため「志望業界についてもっと知りたい」「選考の通過率を上げたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoを利用してみてください。

CTA_2_業界研究_今すぐ無料で相談する

通信業界の志望動機の書き方

通信業界の志望動機を書く際は「なぜ通信業界なのか」「なぜその会社なのか」をしっかりと深堀りしておくことが必要です。

具体的には自分が将来何を成し遂げたいのか、例えば「通信の力で地方の利便性を向上させたい」「通信サービスを通して、国内だけでなく世界中の人を繋げたい」などといった通信業界ならではの理由を述べるようにしましょう。

“なぜその会社なのか”については、他の企業ではなくその企業でなければいけない理由を伝えます。

例えばNTTの略称で知られる日本電信電話株式会社は、国内最大級の通信関連企業です。地域通信では独占状態にあり、移動通信・長距離通信ともにシェア率が非常に高いことでも知られています。今後の成長を握る鍵としてIT(ICT)技術への関わりをいっそう強めており、研究開発にも熱心に取り組んでいます。

企業ごとの特徴や強みを把握した上で、志望企業を決めるようにしましょう。

通信業界でうける自己PRの書き方

自己PRの書き方について学ぶ前に、まずは通信業界の求める人物像を把握しておきましょう。

企業に評価される自己PRをするためには、その業界ではどのような人が求められているのか知っておくことが重要です。

通信業界の求める人物像

通信業界は通信関連の技術が絶え間なく進歩し、IoTやICTなどのツールも次々に生まれている変化が非常に早い業界です。

しかしそれらの新しい技術・ツールを開発・活用するためには、通信業界の最新技術に関する情報を幅広く集め、日々継続的に学習する努力が必要です。

また通信業界では、様々な技術を活用し、これまでに無かった新たな価値を世の中に提供することが求められます。そのため高い目標であっても、最後までやり遂げる強い意志・行動力があることも重要と言えます。

実際、NTTドコモ・KDDIそしてソフトバンクの3社が求める人物像、企業理念の中で「目標に向けて最後までやり遂げる強い意志・行動力が求められている」といった内容が記載されています。

最後に、通信というのは、すべてがシステムで構築されているビジネスです。そのため、数字やデータなどでものごとを客観的にみることができ、「論理的思考」ができるタイプの人が向いているでしょう。

通信業界の求める人物像について学んだら次は自己PRの書き方を学んでいきましょう。

自己PRの基本的な書き方

自己PRを書く際は基本的に「強み⇨エピソード⇨結果・学んだこと⇨入社後どう活躍できるか」の順番で書きます。

自己PRの書き方の図

(1) 結論

自己PRを書く際は最初に「私は○○することができます」といったように自分の長所を端的に述べます。

最初に結論を述べ面接官に今から何の話をするのか伝えることで、聞き手側も話が入りやすくなります。

そのため、自己PRをする際は結論として、まず長所を伝えるようにしましょう。

(2) エピソード

長所を伝えたら、実際にその長所があることを証明できるエピソードを交えます。

ここではできるだけ具体的なエピソードを伝えるために、その出来事の中で生じた課題・目標や、その課題・目標に対してどのような行動をとったのかについてまで書くようにしましょう。

また企業は、課題・目標やそれ対する行動を通してその人の人柄や価値観を判断しているため、なぜその課題・目標に取り組もうと思ったのか、なぜそのような行動をとったのかについて、しっかりと見つめ直しておいてください。

(3) 結果・学んだこと

エピソードの次は、自分がとった行動によってどのような結果になったかについても書きましょう。

結果を書く際は、定量的に表すことを意識してください。

例えば「〇〇というアイディアを出し実践したところ、売上を40%上げることができた」など数字を用いてアピールした方が相手に伝わりやすいです。

また、この経験を通して何を学んだのかについても書きます。

面接官はその人の学びからも価値観や人柄を判断しています。価値観や人柄はその学生を採用するかどうかの大きなポイントとなるため、自分がどういった人なのか、いかにその企業に必要な人材であるのかをアピールするようにしましょう。

(4) 入社後どう活躍できるか

企業は採用活動を通して、自社に貢献してくれる人材を求めています。つまり、面接官にこの学生は「自社で活躍する素養がある」と思わせるのが大事です。

そこで自己PRをする際は、最後に今伝えてきた長所をどのように志望企業の業務に活かしていくかまで伝えるようにしてください。

そのためには企業が求める人物像を把握する必要があります。業界研究・企業研究を通してどのような強みをアピールするのか考えておきましょう。

また「志望企業に評価される志望動機・自己PRの書き方が知りたい」「選考通過率を上げたい」という方は、就職エージェントneoを利用してみてください。

CTA_3_業界研究_今すぐ無料で相談

通信業界ランキング

ここでは通信業界のランキングを「業績」と「社内環境」に分けて紹介します。

通信業界の業績ランキング

通信業界のランキング_1

▶参照元:業界動向サーチ/通信業界の売上高ランキング(2020-21年)は上記企業の有価証券報告書に基づき作成しています。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。また企業名にあるホールディングスを「HD」と省略しています。(※2022年6月時点)

売上については1位がNTT、2位がソフトバンクグループ、3位がKDDI、経常利益は1位がソフトバンクグループ、2位がNTT、3位がKDDIです。

近年の通信業界は、スマホ需要の拡大により業績を伸ばしてきましたがスマートフォン需要が一巡し、業界としては足踏み状態となっています。今後は「5G」特需が期待されますが、本格的な普及にはもうしばらく時間がかかりそうです。

売上や利益、利益率をチェックした方が良い理由は、以下の2点です。

・売上は企業の財務力を表している
・利益、利益率は企業が行っているビジネスの成否を示している

売上は企業の財務力、ビジネスの規模を表しています。つまり売上が高い企業の方が行っているビジネスの規模が大きいということです。

またA社とB社が同じ利益の場合、売上が大きい企業の方が金融機関からの融資を受けやすいとされているため、売上を見ることで企業の資金調達力もチェックすることができます。

次に利益、利益率は企業が行っているビジネスの成否を示しています。そのビジネスによる付加価値がどれくらいあるかを測る指標です。

つまり利益がほとんど出ていなかったり、赤字だとビジネスに何らかの問題があるということになります。

ただし、このランキングだけでなく、成長率も大事であるため各企業の過去についても振り返っていきましょう。

通信業界の社内環境ランキング

通信業界のランキング_2

▶参照元:業界動向サーチ/通信業界の平均年収ランキング(2020-21年)は上記企業の有価証券報告書に基づき作成しています。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。また企業名にあるホールディングスを「HD」と省略しています。(※2022年6月時点)

年収は1位がTBS HD、2位がソフトバンクグループ、3位が日本テレビHD、勤続年数は1位が朝日放送グループHD、2位がRKB毎日HD、3位が四国放送となります。

勤続年数が長いということは定着率が高いということになります。一概には言えませんが、定着率が高い会社は良い会社である可能性が高いです。

また従業員数が多い会社は多様な人と関わり合うことができるというメリットがあります。しかし多いと自分の意見が通りにくい場合もあるというデメリットもあるため、自分にとってどの環境が合っているのか考えてみましょう。

まとめ

本記事では通信業界について紹介してきました。通信業界は業界全体の動きが早いため、社会の情勢や問題も欠かさずチェックしておくとよいでしょう。

本記事を通して動向について理解ができた人は、自分のキャリアややりたいことにも目を向けてみましょう。自分の言葉で話せるようにしておくことで、面接で説得力を増すことができます。

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。

本記事を読んで「就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

CTA4_大_今すぐ無料で相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ