就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

徹底解説!合同説明会とは ~開催意図や注意点を解説~

「合同説明会に参加したほうがいいのかな….」「合同説明会に参加する意味ってあるの?」このように考えていませんか。

本記事では合同説明会の概要について詳しく説明しています。

具体的には時期や規模によって異なる開催意図や参加するメリット・デメリットなどです。

また、現在主流のオンライン合同説明会において注意すべき点などについても紹介しています。

目次

公式LINE_友だち追加CTA

合同説明会とは

合同説明会とは、様々な企業が一つの会場に集まり数時間かけて会社説明会を行う就活イベントのことを指しています。

参加する就活生は気になる企業のもとへ足を運び説明会を受けることができます。

会場では就活セミナーが行われたり、パンフレットが配布されたり、社員の服装や説明会の雰囲気から社風を見たりすることができます。

事前予約が必須の企業やセミナーがあるため、開催要項をしっかりとチェックしたうえで参加するようにしましょう。

また、合同説明会には対面式とオンライン形式の2種類があります。

対面式では企業の人事と学生が直接会場に足を運び、開催されるものです。

オンライン形式の合同説明会では事前に録画されたものを視聴する形式からオンライン上で座談会形式で行われるものなど様々です。会場に直接足を運ばなくても、パソコンやスマートフォン、タブレットがあればどこからでも参加できるのが大きな特徴です。

現在では対面式もオンライン形式も開催されているため、あなたに合った開催形式の合同説明会に参加するのが良いでしょう。

時期と規模によって異なる合同説明会の意味

時期と規模によって異なる合同説明会の開催目的について紹介しています。

ただし、以下で紹介しているものはあくまで目安であり必ずしも当てはまるわけではありません。

時期によって異なる合同説明会

まず紹介するのは時期によって異なる開催意図に関してです。

早期、解禁前、解禁後の3つの時期に大きく分類できます。以下ではこの3つの時期についてそれぞれ説明していきます。

6~8月 夏季インターンシップがメイン

夏季に開催される合同説明会は主に早期就活生に向けて開催されている合同説明会です。

この時期は説明会における選考案内の多くがインターンシップの内容になっています。

多くの企業は早い時期から優秀な学生を集めておきたいという目的で行っています。

また、就活生目線では夏季のインターンシップなどに参加しておくと特別選考を受けれることもあるので早期の参加ほど後の本選考に影響してきます。

よく質問がある服装に関してはオフィスカジュアルを意識した私服などが6~7割ほどです。

この時期だとリクルートスーツの割合はまだまだ低めです。

9~12月 本選考&冬季インターンシップ

この時期に開催される合同説明会では、本選考とインターンシップのどちらに向けても開催されることがあります。ただ、就活解禁前ではあるので冬季インターンシップに関する内容の方が多いです。

そのため、あなたの目的に合わせて参加する合同説明会を選びましょう。

インターンシップに参加して早期選考のルートに乗りたい方にとっては最後の時期です。

これぐらいの時期になると服装もリクルートスーツと私服が半々ぐらいになり、開催される合同説明会によってはリクルートスーツの方が多くなります。

1月~ 本選考がメインに

3月の解禁に向けてOB・OG訪問や座談会など本選考に向けた案内や説明会が主に開催されています。

参加する就活生の服装がピシッとしたリクルートスーツになってくるのもこの時期です。

これまでの企業と就活生が接点を持つ目的で開催されていたラフな雰囲気から本格的に採用を見据えた合同説明会になってきます。

年明けの合同説明会に参加する際には、志望度の高い企業にはいくつか逆質問を用意するぐらいの気合いで挑むようにしましょう。

規模によって異なる合同説明会

次に規模によって異なる開催の意図について説明していきます。

規模は大規模、中・小規模に分類することができます。

しかし、具体的に何社以上の企業が参加していて何人以上の就活生が参加していると大規模というような定義はありません。

そのため、ここでは実際に開催されている説明会を基に就職エージェントneoが独自に規模感を定義して説明していきます。

大規模合同説明会

約50以上の企業と数百から数千の就活生が参加している説明会は大規模な合同説明会に分類できます。

こうした大規模の合同説明会では、参加する企業も就活生も多いため個別の面談などをしている余裕はありません。

そこでたくさんの学生に向けて説明会を開催し、その後の個別説明会や選考に進んでもらおうと考えているのです。

自分たちに興味のない就活生にも関心を抱いてもらい、合同説明会がなければ出会わなかったようなマッチングを行うことが主な狙いになってきます。

中・小規模の合同説明会

中・小規模の合同説明会では、数社から数十社の企業と数十人から100人程度の就活生が参加する合同説明会です。

5~6社と30人程度で開催される小規模な合同説明会もあれば、15社と80~100人程度で開催される中規模の合同説明会もあります。

中・小規模の合同説明会では、企業と就活生が直接話せる時間も設けられていることが多いです。そのため、ミスマッチのリスクを最小限にしながら就活生にエントリーして貰うことが主な目的です。

こうした中・小規模合同説明会の特徴は、「ベンチャー志望者向け」や「エンジニア志望者向け」、「理系向け」のように業界や業種、分野などに特化して開催されることが多い点です。

志望している業界や職種の情報が少ない場合には積極的に合同説明会に参加し、情報収集を行いましょう。

以上より、大規模合同説明会は多くの学生ととにかく接点をもつことが目的となり、中・小規模合同説明会では求める人物像に合った就活生を探すことが主な目的となっていることが多いです。

合同説明会に参加するときの注意点

ここまで合同説明会の簡単な概要と開催される意図について説明してきましたが、せっかく貴重な時間を使って参加するのであれば有意義な時間にしたいですよね?

以下ではより実りの多い合同説明会にするためのポイントを対面式とオンライン形式に分けて紹介しています。

これから合同説明会に参加する人はぜひ参考にしてみてください。

対面式

対面式の合同説明会では、家から会場まで往復するのにお金も時間も消費されます。

何の準備もせずに参加したことでせっかくの時間を無駄にしてしまうのは非常にもったいないです。

以下で紹介する注意点をしっかりと守り時間を有意義に使いましょう。

計画を立てておく

合同説明会では企業のブースに回れる時間が限られているため、全ての企業を網羅するのは難しいことが多いです。

そのため事前に参加企業を確認し、いくつか回りたい企業を決めておきましょう。

この時、2~3社分の時間に余裕を持って企業を選ぶのが良いです。なぜかというと、友人から話を聞いたり、学生から人気だったりして今まで見てこなかった業界の企業に興味を持つことがあるからです。

時間に余裕をもって企業を選ぶことで、当日の急な変更に対応することができます。

整理券の有無と開催時間は最初に把握しておく

整理券の有無と説明会の開催時間は企業によって異なることがあるため、会場に到着したら最初に確認しましょう。

整理券が必要な場合は先に確保しておき、その後に興味のある企業の説明会の時間を確認してその日のスケジュールを立ててしまいましょう。

もしどうしても回れない企業があるときは説明会の資料だけでも貰えないか直接相談してみたり、ブースの周りにいる企業の人に個別に質問をしたりしてもいいかもしれません。

友人と回ると非効率なこともある

合同説明会に友人と一緒に参加する就活生も多くいます。

しかし、友人と同じ業界を見ていても志望する企業が異なったり、優先度が異なったりすることがほとんどです。

そのため、一人で動いた方が効率的な場合も多いです。

選考に知り合いがいる確率は限りなく低いので、漂う緊張感の中に一人で参加して本番に備えるのも非常に重要な機会になってきます。

どうしても人混みが苦手で知り合いがいないと不安になってしまう場合や興味のある企業が被った場合などには、事前に打ち合わせをしてから一緒に回るようにしましょう。

服装には気を付ける

服装に関しては対面式・オンライン形式を問わず重要です。

参加概要で指定される服装は「スーツ着用」「私服で参加」「服装自由」の主に3種類です。

まず、「スーツ着用」とある場合は例外なくリクルートスーツを着て参加しましょう。

夏にジャケットを脱いで参加したり、冬にコートを着たりするのは問題ありませんが私服で行くのはNGです。

次に「私服で参加」とある場合には、私服で参加しましょう。

ただし、ジーパンや奇抜な服装は合同説明会という場の雰囲気にそぐわないので極力避けましょう。

オフィスカジュアルや襟付きのシャツを着て参加するのがマナーです。

最後に「服装自由」に関してです。この表記に困っているという学生の声をよく聞きます。

「服装自由」と書いてある場合は、上記で紹介したように時期によってオフィスカジュアルとリクルートスーツを使い分けるのが良いでしょう。

ただ、一つ選択肢として持っておくとよいのが「迷ったらリクルートスーツ」です。

就活イベントなので「服装自由」と書かれている場合にはリクルートスーツを着て行ってもあなた一人だけではないので浮くことはありません。

また、自分の服装に注意するのも大切ですが、他にも社員の服装や髪型に目を向けることも非常に重要になってきます。

服装や髪の毛の色によって社風を推測できるからです。

全員黒髪で清潔感のあるスーツを着ている場合には少しお堅い社風である可能性があります。

一方で、オフィスカジュアルなどでも比較的ラフな格好で髪の毛の色も自由な場合は、自由な働き方を推奨している企業であるかもしれません。

説明会での印象が必ずしも社風を表しているわけではないので、あくまで参考程度に考えましょう。

出席登録のある企業はその後の選考を意識する

企業によっては説明の最後にQRコードや名簿などで出席登録を行う企業があります。

このような場合には後日選考に案内されることが多くあります。

そのため、参加した説明会での態度などには十分気をつけましょう。

既に選考は始まっているかもしれません。

オンライン

オンライン形式の合同説明会では、対面式と異なったところに注意しなければなりません。

以下ではオンラインならではの注意点について3点説明しています。

席を立たなくていい準備をする

あらかじめ筆記用具や飲み物、充電ケーブル、携帯電話を準備しておきましょう。

途中で席を立ってしまうと印象が悪くなったり、大切なことを聞き逃してしまったりするかもしれません。

やむを得ない場合を除いて、席を立たなくて済むような準備をしておきましょう。

インターネット回線を整える

オンライン形式の就活イベントでよくあるのが回線問題です。

どうしようもないと捉える人事もいれば事前準備を怠っていると評価する人事もいます。

そのため、事前に回線に問題がないかを確認しておきましょう。もし何かしらの問題がある場合には大学などで受けることも選択肢に入れておくべきです。

大学であればインターネット回線が整っているだけでなく、騒音や背景など就活イベントに適した環境が用意されていることがあるためです。

必ずしも各大学にこうした環境が整っている訳ではないので、事前に確認しておきましょう。

映り方に気を付ける

カメラに映る自分の姿に気を付けるのはもちろんのこと、背景にも気を付けましょう。

身だしなみを整えて参加し、壁を背景にして余計なものが映りこまないようにするのが無難です。

どうしても映りこんでしまう場合や大学などから参加していて人が映りこんでしまう場合などには、事前にオンライン上での背景を設定しておきましょう。

大学の授業で使ったことがある人も多いと思いますが、オンラインだと画面が個別になっており一人一人見ることができます。

もしかしたら人事に見られているかもしれないので、身だしなみや態度には気を付けましょう。

合同説明会に向いている人・向いていない人

ここまで合同説明会について様々な説明をしてきました。

多くの就活生が参加する合同説明会ですが、合同説明会に行く必要がある人と行く必要性が低い人に分かれます。

どのような就活生が合同説明会に向いているのか、または向いていないのかについて説明していきます。

向いている人

以下に挙げる条件で一つでも当てはまったら積極的に合同説明会に参加してみましょう。

ボックスで囲う

向いている人

・就活を始めたばかりでまだよく分からない

・就活独特の雰囲気を体感したい

・大学で行っている専門的な研究を活かせる企業を志望している

・行きたい業界・分野・職種がメジャーなものではない(創世記のベンチャー企業など)

・少しでも選考に有利になる機会が欲しいと考えている

・部活などで就活に割ける時間が非常に限られている

まだまだ就活に対する考え方が抽象的な人や既に決まっているがマイナーな業界を志望する人などは合同説明会をうまく活用することで多くの情報を手に入れられるため就活が円滑に進みやすくなるかもしれません。

向いていない人

以下に挙げる条件で一つでも当てはまったら積極的に合同説明会に参加してみましょう。

向いていない人

・行きたい企業・業界が具体的に決まっている

・既に内定・内々定を持っており、残すは本命の企業のみである

・志望する企業に対して深く知りたいと考えている

・何度か参加したが合同説明会のスタイルが合わないと感じた人

就活に対する考えが具体的にまとまっている人や人事や社員に直接質問をして深く知りたいと考えている人などは合同説明会よりも他の就活イベント参加したほうがいいかもしれません。

合同説明会のメリット・デメリット

ここまでで、時期や規模によって開催意図が異なったり、合同説明会が向いている人と向いていない人がいたりすることが分かったと思います。

以下では、合同説明会に関するメリット・デメリットに関して説明していきます。

合同説明会のメリット

・広く浅く多数の企業について知ることができる

・選択肢になかった業界や企業と新しい出会いがある

・限られた業界・分野であっても企業と触れ合う機会をもてる

・早めに選考案内を受けられることもある

・実際に社員が来るため、服装や髪型などから社風や雰囲気を知ることができる

・合同説明会ならではのセミナーがある

・小規模であれば社員と密なコミュニケーションを取ることができる

合同説明会のデメリット

・対面式では多くの時間が必要になる

・対面式だとお金がかかる

・まったく興味のない企業や業界しかなかった場合時間の無駄になることもある

・短時間で多くの学生を惹きつける必要があるため主にプラスの内容のみの場合が多い

以上の内容が合同説明会に参加するメリット・デメリットになります。

合同説明会に参加するメリット・デメリットを理解し、きちんと精査したうえで参加しましょう。

合同説明会以外に企業を知る機会はある?

企業を知ることができる機会は合同説明会だけではありません。

個別説明会や逆オファー型の就活サイト、就職エージェント、長期インターン先の求人を利用することです。

ここからは合同説明会以外で企業を知る上記4つのパターンについて説明していきます。

個別説明会

合同説明会とは異なり、個別説明会は企業が主体となって開催している説明会です。

就活サイトから申し込みもできますし、企業の採用ホームページからも申し込むことができます。

多くの個別説明会は30分から120分ほどで行われるため、その企業について深く知ることができます。

逆オファー型の就活サイト

逆オファー型の就活サイトでは、最初に大学名や学部・学科、研究内容、バイト経験、自己PR、ガクチカ、所有資格、その他経歴などを登録します。

すると「登録した情報に興味を持った企業から説明会や選考に参加しませんか」という案内が来るのです。

こうした案内を経由して説明会や選考に参加することができます。

企業は興味を持った人や社風にマッチすると感じた人にしか案内を送らないため、時々特別選考などの優遇を受けることができるのも魅力的です。

もちろんデメリットもあります。

それは他の就活生と差別化を図れていない人にはほとんどオファーが来ないという点です。

学生時代にただバイトして、授業を受けて、遊んでいただけの人では逆オファー型の就活サイトをうまく活用することはできないでしょう。

就職エージェント

就職エージェントも逆オファー型の就活サイトと同様に最初に経歴を登録します。

この就職エージェントの特徴は就活生にリクルーターがつくことです。

リクルーターとは就活生と面談などを行い、その人に合った企業を厳選してくれる就活生と企業の仲介人のような人のことです。

面談を行って希望する業界や職種を聞くだけではなく、希望する待遇やキャリアステップなどを詳細に聞くことで就活生に本当に合った企業を紹介してくれます。

ただし、就職エージェントではリクルーターが企業を厳選してくれるため逆オファー型の就活サイトなどと比較して紹介される企業数が少ない傾向があります。

長期インターン先の求人

この求人方法は誰でも使えるわけではありません。

そもそも企業の長期インターンに参加している人のみが対象です。

長期インターンではそのままインターン先の企業に就職する人もいれば、スキルを磨くための場所として活用する人もいます。

こうした参加目的が異なるインターン生の中で、しっかりと成果を上げていなければ長期インターン先の求人は利用できません。もしくは利用できたとしてもその優遇に差があることもあります。

このように利用できるまでにいくつかの条件がありますが、その分かなりの優遇を受けることができます。

例えば、ESや一次面接が免除される優遇からいきなり最終面接まで斡旋される優遇まであります。

利用できるまでの条件は厳しいですが、チャレンジするという選択肢があっても良いでしょう。

まとめ

今回は合同説明会の概要について説明してきました。

合同説明会は時期や規模によって開催される意図が異なる場合があったり、様々なメリットとデメリットが合ったりすることが分かったと思います。

また、合同説明会以外にも様々な就活の形があることも紹介してきました。

みなさんも合同説明会などをうまく活用して志望する企業から内定がもらえるよう頑張りましょう。

就活相談は就職エージェントneoへ

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

一人で悩まず誰かに相談することで、自分を客観視することができ、不安を解消することできるかもしれません。就活エージェントについて詳しく知りたい方は、以下を読んでみてください。

就職エージェントneoの就活相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ