TOP > 志望動機の書き方・例文 > 職種 > クリーニング店

クリーニング店 志望動機の書き方・例文

クリーニング店の志望動機の書き方と例文

クリーニング店と聞いて、洗濯をして衣類の汚れを落とすことだけをイメージしていませんか?しかし実際には、雨だけでなく食べこぼしの汚れなどもはじく「はっ水加工」や、靴やバッグのクリーニングなど、従来は見られなかったような、革新的なクリーニング技術が普及しているのです。

また、 お客様に清潔な衣類を提供することによって、清潔感のある身だしなみを支え、ひいては仕事や暮らしを快適にする仕事です。 そんな価値あるクリーニングの仕事内容をしっかり理解し、就職活動に役立ててください。

クリーニング店のトピック

クリーニング店では、最近2つのトピックが話題になっています。

まず1つ目は、大手の傘下に入るクリーニング店が増えていることです。
クリーニング店によっては企業規模が大きいところもあれば、小さいところもあります。規模の小さいクリーニング店の場合、独自の経営方法では将来性が限られるため、確立された運営スキームや技術を展開している、大手クリーニング店に買収してもらうケースがあるのです。

新卒でクリーニング店で働く人は、1~2店舗の個人店ではなく、大・中規模の企業を志望することが多いです。そこでは、企業ごとに展開している最新事業に触れられるため、今後のキャリアアップへとつなげていくようになっています。

2つ目は、技術の進化や各社のオリジナルの技術・サービスが目立ってきていることです。
地域によってはクリーニング店同士でコンテストを行うなど、同じ系列内でも技術の高さを競ったり、オゾンを使用したクリーニングで消臭・抗菌効果にこだわっているところもあります。

クリーニング店でしかできない独自の技術を提供することで、さらに顧客満足度を高めています。

クリーニング店であると便利な資格

クリーニング店で働くにあたり、持っておくと今後便利な資格を以下で紹介します。

クリーニング師

この資格は、クリーニングに関する知識や技術、衛生管理などを身につけていることを証明する国家資格です。

働くために必ずしも必要な資格ではありませんが、将来クリーニング店を開業するためには必須の資格になります。クリーニング店で働きながらキャリアアップしたいという人は、とっておくべき資格だといえるでしょう。

クリーニングアドバイザー

クリーニングアドバイザーは、クリーニングに関する知識や技術はもちろん、お客様へのプロフェッショナル接客を提供する能力を証明する資格です。

お客様からの幅広い要望に応えられるようになるため、スタッフとしての希少価値を上げるとともに、業務をスムーズに進めていくことにつながります。

洗濯ソムリエ

お客様の大切な衣類をできるだけ長く愛用してもらうために、洗濯に関する幅広い知識を科学的根拠に基づいて身につけていることを証明する資格です。

お客様の衣類に関するさまざまな悩みに対応できるようになるため、信頼感を高め、納得してもらえる仕事を提供できるようになります。

クリーニング店の仕事内容

クリーニング店は、お客様が持ち運んできた衣類を洗濯するだけだと思われがちです。しかし、企業によって業務内容が異なるため、業務内容の種類を把握しておくことが大切です。ここからは、クリーニング店の仕事内容を紹介します。

店舗の運営やエリアマネジメント

店舗の運営では、お客様が持ち込んできた衣類の受け渡しをする業務が中心になっていると考える人が多いです。しかし、受付でお客様から預かった大切な衣類を点検し、汚れがどの程度落ちるかといった見通しを説明する仕事をしたり、お客様から預かった衣類の汚れを落とす仕事、洗濯した衣類を配達する仕事などさまざまです。

地域ごとに複数の店舗を抱えている場合は、それぞれの店舗の運営が円滑に進むようなマネジメント業務を行います。

最新技術の研究

クリーニング技術は時代とともに変化するため、衣類の素材や汚れの種類に応じた適切なクリーニング方法を考えていきます。

新しい技術が開発されれば、衣類を傷めずに汚れを落とせるようになったり、抗菌効果や消臭効果が長持ちするといった付加価値も付けられるため、常に新しいクリーニング方法を研究していくことが大切です。

マーケティング戦略

クリーニング店を他店と差別化させたり、どの地域に店舗数を増やしていくかなど、ビジネスを拡大させていくための手法を検討していくのも、クリーニング店の仕事の1つです。

日本の経済状況や顧客のニーズなど、さまざまな要因が判断材料になるため、適切な情報収集と将来展望の予測が必要になります。

クリーニング店の志望動機を書く際のポイント

志望動機を書く際は、なぜクリーニング店で働こうと思ったのか、なぜその企業を選んだのかを明確にして、クリーニング店で働きたいという気持ちがしっかり伝わるようにしましょう。

なぜその職種か

クリーニング店に応募する場合、なぜクリーニング店で働きたいと考えているのかを分かりやすく伝えることが大切です。

「クリーニングを通して地域の人々に快適な暮らしを提供したいから」といった理由を端的に記載した上で、これらの理由からクリーニング店を志望しているというふうにつなげていきましょう。

クリーニング店でアピールすべき強み

クリーニング店での採用率を上げるためには、あなた自身が持っている強みをしっかりとアピールすることが大切です。

例えば、「どのような世代の人とでも明るく活発に会話ができる」や、「他人から預かったものを丁寧に管理できる」といった強みを伝えることで、採用する側の印象に残りやすくなるでしょう。

なぜその企業か

志望動機を書く場合、店舗ごとの特徴を踏まえた動機を記載することで、より志望動機が伝わりやすくなります。

例えば、白洋舎に応募する場合、「人々の清潔で快適な生活空間づくりのために、たゆまぬ技術革新と感動を与えるサービスを提供し、社会に貢献すること」が経営理念となっています。
企業によって事業の方針や求めている人材が異なるため、企業研究を行った上で企業ごとの特徴を把握しておきましょう。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機をひと言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

クリーニング店の志望動機のNG例

ここからは、クリーニング店の志望動機NG例を紹介します。どのような点がNGになるかということも説明しますので、志望動機の適切な書き方を身につけられるようにしておきましょう。

志望動機のNG例
私はクリーニング店での受付業務を希望します。私は几帳面な性格なので、自宅でも洗濯物をたたんだり、干したりすることに抵抗がありませんでした。洗濯したあとの洗剤や柔軟剤の匂いがとても好きでこれらの匂いに囲まれて仕事ができるクリーニング店に憧れを抱いていました。

几帳面な性格と、好きなことを活かした仕事がしたいと考えたため貴社に応募しました。真摯にお客様と向き合い、少しでも喜んでいただけるように、熱心に仕事に取り組みたいと考えています。

→クリーニング店で働きたいという気持ちは伝わってきますが、なぜその会社で働きたいかという動機が伝わりにくい文章になっています。

また、入社してからどのような活躍ができるのかということや、将来どうなっていきたいのかがはっきりしていないため、印象に残りにくい志望動機となっています。

クリーニング店の志望動機の例文

採用されやすい志望動機を書くためには、実際に選考を通過した志望動機を参考にして、あなたに合った文章を作り上げていくと良いでしょう。

志望動機の良い例
私は、学生時代にスーパーのレジ係のアルバイトをしていました。そこでは、常連のお客様を接客する頻度が高かったので、待ち時間が長くなりそうなときは、声をかけながら、できるだけ笑顔でお帰りいただけるよう心がけていました。

また、時間があるときは店内の商品整理や清掃なども行っており、自主的に動いた経験を活かせると考えています。人と会話するのが好きなことや、クレーム対応にも真摯に対応してきた経験が活かせるのではと考えたため、貴社を志望しました。

貴社が強みとしている、高級ブランド品の染み抜き技術や、従業員それぞれがスキルアップできる技術者資格制度で腕を磨きたいと考えたのも、貴社を志望した大きな理由です。

将来は貴社のサービスをより多くの人々に体感してもらうために、事業の拡大ができるようなプロジェクトに関わりたいと思っています。

→過去の経験を活かしてクリーニング店で活躍できることを交えて、具体的な志望理由へとつなげられているため、説得力のある内容になっています。

応募するクリーニング店の特徴を挙げながら、志望動機を記載できるようになると、さらに印象に残りやすいESへ仕上げることができるでしょう。

まとめ

クリーニング店は、お客様から預かった衣類を洗濯するだけでなく、受付でお客様のニーズを把握したり、クリーニング店に足を運べないお客様のために配達をしたりするといった、さまざまな業務があります。

それによって、地域の人々に清潔な衣類を身につけて、気持ちよく生活してもらえる社会の実現に貢献しているのです。

クリーニング店にもさまざまな種類があるため、企業ごとの違いを明確にした上で、企業研究をしっかり行っておくことが大切です。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活