就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

「就活はいつまで続くの…」その不安の解決法、教えます

就活が進んで続々と周りが内定を貰うなか、自分だけ内定がないことに焦りや不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか。しかし、だからといって悲観的になる必要はありません。大切なのは今までと同じように工夫と行動を積み重ねていくことです。本記事では就活終盤の就活生がどんなことに不安を感じるのか、その具体例と解決策を紹介していきます。

目次

就活生が感じる不安の具体例

就活が進むにつれ、不安を感じる就活生も増加します。就活が佳境を迎える4年生の夏ごろ、就活生はどのような不安を感じているのでしょうか。

内定が貰えない

基本的に経団連に加盟している企業は6月頃を目安に内定を出すことが多いため、それに従って就活を終える学生も増えていきます。そのため、この時期に自分が納得できる企業から内定を貰えていないと、「自分だけ取り残されてる…」と感じてしまうかもしれません。

また、選考に落ち続けて持ち駒が減ってしまうと、「入社できる企業がない…」「また1からエントリーする企業を探さなきゃ…」と焦りや不安を感じる人も多いでしょう。この場合、選考に落ちる原因を把握できていないと、不安はさらに大きくなってしまいます。

周りの人と比べてしまう

6月頃になると周囲には就活を終える人も増えてくるでしょう。友人と遊んでいたり、卒業旅行に出かけている姿を見ると、「自分も早く就活を終えて自由にやりたいことをしたい…」と焦ってしまうかもしれません。

また、周りの人の内定先と自分の内定先を比較してしまい、劣等感を抱く就活生も少なくありません。このように、内定を貰うスピードや内定を貰った企業名で周りと自分を比べてしまうと、引け目を感じて不安に陥ってしまいます。

早めに進路が決まることは果たして本当に良いことなのか?
上記でも述べましたが、周囲の人が自分より早く就活を終えると引け目を感じてしまう就活生は多くいます。しかし、果たして本当に就活を早く終えることは良いことなのでしょうか?

まず前提として、内定が出る時期は業界や企業によって様々です。3年生の夏に内定が出る企業があれば、4年生の冬まで採用を続ける企業もあります。つまり志望業界や志望企業によって内定が出る時期も異なるため、一概に就活を早く終えた人が優秀だと言うことはできません。

そして、就活が早く終わるメリットは学生時代に自由に使える時間が増えることくらいでしょう。もちろん時間に余裕のある今のうちに旅行や資格の勉強などのやりたいことをやっておくのも大切ですが、その後の長い人生のことを考えると就職活動を自分が納得できるまで頑張ることはとても大切です。

あまり就活を早めに終えることに固執せず、じっくり自分と向き合って大切な将来を考えていきましょう。

今の内定先に決めていいのか不安

既に内定を貰っている人でも、「果たして本当にこの会社でいいのだろうか」という不安を感じることはよくあることです。原因としては、内定を貰った後にその企業の気がかりな点が見えてきた、新しく他の業界や企業に興味が湧いてきたなどが挙げられます。

このようなケースは「内定ブルー」と呼ばれ、どんなに強い志望動機で入社を決意した学生でも陥ってしまう可能性があります。しかし、就職は人生において初めてともいえる大きな決断のため、仕方のないことだと言えるでしょう。大切なのはその不安とどう向き合い、どのようにして解決していくかです。

不安解消のためにやるべきこと

ここまで就活生が感じやすい不安の具体例について紹介してきました。では、実際にどのようにして不安を解消していけばよいのでしょうか。

気持ちを切らさない

まず何よりも大切なのが、就活へのモチベーションを切らさないことです。周りの人がすでに就活を終えていたり、選考落ちが続いてしまうと「もういいや」と投げ出してしまうことも少なくありません。

しかし、辛い状況の中でも、今この記事にたどり着いた人であれば、まだ就活を頑張る気持ちは残っているはずです。今就活から逃げ出して楽なほうへと流れるのと、もう1~2カ月踏ん張って頑張るのとでは将来が大きく変わります。今までやってきたことを無駄にしないためにも、もう一度気持ちを入れ直して就職活動に臨みましょう。

自己分析をやり直そう

選考に落ちてしまう原因として多いのが、自己分析が浅く深堀ができていないというパターンです。自己分析が浅いと面接での深堀り質問に答えることができず、満足のいく結果が得られません。

また、選考に落ち続けて行きたい業界や企業がなくなってしまったという人も、もう一度自己分析をやり直して興味のある業界や企業を探してみましょう。そして、「行きたい業界・企業」だけでなく「自分が向いている業界・企業」を探すことも有効です。自分がやりたい仕事よりも自分が向いている仕事に就いたほうが、後々活躍できることもあります。自己分析を通じて自分の強みや性格をもう一度見つめ直してみましょう。

自分のESや面接を見直そう

選考落ちが続いてしまうと気持ちが落ち込んでしまう人も多いかもしれませんが、大切なのはそこで悲観的にならずにしっかり原因を分析し、失敗を次へと活かすことです。ESや面接に共通して大切なこととしては、

・聞かれたことに対してきちんと答えること
・相手に分かりやすく、論理的に伝えること
・企業側が求める人物像に合わせてアピールすること
・基本的な礼儀やマナーに気を付けること

などが挙げられます。これらを意識しつつ、客観的な視点から評価してもらうとさらに良いでしょう。例えば友人や社会人にお願いしたり、大学のキャリアセンターや就職エージェントといった就活のプロに頼ってみることも有効です。ES添削や面接練習を受けながら、各選考フローの質を高めていきましょう。

迷いや不安があれば行動しよう

就職活動は自らのファーストキャリアを決定するとても重要なイベントです。迷いや不安を残したまま終えてしまうと、後から後悔するなんてことになりかねません。

例えば今の内定先に入社するべきか迷っているのであれば、周りの人に相談してみるのも一つの手です。内定先の同期や社員の方々に相談してみたり、他の業界や企業に興味が湧いてきたのであればそこの社員さんに話を聞いてみるなどして、より納得のいく選択ができるよう行動し続けましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。あまり就活がうまく進んでいない人にとっては、今は苦しい時期かもしれません。しかし、この時期を頑張ることができる人とできない人とでは将来が大きく変わります。本記事を参考にして今一度自分と向き合い、就職活動に励んでいきましょう。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ