就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【文字数別】自己PRの例文と構成を紹介|200字、400字、600字の作り方

「文字数が違う場合はどうやって要素を削ればいいの?」「文字数が指定されてなかった場合は何文字くらいで書けばいいの?」

いざESを書こうとするとこのような疑問が出てくると思います。

そこで本記事では、文字数別のフレームワークや例文を600字、400字、200字ごとに紹介していきます。

目次

文字数別構成(フレームワーク)

ここでは自己PRを書く際のフレームワークを紹介します。

自己PRを書く際は基本的に以下のフレームワークに沿って書きます。

結論では自分の長所を端的に述べ、その後に自分に本当にその長所があるということを証明できるエピソードを伝えます。

そして自分のとった行動によってどんな結果になったか、その経験を通してどのようなことを学んだのかを伝え、入社後に自分の長所を活かし、どうやって志望企業に貢献するかを述べましょう。

しかし文字数が200字の場合は上記のフレームワークの内容を全て書くのは難しいため、その場合は「結論⇨エピソード(自分がとった行動)」について書くようにしましょう。

自己PRの詳しい書き方については以下の記事で紹介しているので、自己PRを考える際は参考にしてみてください。

参考:企業から評価される自己PRの書き方とは?ポイントや注意点をわかりやすく解説

文字数の指定がない場合は?

ESや履歴書の自己PRの理想は 300字程度  と言われています。

自己PRではただ長く書けば良いというわけではありません。長すぎると読み手によく伝わらずまとめる能力がないと思われてしまう可能性があり、逆に短すぎても志望度が低いのではないかと思われてしまうこともあります。

そのため企業から文字数の指定がなかった場合は300文字程度で書きましょう。

300文字の自己PRを書く際は以下のフレームワークに沿って書くと綺麗な構成で書くことができます。

「結果・学んだこと」まで書いてまだ文字数に余裕があるという方は、「入社後にその強みを企業でどう活かすか」まで書くと良いでしょう。

【文字数別】自己PR例文

ここでは自己PRの例文を600字、400字、200字の文字数別に紹介していきます。

自己PRを作る際に参考にしてみてください。

600字

 私の長所は自ら新しい環境に飛び込み挑戦することができる点です。   私は以前から大学内で「英語力」や、特に「議論の場において自分の意見を主張する力」などに関して、外部受験生との能力差を感じており、この違いは入学時の大きな環境変化の有無であると位置づけました。そこで、言語も文化も異なる海外に行くことが最大の自己成長に繋がると考え、短期留学を決意し、同時に以下の二点に取り組みました。1点目は「ホームステイ滞在」です。初めは現地での生活に戸惑いましたが、次第に現地の価値観や考え方を受け入れることが出来ました。同時に、考え方の異なる相手に対して、自分の意見をしっかり主張するようになりました。2点目は「英語だけの環境づくり」です。日本人と会話をする際にも英語を使用することはもちろんのこと、頭の中も常に英語で思考することを心掛けました。また、日本人に外出に誘われた場合は、必ず学校の先生を誘い、自分の周りも必然的に英語を使う環境を作り、英語力を飛躍的に向上させることが出来ました。   これらの取り組みの結果、外部受験生との能力差を埋めることができ、この経験から「新しい環境に身を置くことは、新たな知識や価値観をもたらすだけでなく、自分を大きく成長させる」ということを学びました。   入社後はこの経験を活かし、どんな仕事に対しても自ら積極的に取り組み自分を成長させるとともに貴社に貢献していきたいと思います。 

400字

 私の長所は自ら新しい環境に飛び込み挑戦することができる点です。   私は以前から大学内で「英語力」や、特に「議論の場で自分の意見を主張する力」に外部受験生との能力差を感じており、自己成長ため短期留学を決意しました。初めは現地での生活に戸惑いましたが、異なる価値観や考え方を受け入れた上で自分の意見をしっかり主張できるようになりました。また常に英語で思考することを心掛け、外出に誘われた際も必ず学校の先生を誘い、自分の周りも必然的に英語を使う環境を作ることで、英語力を飛躍的に向上させることが出来ました。   これらの取り組みの結果、外部受験生との能力差を埋めることができ、「新しい環境に身を置くことは、新たな知識や価値観をもたらすだけでなく、自分を大きく成長させる」ということを学びました。   入社後はこの経験を活かし、どんな仕事に対しても自ら積極的に取り組み自分を成長させるとともに貴社に貢献していきたいと思います。 

200字の例文

 私の長所は自ら新しい環境に飛び込み挑戦することができる点です。   私は「英語力」や「意見を主張する力」を身につけるため短期留学を決意しました。初めは現地での生活に戸惑いましたが、異なる価値観や考え方を受け入れた上で自分の意見をしっかり主張できるようになり、また常に英語で思考することを心掛け、外出する際も学校の先生を誘い、自分の周りも英語を使う環境を作ることで英語力を飛躍的に向上させることが出来ました。 

まとめ

本記事では文字数別に自己PRフレームワークや例文を紹介してきました。

基本的なフレームワークは同じですが、200字などの文字数が少ない場合は入れるべき要素が異なるため、本記事を参考に自己PRを作成してみてください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ