就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

就活の相談をするべきベストタイミングはいつ?誰にすればいいの?

「誰かに就活の相をしたいけど誰にするのが良いんだろう…」「相談するべきタイミングってあるのかな…?」

就活に関する相談をしたいけど、誰にどうやってするべきなのかわからないという人もいると思います。

就活は一人でやる必要は全くなく、周りの人に頼りながら進めていくのもアリです。

しかし相談すべき人やタイミングは重要であるため、本記事では就活の悩み別に相談すべき相手や注意点を紹介していきます。

目次

就活相談って誰にすればいいの?タイミングは?

就活相談したい際は、どんな内容の相談をしたいのかによってふさわしい人は変わってきます。

今回は「気持ちの面の相談をしたい時」「志望業界や企業に関する相談をしたい時」「就活のやり方など、就活全般の相談をしたい時」の3つのパターンごとに相談すべき人と、その人に相談するメリット・デメリットについて紹介していきます。

気持ち面の相談をしたい時

気持ち面の相談をしたい時は「親、友達、先輩」に相談してみましょう。

それぞれに相談するメリットとデメリットも併せて紹介していきます。

❏親

性格や向き・不向きなど、自分のことを自分以外で1番わかってくれているのは親です。

親に相談するメリットとしては、「自分の性格に合ったアドバイスをしてくれる」「知っていることを何でも教えてくれる」などが挙げられます。

反対にデメリットとしては「先入観で就職先を否定されることある」「情報が古い可能性がある」です。

親が就活していた時代と今とでは就活のやり方も業界の動向も変化しているため、親の情報が正しいとは限りません。

そのため親に相談する場合は、親の意見だからと言って鵜呑みにせず、自分の軸をしっかり決めてから相談するようにしましょう。

❏友達

友達に相談するメリットは「共感してもらえる」「励まし合うことができる」などがあります。

就活のつらさは、実際に就活をしている人にしかわからないため、気持ち面の相談がしたい場合は友達に話すことでお互いに励まし合うことができるでしょう。

反対にデメリットとしては、「関係性が壊れてしまう可能性がある」「情報が周りに拡散されてしまう可能性がある」です。

就活生と言っても様々なタイプがあり、うまくいっている人もいればうまくいっていない人もいます。

就活の時期は気持ち的にもナイーブになってしまう人も少なくないため、友達と就活の話をする際は注意が必要です。

相手の状況も考えた上で、相談する友達を選びましょう。

また、友達に就活相談をすると自分の選考状況や志望企業などが周りに広まってしまう可能性もあるため、絶対に知られたくないという人は避けたほうが良いです。

❏先輩

先輩に相談するメリットは「リアルな話が聞ける」ということです。

先輩も就活を経験しているので、就活の辛さや自分が成功してきたコツを知っています。

そのため就活に関する体験談など、リアルな情報を聞くことができるでしょう。

一方で、このメリットはデメリットにもなり得ます。

デメリットとしては「アドバイスがその人の経験によりがち」という点です。

たしかに先輩は一度就活を経験してきていますが、そのアドバイスはその人の経験に基づいたものであるため、必ずしも正しいわけではありません。

先輩に相談する場合はアドバイスを全て聞き入れるのではなく、あくまでも一つの経験談として参考にするようにしましょう。

志望業界や企業に関する相談をしたい時

志望業界や企業に関する相談をしたい場合はその業界のOB・OGに相談してみましょう。OB・OGに相談するメリット・デメリットも紹介します。

❏志望業界・企業で働くOB、OG

志望業界や企業に関する相談をしたい時は、その業界で働くOB・OGに相談するのが一番です。

メリットとしてはその業界で実際に働いている人であるため、業界の詳しい情報や裏情報を聞くことができる可能性が高いという点です。

働いている人にしかわからない話を聞くこともできるかもしれません。

反対にデメリットとしては、企業によって部署ごとで雰囲気や仕事の進め方などが大きく異なってくるため、OB・OG訪問を受けてくれる人によっては志望している部署の話を聞けない場合もあります。

また企業にとって不都合な情報は教えてもらえないことが多いため、聞いた内容だけを鵜呑
みにするのは避けましょう。

就活のやり方など、就活全般の相談したい時

就活のやり方など、具体的な悩みを相談したい人は「キャリアセンターや就活エージェント」を利用してみましょう。

それぞれのメリット・デメリットも紹介していきます。

❏キャリアセンター

キャリアセンターに相談するメリットは「OB・OG訪問の情報を知ることができる」「大学に向けた企業の求人紹介を知ることができる」「ES添削などの選考対策をしてもらえる」などが挙げられます。

大学内にあり誰でも気軽に利用することができるため、就活に関する悩みがある人は試しに利用してみるのも良いと思います。

反対にデメリットは大学のキャリアセンターで働いている人は、就活のプロやその業界で実際に働いていた経験がある人とは限らないので、形式ばったアドバイスや適切ではない可能性があります。

❏就活エージェント

就活エージェントではキャリアセンター同様、就活に関する幅広いサービスを受けることができます。

メリットは「自分に合う業界・企業が見つけられる」「ナビサイトでは公開していない非公開求人を紹介してもらえる」「特別なイベントに参加できる」「ESや面接のアドバイスを受けることができる」など様々あります。

就活エージェントでは1対1で、あなたに合ったサポートを受けることができるため、1人で就活を進めることに不安がある人は利用してみても良いと思います。

デメリットは「志望度が高くない業界・企業を紹介されることがある」「エージェントによって企業の選択肢が狭い場合がある」「相性の良いコンサルタントに当たるとは限らない」などがあります。

自分に合った就活エージェントを選ぶためにも、もし1社で納得できない場合は数社のサービスを利用してみてください。

就活エージェントのメリットやデメリットについて紹介してきましたが、「就活エージェントってなんだろう?」とよくわかっていない人に向けて、就活エージェントについて簡単に紹介していきます。

就活エージェントとは

就活エージェントは専任のキャリアアドバイザーが就職活動全般の支援をしてくれるサービスです。

一人ひとり就活に関する悩みやペースは異なります。その人のペースに合わせたサポートを受けることができるのも就活エージェントの特徴と言えます。

具体的にどのようなサービスを受けることができるでしょうか?

就活エージェントで受けられる主要サービス

受けられるサービスは一般的に以下の4つになります。

(1)個別面談(就活相談)
(2)企業紹介
(3)履歴書・ESアドバイス
(4)面接アドバイス

それぞれのサービス内容について1つずつ紹介していきます。

(1)個別面談(就活相談)

プロの就活キャリアアドバイザーが1人ひとりの就活状況や人柄を把握した上で就活の相談に乗ってくれます。

例えば、「面接がうまくいかない理由が知りたい」「自分がすべき対策方法がわからない」といったような悩みも就活エージェントで個別面談をすると、解決できたり、新しい気づきが生まれることがあります。

(2)企業紹介

最初に行う面談の内容を踏まえて、担当のキャリアアドバイザーが学生の希望や条件に合った企業を紹介してくれます。

また、就活エージェントによっては、ナビサイトに掲載されていない非公開求人を紹介してくれるケースがあり、自分では探せなかった企業と出会うこともできます。

(3)履歴書・ESアドバイス

履歴書やESは就職活動において、企業に自分の魅力を伝えるための大事な書類となります。

キャリアアドバイザーは企業側の目線を熟知しているため、どうすれば企業から高評価をもらえる履歴書やESになるのかアドバイスをしてもらうことができます。

(4)面接アドバイス

企業によって面接での評価基準は異なります。

そのため各企業の評価基準をもとに担当のキャリアアドバイザーが面接のアドバイスを行ってくれます。

また面接後、仮に不採用になってしまった場合は、なぜ不採用だったのかを教えてもらえる場合があります。

そうすることで自分の面接での欠点を知ることができ、次に活かすことができます。

就活エージェントについてももっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

参考:就活エージェントとは?利用前に知っておくべき4つのポイントを紹介!

まとめ

就活の相談は「この時期にすべき!」という決まりがあるわけではありません。

悩みや不安がある場合は周りの人やエージェントなどに早めに相談し、少しでも不安を少なくした状態で就活に臨めると良いでしょう。

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ