就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

「就活って怖い…」就活恐怖症のあなたに読んでほしい|4つの克服方法

「就活は怖い」という漠然とした不安に駆られる就活生は多いのではないでしょうか?

「なぜ就活が怖いと感じるのか」の原因を知ることで、漠然とした不安を解消することができます。

ちなみに就活が怖いと感じる原因は人それぞれですので、ご自身がどの原因に該当するのかをチェックしてみてください。

本記事の内容を参考にぜひ少しずつアクションを起こしてみましょう

目次

就活生が怖いと感じていること

ここでは、就活生の多くが怖いと感じている原因について紹介していきます。

就活が怖いと感じる理由は以下が挙げられます。

・選考に落ちる、内定がもらえない
・人前で話す
・人と比べられる
・面接の雰囲気&どんなことを聞かれるのか
・ブラック企業への入社

これらがなぜ怖いと感じるのかについて、以下で解説していきます。

(1)選考に落ちる、内定がもらえない

❏感情

・選考に落ちるのが怖い
・選考結果を知るのが怖い
・このままどこからも内定がもらえないのではないか

一度選考に落ちた経験がある就活生はその時の悲しさや悔しさを知っているが故に、「また落ちたらどうしよう…」と恐怖心を感じてしまうことがあります。

選考に落ちることで自分を否定されているような気持ちになり、さらに選考に落ち続けてしまうと、自分にどんどん自信がなくなってしまい、自分はどこの企業にも必要とされていないのではないかとネガティブ思考になってしまうケースもあります。

しかしあなたがダメなわけではありません。

企業は選考を通して就活生との相性を確かめており、ただその企業との相性が良くないだけなので、「自分はダメな人間なんだ…」と自分を責める必要はありません

(2)人前で話す

❏感情

・人が怖い
・緊張する

人前で話すことが苦手な人は少なくないと思います。

さらに就活では社会人の前で話すことになるため、普段同世代とコミュニケーションを取ることが多い大学生には少し難易度が高いと感じてしまうかもしれません。

また、面接ではどうしても企業に評価されているという気持ちになってしまうため、ひと言発するだけでも「これ言ったら評価下がっちゃうかな…?」などと気になってしまい、余計話すのが怖くなってしまうということもありますよね。

しかし必要以上に怖がることはありません

ある程度の緊張感を持って選考に臨むことは大切ですが、話すことに恐怖心を持ちすぎてしまうとそれが態度に出てしまい、オドオドしているなどマイナスな印象を持たれてしまう可能性があります。

そのため面接では「自分について知ってもらえる!」「自分をアピールできる機会!」とできるだけ前向きな気持ちで取り組むようにしましょう。

(3)人と比べられる

❏感情

・ダメな人間だと思われないかな
・他の人の方が優秀だと思われたらどうしよう

人と比べられるのは誰でも怖いものです。

自分に自信がない人は「自分には語れるほどすごいエピソードはない…」「学生時代たいしたことしてきてない…」と劣等感を抱いてしまいがちですが、エピソードの大きさは関係ありません。

エピソードの大きさよりも、何を得たか、どのような行動をしたのかをメインで伝えるようにしてください。

(4)面接の雰囲気&どんなことを聞かれるのか

❏感情

・圧迫面接されたらどうしよう
・どんなこと質問されるのかな

面接をしていくと圧迫面接される場合もありますが、そのような企業も本当に怒っているわけではなく、ストレス耐性をチェックしているだけなので、落ち着いて話すようにしましょう。

また面接経験が少ない人は「どんな質問をされるのか」「どんな立ち居振る舞いをすればいいのか」など、様々な不安があると思います。

このような突発出来事に対する不安は面接初心者誰もが持っている不安であるため、しっかりと対策を行えば克服することができます。

(5)ブラック企業への入社

❏感情

・ブラック企業に入社しちゃったらどうしよう
・将来がどうなるのか不安

就活で選んだ企業によって自分の将来が決まってしまうため、誰もが自分の選択に対して不安を感じていると思います。

ブラック企業とひと言で言っても、人によってブラック企業だと思う基準は異なります。

例えば、残業がある企業をブラックだと思う人もいれば、そう思わない人もいます。

そのためまずは自分にとって何がブラック企業なのかを明確にした上で、企業を選ぶようにしましょう。

また正直入社してみないとわからないというのが実情ですし、就活が人生の全てを左右するわけではないので、そこまで気負わずに行ってみてください。

このように誰もが就活に対する恐怖を感じています。怖いという感情を持つのは普通のことですが、少しでも恐怖心をなくすために続いては克服方法を紹介していきます。

就活が怖い!克服方法

ここまでは就活が怖いと感じる原因についてお伝えしましたが、続いては恐怖に対する克服方法について紹介していきます。

それぞれの克服方法を行うべき人の特徴も紹介しているので、自分が当てはまるものを探して行ってみてください。

自己分析

下記に当てはまる人は自己分析を再度行いましょう。

・選考に落ちる、内定がもらえない
・人と比べられる
・ブラック企業への入社

自己分析は以下の流れに沿って、行ってみてください。

(1)モチベーショングラフを作成
(2)エピソードの深堀り
(3)エピソードに対するアプローチ方法を考える
(4)エピソードの共通点を探す
(5)企業選びの軸を考える
(6)優先順位を決める

(1)モチベーショングラフを作成

モチベーショングラフを作成する際は、まず自分の中で印象に残っている出来事を洗い出し、ある程度洗い出し終えたら、モチベーショングラフを作成してみましょう。

モチベーショングラフとは、過去の出来事の中で、自分はどんな時にモチベーションが上がり、どんな時に下がるかをグラフに表したものです。

モチベーショングラフを作成し終えたら、トピックスとして洗い出した中からいくつかエピソードをピックアップします。

(2)エピソードの深堀り

先程ピックアップしたエピソードを深堀りしていきます。

深堀りをする際は以下で挙げているような質問に対して「なぜ?→なぜ?→なぜ?」と自分に何度も問いかけてみましょう。

❏質問例
・一番嬉しかったことは?
・一番誇れる経験は?
・一番感動した経験は?
・一番影響を受けたことは?
・一番影響を受けた人は?
・一番悲しかった経験は?
・一番の挫折経験は?
・家族の中でどのような役割だったか
・家族との間での一番の思い出は?
・どんなアルバイトをしていた?

(3)エピソードに対するアプローチ方法を考える

先程深堀りしたエピソードに対して自分がとった行動を考えます。

そうすることで面接官からの深堀り質問にも論理的に答えることができます。

それだけでなく新たな自分の強みを見つけることもできるため、オススメです。

(4)エピソードの共通点を探す

モチベーショングラフを見て、モチベーションが高くなる時に何か共通点がないか探してみてください。同様に低くなる時も探してみましょう。

客観的な視点で見ることで、「自分ってもしかしたら~~かもしれない!」などといったような今まで気づかなかった新たな自分に気づくことができるかもしれません。

ここまでは自分のモチベーションの源泉や過去の出来事について振り返ってきたと思います。

振り返りが終わったら、次は自分に合う仕事内容、企業の特徴などを分類し、企業選びの軸を考えていきましょう

(5)企業選びの軸を考える

企業選びの軸を考える際は、以下の手順に沿って行ってみてください。

まずは楽しかったことと苦しかったことのエピソードをいくつか書き出し、そのエピソードの中で共通点を探します。

例)
~楽しかったこと・嬉しかったこと~
・部活でチームのみんなと毎日必死で練習したこと
・アルバイトでバイトリーダーに選ばれたこと
・サークルで自分が考えた企画が盛り上がった

(共通点)
・チームで動くことが好き
・人を引っ張ることが好き
・誰かのために動くことができる

共通点を出したら次は、それらの共通点を「働く際に求めること」に置き換えてみてください。

例)
~楽しかったこと・嬉しかったこと~
・部活でチームのみんなと毎日必死で練習したこと
・アルバイトでバイトリーダーに選ばれたこと
・サークルで自分が考えた企画が盛り上がった

(共通点)
・チームで動くことが好き
・人を引っ張ることが好き
・誰かのために動くことができる

(働く際に求めるもの)
・仲間と協力しながら働く環境
・実力主義

「つらかったこと・苦しかったこと」も同様に共通点を探します。つらかったことは働く際に求めないものになります。

このように共通点を見つけて考えていくと、あなたが働く環境には何が必要で何が不必要かがはっきりとしてくるでしょう。

(6)優先順位を決める

働く環境に求めるものはいくつかあると思いますが、その中でさらに優先順位をつけていきます。

つまり妥協できるものかできないものかを考えていくということです。

ここで最終的に妥協できないと思ったものが企業を選ぶ際の軸となります

業界研究についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください。

▶参考:【就活失敗】まだ間に合う!内定獲得するための対策方法を紹介

業界・企業研究

下記に当てはまる人は業界研究・企業研究を再度行いましょう。

・選考に落ちる、内定がもらえない
・面接の雰囲気&どんなことを聞かれるのか
・ブラック企業への入社

業界研究を行う際は以下の流れに沿って行ってみてください。

(1)どのような業界があるのかを知り、気になる業界を選ぶ
(2)業界のビジネスモデルを知る
(3)志望業界の将来性、安定性を知る
(4)興味のある業界を絞り、気になる企業を選ぶ

(1)どのような業界があるのかを知り、気になる業界を選ぶ

業界研究を行う際はまずどのような業界が存在するのかを把握していきましょう。

業界はおおよそ以下の5つに分類することができます。

・ものをつくる
・ものを売る
・サービス、情報を提供
・社会基盤を整備する
・資金を動かす

志望業界をまだ決めていない人は、まずこの上記5つの業界の中で自分はどのような仕事に興味があるのか考えてみましょう。

どの仕事に興味があるか決まったら、その仕事の中でもどの業界に関心を持っているのか考えてみます。

例:「ものをつくる」→「食品・飲料、化粧品」

(2)業界のビジネスモデルを知る

なんとなく気になる業界が決まったら、次はその業界のビジネスモデルを理解しましょう。

ビジネスモデルについて調べる際は以下の項目について調べてみてください。

・どんな商品・サービスか
・顧客は誰か
・どのように営業しているのか

(3)志望業界の将来性、安定性を知る

業界研究において業界の動向を知ることは必須です。動向について調べることで、その業界の将来性や安定性を知ることができます。

業界の将来性を調べたい時は業界の動向、売上、市場規模などについて調べましょう。

(4)興味のある業界を絞り、気になる企業を選ぶ

ここまでで気になる業界を絞ったら、今度はその業界の中で気になる企業を探します。

最初はなんとなく気になるなどの理由で大丈夫です。気になると思った企業について調べる際は、以下の項目をチェックしてください。

・企業名
・企業を選んだ理由
・間近3年の売上、利益の推移
・主力商品、サービス(3つ)
・メインの顧客(個人or企業/国内or海外/年齢層など)
・業界内における企業の強み
・代表的な企業の広告・CMのコピーなど
・企業に関する最新のニュース、動向

気になる企業の情報を書き出したら、それぞれの企業を並べて比較しましょう。

実践で慣れる

下記に当てはまる人は実践で慣れていきましょう。

・人前で話す
・面接の雰囲気&どんなことを聞かれるのか

人前で話すのが苦手という人は、数をこなして慣れるのが一番です。

そのため実際に選考を受けてみたり、セミナーやイベントに参加してみることをオススメします。

模擬面接やグループディスカッション講座、業界研究系のセミナーなど、様々なイベント・セミナーがあります。

自分に必要なものを選んで参加してみてください。また自分で練習を行うのも有効です。

その際は以下の記事で面接の練習方法を紹介しているので、参考にしてみてください。

参考:面接の評価が変わる!本番前に行うべき練習方法9選

相談する

下記に当てはまる人は周りの人に相談してみましょう。

・選考に落ちる、内定がもらえない
・人と比べられる
・面接の雰囲気&どんなことを聞かれるのか
・ブラック企業への入社

就活に対して悩みや不安がある人は家族や友人など、信頼できる人に相談してみるのも手です。

自分のことを客観的に見るために、親しい人に自分のことを聞いてみたり、すでに就活を経験している先輩などに面接について聞いてみるのも良いでしょう。

また、周りに相談できる人がいないという人は、就活エージェントを利用してみるのもオススメです。

就活エージェントでは個別での就活相談、企業紹介、面接アドバイスなど、様々なサービスを受けることができます。

周りに相談できる人はいないけど、一人で就活を進めるのは不安という人はぜひ利用してみてください。

就活エージェントについて詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

参考:就活エージェントとは?利用前に知っておくべき4つのポイントを紹介!

少し休むのもあり!

上記で紹介した克服方法を試したけど、まだ怖くて就活が進まないという人は一旦休むのも一つの手段としてあります。

恐怖心を抱えたまま、ネガティブな気持ちで就活をしていてもうまくいきません。そういう時は無理して続けるよりも、少し休憩してリフレッシュしてからもう一度頑張りましょう。

以下でリラックス方法とストレス解消法を紹介しているので、ぜひ試してみてください。

❏リラックス方法
・音楽を聞く
・体を動かす(ランニングなど)
・読書をする
・友達や家族と話す

❏ストレス解消法
運動:1日15分、体を動かす
睡眠:できるだけ毎日十分な睡眠を取る
休息:気持ちを切り替え、心にゆとりを持たせる
栄養:栄養のバランスを考えた食事をとる
入浴:入浴は新陳代謝を促進する

「就活って怖い…」就活恐怖症のあなたに読んでほしい|4つの克服方法‐まとめ‐

就活では初対面の人に自分のことをアピールしなければいけないため、緊張や恐怖を感じてしまうのは当然で、誰もが恐怖心を持っています。

就活に対して恐怖を感じている人は、自分はどこが一番怖いのかについて考えてみてください。

そこを明確にしてから自分に合った対策を行いましょう。

その際は、本記事で紹介した克服方法を参考にしてください。

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。


受けられるサービス
(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。
メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」のキッカケになるでしょう。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ