就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

評価される「ガクチカ」の書き方を解説|見直しに役立つ”チェック表”つき

ガクチカはESや面接でよく聞かれる質問の1つです。就活では、多くの企業がES選考の次に面接選考を行っているため、ESが通らなくては面接には進めません。そのため、ガクチカの書き方をしっかり理解して、まずはES通過を目指しましょう。

目次

面接官がガクチカを質問する理由

まず、書き方を理解する前に面接官がガクチカを質問する理由を知っておきましょう。

✓困難への向き合い方を知るため
✓意欲や人柄を知るため

■困難への向き合い方を知るため
企業側は長く一緒に働きたいと考えています。社会に出ると学生の頃には経験しなかった壁に直面することがたくさんあり、挫折を経験する人も出てきます。

そのためガクチカを通して「困難を乗り越えた経験や乗り越え方」を知ることで、入社後に生じる困難に対してどの様に行動するのか?仕事への向き合い方はどうか?を面接官はチェックしています。

■意欲や人柄を知るため
面接官は、エピソードの中身からその人はどんな役回りに徹するのか?どのような人間性や価値観を持っているのか?を見極めようとしています。

そこから社員と良い関係性を築けるのか?当社とマッチする人材か?を知ろうとしています。他にも手書きのESであれば、当社に入社したい意欲はあるのかや一生懸命想いを伝えようとしてくれているかを見極めようとしています。

評価されるガクチカの特徴

面接官がガクチカを質問する理由がわかった人は、どうすれば評価が高いガクチカを書くことができるかを確認していきましょう。大前提、指定された文字数に収められているか、誤字脱字はないか、専門用語を使っていないかは守るようにしましょう。

そのうえで、下記が出来ているガクチカは評価が高い傾向にあります。

✓結論ファーストで記載
✓取った行動に対する、具体的なエピソードが書かれている
✓数字を使用している、または第3者目線の評価を記載してある

■結論ファーストで記載
エピソードをダラダラと記載するのはNGだと覚えておきましょう。面接官は何十人ものESを確認しているため、全員のESを細かく見ることは難しいです。そのため、読みにくいESや伝えたいことが分からないと感じられたら、先を読んでもらえなくなることも大いにあります。

最後まで読んでもらうためにも、先に結論を伝え「これから〇〇について説明するんだな」とエピソードの全体像を理解してもらうことが大切です。

■取った行動に対する、具体的なエピソードが書かれている
ガクチカを書いている皆さんは、エピソードを詳細に理解しているため抽象度が高くてもエピソードの内容を理解出来ますが、面接官は初めて見るため、具体的に説明をする必要があります。例えば「〇〇を頑張りました」という内容は抽象度が高いです。

そこで、「バイトの教育係として〇〇を行ったことで、独り立ちまで3ヶ月かかるところを1ヶ月に短縮させることができた」のように具体的に説明をするように心がけましょう。

■数字を使用している、または第3者目線の評価を記載してある
ESのガクチカでは決められた文字数の中であなたが行った成果について具体的且つ分かりやすく伝えなくてはいけません。そのため「サークルの参加率20%を80%にした」等のように数字を使うことで、具体性が増し、あなたの行動でどのような成果に繋がったのかを分かりやすくアピールすることができます。

他にもエピソードに説得力を増すためには、第3者からの意見を入れると良いです。例えば「〇〇をした結果、皆から助かったと言われた」「始めは皆からは成功しないと言われていた」等のような内容を伝えましょう。

フレームワークによるガクチカの書き方

評価されるガクチカの特徴を理解できた人は、ガクチカをどのような流れで書いたら良いのかを紹介するので、書き方を見ながら実際に作成してみましょう。

【結果→動機→目標と課題→取り組みや対策→結果→学び】の順番で記載することで、面接官に分かりやすく、かつ論理的にガクチカを説明することが出来ます。

結果

最初に、一言で学生時代に頑張ったことを述べましょう。数字を使って記載できる場合は、具体的な数字を使いましょう。

例えば「学生時代に頑張ったことは30人が所属しているバスケ部の部長として、退部率を20%まで引き下げたことです」のように記載します。文字数によっては「学生時代に頑張ったことは」を削除しても構いません。

動機

次になぜ、結果で記載したことを取り組もうと考えたのかを述べます。文字数によっては自分の感情や周囲からの声を入れると動機に説得力が増します。

例えば「”部員同士の交流の場が少なく楽しくない”という思いから、入部1年目で辞めていく同級生が半数以上いたことに問題意識を感じました」等のように記載しましょう。

目標と課題

続いて、どんな目標を掲げ、どんな課題に直面したのかを記載しましょう。ここでも変化を数字で表せる場合は、数字を使います。

例えば「まずは新入生の退部率を40%まで抑えることを目標に、〇〇を行いました。そこで、△△という課題があり、退部率を下げるのは容易ではありませんでした」のように記載します。

取り組みや対策

上記の課題に対しての取り組みや行った対策について述べていきます。「話を聞いた」等のように抽象的な言葉は使わず、「どの様に話を聞いたのか」を具体的に記載することがポイントです。

例えば「相手の意見を尊重しながら、本質となる課題を解決するために全員と1対1で対話をしました。その上で意見をカテゴリー化しながら何が課題かを考え、〇〇という問題を見つけ出し、△△を行いました」と記載します。

結果

その取り組みを行ってどうなったかを述べます。ここの部分は1~2文程度で収められるようにしましょう。

例えば「結果、〇〇することができ、退部率を20%まで引き下げることができました」のように記載します。

学び

ガクチカを書いたエピソードから学んだことを述べましょう。ここでも1~2文程度で収められるように記載します。

例えば「部員の声に耳を傾けることで〇〇ができることを学びました」のように記載しましょう。文字数によって、どうしても他の箇所を削ることが出来ない場合は「学び」を記載しなくても大丈夫です。

ガクチカの例文

続いて、周りの学生がどのようなガクチカを作成しているのかを例文で紹介します。他の人のレベル感を知って、参考にしましょう。

香港で30カ国以上参加する国際文化交流イベントにおいて、日本人代表としてチーム13人をまとめ、「未知の日本文化」を掲げ尽力した。 中国と日本で生まれ育ち、両国のアイデンティティを持つ私は、1,200人規模のこのイベントを通じ、両国に貢献できると思い参加した。しかし、1ヶ月の準備期間の中、チーム内で乗り気でない人が多く準備が難航し、参加が危ぶまれた。この状況を打開すべく、次の3点に取り組んだ。1、準備に参加しないメンバーをご飯に誘い、彼らの意見や不満に耳を傾けることで相互理解を深めた。2、皆のやりたがらない地味な仕事を率先して行うことで信頼関係の構築に努めた。3、ミーティングを開き、チームの前で、「近年の日中関係の悪化で、複雑な思いでいる私は、このイベントを成功させたい」など自分の思いをぶつけた。 これらを機に個々の姿勢が変わり、チームが一体となって、成功を収めた。経験から真摯に一人一人と向き合い、また思いを伝えることで人を変え、チームが一体となって前に進めることを学んだ。

→数字を使うことで、どれぐらいの規模感の人ををまとめているのかがイメージ出来ます。また、困難なことに対して【どんな思いを、どの様に伝えたのか】まで具体的に記載が出来ていて分かりやすいです。

ガクチカの見直しで利用できるチェック表

書き方や評価ポイントを意識しながらガクチカを作成することが出来た人は、下記のチェック表を基に自分の文章に足りないところはないか?修正すべき点はないか?を確認してみましょう。

ガクチカ作成時に使えるチェック表

ガクチカと自己PRの違い

ガクチカ以外にもESと面接の頻出質問に「自己PR」が存在します。両方を作成している中で、「ガクチカと自PRの内容がかぶる・・・」とい人は下記を確認しておきましょう、

▶参考:ガクチカと自己PRが”かぶる”と悩んだら確認したい3つのこと|ガクチカと自己PRの例文つき

まとめ

本記事ではガクチカの書き方を紹介しました。ガクチカはどの企業でも聞かれる頻出質問の1つなので、提出の間際に焦らないようにチェック表を活用しながら、余裕を持って準備しておきましょう。

また自分ひとりで就活を進めようとするのではなく、大人の人にアドバイスをしてもらいながら就活を進めていくことをオススメします。周りに相談できる人がいないという人は、就活エージェントを利用してみましょう。面接対策や企業理解へのアドバイス等、あなたの悩みに応じたアドバイスをキャリアアドバイザーが行います。

一人で悩まず誰かに相談することで、自分を客観視することができ、不安を解消することできるかもしれません。就活エージェントについて詳しく知りたい方は、以下を読んでみてください。

就職エージェントneoの就活相談

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ