就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

就活はなんとかなるから大丈夫!不安な時にとるべき行動を紹介

「このままどこからも内定もらえないんじゃないか…」となかなか内定をもらえずこのような不安を抱えている就活生も少なくないと思います。

不安になってしまう気持ちもわかりますが、そんなに不安になる必要はありません。

就活で大事なことはポジティブな気持ちで行うということです。「なんとかなる!」精神で取り組んだほうが良いこともたくさんあります。

本記事ではなんとかなる精神で取り組むべき理由や、「そうは言ってもそんな風には思えないよ…」という人がすべきことを紹介していきます。

目次

就活でよくある悩み

多くの就活生が就活に対して様々な不安を感じています。一体どのような不安が存在するのか、具体的には以下のような悩みが挙げられます。

✓どこからも内定がもらえないのではないか
✓周りと比較して自分は劣っていると感じる
✓自分のアピールポイントがわからない
✓やりたいことがわからない
✓面接でうまく話せない

など、他にもたくさんの悩みを抱えているでしょう。

就活生にとって就活とは初めての経験であり、よくわからないからこその不安や悩みがたくさんあると思います。

ですが、そんなに重く考えない方が良いです。就活は「なんとかなる!」と考えて行うくらいがちょうど良いと言えるでしょう。

就活はなんとかなる!と考えた方が良い理由

就活は「なんとかなる!」と考えて行うくらいがちょうど良いとお伝えしましたが、それは何故なのでしょうか。

ここではなんとかなると考えた方が良い理由について詳しく説明していきます。

不安を抱えたままだと余計悪影響

就活に対する不安を抱えている人は、なかなか自分に自信を持つことができないという人が多いのではないでしょうか。

自信の無さは思っている以上に相手に伝わるものです。

自信がない人は無意識のうちに態度に出てしまっていることが多く、人によって異なりますが「オドオドしている」「背筋が丸い」「目線が下になっている」「言葉が詰まってしまう」などの特徴があります。

自信がないと面接官に「プレッシャーに弱い」「メンタルが弱い」とマイナスな印象をもたれてしまうかもしれません。

企業側も自社で活躍してくれる人材を探しているため、「ハキハキしていて自信を持っている就活生」と「オドオドしていて頼りなさそうな就活生」では圧倒的に前者の「ハキハキしていて自信を持っている就活生」を選びますよね。

そのため不安を抱えたまま選考に臨んでしまうと選考結果に悪影響を与えてしまう可能性があると言えるのです。

就活は運の要素もある

就活はある意味運の要素もあると言えます。もちろん事前に準備や対策を行っておくというのは大前提です。

就活生は面接官を選ぶことはできません。基本的には面接官は複数人いて一次面接でも就活生によって担当面接官は異なるというケースが多いです。

企業ごとに評価基準などは定められていますが、判断するのは各面接官であるため、選考ではどうしても面接官との相性の問題も出てきます。

そのため選考に落ちてしまっても必要以上に自分がだめだからと落ち込むのではなく、今回は運が悪かっただけだと思うようにすると良いでしょう。

例え失敗しても他の選択肢がある

卒業するまでにどこからも内定がもらえなかったらどうしようと不安に思っている人もいると思いますが、内定は必ずしもその年の卒業までに獲得していなければいけないものではありません。

他にも様々な選択肢が存在します。

そのまま就活を続けるのであれば「就職浪人」や「就職留年」、または一旦就活はお休みして違うことに取り組むという選択肢もあります。

「就職浪人や就職留年ってなに…?」という人は以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

▶参考:就職浪人って不利?今からでも間に合う対策方法を紹介

また、どうしてもその年に内定を獲得したいという人は就職エージェントを利用して企業を紹介してもらうことも可能です。

就職エージェントでは1対1の面談を通してあなたの就活に関する相談や、あなたにぴったりの企業を紹介してもらうことができます。

少しでも興味がある方はぜひ活用してみてください。

就職エージェントneo就活相談

就活はなんとかなるなんて思えない…と不安を感じる人がすべきこと

「なんとかなる精神が大事って言われても、なかなかそうは思えないよ…」という人ももちろんいると思います。

そのような人は少しでも心の負担を減らすために、以下で紹介している対策方法の中で自分に合っているものを行ってみてください。

視野を広げる

なかなか就活がうまく進まず悩んでいる人は今まで見ていた業界や職種の幅を広げてみるというのも一つの方法だと思います。

もしかしたら今受けている業界が自分に適していないという可能性もあるため、視野を広げ応募企業を増やしてみるのも良いかもしれません。

また、応募している企業数が多い方が例え落ちても「まだ次がある!」とポジティブな気持ちで就活に臨むことができます。

ポジティブな気持ちで行うためにも、視野を広げるのは有効だと言えるでしょう。

相談する

「なんとかなる!」とポジティブに考えられないという人は周りの人に相談してみるのも良いでしょう。

たとえ解決できなかったとしても話すことで少し気持ちが楽になるということもあると思います。

一人で抱え込むのが辛いという人は無理せず信用できる人に相談してみてください。

「家族や友人に相談するのは少し恥ずかしい」という人は、就活のプロでもある就職エージェントに相談してみるのもオススメです。

プロの目線で相談に乗ってくれるため、利用することで内定に一歩近づくことができるかもしれません。

対策を十分に行う

選考対策をあまりできていない人が「大丈夫かな…質問に答えられるかな…」と不安な気持ちになってしまうのは当然です。

反対に「こんなにやったんだから大丈夫!」という安心感は自分の中で大きな自信に繋がります。

そのため就活に対して不安がある人は、自己分析を再度行ったり、面接での質問に対する深堀り対策やマナーの確認など、選考対策を十分に行い自信をつけましょう。

就活で大事なことはポジティブでいること!

再三お伝えしていますが、就活で大事なことはポジティブでいることです。

選考に落ちて悲しむ気持ちはわかりますが、落ち込んでても何も良いことはありません。

なぜ落ちたのか反省することは大事ですが、いつまでもクヨクヨするのは止めましょう。

たとえ就活で失敗しても死ぬわけではありません。いくらでもやり直しはできます。

そのため仮に落ちても「自分とは合わなかっただけだ」と前向きな気持ちで結果を受け入れ、次の選考に意識を向けるようにしましょう。

就活ではなんとかなる精神は大事だが準備を怠るのはNG!

本記事では「就活ではなんとかなる精神が大事!」ということをお伝えしてきましたが、選考対策や準備は必ず行いましょう。

「なんとかなる=対策しなくても良い」という意味ではないので注意してくださいね。

しっかりと準備をした上でポジティブな気持ちで臨むようにしましょう。

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス
(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。
メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。

ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」のキッカケになるでしょう。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoの就活相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ