就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

就職浪人って不利?今からでも間に合う対策方法を紹介

「どこからも内定もらえないから就職浪人しようかな…」と考えている人に向けて、本記事では就職浪人のメリット・デメリットや、就職浪人を決定する前にすべきことを紹介しています。

諦めるのはまだ早いはずです。本記事を読んで、今からでもできることを知り、実行していきましょう。

目次

就職浪人とは

ここでは就職浪人、就職留年、既卒、第二新卒とはどんなものなのかを簡単に紹介します。

就職浪人:大学を卒業し、既卒として就活を継続すること
既卒  :既に大学を卒業しているが正社員としての就業経験がない人
就職留年:就活はしたが就職はせず、再度来年度の就職に向けてもう1年学校に通うこと
第二新卒:学校を卒業後、一度就職をしたが、数年のうちに離職し転職活動をする人

就職浪人、就職留年、既卒、第二新卒については理解できたと思います。次は就職浪人がどのくらいいるのかを紹介します。

就職浪人はどれくらいいる?

文部科学省の「令和元年学校基本調査」によると、大学学部卒業者における「正規の職員等」「正規の職員等でない者」「一時的な仕事に就いた者」「就職準備中」の割合は、下記の図のようになっています。

※就職準備中=就職浪人(公務員志願者も含む)

▶参考:文部科学省「令和元年度学校基本調査」

上の図によると、1番多かったのは、「正規の職員・従業員、自営業主」でした。次に多かったのは「その他」で、その他と就職浪人はほぼ同じくらいで全体の4%でした。

最近は納得いく内定を獲得する目的や大学卒業後海外に留学する目的で、就職浪人する人も少なくないようです。

続いては就職浪人のメリット・デメリットについて紹介していきます。

就職浪人のメリット・デメリット

就職浪人のメリット・デメリットはどういったものがあるのでしょうか。それぞれについて解説していきます。

メリット

自分の将来像について改めて考えることができる

初めて就活を行う場合は時間も余裕もないため、自分が本当にやりたいことがいまいちわからずに就活を進めてしまうこともあります。

しかし、就職浪人の場合は約1年、就活期間が延びるため、自己分析や自分の将来について考える時間を十分に取ることができます。

よって面接やESで説得力のある志望動機や自己PRを作成することができるようになります。

就活を一からやり直すことができる

ESの書き方やグループディスカッション、WEBテスト、面接などの対策を一から行えるため、自分の悪かった点を改善することができます。

また、自己分析や業界研究も再度やり直すことができるため、自分自身に関することや、業界・企業について、より深く知ることができます。

精神的に余裕がある(アドバンテージがある)

一度就活を経験しており、就活はどのように行われるのか、面接ではどのような質問をされるのかについての知識があるため、初めての就活生よりも有利に就活を行うことができます。

また、1回目の就活生の場合頼れる人は限られてしまいますが、就職浪人であれば就活を終えている友人がほとんどであるため、頼れる人が多いというのも有利な点です。

デメリット

新卒としてエントリーできない企業がある

企業によって異なりますが、就職浪人の場合既卒扱いとなり、中途採用枠での応募になることがあります。

中途採用枠になってしまうと新卒採用のようなポテンシャル採用ではなく、スキルを求められる場合もあるため、選考を通過するのが難しくなってしまいます。

既卒でも卒業後1~2年以内は新卒扱いをしてくれる企業もあります。しかし企業からすれば新卒時から若干のブランクがある既卒よりも、新卒の方が不安材料が少ないとされているため、新卒の方が有利といえます。

より高いスキルが必要とされる

就職浪人をした場合、面接の際に「就職浪人中に何をしていたのか」を聞かれることが予想されます。つまり、就職浪人中の自己研鑽の質について評価される可能性があるということです。

面接官にマイナスの印象を持たれやすい

本記事の冒頭でもお伝えしたように、学生の大半が就活で内定を獲得し大学卒業後社会人になります。

そのため就職浪人の学生に対し、企業は「この人はちゃんと就活をしていたのか」「何か問題があるのではないか」といったマイナスの印象を持ってしまうことがあります。

「就職浪人すれば全て最初からやり直すことができる」という単純なものではありません。

就職浪人するなら就職留年する方がいい?

就職留年を選択した21卒のMさんの声をご紹介します。

「新卒採用の枠で就活したかった」

本来は20卒予定で内定もいくつかありましたが、就活に対して明確な目標がなく漠然と行っていて、納得した内定ではなかったので就活をやり直したいと考えました。

もう一度就活をしようと思った時に、先輩に話を聞いたり、簡単に自分で調べたりして、やっぱり新卒枠と比較すると既卒は採用の枠がせまいなと感じたので就職留年を選びましたね。

就職留年のメリットとしては、実際に就職留年してみて、去年とあまり変わら無い状態で就活を行うことができている点だと思いますね。 もし留年ではなく浪人を選択していたら、「採用枠が少ないな」と感じていたかもしれないし、就活がやりづらくなっていたかもしれませんが、今は何も変わらず就活ができているので、それは就職留年の良い点だと思います。

あとは就職留年はまだ学生なので、気持ち的に「まだ学生だしな」という安心感を持ちながら就活できているところも良かったなと思います。 もし既卒だったら「俺卒業しているのに仕事もないのか…」という焦りを感じながら就活をしていたかもしれないので、気持ち的にも楽ですね。

僕的には自分の経験を通して、1番良いのはその年に内定を獲得することですが、就職浪人するよりは就職留年の方が良いと思います。

今からでも選考を受けられる企業を幅広く探したいと思っている人は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職浪人を決定する前にすべきこと

ここでは就職浪人を決定する前に行うべきことを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

自己分析、選考対策を行う

もう一度自己分析を行い、本当に自分に向いている仕事は何なのか考えてみましょう。また、選考対策を行う際は今の自分の選考状況によって、必要な対策を行いましょう。

例えば、ESで落ちてしまう人はESの書き方の対策、面接で落ちてしまう人は面接対策を再度行ってください。

ここで1番大切なことは自分の就活をしっかりと振り返ることです。面接で落ちてしまうと言っても、面接の中でも「この質問がうまく答えられない」「こういう質問はつまってしまう」といったような弱点があるはずです。

そのためただなんとなく対策するのではなく、自分が苦手なところはどこなのかを振り返ってみましょう。

エージェントに相談する

いろいろ頑張ってはみたけど、なかなかうまくいかないという人はエージェントを活用するという方法もあります。

エージェントでは、就活に関する悩みや相談に乗ってくれる個人面談や、最初に行った面談の内容を踏まえた上での企業紹介、企業目線での履歴書・ESアドバイス、各企業の評価基準をもとに面接のアドバイスなどをしてくれます。

そのため自分ひとりではどうしたらいいかわからないという人は相談してみても良いと思います。時期によっては即日内定や2週間で内定が出る企業などの選考ルートを教えてもらえる場合もあります。

就活エージェントで受けられる具体的なサービス内容や良いエージェントを選ぶ際のポイントについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

参考:就活エージェントとは?利用前に知っておくべき4つのポイントを紹介!

終わりに

本記事を通して、就職浪人について理解してもらえたと思います。

もちろん1番良いのはその年に内定を獲得し、就職することだと思いますが、それでもどうしても就活をやり直したいという方は、学費が1年分かかってしまいますが、就職浪人より就職留年の方が就職活動の難易度としては低くなります。

就職浪人をしてしまうと、内定を獲得するのが少し難しくなってしまう可能性があるため、目的があってあえて選ぶケースを除いてはあまりオススメはできません。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ