就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

100円_アイキャッチ
更新日|

【業界研究】100円ショップ業界の動向3選!仕事内容や志望動機・自己PRのポイントも紹介

従来、100円ショップの商品に「低クオリティ」「おしゃれじゃない」というマイナスイメージを持つ人が少なくありませんでした。しかし、最近では100円とは思えないほど高クオリティかつデザイン性に優れた商品を提供し続けており、人々の100円ショップに対するイメージはプラスなものへと変わってきています。

最近では100円に限らず、300円~700円と価格帯を広げ、より高いクオリティとデザイン性を兼ね揃えた商品を数多く提供しています。

本記事では、動向や仕組みについて紹介するだけでなく「将来のキャリアパスはどうなっているの?」「アルバイトとの違いは?」という人に向けて、100円ショップ業界の動向やキャリア、自己PRの書き方についてわかりやすく解説していきます。

また100円ショップ業界の売上や利益、年収、従業員数、勤続年数をランキングで紹介しています。ビジネス規模や働きやすさ等がわかるので、確認してみましょう。

CTA1_大_今すぐ無料で相談
目次

公式LINE_友だち追加CTA

100円ショップ業界の仕組み

100円ショップ業界では、「メーカー」から商品を大量に仕入れ、消費者に直接商品を販売するビジネスモデルがほとんどです。

100円ショップ業界では1つの商品を大量生産することで生産コストを下げることに成功しています。また、100円ショップは国内・国外共に多くの店舗を持ち、商品の種類の豊富さや、コスパの良さなど、その販売促進力は驚異的です。

100円ショップ業界_モデル

100円ショップ業界の具体的な仕事

100円ショップ業界では開発から店舗の運営、商品の管理など仕事は多岐に渡ります。以下では、100円ショップ業界の具体的な仕事を大きく「商品」「店舗」の2つに分けて紹介します。

商品

商品に関する仕事としては、「企画・仕入れ」「管理」「デザイン」の3つがあります。

① 企画・仕入れ

流行に即した商品を展開できるよう、市場の動向や消費者のニーズを正確に捉え、新商品の企画開発を行う仕事です。その他に、担当した商品の在庫確認や販売促進計画、売り場のイメージなども考えるため、商品の企画から、実際に商品が店舗に並ぶまでの全過程に携わることになります。

② 管理

文字通り開発される新商品の成分・品質チェックなどを行い、商品を大量生産する前にその安全性や耐久性を担保する仕事です。不良品が発生した場合は原因究明からそれに伴う改善指示なども行います。また、既存の商品については、商品の発注・納期管理から、貿易に関する業務など、商品の需要管理及び輸出入管理をおこなっています。

商品を国内外に集荷する際に、それが法的に問題がないかなどを調査し、事前にリスクを防ぐことも品質管理の重要な役割の1つです。

③ デザイン

デザインとは、商品自体・商品パッケージ・タグのデザインから、取扱説明書の作成や売り場のPOP制作など、商品関連の様々なデザインに携わる仕事です。

店舗

店舗に関する仕事としては「運営・販売」「出店」「管理」の3つに分けられます。

① 運営・販売

より多くの消費者に商品を届けるための売り場整理や分かりやすさを意識したお店作り、季節商品など売り時に合わせた展開を行います。その他にも、店舗が位置する地域に合わせた取扱商品の選定・発注、売り場レイアウトの考案なども仕事です。店舗での運営・販売という仕事は、多くの新入社員が最初につくポジションになります。また、直接お客様と接する場でもあるため非常に重要なポジションです。

② 出店

新店舗のオープンに向けて、主に新規店舗の場所の選定から商圏調査や売上予測を基にした損益の算出などを行います。場所を決定する際には、人口や交通量、競合店情報に加えて、店舗で働くスタッフが荷物の搬入・搬出や品出しをスムーズに行えるか、店舗出入口周辺の段差や駐車場は止めやすいかなど、「スタッフ」と「顧客」双方の立場を考慮します。

③ 管理

新規出店の契約後からオープンに至るまでを管理しサポートする仕事です。具体的には、内装や看板デザインの確認、店舗のレイアウトや各種工事の調整、修理手配、定期清掃など店舗設備の全般を管理します。

100円ショップ業界の主な企業

以下では、100円ショップ業界の主な企業とアイテム数や特徴をまとめた表になります。同じ業界でも特徴や強みは違います。各企業の特徴を掴んで、志望動機を書く際に役立てましょう。

100円ショップ業界_比較
参照元: 業界動向サーチ/ 各社HP(ダイソー, セリア, キャンドゥ, ワッツ)
※2022年11月2日作成時点のデータを基に作成

100円ショップ業界の動向

ここでは100円ショップ業界の動向を3点紹介していきます。それぞれ以下のトピックスについて紹介しているので、確認しておきましょう。

■100円ショップ業界の売上推移
・売上高の推移
・販売方法の変化
・セカンドオフィスとしての需要増加

■100円ショップ業界の商品・サービスの拡充
・高価格帯商品の増加
・通販サービスの開始

■100円ショップ業界の事業展開
・M&A
・海外展開

まず動向を学ぶ前に100円ショップ業界について数字で見てみましょう。2021年にはコロナウイルスによる「巣ごもり需要」が生まれ、室内の「快適さ」や「衛生さ」を求める人が増えました。

それらを可能にする商品を数多く取り揃えていた100円ショップは需要が高まり、コロナ禍においても売り上げを伸ばし続けることができました。特に、衛生用品の他に、雑貨やキッチン用品などの販売が好調となりました。

2022年に「巣ごもり需要」自体は落着きを見せましたが、売上は引き続き好調です。

※巣ごもり需要とは、外出を控えるようになった人々が、家で楽しく快適に過ごすための消費行動に先立つニーズのことをいいます。

100円ショップ_数字
参照元:業界動向サーチ/2021-22年の業界レポート。※2022年10月4日作成時点

コロナ禍における100円ショップ業界

2015年から2021年にかけて「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」3社ともに増加傾向で推移しています。コロナ禍にもかかわらず売上が増加した背景には、新型コロナウイルスによる『巣ごもり需要』によって室内での快適さを求める人が増えたこと、そして「節約志向」が強まったことがあると考えられます。

100円ショップではインテリアやキッチン用品、収納や掃除と室内の快適さを向上させる商品を数多く提供しており、コロナ禍の人々の需要にマッチしたため売上増加に繋げることができました。

また、近年、instagram、twitter、tiktok等のSNSが普及し、誰でも簡単に情報発信できる社会となったため、商品に関する情報が短期間でより多くの人へと届くようになりました。

例えば、「100円ショップの購入品紹介」や「100円ショップおすすめ商品紹介」などの投稿を見ることで、ある特定の優れモノや自分の気になるものを見つけやすくなったのです。

そして、100円ショップでは日々多くの新商品が販売されているため、品揃えが頻繁に変わるという特徴があります。そのため、商品には「今しか手に入らない」という一定の限定性があり、SNSなどの「紹介投稿」は人々の購入意欲をさらに高めています。

100円ショップ業界の商品・サービスの拡充

100円ショップ業界はここ数年で商品の種類やサービスを拡充させ、より多くの世代から利用されるお店になりました。ここでは、近年の100円ショップ業界が行っている商品・サービスに対する拡充方法をそれぞれ紹介します。

高価格帯商品の増加

多くの100円ショップメーカーは、”100円ショップ”という名前を掲げているため、すべての商品を「100円」で販売することにこだわっていました。しかし、最近では300~500円の商品も多く販売するなど、価格帯の幅を広げる企業が増えています。

もちろん、価格を上げても値段以上のクオリティの商品を販売しているため、、コスパの良さを維持することができています。また、価格帯を100円から広げたことによってより多くの需要に応えられる商品を提供することが可能になりました。例えば、100円では生産できないストレートアイロンやコテ、電子パッド、アロマディフューザーなどの家電製品を販売できるようになりました。

2021年には大手100円ショップメーカー「ダイソー」が新業態「Standard Products」を展開しました。300円の商品が全体の7割、最も高くて1000円と価格帯をさらに広げ、ダイソー=安っぽいというイメージを覆す「高見え」する商品が数多く並べられています。

通販サービスの開始

2020年から猛威を振るう新型コロナウイルスによってデリバリーや通販などの「非接触型でのショッピング」に対する需要が急激に増加しました。

それに伴い、ダイソーは公式通販サイト「DAISOネットストア」をオープンしています。以前までは専用サイトでのセット単位の注文にしか対応していませんでしたが、DAISOネットストアでは各商品1点から、個人ユーザーでも気軽に利用できるようになりました。

他にも、Can Do(キャンドゥ)では2022年6月に1個からのバラ売りに対応した「CanDo(キャンドゥ)ネットショップ」をオープンさせ、各社はコロナ禍における人々の生活に合わせたサービスへと形を変えています。

100円ショップ業界の事業展開

他の業界同様、100円ショップ業界でも事業展開を目的としたM&Aや海外進出が積極的に行われています。

M&A

コロナ禍による巣ごもり需要によって、100円ショップ業界に追い風が吹いた2020年度の売り上げ増加率は、ダイソーが「14.9%」、セリアが「10.6%」なのに対して、キャンドゥは「2.5%」と大きな差が開きました。この理由として考えられるのは新店の出店場所を確保する力の差です。この課題を改善すべく、キャンドゥは積極的にM&Aを行っています。

2018年には、ホームセンター業界トップのDCMグループとフランチャイズ契約を締結しており、DCMグループのホームセンター内に出店できるようになりました。また、2021年には流通大手のイオン株式会社の傘下に入ることを発表しました。イオングループの店舗への出店が加速したことにより、販路の拡大が期待されています。

他にも、ワッツ(Watts)は、100円ショップ等の運営及びフランチャイズチェーン店舗の運営を行っている株式会社音通エフ・リテールや、100円ショップ向け雑貨商品の企画・輸入・販売を行っている株式会社ニッパンを2021年に買収しました。これによって、ワッツは国内での店舗網と事業規模を拡大させ、企業価値向上を目指しています。

このように、100円ショップメーカーは積極的かつ大規模なM&Aによって戦略的に事業拡大を行なっています。

海外進出

海外にも「1ドルショップ」などの100円ショップに変わるお店はありますが、日本の100円ショップで提供される商品の「種類」とその「クオリティー」に驚く海外の方が多く、100円ショップは訪日外国人にとても人気です。

そこで、ダイソーやワッツは海外展開にも力を入れています。ダイソーは、世界中のさまざまな国と地域に多くの店舗を出店しています。以下が出店している国と状況をまとめた表になります。

100円ショップ_海外展開

また、ダイソーは実店舗だけではなくインターネットによる注文も国内同様受け付けているのが特徴です。そこでは、アジア地域で人気のあるキャラクター商品などを取り扱うことで、日本らしさもアピールしています。

ワッツは国内での売上高は4位ですが、ダイソーの次に海外展開に力を入れている企業です。アジア地域から出店を開始し、2009年にタイ、2012年に中国、2013年にマレーシア、2014年にベトナム、そして2015年にペルーと着実に展開を進めています。現在では海外に83店舗を有しており今後は南米の国々への拡大を進める予定です。

100円ショップ業界の動向を知ることは選考を突破するために必要です。

そのため「志望業界についてもっと知りたい」「選考の通過率を上げたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoを利用してみてください。

CTA_3_業界研究_今すぐ無料で相談

100円ショップ業界におけるキャリアパス

「100円ショップ業界に就職して働く」と聞いても「バイトと何が違うの?」「具体的にどんなことができるの?」と考える人がいると思います。

そこで、実際に100円ショップ業界に就職した社員のインタービューとキャリアパスを簡単に紹介します。


◇ ダイソー 2019年新卒入社、店舗運営部

「新卒で入社して、まずは大阪の大阪梅田店で搬入から販売までを担当しました。オープン前から棚を入れて商品を並べるなど、お店がどうやってできあがるのかを知ることができ、陳列方法などもここで学びました。6月から道央エリアの小樽店に配属になり、2年目からは旭川店に異動して店長代理になりました。「代理」ではありますが、初めて“店舗を持つ”という経験をさせてもらい、ドキドキしたのを覚えています。3年目には札幌で店長になり、8店舗を担当するという経験もしています。4年目からは、複数店舗をマネジメントした経験を活かしてSVになり、現在に至ります。」

100円_キャリアの歩み①
参照元:大創産業/「大創大百科」より

◇ セリア 2014年新卒入社 副所長就任
私は学生時代からセリアが大好きでした。オシャレな商品が豊富に揃い、店舗もセンスが良いセリアで働きたいと思い、内定をいただけたときの喜びは今でも覚えています。入社時は商品開発がしたいと考えていましたが、店舗勤務を通じて接客や店舗運営する楽しさに気付き、接客のプロになりたい、店長・エリア店長を目指して店舗運営を続けたいと思うようになりました。現在は、大分県・福岡県を中心に9つのエリア(41店舗)を担当しています。

100円_キャリアの歩み②
参照元:セリア/新卒採用ページ「キャリアプラン」より

ここでは、実際に100円ショップ業界で働く人達のキャリアパスを紹介しました。販売という点はアルバイトの仕事と重なる部分がありますが、店長などの立場に就き、アルバイトや新入社員を「育成」する役割を担うという点は大きな違いの1つでしょう。

また、店長の他にも商品開発や品質管理など、様々なキャリアを歩める可能性があります。 各社の新卒採用ページには社員インタビューやより具体的な仕事内容が紹介されているので時間があるときに確認しておきましょう。

100円ショップ業界の志望動機の書き方

100円ショップ業界の志望動機を書く際は「なぜ100円ショップ業界なのか」「なぜその会社なのか」をしっかりと深堀りしておくことが必要です。

具体的には自分が将来何を成し遂げたいのか、例えば「お客様との関わり合いからニーズをキャッチアップし、自身が日頃感じていることなど全ての知識と経験を動員して、皆が驚くような安価だけど便利で高品質な商品を作りたいと思います。」などといった100円ショップ業界ならではの理由を述べるようにしましょう。

その後、“なぜその会社なのか”については、他の企業ではなくその企業でなければいけない理由を伝えます。

例えばダイソーであれば、商品開発力とグローバルなチェーン展開が強みです。お値段以上のデザイン性や機能性に優れた商品を次々に開発し、毎月800種類もの新商品を販売しています。

また、商品ジャンルではなく100円均一というジャンルで店舗を作り、それを世界で初めてグローバルにチェーン展開するビジネスモデルとして確立しました。それにより、今では国内で4042店舗、海外では2296店舗まで展開しています。

100円ショップ業界でうける自己PRの書き方

自己PRの書き方について学ぶ前に、まずは100円ショップ業界の求める人物像を把握しておきましょう。

企業に評価される自己PRをするためには、その業界ではどのような人が求められているのか知っておくことが重要です。

100円ショップ業界業界の求める人物像

接客をメインに行う仕事であれば、大前提としてコミュニケーション能力が必要です。お客様が何を求めているのかを聞き出す傾聴力、膨大な商品の種類や場所を覚える記憶力もあると大きなアドバンテージとなるでしょう。

また、数多くの商品を効率良くかつ戦略的に店舗に並べる能力も必要となってきます。顧客のトレンドやニーズに合わせて、入口の近くに置く、何かとセットで買う人が多い時はなるべく近くに置くなど、「顧客の立場」に立って行動する能力が非常に重要です。

製造や企画関連の仕事をする際は、世の中が求めている商品はなにか?どのような機能が付いていると喜んでもらえるのか?を考える場面があります。世の中のトレンドやお客様の声をキャッチアップしていく情報収集力やトレンド力が必要になります。

100円ショップ業界の求める人物像について学んだら次は自己PRの書き方を学んでいきましょう。

自己PRの基本的な書き方

自己PRを書く際は基本的に「強み⇨エピソード⇨結果・学んだこと⇨入社後どう活躍できるか」の順番で書きます。

(1)結論

自己PRを書く際は最初に「私は○○することができます」といったように自分の長所を端的に述べます。

最初に結論を述べ面接官に今から何の話をするのか伝えることで、聞き手側も話が入りやすくなります。

そのため、自己PRをする際は結論として、まず長所を伝えるようにしましょう。

(2)エピソード

長所を伝えたら、実際にその長所があることを証明できるエピソードを交えます。

ここではできるだけ具体的なエピソードを伝えるために、その出来事の中で生じた課題・目標や、その課題・目標に対してどのような行動をとったのかについてまで書くようにしましょう。

また企業は、課題・目標やそれに対する行動を通してその人の人柄や価値観を判断しているため、なぜその課題・目標に取り組もうと思ったのか、なぜそのような行動をとったのかについて、しっかりと見つめ直しておいてください。

(3)結果・学んだこと

エピソードの次は、自分がとった行動によってどのような結果になったかについても書きましょう。

結果を書く際は、定量的に表すことを意識してください。

例えば「〇〇というアイディアを出し実践したところ、売上を40%上げることができた」など数字を用いてアピールした方が相手に伝わりやすいです。

また、この経験を通して何を学んだのかについても書きます。

面接官はその人の学びからも価値観や人柄を判断しています。価値観や人柄はその学生を採用するかどうかの大きなポイントとなるため、自分がどういった人なのか、いかにその企業に必要な人材であるのかをアピールするようにしましょう。

(4)入社後どう活躍できるか

企業は採用活動を通して、自社に貢献してくれる人材を求めています。つまり、面接官にこの学生は「自社で活躍する素養がある」と思わせるのが大事です。

そこで自己PRをする際は、最後に今伝えてきた長所をどのように志望企業の業務に活かしていくかまで伝えるようにしてください。

そのためには企業が求める人物像を把握する必要があります。業界研究・企業研究を通してどのような強みをアピールするのか考えておきましょう。

より詳しい自己PRの書き方について知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:
企業から評価される自己PRの書き方とは?ポイントや注意点をわかりやすく解説

また「志望企業に評価される志望動機・自己PRの書き方が知りたい」「選考通過率を上げたい」という方は、就職エージェントneoを利用してみてください。

CTA_3_業界研究_今すぐ無料で相談

100円ショップ業界ランキング

ここでは眼鏡業界のランキングを「業績」と「社内環境」に分けて紹介します。

100円ショップ業界の業績ランキング

ランキング1
参照元:業界動向サーチ/100円ショップ業界の業績ランキング(2021-22年)は上記企業の有価証券報告書に基づき作成しています。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。大創産業は非上場会社のため経営利益・利益率においてランク外となっています。※2022年11月2日時点

売上については1位が大創産業、2位がセリア、3位がキャンドゥ、経常利益は1位がセリア、2位がワッツ、3位がキャンドゥです。

売上や利益、利益率をチェックした方が良い理由は、以下の2点です。

・売上は企業の財務力を表しているから

・利益、利益率は企業が行っているビジネスの成否を示しているから

売上は企業の財務力、ビジネスの規模を表しています。つまり売上が高い企業の方が行っているビジネスの規模が大きいということです。

またA社とB社が同じ利益の場合、売上が大きい企業の方が金融機関からの融資を受けやすいとされているため、売上を見ることで企業の資金調達力もチェックすることができます。

次に利益、利益率は企業が行っているビジネスの成否を示しています。そのビジネスによる付加価値がどれくらいあるかを測る指標です。

つまり利益がほとんど出ていなかったり、赤字だとビジネスに何らかの問題があるということになります。

ただし、このランキングだけでなく、成長率も大事であるため各企業の過去についても振り返っていきましょう。

100円ショップ業界の社内環境ランキング

ランキング2
参照元:業界動向サーチ/100円ショップ業界の社内環境ランキング(2021-22年)は上記企業の有価証券報告書に基づき作成しています。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。大創産業は非上場会社のためランク外となっています。※2022年11月2日時点

年収は1位がセリア、2位がワッツ、3位が音通、勤続年数は1位がキャンドゥ、2位がワッツ、3位が音通となります。

勤続年数が長いということは定着率が高いということになります。一概には言えませんが、定着率が高い会社は良い会社である可能性が高いです。

また従業員数が多い会社は多様な人と関わり合うことができるというメリットがあります。しかし多いと自分の意見が通りにくい場合もあるというデメリットもあるため、自分にとってどの環境が合っているのか考えてみましょう。

まとめ

本記事では100円ショップ業界について紹介してきました。新型コロナウイルスの感染拡大によって多くの業界が業績に対してマイナスな影響を受けた中、100円ショップ業界は巣ごもり需要の増加によって業績が上がった数少ない業界の1つです。

また、「100円均一」から300円や700円など価格帯を広げた商品を展開しており、幅広い世代から利用されるショップへと成長しました。

今後は、出店場所の確保を目的としたM&Aや海外展開に力を入れていく企業が増えてくるでしょう。

動向について理解ができた人は、自分のキャリアややりたいことにも目を向けてみましょう。自分の言葉で話せるようにしておくことで、面接で説得力を増すことができます。

就活相談は就職エージェントneoへ

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約45,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。

本記事を読んで「就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

CTA4_大_今すぐ無料で相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ