就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

介護業界の志望動機の書き方と例文~SOMPOケアなど3社の選考通過ESを公開~

介護業界を志望する上で、人材不足や少子高齢化社会などの業界動向の知識は必須です。

そして、介護業界をなぜ志望したのか説明できるようにしておきましょう。そのために業界研究や仕事内容についても書いているので是非参考にしてみてください。

B_新CTA01_サービス3点入り

目次

介護業界の特徴

ここでは、介護業界の動向や仕事内容について話していきます。

総人口のうち、65歳以上の人が占める割合を示す高齢化率は、2000年は約17%、2025年には30%超と、25年で倍近くになると予測されています。

そのため、介護市場は今後も拡大していく分野だと考えられます。

参考元:総務省統計局:令和元年 高齢者の人口

上記のような介護需要に対し、教育事業のベネッセ、警備会社のセコムなど異業種から介護ビジネスに参入する企業も相次いでおり、既存の分野での強みを介護事業に掛け合わせています。

しかし同時に、介護業界は人材不足の問題にも悩まされています。

増え続ける高齢者に対し、介護業界の担い手となる若者の数が追いついていないためです。

その解決策の1つとして挙げられるのが、「IT化」です。IT化を進めることで、効率化を計り人材不足をカバーすることができます。

また、IT化は介護職員の身体的な負担を軽減させることもできるからです。

具体例として、SOMPOホールディングスは、表情を読み取り入居者の状態変化を把握・予測するICTを全施設へ導入していたり、ニチイ学館は、AIを活用したケアプラン作成システム等の開発に向けて、NECと業務提携(2017年)を結びました。

このように、IT化は介護業界でも推し進められていることが伺えます。

また、厚生労働省は、2040年までに介護分野の人材確保が困難になるという見通しから、『2040年を展望した社会保障・働き方改革本部』を設置し、医療・介護施設経営の大規模化や協働化、あるいは互いの連携などを推進するとしています。

■数字で見る介護業界の現状

参照元:業界動向サーチ/全170業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。介護業界21社が対象(2019-2020年)※2021年10月22日時点

介護業界についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を御覧ください。

介護業界:
【業界研究】介護業界の動向5選!仕事内容や志望動機・自己PRのポイントも紹介

介護業界の主要業務

代表的な業務をピックアップしてご紹介します。

❏介護職

ホームヘルパーや介護福祉士などが挙げられ、お年寄りや体が不自由な方に対して、掃除や洗濯、食事などのお手伝いを行います。

直接身体に触れる介護がなければ、無資格でも働くことは可能ですが、直接身体に触れる介護を行う場合は、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了以上の資格が必要です。

❏ケアマネージャー

正式名称は「介護支援専門員」と言い、ケアプランと呼ばれる介護サービスの計画書を作成することが主な業務です。

健康状態や課題を分析した上でケアプランを作成することで、その人に適したサービスを実行できるため、重要な役割と言えます。

❏生活相談員・支援相談員・医療相談員

介護サービスの利用者本人・家族の相談や入居・入院など、介護全般の相談にのるのが相談員の仕事です。

その人にあった生活を送れるようにコミュニケーションをとることが重要です。

就活で何をしたら良いかわからない、または効率的に就活を進めたいという方はぜひ就活エージェントneoを利用してください。

B_新CTA02_何から始めたら

志望動機を作るために用意すべき3つの「なぜ」

介護業界に入社するには、徹底的な業界研究、企業分析、そして自己分析が不可欠です。

一貫性と論理性のある志望動機を書くために、最低限3つの「なぜ」を言語化した上で作成しましょう。

「なぜ」その業界を志望するのか

なぜ介護業界なのかを説明する必要があります。介護業界は人手不足で悩んではいますが、なぜその業界に興味を持ったのか答える必要があります。

例えば、親戚や家族の介護経験など自身の過去の経験と紐づけて答えると良いでしょう。

また、自分の夢ややりたいことが、本当にその業界でできるのか確認することが重要です。

「なぜ」その企業を志望するのか

その企業じゃなければならない理由を見つけましょう。

そのためには、施設のホームページやパンフレットなどにしっかり目を通して、他の施設にはない強みや良さを把握しておきましょう。

「なぜ」自分が向いているのか

自分の強みや経験を述べ、どのように会社に貢献することができるのかアピールしましょう。

例えば、介護業界は人のために何かしたいという気持ちが強い人に向いている業界と言えます。

そのため、もしボランティア活動の経験があればアピールすると説得力のある志望動機になるでしょう。

このように業界・企業に合わせた求められる人物像を理解し、アピールすることが重要です。

志望動機の書き方

情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。

シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。

文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。

■志望動機の構成例
(1)志望動機をひと言で
(2)具体的に言うと
(3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性)
(4)入社後にどうなりたいか

志望動機の書き方、考え方を詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

関連記事:
・「志望動機の書き方~選考通過率をUPさせる方法~」
・「志望動機の正しい考え方やコツ~「志望動機がない…」と悩んでいる人必見~」

介護業界の志望動機の例文

実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。

ベネッセスタイルケアの志望動機の例文

志望動機(200字)
私が貴社を志望した理由は、貴社の事業理念である「その方らしさに深く寄り添う」に魅力を感じたからです。

介護とは一見、相手の出来なくなった仕事をサポートする 仕事のように思えますが、その人の生涯に寄り添うことが介護の目的だとお聞きし、私も一人一人に合った介護を行いたいと考えるようになりました。

そして、少子高齢化社会である日本において、ゆくゆくは年をとればとるほど幸せになる国にしたいです。

→その企業を志望している理由と、自分の将来の夢について語っており採用担当に伝わりやすい文章です。

文字数に余裕があれば、自分がどんな強みを活かし貢献できるのか話せると良いでしょう

SOMPOケアの志望動機の例文

志望動機(300字)
ITと人で、介護業界に改革をもたらしたいからです。

介護業界に限らず様々な業界がIT化を進める中、どんなにAIやテクノロジーが進化しても、介護の仕事の基本は人と人との触れあいだと感じています。

そのため、最新技術を介護業界に取り入れながらも、徹底的な現場主義を掲げている貴社に魅力を感じています。

私は大学時代、2年間学生団体に所属しボランティア活動を行ってきました。

そのため、社会人になっても人のために何かしたいという想いで取り組み、いまだ課題の多い介護業界を変えていきたいと考えています。

→自分のボランティア経験を介護業界の志望動機につなげています。ただ具体的にどう介護業界を変えていきたいのか述べるとよいでしょう。

ツクイの志望動機の例文

志望動機(400字)
私は仕事を通して日本社会を変えたいと考えています。

私はいくつのも国を旅行してきて、貧しい人々にたくさん出会いました、しかしそこで暮らす人々が生き生きと毎日を送っているのを目の当たりにし、先進国である日本全体が漠然とした不安や悲観的な状況に置かれているように感じざるを得ませんでした。

そこで私はどんなライフステージにあっても皆が毎日に意味を見出せる社会の創造を実現したいです。

そのためには、現在社会課題とされている事業への変革に携わることが必要だと考えます。

特に介護事業は需要が絶対的に増えていくにも拘らず状況は危機的で、私が上記で述べた不安や悲観というイメージがまさに当てはまる領域だと感じます。

貴社は、介護サービスを提供して35年以上の豊富な実績と幅広い介護サービスを展開しており、その中で介護のサービスを受ける人もそこで働く人も明るい毎日を送ることができる、そのような未来と社会を目指し働いていきたいです。

→自分の経験を踏まえた志望動機のため、オリジナリティがありますが、その企業で何をやりたいのかもっと詳しく書いたほうが良いです。

レベルの高い例文集を見たい方は下記記事をご覧ください。

関連記事:
「志望動機のおすすめ例文10選!」

まとめ-介護業界の志望動機の書き方と例文-

介護業界は、人手不足のため売り手市場と言われていますが、説得力のある志望動機を伝えられなければ採用されません。

変化の激しい介護業界で、自分が何をしたいのか、どう貢献できるのかまで伝えましょう。

志望動機の基礎から応用まで網羅的にノウハウを知りたい方は下記をご覧ください。

関連記事:
「志望動機の書き方・例文」

「就活に出遅れた」「今からでも受けられる企業を知りたい」「とにかく内定がほしい」と感じている就活生は就活エージェントneoを利用してみてください。

B_新CTA03_非公開求人

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス
(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性の良いコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。

ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」のキッカケになるでしょう。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

B_新CTA04_実績数字入り

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ