就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

面接で「将来の夢は?」と質問された時の正しい答え方〜回答例10個を紹介~

「面接官に将来の夢を聞かれたら、なんと答えればよいのだろう?」そんな不安を抱える就活生も多いのではないでしょうか。

仕事と自身の夢を絡めて、上手に説明するのって難しいですよね。

今回は、これから重要な面接を控えている就活生へ向けて、将来の夢を説明する際の「正しい回答例やNG回答例」を詳しく紹介します。

面接官が「将来の夢」を尋ねることの意図を知り、ポイントを抑えた回答をしてください。

目次

面接で企業が「将来の夢」を質問する意図

そもそも面接の際に将来の夢を聞かれるのは何故なのでしょうか?

面接で企業が将来の夢を尋ねるのには、以下3つの点を確かめるという意図があります。

■キャリア設計が具体的かどうか
■自社の企業理念や事業内容に沿っているか
■志望動機と矛盾していないか

企業の採用基準は「自社の利益に貢献できる人材かどうか」です。

そのため、利益に貢献しようとする意欲や実現するためのスキルをもっている人材が採用されます。

個人の夢が企業の発展に沿っているかどうかは、とても重要なポイントになるわけです。

キャリア設計が具体的かどうか

夢を実現するために重要なのは、具体的な道筋を考えていることです。仕事における将来の夢までの道筋とは「キャリア設計」のこと。

そこで企業は、就活生が夢の実現までの具体的なビジョンをもっているかどうか、将来の夢という名目で確認します。

ビジョンに具体性があると、成長意欲が高いという印象を与えることもできるでしょう。

しかし、将来の夢や具体的なビジョンが明確になっている学生は少ないです。

重要となるのは、たとえ漠然とした夢であっても、自分自身で目標を立て、実現へ向けて進んでいけるのかということです。

将来の夢という質問を受けた際は、この点を踏まえて回答してください。

自社の企業理念や事業内容に沿っているか

いくらインパクトのある将来の夢でも、その会社で実現できないものであれば意味がありません。

企業からも「その夢が実現できる会社へ行ったほうがいいのでは?」といった感想をもたれてしまいます。

その企業でなければ実現できない夢、つまり企業が掲げる理念や事業内容に沿った夢でなければいけません。

志望動機と矛盾していないか

企業が将来の夢を聞く際には「志望動機と矛盾していないかどうか」を確認する意図もあります。

万が一両者に矛盾があった場合「本当にそう思っているのか?」と疑われしまいます。

またここでも、どの程度「成長意欲」があるか見られているでしょう。

「〇〇のような夢を実現するために、その会社で〇〇に挑戦したいから志望した」と筋の通る将来の夢を伝えてください。

面接で「将来の夢」を質問された時の答え方

面接で「将来の夢はなんですか」と聞かれたときには、以下のフレームワークに沿って答えましょう。

まずは結論を述べる

初めに結論を述べましょう。ここで重要なのが「その会社でのキャリアを通じて成し遂げたい夢」であることです。

また、冗長的な話し方にならないよう意識してください。できるだけ具体的かつ簡潔に述べることで、面接官にも伝わりやすく高印象を与えられます。

エピソードを織り交ぜ、まとめる

次に自身がその夢を目指すきっかけとなったエピソードを説明します。

このエピソードは「夢を目指す根拠」となる部分なので、できるだけ具体的に回答しましょう。

実際に経験した出来事を説明できると、説得力もグッと増します。

また、面接官にとっては、個人のモチベーションを量るための判断材料となるでしょう。

具体的なエピソードを説明したら、話のまとめに入ります。入社後のことを視野に入れてまとめると効果的です。

エピソードを通して「自分が何をしたいのか」や「どのようなことに高いモチベーションがあるのか」まではっきりと伝えてください。

「面接の質問」への答え方の詳細、注意点、面接官のタイプ別対策方法を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

▶参考:「【面接】質問の正しい答え方|面接官のタイプ別に特徴と対策を紹介」

面接で「将来の夢」を質問されたときのカテゴリー別回答例

ここからは面接で「将来の夢」を聞かれた際の具体的な回答例を10種の業界に分けて紹介します。

どの業界であっても「他の業界ではダメな理由」をはっきりと伝えましょう。また回答例と合わせて、想定される追加の質問事項も紹介します。

「将来の夢はあるけれど、伝え方に自信がない」という方や「掘り下げて質問されるのが不安」という方はぜひ参考にしてみてください。

コンサルティング

私の夢は誰もが使いやすいと感じるシステムを開発し、システムに関わる人間をハッピーにすることです。

コンビニエンスストアのアルバイトをする中で、会計や検品、レジチェックなどのシステムが何度もリニューアルされました。その時に「便利な仕様変更と、不必要な仕様変更の両方が存在する」と気が付きました。必要のない確認画面や省略のしすぎで、かえってわかりづらくなってしまった操作画面を見たときには、エンドユーザーのニーズをまだまだ抽出しきれていない一面もあると感じました。私はこのような「システム」と「ユーザー」との間にできた「溝」をしっかりと把握し、埋められるエンジニアになりたいです。

【想定追加質問】

⇨使いやすい(使いにくい)システムに共通する点は、どのようなものだと考えますか?
⇨ユーザーのニーズを把握するために必要なことは何だと思いますか?

商社

私の夢は社会的影響の大きな仕組みづくりをおこない、人々の暮らしを豊かに(イキイキと)することです。不登校の弟の存在やカンボジアで物乞いをしている人々を目の当たりにしても何もできなかった無力感から、この夢を持ちました。

なかでも「自らが主体となり国境を超えた大きな事業を創り上げること」に強い憧れを持っています。貴社に入社したら、私が培ってきた粘り強さとタフさを活かして、挑戦し続ける人材でありたいです。

【想定追加質問】

⇨粘り強さやタフさは、どのような経験から培ったものですか?
⇨挑戦し続けるために大切にしなければならないことは、何だと思いますか?

金融(銀行・保険・証券etc)

私はリスクコンサルタントのプロフェッショナルになりたいと考えています。学生時代に尽力したアルバイトでは、新人の離職というリスクやその先にある経営難を目の当たりにしました。その経験から「常にリスクをより効率的に回避できる方法や、確実に利益となる方法を模索することの重要性」を感じました。入社後はリスクを未然に回避するのはもちろんのこと、さらに効率的なリスクヘッジを誰でもおこなえる環境づくりに努めたいと考え、貴社を志望しました。

リスクを未然に防ぐことに徹し、そのリスクを負うことで人々の挑戦を支援し、その結果日本がより「ビジネスに強い盤石の国」になるよう、尽力していきたいです。そのためには私の強みである「俯瞰的に物事を見る」という能力を活かし、貴社の一員として貢献していこうと考えます。

【想定追加質問】

⇨当社におけるリスクにはどのようなものがあると考えますか?
⇨リスクを未然に防ぐため、必要なことは何だと考えますか?

広告・マスコミ(テレビetc)

私は貴社で、課題解決と共に人に【きっかけを与える】仕事がしたいという夢を持っています。大学の文化祭実行委員会としての活動を通じて、全員で1つの課題を解決していく経験をしました。文化祭のテーマや企画内容、出演者などはもちろんのこと、ステージの設置場所やごみの処理といった細かな部分まで、役員で決定しなければなりませんでした。やることが多く初めは音を上げてしまいそうでしたが、日を重ねるごとに役員が一眼となっていっていることを実感できました。その経験から私は、周囲の人間を巻き込みながら団体をひとつの目的のためにまとめていくことに「強烈な達成感」を感じました。

また、その過程において、人が変わる「きっかけ」を作れたことにも大きな喜びを感じました。このような経験から「課題解決×心を動かす」ために、幅広い手法が選択できる広告業界を志望致しました。貴社では、複雑化する現代人の「欲求」と企業の「想い」を繋げる仲人となって、行動や発想のきっかけ作りができるよう尽力したいと考えています。

【想定追加質問】

⇨文化祭で実際に経験した「人が変わるきっかり」とはどのようなことですか?
⇨心を動かす広告とはどのようなものだと考えますか?

食品

私はお客様のニーズを汲み、自社商品に顧客価値を生み出していく商品を作りたいと考えています。以前、貴社がプロデュースしていた「ハイボールバー」へ行った経験があります。
バーテンダーによって目の前で作られたハイボールは、スーパーなどで購入できる御社の製品を使っているにも関わらず、今までに飲んだハイボールのどれよりも美味しかったと記憶しています。

イベントの後はさっそく同様の製品を購入し、自宅で試してみました。少しの工夫を凝らすだけでお店の味を楽しめることに感動しました。

イチ消費者として、これほど満足度の高い商品を自宅でも飲めることを嬉しく感じ、それと同時に「私と同じ体験をできる人がもっと増えれば」とも思いました。
そしてこの体験を機に多くの方が「少し工夫をするだけで、家庭でもお店のクオリティを実感できるには、どのような商品にすればよいのだろう」と考え始めました。
注ぎ方やグラスの温度によって、お酒の味は全く異なります。だからこそ、家でベストな味となる酒類の商品企画に携わりたいです。
またただ商品を売るだけでなく、美味しく飲むための「ひと工夫」も広げていきたいと考えています。

【想定追加質問】
→あなたが作ってみたいお酒はなんですか?

IT・通信

私は貴社で、既存の顧客をターゲットとして、グローバル化を視野に入れた新規事業に挑戦したいと考えています。

私は、貴社がこれまでに獲得してきた既存の顧客を確保したまま、国外からも確実に収益を上げられる事業ができればと考えています。それはインターネットの普及によってこれから益々市場を世界に拡げるべきと考え、グローバル化を視野に入れた新規事業の必要性を感じたためです。
既存の顧客も満足でき、なおかつ国外からの収益も期待できる事業を貴社で模索していきたいと思います。以上のような理由から、私は貴社を志望致しました。

【想定追加質問】
→あなたが思いつく、国内外でのニーズの違いを教えてください

不動産・デベロッパー

私は「未来に必要なものを考え、新たな価値を生み出す」ことを実現したいです。今後多様化していく個人のニーズへの対応、複雑化していく社会問題の解決には、産業の垣根を超えた、新たな価値の創出が不可欠であると考えます。

多くの課題解決のために私が注目したのは、人々の生活基盤である「街空間」の創出です。さまざまな産業が絡み合って造られる街空間は、成果物として最も大きなものであり、総合デベロッパーの醍醐味であると感じます。まずは人々の生活の基盤を安定させることから、社会問題と向き合っていきたいです。

私は、学生時代に森林科学を専攻していました。その知識を活かして入社後には、CLT高層ビルといった、新技術ではあるものの自然のぬくもりを感じるプロジェクトに携わっていきたいです。

【想定追加質問】
→時代のニーズを的確に把握にするため、必要なことは何だと考えていますか?
→「新たな価値」とはどういったものだと捉えていますか?

製薬・消費財

私は人々の暮らしをワクワクさせるような商品を提供したいと考えています。

私自身、現代の暮らしに満足しており、日々の生活に対して不満を抱く機会はあまりありません。しかし「便利ではあるが、何かが欠けている」と感じることもありました。より日々の生活を充実させるために必要なものはなんだろう、と考えたときに必要なのはワクワクできる「刺激」だと思いました。

そして、そのワクワクを消費者へ提供できるだけのノウハウや知識が、貴社には備わっていると感じています。それらの能力を結集させた製品を提供するために、まずは潜在化した社会ニーズを掴むことが重要だと考えています。私は中高で生徒会役員、大学では学生委員会と、多数の委員会役員などを経験してきました。
そのなかで各部活動の予算調整や新入生歓迎会といったイベント企画などをおこなってきました。

その経験から培ってきたコミュニケーション能力に自信があります。ユーザーとのコミュニケーションを通じて、ニーズをより的確にすくい上げることができると考えており、その能力を活かせる環境として、貴社を志望しました。

【想定追加質問】

⇨観察力やコミュニュケーション能力を磨くために心がけていることはありますか?
⇨ワクワクできる製品というものは、どんなものだと思いますか?

インフラ(鉄道・航空・海運etc)

会社私が貴社で行いたいことは、予防安全技術におけるカメラセンシング技術の開発です。

私は学生時代、通学時間に何度も人身事故による遅延を経験しました。ときには救急隊員の対応などのために、数時間もの間電車が止まってしまう場合もありました。そこで私が思ったことは、列車にはセンシングカメラが付いているのに、なぜ間に合わなかったのかということです。

調べていると、現在のカメラセンシング技術は、輝度を用いたシステムですが、距離が離れるにつれ輝度が著しく低下してしまうという欠点が見えてきました。つまり、物体を認識できる距離に制約があるということです。

この課題を解決する方法として私が考えたのは、輝度より低下しにくい色情報を用いることで、物体を認識できる距離が長くなるなのではないかということです。より早く危険を察知できれば、事故を減らす事ができるかもしれません。
「スマートメンテナンス」などAI技術を積極的に取り入れている貴社だからこそ、カメラセンシング技術の研究にも尽力的だと考え、貴社を志望致しました。

【想定追加質問】

⇨事故を減らすためにできることとして、他にどのようなことが考えられますか?

サービス

私の夢はVRを駆使した「アミューズメントパーク」を作ることです。私は幼いころからゲームに熱中してきました。得意なジャンルはeスポーツの分野で、国内大会にも出場しています。海外では既にVRを駆使したアミューズメント施設が多数あります。eスポーツもオリンピック競技にしようという動きも出てきています。

私の夢は貴社でVRとeスポーツを融合したゲームと施設をプロデュースすることです。その発展形としてオリンピックの競技種目に育て、社史に残るような活躍をしたいです。そのためVRを応用した数多くのイベントを開催してきた貴社で働きたいと考えます。日々の地道な努力によって、夢の実現に一歩一歩近づいていきたいです。

【想定追加質問】

⇨VRを使ったアミューズメントパークのターゲットとなるのは、どのような層と考えますか?
⇨eスポーツの市場認知を上げるには、どのようなことが必要だと思いますか?

面接でよく聞かれる質問集と回答例は下記の記事を参考にしてください。

▶参考:「【面接でよく聞かれる質問集】答え方のポイントと前日までに準備すべき対策も紹介」

面接で「将来の夢」を質問されたときのNG例

最後に面接で将来の夢を聞かれたときの「NG回答例」を紹介します。NG例に共通する点は以下の2点です。

■結婚や家庭を持つなど、会社と無関係な夢
■起業したいなど、のちのち退職することを匂わせてしまう夢

繰り返しになりますが、会社が必要としている人材は「自社の利益アップに貢献できる人材かどうか」です。

個人の夢の実現が会社の発展に繋がるのかどうかを面接で見極めたいので、会社と無関係であったり、ノウハウを教えても退職されてしまったりする人材は避けたいものです。

自社の利益と無関係な夢

「◯歳までに結婚したい」や「子どもがいる幸せな家庭を築きたい」などという夢は、夢としては素晴らしいものです。しかし、企業の面接ではNG。

プライベートな夢を伝えても、面接官はあなた自身が自社で活躍する将来をイメージできません。あくまでも「ビジネス視点」での夢を伝えてください。

のちのち退職することがわかる夢

「将来的には起業したい」などの夢もNGです。一見するとポジティブで、モチベーションが高い人材である印象を受けます。

しかし企業にとっては、多大なコストをかけて育成しても「将来的には退職されてしまう」というマイナスな印象になる可能性があります。

しかし、企業によっては、プラスとなることも。社員の大多数が転職を経験している外資系企業の場合、起業などの夢は肯定的に捉えられることがあります。

必ずしもマイナスではありませんので、自身が目指す企業の特色に応じて使い分けてください。

まとめ

面接で「将来の夢はなんですか?」と聞かれた際の、正しい回答例やNG例を紹介しました。正しい回答例をまとめると以下のようになります。

✓具体性のあるキャリアプランがあると伝わる夢
✓志望動機と矛盾のない夢であること
✓他の業種では実現できない夢であること

上記のポイントを押さえたうえで、面接官に好印象を与えられる将来の夢を伝えてください。

下記ページに面接突破のためのノウハウ記事をまとめているので、面接に少しでも不安がある方は参考にしてください。

▶参考:「面接対策と質問回答例」

就活の不安・悩みは就職エージェントneoに相談

ここまでは、面接対策の情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ