就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

面接で「入社後にしたいこと」を質問されたときの正しい答え方~回答例10個紹介~

面接の段階で入社後のことを聞かれても「まだ経験していないので入社後に考えます」では企業側も困ってしまいます。

企業は入社する前から入社後のビジョンをもっている人材を重視していることを理解しておきましょう。

単純に「入社後にしたいこと」を答えるだけではなく、なぜ聞かれているのかについて理解することで本質を捉えた返答ができるため、面接官に好印象を与えられます。

今回は質問の意図や回答例を紹介していきますので確認していきましょう。

目次

企業が面接で「入社後にしたいこと」を質問する意図

「なぜ自分の強みや経験だけではなく、入社後のビジョンまで聞くのか?」と疑問に思いますよね。

本質を捉えた回答を用意できるように、まずは面接官の質問意図を把握しましょう。

企業理念や事業内容をどれだけ理解しているかを把握したい

「入社後にしたいこと」は、企業理念や事業内容を理解していなければ答えられません。

どのような業務を行っているのか把握していない場合、面接官は「自社について全く調べていない」と判断する可能性が高いでしょう。

入社後のビジョンを聞くことで、就活生の本気度を確かめられるのです。

また、面接官は企業のどこにモチベーションを見出しているかも、把握したいと考えています。

入社後にしたいことの返答によって、企業のどこに魅力を感じて応募してきているのかについてもイメージできるのです。

企業への理解をあまり深堀りせずに答えてしまうと、イメージや想像だけの返答になってしまうため、理念や実際の業務とはかけ離れた答えになってしまいます。

業務内容をしっかりと把握した上で、企業が向かっている方向性に沿うように自身のスキルや経験を交えた展望を伝えることが大切です。

「実際にその企業で働いていないのに、方向性や細部の業務内容は分からないのでは……」と思うかもしれませんが、IR情報やOB・会社訪問時のヒアリングなどを活用し企業研究を行っていきましょう。

実際に働くイメージを持っているか?

「入社後にしたいこと」を聞くのは、目標や将来を考えているかを把握するためでもあります。

入社前から目標や将来を見据えて入社するのと、入社後から目標を決めるとでは仕事への姿勢や成長度合いが異なるでしょう。

入社後のビジョンを具体的に答えられるということは、働く意欲や将来を見据えている証拠でもあります。

企業は会社の未来を背負って立つ人材を採用したいと考えているため、入社後のビジョンは採用の可否を左右するのです。

就活生の意欲や姿勢は、入社後の配属先やポジションを決めるために必要な判断材料にもなります。

質問に答えるときは明確なビジョンを持っているという、具体性を伝えるのが大切です。

よって「〇〇な内容を行っているので、その業務に携わりたいです。」ではなく「〇〇の内容の中で〇〇なチームに携わり、〇〇のプロジェクトを進めたいです」といった具体的な案があれば好印象を与えられでしょう。

面接で「入社後にしたいこと」を質問されたときの答え方

面接で「入社後にしたいことはなんですか?」聞かれたときは、下記のフレームワークに沿った答え方をすることがおすすめです。

はじめに簡潔に「結論」を伝えましょう。聞かれているのは入社後にしたいことについてなので、企業研究を進めているなかで見つけたやりたいことを簡潔に伝える必要があります。

次に入社後にしたいことの理由となるエピソードを話しましょう。

伝えるときに具体的なエピソードを交えると説得力がうまれ、面接官の印象に残りやすくなりアピールに繋がります。

最後にまとめとして、入社後のビジョンを伝えましょう。

目標を持って入社する就活生とそうでない方を比較した場合、企業は当然ながら前者を採用します。

どのような内容に携わりたいか、どのような人々とプロジェクトを進めていきたいか、細部まで掘り下げた回答を準備しておきましょう。

「面接の質問」への答え方の詳細、注意点、面接官のタイプ別対策方法を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

▶参考:「【面接】質問の正しい答え方|面接官のタイプ別に特徴と対策を紹介」

面接で「入社後にしたいこと」を質問されたときの回答例

これまでの流れで入社後のビジョンの重要性がわかってきました。

ここからは「入社後にしたいこと」を聞かれたときの参考になる回答例を5つの業種から10個紹介します。

また、想定追加質問も併せて紹介するのでチェックしてください。

コンサルティング業界

ひとえにコンサル業といっても事業内容の細かな部分で違いがあるため、企業研究をするときは、業界ではなく企業にフォーカスを当てることが重要です。

どのようなことを企業でやりたいのかをしっかり答えましょう。

❏ボストンコンサルティンググループ(BCG)

入社後は御社の特徴である、国内企業のプロジェクトに長く携わっていきたいです。日本での業界シェアがトップクラスということもあり、国内企業のニーズを的確に分析し対応するのは、御社ならではの強みだと思っています。国内市場からの信頼が大きな案件にも繋がっているので、業界内の経験値の高さも魅力に感じています。

プレッシャーや緊張感はあります。しかし、私はプレッシャーを楽しみながら挑戦していけるので自身の強みを活かせるプロジェクトに付きたいです。

【想定追加質問】

⇨短期プロジェクトは責任感を持ってできますか?

❏船井総合研究所

私は入社後に飲食業界のコンサルティングに携わり、業界をリードする存在なりたいと考えています。御社の「成長に際限なし」という社風が示すように、自分の成長に制限をかけずにどんなことでも積極的にチャレンジしていきたいと思っています。

業界をリードしていく存在になるためには、専門的な知識はもちろんのこと周囲と協力して進行していく力が必要です。飲食店の経営分析ゼミに所属して培った分析力と、ゼミ生をまとめていた協調性を活かして御社の力になりたいです。

【想定追加質問】

⇨ゼミ生をまとめる上で意識していたことはありますか?

商社

商社を希望する場合、大きく総合商社と専門商社の2つに分かれます。

求人倍率が高い業種ですので、しっかりと企業研究を進めていないと「自分がしたいこと」と「事業内容」のミスマッチが起きてしまうため気をつけましょう。

それぞれの答え方を紹介しますので参考にしてください。

❏双日株式会社

入社後は営業職として新規事業に携わりたいと考えています。この目標を掲げたのは御社のスローガンである「New way, New value」に共感したからです。若いうちから成功と失敗を学べる環境を活かし、次代のニーズにあわせた事業に力を注ぎたいです。

学生時代は国際サークルに所属しており、いろいろな国との価値観の違いやコミュニケーションの大切さを学びました。この経験はグローバル展開している事業に役立つと思っており、「分からない・知らない・できない」と限界を決めるのではなく、果敢に挑戦することで自己成長と企業の成長に貢献していきたいです。

【想定追加質問】

⇨失敗から学ぶときに意識することを教えてください

❏伊藤忠エネクス

私は入社後に海外事業を成功に導きたいです。世界に目を向けると発展途上の国がまだまだ多くあります。生活の基盤となるエネルギーが入手できない課題を解決したいと思い、エネルギー市場に特化した御社で、そういった課題と向き合い解決する事業に力を注ぎたいです。

海外留学を1年経験し、価値観や文化の違いや語学・コミュニケーションについて学んできました。この経験を活かし海外事業での活躍に活かしたいです。

【想定追加質問】

⇨異文化コミュニケーションで気をつけていることはありますか?
⇨エネルギーが入手できない課題を解決したいと思ったのはなぜですか?

金融(銀行・保険・証券etc)業界

金融業界は昔から現代まで非常に人気が高く、職種も幅広いため、どのようなことをしたいのか、なぜ金融業界を志望しているのか、他業界との差を明確に伝えていきましょう。

❏損害保険ジャパン日本興亜

私は悩んでいる人や困っている人の手助けができるようになりたいです。損害保険の幅広い分野を扱っている御社でノウハウと知識を学び、企業や人々から安心して契約を結んでもらえるように人間性を磨いていきたいです。

以前、災害ボランティア活動に参加したことがあるのですが、そこでは復旧・復興作業だけではなく、金銭面での拠り所も必要と感じました。前に進もうとしている人たちに損害保険の大切さを理解してもらい、安心できる生活を提供したいです。ボランティア活動をとおして培った思いやりの強さは、人と人との繋がりを大事にしている御社で役に立つと思い、個人だけではなくチームとしても成長し貢献していきたいです。

【想定追加質問】

⇨災害ボランティア活動においてどのような声を聞きましたか?
⇨災害で困っている人を助けるには保険以外にも様々な仕事があると思いますが、中でもなぜ保険の仕事を志望していますか?

❏りそなホールディングス

私はお客さま一人ひとりと向き合える営業マンになりたいです。御社は中小企業への貸出の割合が〇〇%と高く、地域密着を重視していることに惹かれました。それに加え、唯一信託業務を併営しているため、お客さまに対してワントップでスピード感を持って対応できるのは御社だけだと思います。その2点の強みを最大限に活用し、柔軟で迅速な対応と信頼を武器に、中小企業の労働環境や企業経営のサポートをしたいと思います。

私は野球部の部長として部をまとめていた経験があります。部員の主張が強く監督と意見がぶつかり合うことも少なくはなかったです。チーム競技なのでチームの士気が下がらないよう、お互いの意見を尊重したチーム作りを経験できたことは、人と人を繋ぐこの仕事に活かせると思います。

【想定追加質問】

⇨部活動で一番大きな衝突はどのようなことでしたか?
⇨お客様一人ひとりと向き合える営業マンになりたいと言ってましたが、そう思うようになったきっかけは何ですか?

広告・マスコミ(テレビetc)業界

一口に広告・マスコミ業界といっても種類は多く、出版や新聞業界も含まれます。広告業界は競争率の高い業種です。

そのため、しっかりと本質を捉えた返答が求められます。華やかな世界には見えますが、業務は多岐にわたるためミスマッチのない企業研究をしましょう。

❏電通

私は御社のテレビ業界との太いパイプを活かして、まだ知られていないさまざまな新しい価値を提供していきたいです。御社の「新たな価値の創造と変革を導く」というビジョンに魅力を感じ、テレビ業界の方と共同で時代のニーズを捉えた価値を打ち出していきたいと思いました。

新しい価値を生み出すには、妥協しない姿勢が大切だと思います。私は学生時代の部活動でレギュラー争いの競争率が高い部に所属しており、競争を勝ち抜くために練習量増加や徹底したコンディション管理といった妥協しない日々を過ごしてきました。部内では誰にも負けない負けず嫌いだと自負しています。妥協しない精神を活かして、困難な状況からでも逃げ出さずにプロジェクトを成功させたいです。

【想定追加質問】

⇨競争を勝ち抜くためにどのような努力をしましたか?

❏朝日新聞

入社後はどこよりも早く、世間の人が知りたい情報を責任をもって届けられる役目を担いたいです。今までに、災害情報などその人にとって必要だったのに伝えられなかった情報もあったと思います。そんな必要な情報をいち早く多くの人々に伝えられるのは、幅広い世代から支持される御社だと思っています。

私は異文化交流イベントに足を運ぶことが多く、さまざまな価値観が入り乱れる場所で多くの経験をしました。いろいろな視点から物事を分析するのは、個性や好奇心の成長を促すものだと感じています。この経験は固定観念にとらわれない柔軟な発想や、他人の立場を考えて発信する力を培ってくれました。異文化交流で培った経験を活かし、状況が日々変化していく現場でも活躍したいです。

【想定追加質問】

⇨イベントではどんな話をしましたか?

食品業界

食品加工メーカーは食の安全性だけではなく、時代のニーズを捉えた開発も並行して行っています。

業務も「営業」と「技術職」に分かれているため、どこに力を入れているのか事前に研究をしっかりしてから挑みましょう。

❏キッコーマン

私は御社の看板商品である醤油を世界中に届けたいです。日本の良さを感じさせる醤油の国外シェアの拡大に努めたいと思っています。5年間営業経験を積み、知識を深めて海外普及の挑戦していきたいです。

海外での仕事を視野に入れていたので高校、大学と英語サークルに所属していました。専門的な知識が関わる会話はまだ経験していませんが、基礎はできているので海外赴任し営業をする際には役立つ能力だと思います。

【想定追加質問】

⇨サークルではどのような活動をしましたか?
⇨醤油以外の商品の営業は考えていますか?
⇨醤油にこだわる理由を教えてください

❏カゴメ

人は体が資本というように、私は健康をテーマにした食品で人々の健康に貢献したいと思っています。「トマト」を扱った自社菜園の保有や加工食品のトップシェアに加え、健康志向の「野菜」をテーマに商品開発を進めている御社であれば、私が実現したい夢に近づけるのではないかと感じています。

私は10年間サッカーを通してコンディションを整えるための健康管理を行ってきました。自己管理ができると、元気が溢れ部内の活気の良さにも繋がっていたと思います。この自己管理能力を仕事でも活かして企業拡大とチーム内の活力に貢献し、消費者が健康で過ごせる日々を支えていきたいです。

【想定追加質問】

⇨自己管理で気をつけていたことを教えてください。

面接でよく聞かれる質問集と回答例は下記の記事を参考にしてください。

▶参考:「【面接でよく聞かれる質問集】答え方のポイントと前日までに準備すべき対策も紹介」

面接で「入社後にしたいこと」を質問されたときのNG例

「入社後にしたいこと」を答えるときに、NG例となる答え方もチェックしておきましょう。

悪い例も理解をしておくと質問意図に沿った回答になり、面接官からの印象も下げることなく挑めるでしょう。

仕事と繋がりがない目標や夢

企業が求めているのは仕事に対して熱意を持っている人材や、メリットをもたらしてくれる人材です。

仕事の内容にまったく関連しない目標だけを語っていては、仕事への熱意が無いと判断されてしまう可能性があります。

また「御社の〇〇が好きで広めたい」といった抽象的な答え方も、あなたである理由付けにならないので控えるようにしましょう。

あくまでも企業に関するビジョンや目標となる人物を主軸に答え「企業へ貢献するためにどうしたいか?」「どうすれば貢献できるか?」について、自分の意思をはっきりと伝えてください。

他の企業で可能な事

専門分野に特化した業種以外は、競合する企業にも同じ仕事があるケースが多いです。

たとえば「マーケティング部門のリーダーとして頑張りたいです」とだけ答えても、他企業にもマーケティング部門は存在しているため、志望企業はどこでも良いと判断されてしまう可能性があります。

志望企業が強みとしている部分や、独自開発している部分にフォーカスした答え方をしましょう。

面接官はなぜ自社を志望するのかその理由を聞きたいので、しっかりとリサーチして強みを確認しておくと志望度の高さが伝わりやすいです。

まとめ

今回は、就活生が想像しにくい「入社後にしたいこと」について紹介していきました。

企業は就活生目線でどれだけ「企業に対して熱意」を持ち、「企業研究の理解」を深めているかを評価しています。

研究をもとに自らが想うビジョンを具体的に伝えることを心掛けて面接に挑みましょう。

下記ページに面接突破のためのノウハウ記事をまとめているので、面接に少しでも不安がある方は参考にしてください。

▶参考:「面接対策と質問回答例」

就活の不安・悩みは就職エージェントneoに相談

ここまでは、面接対策の情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ