就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【面接でよく聞かれる質問集】答え方のポイントと前日までに準備すべき対策も紹介

「面接って何を聞かれるの?」「評価される答え方ってある?」このような面接に関する不安は誰しもあると思います。

そこで今回は面接でよく聞かれる質問とその回答方法をフレームワークを用いてわかりやすく解説していきます。

目次

本番前にまず理解しておくべき面接の全体像

面接に臨む前は質問への対策だけでなく、面接当日の流れを理解しておきましょう。

▶参考:面接の流れの詳細は【面接でよく聞かれる質問集】答え方のポイントと前日までに準備すべき対策も紹介」をご確認ください。

面接で大切なこと

面接官が面接で聞いてくる質問には必ず全て意図があります。そのため、その質問の意図を考えることによって、面接官の意図に合った回答をすることができます。

例えば、自己PRであれば、面接官は自己PRを通して「性格や考え方などの人柄」「自社で活かせる強みがあるかどうか」を知ろうとしています。

このような質問に対する意図を理解していると「自己PRを答える際は、志望企業で活かせる強みをアピールできるエピソードを話そう!」と企業に評価されやすい自己PRを伝えることができます。

つまり面接では企業側の質問の意図を理解しているかどうかがポイントとなるということです。

しかし意図を理解すると言っても難しいと思います。以下の記事でよく聞かれる質問の意図をそれぞれ紹介しているので、参考にしてみてください。

面接頻出質問例と回答方法

ここでは面接の頻出質問と回答方法について紹介していきます。

自己PRを教えてください

自己PRを答える際は以下のフレームワークに沿って答えましょう。

まず結論で自分の強みを簡潔に述べ、その後にその強みの根拠を過去の経験を交えて話します。

エピソードはできるだけ具体的に伝えるようにしましょう。数字などを用いるとエピソードの説得力を増すことができます。

最後はその強みを入社後にどのように活かしていくかを伝えます。

また面接で自己PRを伝える際は、ESの内容と合致しているか、強みをアピールする根拠があるか、志望企業の仕事内容に適している強みであるかをチェックしてからアピールするようにしましょう。

▶参考:面接で「自己PR」を聞かれた時の効果的な答え方~回答例10個紹介~

短所を教えてください

短所を答える際は以下のフレームワークにそって答えましょう。

結論の部分で自分の短所を簡潔に述べ、なぜそれが自分の短所であるのかを過去のエピソードを踏まえて伝えます。

短所の場合はその短所をどう改善したか、またはどう改善しようとしているかについて伝える必要があります。

自分の短所に対してどうやって向き合っているかを簡潔に伝えましょう。

最後に短所を改善するために行った努力や経験を通して、入社後志望企業でどのように活躍できるかを具体的に伝え、採用すべき人材であることをしっかりとアピールしましょう。

また、短所を答える際は「遅刻癖がある」といったような社会人として問題外な短所、「運動が苦手」のような仕事と関係のない短所、志望職種の適性がないと思われるような短所は避けるようにしてください。

▶参考:面接で「短所は何ですか?」と質問された時の正しい答え方~回答例18個紹介~

面接で質問に答える際に意識すべきポイント

面接では回答内容はもちろん重要ですが、答え方も非常に大切です。そのため、質問に答える際は以下の3点を意識して答えるようにしましょう。

エピソードの大きさより、その過程をアピールすべき

質問に回答する際に大切なことは、「過程をアピールする」ということです。

いくら何か良い実績を残したエピソードがあったとしても、その際の過程がしっかりとアピール出来ていなければ良い評価を得ることはできません。

面接官はその人が残した実績だけを知りたいわけではなく、取った行動や考え方などの過程からその人の人柄や価値観を知ろうとしているため、エピソードの大きさではなく自分の人柄を存分にアピールできるようなエピソードを選ぶようにしましょう。

長く話しすぎないようにする

面接での基本は簡潔に伝えるということです。

「たくさんアピールしたい!」と思い、ダラダラ話してしまうと、かえって何を伝えたいのかわからなくなってしまい逆効果です。

そのため、話すのが苦手でどうしても長くなってしまうという人は、1分以内でまとめられるように日頃から練習しておくようにしましょう。

表情や聞く態度に気をつける

面接では、話す時は笑顔で、面接官の目を見てハキハキ話すことを意識します。話を聞く際は、話している人の方へ視線を向け、相槌を打ちながら聞くようにしましょう。

面接では話す内容だけでなく、面接中の態度についてもチェックされているため、意識して臨むようにしてください。

面接前日までに準備しておくべきこと

面接に臨む際は、しっかりと準備をしてから臨むようにしましょう。「何をしたらいいの?」という方は以下の観点を参考にしてください。

ニュースや新聞に目を通しておく

面接では情報収集力を見るため「最近の気になるニュースは?」などといった質問をされることが多々あります。

ニュースなどの場合は事前に用意しておかないと答えられない質問であるため、質問された時に困らないためにも予めニュースや新聞はチェックしておきましょう。

この際に志望業界や企業に関するニュースについて調べられているとさらに高評価に繋がる可能性が高いため、必ずチェックしておきましょう。

ESを見返す

面接ではESとの一貫性があるかどうかもチェックされています。実際に面接では企業はESの情報をもとに質問をしています。

そのためESで書いた内容と異なることを話してしまうと軸がぶれている印象を持たれてしまう可能性があるため、面接に臨む前にしっかりと自分が書いたESを見直すようにしましょう。

逆質問を考える

面接では最後に「逆質問はありますか?」とよく質問されます。

企業が逆質問をする意図は就活生の志望度を知るためです。

せっかくの志望度をアピールする場で「ありません」と答えてしまうのは、「関心がありません」と言っているのと同じ意味でとられてしまう可能性があるため、事前に必ず逆質問を考えておくようにしましょう。

逆質問をする際の注意点としては例えば「企業理念は何ですか?」などのような企業のホームページを見ればわかるような質問をしてしまうと、企業研究してないなと思われてしまう場合もあるため、そのような逆質問は避けましょう。

▶参考:面接での逆質問例50選!質問する際のポイントやNG例も紹介

まとめ

本記事では面接での質問に対する正しい回答方法や、面接の前にしておくべきことについて紹介しました。

面接では回答の仕方もチェックされているため、内容だけでなく、話し方や表情についても意識するようにしましょう。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ