就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【インターン】最適な服装の選び方|スーツと私服のケースを紹介

「インターンで服の指定がない場合ってどうすればいいの?」と疑問に感じている人も少なくないと思います。

指定がない場合、必ずしもスーツでなければいけないわけではありませんが、基本的にはスーツを選んだ方が無難と言えます。

本記事ではインターン用のスーツを選ぶポイントや、私服指定された場合にどんな私服を着ていけばいいのかを男女別に紹介していきます。

その他にもインターンに最適な髪型や、あると便利な持ち物も紹介しているのでインターンに参加する際は参考にしてみてください。

★\「本選考でも役立つ!」元人事が教えるインターン対策セミナー/★
↓1分で完了!ご予約は下記から↓

目次

インターン用のスーツを選ぶポイント

インターン用のスーツ、靴、鞄はどんなものを選ぶべきか男女別に紹介していきます。

インターンに参加する予定がある人は以下のポイントに一度目を通し、自分の服装は問題ないかチェックしてみてください。

男性

❏スーツ

リクルートスーツを持っている人はリクルートスーツを着用しましょう。普通のスーツしか持っていない場合でも、派手な色や奇抜なデザインのものでなければ問題ありません。

控えめなストライプや、落ち着いた紺やグレーなど一般的なものを選びましょう。

ネクタイは何色が良いというのはありませんが、あまり派手すぎるものは控えたほうが良いです。

具体的には、無地やストライプ、ドットなどの柄のものが無難だと言えます。

❏靴

靴は黒い革靴が一般的です。靴下も靴に合わせ、黒かネイビーの無地のものを選ぶようにしてください。

❏鞄

シンプルな黒のものを選びましょう。サイズは企業のパンフレットなどを折り曲げずに入れられるサイズのものがオススメです。

女性

❏スーツ

男性同様リクルートスーツがあればリクルートスーツを着用します。ない場合は黒や紺、グ
レーのものを選ぶようにしてください。

女性の場合はパンツタイプとスカートタイプがありますが、どちらでも問題ないため自分らしさをアピールできるものを選んでください。

❏靴

就活での女性の靴はパンプスが一般的です。色は黒のシンプルなデザインのものを選びましょう。

ヒールの高さは3~5cm程度が無難です。

またヒールは細すぎると歩く時に音が立ってしまうことがあるため、細すぎないものがオススメです。

「パンプスは足が痛くなるから辛い」という人は、必ずしもパンプスでなくローファーなどご自身の足とインターンに参加する際の服装に合った靴を選んでください。

❏鞄

鞄は黒が最も無難ですが、ネイビーやキャメルの鞄でも問題ありません。パステルカラーなど華やかすぎるものは避けるようにしましょう。

インターンで私服指定された場合は何を着ていくべき?

インターンでは「私服で着てください」と指定される場合もあります。私服で行く場合はどのような服で行けば良いのでしょうか。

ここからはインターンにオススメのオフィスカジュアルを男女別に紹介していきます。

男性

❏ジャケット

ビジネスマナーに反してしまうため、基本的にはリクルートスーツでなくてもジャケットは羽織るようにしましょう。

色はネイビーやグレー、ベージュのものが落ち着いた印象を与えることができるためオススメです。

❏襟付きシャツ

シャツは襟付きのものを選びましょう。Tシャツなどはカジュアルすぎる印象を与えてしまうため、避けてください。

❏チノパン、スラックス

オフィスカジュアルではチノパンやスラックスを着用しましょう。服装自由だからといいジーパンやオーバーサイズのパンツを選ぶのはNGです。

色も黒やネイビーなどのシンプルなデザインのものを選びましょう。

❏革靴

シンプルなデザイン、色は黒やネイビー、ベージュなど落ち着いたものにしてください。

スーツの場合は紐のついた革靴がマナーとなりますが、オフィスカジュアルの場合はローファータイプの靴もオススメです。

女性

❏ジャケット

女性も男性同様、オフィスカジュアルの場合もジャケットを着用するようにしましょう。

色はネイビー・ベージュ・グレーなどの落ち着いた色のものが無難と言えます。

❏膝丈スカート、パンツ

スカートでもパンツでもどちらでも問題ないですが、ネイビー・ベージュ・グレー・ブラウン・ブラックなど落ち着いた色を選ぶようにしましょう。

またスカートの場合は丈の長さも気をつけてください。あまりにも短いものは悪い印象を与えてしまう可能性があるため、膝丈のスカートを選びましょう。

❏パンプス

オフィスカジュアルではパンプスは黒でなくても問題ないですが、落ち着いた色のもの、シンプルなデザインなものを選ぶようにしてください。

企業によっては入社後Tシャツなどのラフな服装で働ける場合もありますが、実際に出社してみないと企業の雰囲気はわからないため最初は無難な服装を選んでおきましょう。

インターンに参加する際の髪型

インターンに参加する際は男女共に清潔感が非常に大事になります。そのためボサボサやオイリーなど、少し不潔に見えてしまう髪型は避けるようにしましょう。

以下で男女別のオススメの髪型を紹介していきます。

男性

男性は前髪を上げ額を見せるようにします。サイドと襟足は短く揃え、全体的にワックスを使って整えるようにしてください。

髪色は黒にしましょう。

女性

女性は顔の印象が暗くならないようにするために耳を出すようにします。ロングヘアの場合はポニーテールやハーフアップなど、髪を結ぶと良いでしょう。

お辞儀をしても崩れない髪型にするのがポイントです。

髪色は黒か暗めの茶色にしましょう。ヘアアクセサリーは華美でないものであれば問題ありません。

インターンで使える便利な持ち物

インターンに参加する際にあると便利な持ち物を紹介していきます。

「企業から指定されたもの以外で何か持ってた方がいいものあるかな…?」と悩んでいる人はぜひ以下の持ち物を参考にしてみてください。

筆記用具

インターンでは社員さんから仕事についての話を聞ける場面が多々あります。大事な情報を聞き逃さないようにするためにも、メモを取るようにしましょう。

またグループワークをする際にも使用する場面があるため、忘れないようにしてください。

身分証明書

企業によりますが、インターンの受付をする際に身分証明書を求められる場合があります。忘れてしまうと受付ができない可能性もあるため、注意しましょう。

腕時計

スマートフォンで時間確認できるから、腕時計はいいやと思っている人もいるかもしれませんが、インターン中にスマートフォンを見てしまうと印象が悪くなってしまう可能性があります。

マイナスな印象を少しでも与えないようにするためにも、時間確認は腕時計で行うようにしてください。

クリアファイル

基本的にインターンではたくさんの資料をもらうことが多いです。もらった資料を綺麗に保管するためにも鞄に直接入れるのではなく、クリアファイルに入れてからしまうことをオススメします。

エチケットブラシ・整髪料

身だしなみは非常に大事です。

家でいくら完璧に整えてきてもインターン先に着くまでに乱れたり、汚れたりする可能性は大いにあります。

そんな時すぐに整えられるようにエチケットブラシや整髪料は持っておきましょう。

名刺入れ

絶対に持っていないといけないわけではありませんが、インターンでは企業の社員さんから名刺をもらうこともあります。

そういった際に適当な場所にしまうよりも、名刺ケースにしまった方が丁寧な学生に見えるでしょう。

バインダー

企業によりますが、インターンの内容によっては立ったまま話を聞くこともあります。そのような際にバインダーを持っていると立った状態でも簡単にメモを取ることができます。

替えのストッキング(女性の場合)

女性の場合は替えのストッキングを持っていると安心です。。破れたストッキングでインターンに参加するのはだらしない印象を与えてしまうため避けた方が良いでしょう。

もしストッキングが破れてしまってもすぐ対処するのは難しいため、予備のストッキングは持っておくことをオススメします。

まとめ

本記事ではインターン用のスーツの選び方、私服指定された場合の私服の選び方について紹介していきました。

この服装でなければ絶対に落ちるということはありませんが、企業に少しでも好印象を与えるためにも服装には気をつけていきましょう。

就活相談は就職エージェントneoへ

就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ