就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

就活エージェントとは?利用前に知っておくべき4つのポイントを紹介!

みなさんは就活エージェントを利用したことはありますか?利用したことがないという人はどのような印象を持っていますか。

「名前は聞いたことあるけど、いまいちどんなことができるかわからない」「興味はあるけどちょっと怖い」という人に向けて、本記事では就活エージェントについて詳しく解説していきます。

目次

就活エージェントとは

就活生のみなさんがよく聞く、マイナビなどの就活ナビサイトとは何が違うのでしょうか。一番大きな違いは専任のキャリアカウンセラーの存在です。

就活エージェントであれば、面談で就活生個人の長所などを把握した上で、自分に適している企業を紹介してもらうことができますが、就活ナビサイトは自分自身でWeb上に公開されている求人を調べ、興味がある企業の選考にエントリーするといった全ての工程を自分自身で行う必要があります。

そのため一人で就活を進めていくことに不安を感じている人や、なかなかうまくいかないと悩んでいる人には、就活エージェントがオススメです。

就活エージェントの4つの主要サービス

(1)個別面談(就活相談)
(2)企業紹介
(3)履歴書・ESアドバイス
(4)面接アドバイス

以下で簡単に説明します。

個別面談(就活相談)

プロの就活キャリアカウンセラーが1人ひとりの就活状況や人柄を把握した上で就活の相談に乗ってくれます。

例えば、「面接がうまくいかない理由が知りたい」「自分がすべき対策方法がわからない」といったような悩みも就活エージェントで個別面談をすると、解決できたり、新しい気づきが生まれることがあります。

企業紹介

最初に行う面談の内容を踏まえて、担当のキャリアカウンセラーが学生の希望や条件に合った企業を紹介してくれます。

また、就活エージェントによっては、ナビサイトに掲載されていない非公開求人を紹介してくれるケースがあり、自分では探せなかった企業と出会うこともできます。

履歴書・ESアドバイス

履歴書やESは就職活動において、企業に自分の魅力を伝えるための大事な書類となります。

キャリアカウンセラーは企業側の目線を熟知しているため、どうすれば企業から高評価をもらえる履歴書やESになるのかアドバイスをしてもらうことができます。

面接のアドバイス

企業によって面接での評価基準は異なります。そのため各企業の評価基準をもとに担当のキャリアカウンセラーが面接のアドバイスを行ってくれます。

また面接後仮に不採用になってしまった場合は、なぜ不採用だったのかを教えてもらえる場合があります。そうすることで自分の面接での欠点を知ることができ、次に活かすことができます。

▶就職エージェントneoは、紹介した企業の細かい情報提供や合否理由を知ることができるため、面接に少しでも不安がある方はぜひご利用ください。

就活エージェントを利用する流れ

ここでは就活エージェントの実際の利用方法についてわかりやすく解説します。

1.登録

就活エージェントを利用する際は、まずは登録が必要です。登録はネット上で行うことが多く、個人情報や希望業界、職種などを入力します。

登録が完了したら面談日時の予約をします。就活エージェントから電話かメールで連絡が来た際に面談日時を決める場合もあります。

2.面談

日程の調整が完了したら、次は面談です。面談では、就活エージェントに登録した際の個人情報の確認や、就活の状況について話し合います。

そうすることで、これまで見つけられなかった新しい自分や、就活の改善点について知ることができます。志望業界や企業選びの軸などについて話し合ったら、次は企業紹介です。

3.企業紹介

志望職種や勤務地などといった就活生側の希望と、キャリアカウンセラーの客観的な意見などを踏まえた上で適当な企業を紹介してもらうことができます。

大手ナビサイトには公開されていない非公開求人や、就活エージェント経由でないと参加できない特別選考コース、優良企業の採用枠も紹介してもらうことができるため、選択肢も増えるでしょう。

紹介企業に関しては選考のスケジューリング、内定辞退のお断りも代わりにしてくれます。

4.選考対策

選考対策として、履歴書やES作成のアドバイスを受けることができます。キャリアカウンセラーは採用側の目線を熟知しているため、企業に好印象を残すためのアドバイスをしてくれます。

また書類選考を通過した場合は、就活生の代わりにキャリアカウンセラーが面接の日程を調整してくれます。

5.内定・入社までのサポート

紹介先の企業から内定を受け取ると入社となります。

内定獲得後は就活生が直接企業と連絡をとることになりますが、何かあった際は入社までの間であれば、就活エージェントに相談することができます。

就活エージェントを利用するメリット・デメリット

就活エージェントを利用するメリットとデメリットとは何なのでしょうか。以下でメリット、デメリットそれぞれについて紹介します。

メリット

・自分に合う業界・企業が見つけられる
・ナビサイトでは公開されていない非公開求人を紹介してもらえる
・サポートは全て無料で受けることができる
・就活に役立つ特別なイベントに参加できる
・ESや面接のアドバイスを受けることで効率的に就活の対策ができる
・最短で内定獲得できる

デメリット

・志望度が高くない業界・企業を紹介されることもある
・エージェントによって企業の選択肢が狭い場合もある
・倍率が高く自社集客で成り立つ大手企業の紹介は少ない
・場合によってはエージェントと頻繁に連絡をとる必要がある
・相性の良いコンサルタントに当たるとは限らない

就活エージェントを選ぶ際の4つのポイント

実際に就活エージェントを選ぶ際は以下の観点を意識してください。また、エージェントは1社で納得できなければ、数社利用するようにしましょう。

求人数が多いかどうか

就活エージェントによって、扱っている求人数は異なってきます。

求人数が多いほど、自分に合った企業に出会える可能性が高くなるため、登録する際はそのエージェントはどれくらいの求人数を扱っているのかを必ず調べてから、登録するようにしましょう。

自分が受けたいサポートを受けられるか

就活エージェントによってサポートしてくれる内容は異なるため、自分はどのようなサポートが必要なのかを明確にしてから、各エージェントのサポート内容を調べてみてください。

希望する業界・企業へのコネクションが強いかどうか(求人が被っていないこともよくある)

就活エージェントによって扱っている業種は異なります。登録前にどのような業界の企業を多く扱っているのかについて知るのは難しいと思うので、実際に面談をしてみて聞いてみるのも良いと思います。

自分が住んでいる地域にも存在しているか

就活エージェントを利用する際は面談が必須となります。

しかし現在はコロナウイルスの影響でどこの就活エージェントも対面ではなくオンライン面談がメインとなっているため、自分が住んでいる地域になくても問題はないです。

サービス内容としては、オンライン面談でも対面と変わらないサービスを受けることができます。

就活エージェントに関するよくある質問4選

ここでは就活エージェントに関する質問でよくあるものに回答していきます。

就活エージェントはいつから利用すればいいの?

就職活動の進め方や始める時期は人それぞれであるため、この時期に利用すべき!という時期はありません。

就活に関する悩みや不安を感じたらなるべく早く利用してみることをオススメします。

就活エージェントってキャリアセンターと何が違うの?

サービス内容としては、さほど違いはないため、キャリアセンターも就活エージェントと併用して活用してみると良いと思います。

その上で自分にとってどちらの方が合っているか確かめてみてください。

料金はずっと無料?

ほとんどの就活エージェントは基本的に企業紹介やES、面接のアドバイスなど、全て無料で受けることができます。

無料で就活生のサポートを行うことができる理由としては、就活エージェントは企業側と契約を結んでおり、「就活エージェントが紹介した人材の内定が決まると、企業側から対価が支払われる」というビジネスモデルとなっているためです。就活生へ費用の請求をすることは一切ありません。

一般選考と何が違う?

上記でも述べましたが、就活エージェントは企業とのコネクションが強く、就活エージェント経由による特別選考ルートに乗るケースもあります。

そういった場合は最短ルートで応募から内定まで進むことができるため、一般選考よりも早いスケジュールで選考進めることができます。

最後に:就活エージェントは1社で納得できなければ複数利用しよう

本記事では就活エージェントについて紹介してきました。就活エージェントでは、就活に関する相談や、ES、面接のアドバイス、企業紹介など、様々なサポートを行ってくれます。

エージェントを活用する際はキャリアカウンセラーとの相性も大事であるため、ネットのみで情報を集めるのではなく、実際に登録してみて自分の目で確認するようにしてみてください。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ