就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【就職浪人|公務員】落ちたらどうする?来年リベンジor民間企業に就職

公務員試験に落ちてしまい「来年もう1回チャレンジしたいけど、就職浪人ってどうなんだろう…」「今から民間企業に入ることなんてできるの?」という不安や疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

本記事では公務員試験に落ちて就職浪人する際のリスクや、公務員、民間企業で働くメリット・デメリット、今からでも間に合う公務員から民間企業に転向する方法について解説しています。

目次

公務員試験に落ちて就職浪人するのは大丈夫?

公務員試験に落ちて就職浪人する人には2つの選択肢があります。

1つは「来年また公務員試験を受けるための就職浪人」もう1つは「来年民間企業を受けるための就職浪人」です。

以下でそれぞれについて簡単に説明していきます。

再度公務員試験を受ける人

公務員試験に落ちてしまったが、諦められず来年も公務員試験を受けるために就職浪人する人のことを指します。

もともと目指していた就職先なので自然な考え方と言えます。注意点としては、公務員試験の受験には年齢制限があることです。自分が受けようと思っている自治体は何歳まで受験することが可能なのか予め知っておきましょう。

また、浪人したからといって来年受かるという保障はないため、「いつかは受かるだろう」という軽い気持ちで就職浪人を決意するのは危険です。

民間企業を受ける人

公務員試験に落ち公務員から民間企業に転向する人のことを指します。民間企業の選考を受ける場合、二次募集というものがあるため、公務員試験に失敗してからでも企業の選考を受けることは可能です。

しかし公務員と民間企業の就活では対策も大きく異なるため、今からではどうしても間に合わないと感じる場合は就職浪人のリスクを理解した上で浪人するかどうかを考えてみましょう。

公務員試験合格者の割合

公務員試験に合格するのはどれくらい難しいのでしょうか。ここでは地方公務員の合格倍率を見てみます。

■2019年度の地方公務員試験の合格倍率

※倍率は最終試験合格者/1次試験受験者数。募集職種は東京都:Ⅰ類B採用試験(一般方式) 、大阪:事務行政、札幌:一般行政A、名古屋:行政一般、福岡:行政一般
※試験が複数回ある場合は、1回目の倍率を抜粋

上図からもわかるように、公務員試験に合格するのは簡単なことではないということが言えます。

倍率も高く、試験に合格するのも困難な公務員ですが、公務員になるメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。以下のそれぞれについて解説していきます。

【参考】

東京都:令和元年度職員採用試験(選考)実施状況

公務員になるメリット・デメリット

安定している職業として人気の高い公務員ですが、働く上でどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。それぞれ説明していきます。

メリット

社会的信頼

公務員は、社会的信頼がある職業であるため、「ローンが組みやすい」「公務員のみが加入できる共済保険にも加入することができる」などといった特徴があります。

ローンが組みやすいとその後の人生設計を考えやすくなるため、その点もメリットであると言えます。

福利厚生・優遇がしっかりしている

公務員は福利厚生が充実しています。

例えば、育児休暇などの休暇制度も取得しやすくなっていることから、子育てがしやすいというメリットがあります。また民間企業と比べると、育休・産休からの復帰もしやすいと言われています。

休暇制度以外にも、自治体が指定する施設や様々なサービスがお得に利用できる場合もあります。

年功序列で給料が安定して上がる

公務員の給料は毎年昇給します。そのため特別何か大きな成果を出さなくても、年々給料は上がっていくという特徴があります。

全国転勤が少ない

公務員は各都道府県の役所等に勤めることが多いため、転勤は少ないと言われています。そのためずっと同じエリアで安定した働き方がしたいという方にとってぴったりの職業でしょう。

デメリット

成果によって給料が上がることはない

公務員は年功序列であり、昇給するのに勤続年数の条件がある場合もあります。
民間企業のように成果を出したから給料が大幅にアップするといったようなことはなく、年齢に応じた給料が支給されるという特徴があります。

仕事が終わらなければサービス残業や休日出勤もある(仕事による)

公務員は残業がないというイメージを持っている人も多いと思いますが、残業の有無は部署によるため、仕事量が多い部署の場合残業や休日出勤をすることも少なくありません。

また公務員の残業代は予算で決められており、予算を超えた分の残業代は出ないためサービス残業をすることもあります。

ルーティーンワークが多い

公務員の仕事はルーティンワークが多いため、飽き性であったり、日々刺激を受けながら新しいことに挑戦したいと思っている人には向いていない職業であると言えます。

クレームが多いため精神的に辛い

市役所とは市民のための公的なサービスの場であり、市役所職員は日々電話対応や窓口対応などを行っています。

その際に市民から横暴な対応を取られたり、無理難題を押し付けられることも少なくないため、非常にストレスフルな職務でもあると言えます。

公務員試験に落ちて就職浪人するリスク

ここでは公務員試験に落ちて就職浪人する際の3つのリスクを紹介します。

新卒で就活する強みを失う

就職浪人する際は新卒ではなく、既卒扱いとなってしまうため、仮に公務員を諦めて次の年に民間企業の選考を受けようと思った際に不利になってしまう場合があります。

例えば既卒扱いになってしまうと、採用枠が減ってしまったり、新卒採用よりも高いスキルや経験を求められることもあります。

浪人しても確実に受かるとは限らない

上述しているように公務員試験は倍率も高く、受かるのは簡単なことではありません。そのため仮に就職浪人して再度公務員試験を受験したとしても、受かるという保証はどこにもないです。

また、公務員試験には都道府県や職種によって異なりますが、年齢制限もあるため注意が必要となります。

年齢が上がると民間への就職が不利に

公務員になれなかったら民間企業を受ければいいやと思っている人も少なくないと思います。それが決して間違っているわけではありませんが、未経験者を採用する場合、企業は長期育成のために若い人を採用したいと考えています。

そのため、長く就職浪人をしてしまうと民間企業に転向しようとした際に採用してくれる企業がなかなか見つからないといった事態に陥ってしまうかもしれません。

ここまでで就職浪人する際のリスクについて解説してきました。公務員志望から民間企業に転向する人は少なくありません。そこで続いては民間企業を受けるメリットについて紹介します。

民間企業を受けるメリット

民間を受けるメリットとして以下の4点が挙げられます。

年齢に関係なく、成果次第で高い給与がもらえる

企業によりますが、民間企業では優秀な成績をおさめたり、企業が提示している条件を満たすことができれば給与や賞与がアップします。

このように若手でもキャリアを積むことができる実力主義であるという点は民間企業ならではのメリットであると言えます。

自分の興味があることを仕事にできる・スキルを身につけられる

就活では大抵の人は自分のやりたいことや、行きたいと思った企業の選考を受けると思います。つまり、民間企業に就職するということは自分のやりたいことを仕事にできるということになります。

独立して起業することができる

仕事がうまくいくようになると独立して起業する人もいます。将来起業したいという夢を持っている人はまずは民間企業に就職し、自分一人で仕事を回せるようになれば独立を考えるのもキャリアの選択肢の一つです。

個人の裁量が大きい

ある程度キャリアを積めば、自分のペースで仕事を進めることができるようになります。それだけでなく、民間企業の方が会社に及ぼす個人の影響力が強いため、仕事をしている上でやりがいに感じられることは多いです。

「今からでも受けられる民間企業を知りたい」「民間企業に切り替えるための選考対策をしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

今から民間企業を受けるためには

ここではこれから民間企業を受ける人に、何をすべきかについて解説していきます。

自己分析をする

自己分析では自分の強みや適性は何なのかを過去の経験を振り返って知る必要があります。具体的な方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【就活失敗】まだ間に合う!内定獲得するための対策方法を紹介

公務員から民間企業に転向する場合は、まず最初に民間企業へ切り替えた理由を明確にしましょう。これは必ず面接でも聞かれる質問となるため、なぜ民間企業に切り替えたのか自分の中で深堀りしておくようにしてください。

これができたら次は、志望職種を決めましょう。

一般的な就活ではまずは業界研究から行うべきと言われていますが、公務員から民間企業に転向した人はあまり時間もないため、業界研究からじっくり行っていると、選考が終わってたなんてことにもなりかねません。

そのため「私はお客様に直接商品を売りたいから営業職がいいな」などと、自分がしたい仕事は何なのかを考えてみましょう。その際はまず世の中にはどんな職種があるのかを知ることから初めてみましょう。

自分に合う企業を探す

自分の強みや特性がわかったら、自分に合った企業を探しましょう。自分に合った企業を探す際はまず企業選びの軸を決めます。

例えば「給料が高い」「若手から活躍できる環境がある」などといったような仕事をする上で譲れないポイントを考えましょう。

軸が決まったら、その軸と自分の強みや特性に合った企業を実際に探していきます。企業を探す際はナビサイトや就活エージェント、口コミサイトなどを活用してみてください。

ESを作成する

志望企業が決まったら、実際にESを作成しましょう。ESを書く際は、読み手が理解しやすいように結論から書き、簡潔にまとめるようにしましょう。

またエピソードが抽象的すぎてしまうと読み手との間に齟齬が生じてしまう可能性があるので、できるだけ具体的に書くように心がけましょう。

面接対策をする

ESが通過したら面接対策を行いましょう。面接は基本的にESに書いた内容の深堀りを中心に行われるため、自分が書いたESを再度見返して深堀りされても答えられるように準備しておきましょう。

深堀り質問への対策方法は、面接でよく聞かれる質問、例えば「学生時代頑張ったことは?」に対してまず自分で回答し、その回答に対してさらに5w1hで回答していくと、深堀りに対応できるようになります。

最後に

本記事では公務員試験に落ちて就職浪人する際のリスクや、公務員になるメリット・デメリット、民間企業で働くメリットについて解説してきました。

再度公務員試験に挑戦したいということが決していけないことではありませんが、就職浪人をしてしまうと様々なリスクが生じてしまうため、簡単な気持ちで決めるのは絶対にやめましょう。

また、本記事中でも述べていますが公務員試験に落ちた後でも民間企業を受けることは可能です。民間企業に転向する際の就活方法についても解説していますが、まずは先輩や就活を先に初めている友達に相談してみましょう。

それでも難しいと感じた場合は就活エージェントを利用してみるのもオススメです。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ