就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【自己PR】人事がうなる効果的な「留学経験」の書き方を徹底解説~例文も紹介~

「留学経験のアピールの仕方がわからない」という悩みを持つ就活生は多いのではないでしょうか?本記事を読むことで、留学経験を効果的にPRする方法を知ることができ、内定にグッと近づくでしょう

目次

留学経験者の就活の始め方

留学先から日本に帰国した時期別に、どのように就活をはじめればよいのか解説していきます。前提として、帰国するまで就活をまったく行っていない人が対象となります。

大学4年4月以降に帰国した人

この時期に帰国した方はすでに3月の本選考エントリーには間に合いません。

今から間に合う企業にエントリーするか、夏・秋以降でのエントリーをしましょう。実は夏以降の選考でも大企業は応募するケースもありますので、あまり落胆せず、夏以降のエントリーに向けて着実に力を蓄えていきましょう。

以下の記事で就活に出遅れた場合どうすればいいのかについて詳細に記載されていますので、本記事と合わせてご覧になってください。

▶参考:夏採用を実施する企業は多い?夏から内定獲得の必勝法について徹底解説!!

大学3年1月から大学4年になる直前までに帰国した人

大学4年になる直前までに帰国した人は3月の本選考のエントリーにはぎりぎり駆け込める企業は多いでしょう。戦略としては、本選考を受けていく中で高速でPDCAを回していきましょう。

仮にここで内定が出なくても、多くの企業が夏採用を実施しています。夏採用・秋採用してもらうにはどうすればいいのかについて以下の記事で詳しく書いているので本記事と一緒に読んでみてください。

▶参考:就職を諦めるのはまだ早い!秋採用で内定獲得するための必勝法を徹底解説!!

大学3年12月までに帰国した人

この時期までに帰国した人は特に問題なく就活を進めることができます。企業によってはまだ冬インターンの受付を行っていますし、本選考のエントリーまでも3か月ほどあります。

もちろん夏から就活を始めた人と比べたら遅れは取っているかもしれませんが、優先度の高いことからアクションしていくことで本番には十分に間に合います

留学経験者が意識しておくべきポイント2選

留学経験をアピールする際に注意すべきポイントは2点あります。

以下では、2つのポイントについて詳しく説明していきます。

ポイントその1:留学自体はプラス評価ではない

留学の経験自体は基本的にはプラス評価されません。理由は、人事は経験自体を評価基準としているわけではないからです。

エピソードはあくまで「あなた」という人間を伝えるための手段に過ぎません。

大切なのは「入社後に活躍するあなたを具体的に語ること」です。多くの就活生は「何をやってきたか(事実)」を語ることにフォーカスしがちですが、人事が知りたいのは「なぜやったのか(感情)」「どんなことをしたのか(行動)」といったあなた自身を表現する部分です。

つまりあなたが「アメリカで1年間留学をしてきました。」という情報ではなく「なぜアメリカに留学することを決意したのか」「留学先でどのようなことを努力し、困難を乗り越えたのか」を知りたいのです。

その「あなた」こそが入社後に活躍する根拠になるのです。同じスポーツをやっていても結果や取り組み方が十人十色であるのと同じことです。

ポイントその2:語学力+αの内容を伝える

「留学により、TOEICの点数が500点→900点まで上がりました。」というPRをよく見かけますが、このPRでは残念ながら選考の通過率は低いでしょう。

というのも、人事は留学に行ったら一定の語学力が身につくことは当たり前と考えており、そのうえで「留学中にどのような経験をして、どんなことを学んできたのか」が重要であると考えているためです。

もちろん語学力の向上を留学の一つ目的にすることは問題はありませんが、語学力を高める過程で得た経験を話す方が人事の印象に残るPRとなるでしょう。

採用担当者に響く効果的な自己PRのやり方

ここからは本記事のメイントピックである「効果的なPRの方法」について徹底解説していきます。

自己PRの書き方・フレーム

本サイトでは以下のようなフレームを推奨します。この順番で書いていくことで読み手は納得感を持って読むことができるでしょう。

(1)結論:あなたの強みは?

(2)具体的エピソード:どんなこと?期間は?強みを発揮するために意識したことは?

(3)結果・学んだこと:どんな結果?どんな学びを得た?

(4)入社後:その強みを入社後にどう活かす?

ではステップごとのポイントを解説していきます。

(1)結論:あなたの強みは?

まずはあなたの強みや人柄をひと言で示しましょう。

ここでのポイントは企業側が求めている人物像が持つ強みを書くことです。なぜなら、企業はその企業の掲げるビジョンを叶えるための手段として新卒を採用しているからです。

例えば「最強のサッカーチームを作りたい!」と考えているのに野球が上手い人はわざわざ採用しないと思います。もちろんサッカーの上手い人を採用します。

よって、企業が求める人物像に沿った強みをひと言で表しましょう。

(2)具体的なエピソード:どんなこと?期間は?

このステップでは、あなたの強みを説明できる出来事を記述しましょう。体験したことを通して直面した課題に対してどのような行動をしたのか、なぜその行動をとったのかを中心に書いていくとよいでしょう。

また、強みを発揮するために意識したことは何があるかを明記していきましょう。あなたがその強みを発揮するために「どのように行動するか」「どんなことに留意しているか」を語りましょう。

そうすることで、どうすればあなたにスイッチを入れることができるのかを人事はわかります。強みを発揮するための具体的な方法論(how)を提示することで、あなたの自己PRの信憑性・具体性がグッと高まるはずです。

(3)結果・学んだこと:どんな結果?どんな学びを得た?

エピソードを記述した後は、経験を通して「どんな結果が得られたのか」「どんな学びがあったのか」を語りましょう。

結果を伝える際のポイントは「数字を用いて伝える」ことです。例えば、「カフェのアルバイトを続けてきました。」と伝えるよりも「カフェのアルバイトを4年間継続しました。」と伝えた方が面接官は理解しやすいです。

(4)入社後:その強みを入社後にどう活かす?

このステップは就活生が見落としがちのステップです。

あなたの自己PRは「以上から私の強みは○○と言えます。」で終わってはいないでしょうか?多くの就活生が前述の内容で書き終えるケースが多いです。

つまり「強みを入社後にどう生かしていくか」の説明を書かない人が多数いるということです。

なぜこのステップが大事かというと、企業側が重視するのはあくまで「あなたが企業の利益に貢献できる(=企業で活躍できる)人材かどうか」だからです。

よって企業に対して「私を採用すべきですよ」と表す一文を必ず入れるようにしましょう。

留学に関する自己PRの例文

ここからは実際の例文をもとに、上記のフレームに当てはめていきたいと思います。

【例文内のハイライトカラーの凡例】
●結論⇨ 緑  ●エピソード⇨ 青  ●結果・学んだこと⇨ ピンク  ●入社後⇨ オレンジ 

① ”協調性”をアピールした例文

 私はどんな価値観やバックグラウンドを持つ方々とも協働できます。  ニューヨークにホームステイしながら、様々な国の方が通う英語でのコミュニケーション能力向上のための学校に通った際には、多くの人と信頼関係を結ぶことができ、多くの方に現地の様々なところに連れて行ってもらい様々な土地を知りました。また学校で知り合った方が現地のレストランでのアルバイトを紹介してくれました。  テーブルを担当することで大きな責任感が生まれましたが、店員とお客様への誠実な対応は周りに認められ、日本に帰らないでほしいとも言われ最終日は涙の別れをしました。  貴社に入社が叶いましたら、多様なクライアントや各国の貴社の社員さん方とも誠意を貴社に貢献できると考えます。  

→以上のように型に当てはめて内容を考えることで、レベルの高い伝え方をすることが可能となります。

② ”リーダーシップ”をアピールした例文

 私の強みは「リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」ことである。  留学先の大学にて、留学生間での交流会を実現することでこの強みを培ってきた。 私は、(1)語学力向上(2)異文化コミュニケーションの促進の2つの目的で1年間の留学に行くことを決意した。そしてこの目的を果たすにあたり、様々な留学生と関わることのできる交流会が最善策だと考えた。交流会を開催するにあたり、50名の参加を目標に定めた。当初は「友人に頼んで交流会の情報を拡散してもらう」という集客のみだったため、案の定参加者はほとんど集まらなかった。そこで集客方法の課題を洗い出し、「ツテだよりの集客では、そもそも交流会の情報を充分にリーチすることすらできてないのでは?」という仮説を立てた。そしてこの仮説をもとに、新たに2つの施策を実施した。それが(1)構内でのチラシ配布(2)講義内での告知である。チラシ配布に関しては、友人にも協力してもらいながら「週2日×2時間」行い、約2,000枚のチラシを配り切った。講義内での告知に関しては、教授に懇願し、留学生の多い講義を中心に計10コマで告知を行った。  その結果、約70名の参加者を集い交流会を開催することができた。挫けそうになった時期もあったが、持ち前の不屈の精神で走り続け、交流会を開催できたことは大きな自信になっている。  貴社に入社した際には、交流会の開催に向けて奔走した経験、そしてこの経験から培ってきた「リーダーシップを発揮し、周囲の人と協働しながら目標達成できる」という強みを活かして様々な企業を束ねてプロジェクトを取りまとめていきたい。  

→非常に綺麗な構成で書かれていると思います。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

面接でよくされる質問

ここでは実際の面接で留学に関してどのような質問されるのかについて集めました。面接では留学経験について様々な方向から質問されるケースがあります。事前にどのような質問をされるのかを把握することで、想定外の質問をできるだけ減らしていきましょう。

  • なぜ留学したの?
  • 英語はどうやって勉強したの?
  • 留学を通して一番成長した事は?
  • 留学生活での失敗や苦労した体験は?
  • 留学で得たことを教えてください。
  • 留学をして一番良かったことは何ですか?
  • 留学中の印象的なエピソードを教えてください。
  • 留学先ではどんな活動をしたの?
  • 外国人学生と日本人学生の違いは?
  • 留学先以外の国で興味のある国は?
  • カルチャーショックはありましたか?

【自己PR】人事がうなる効果的な「留学経験」の書き方を徹底解説‐まとめ‐

今回は留学をした学生がどのように就活をスタートしていくべきなのか、そして留学経験をどのようにアピールしていけばいいのかについて紹介してきました。本記事を参考に内定に向けて頑張っていきましょう。

就活に悩み・疑問がある方は就職エージェントneoをご利用ください。

留学経験者の就活に関してより具体的な情報を知りたい方はぜひ就職エージェントneoもご利用ください。

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。


受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。
とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。

ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。

一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「就活で留学経験を最大限活かす」キッカケになるでしょう。

本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ