就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

【2024年最新】ジュエリー業界の動向3選!仕事内容や志望動機・自己PRのポイントも紹介

希望業界紹介します_CTA

ジュエリー業界は、ブライダルや大切な人への贈り物、自分へのご褒美等といった日々の暮らしを特別なものにする商品を扱っています。

贅沢品とも呼ばれ、この業界は経済環境によって売上が大きく左右される特徴を持ち、変わりゆく時代の中で、経済環境の波に飲まれないよう様々な取り組みが取られています。

本記事では、ジュエリー業界の動向や取り組みについて紹介するだけでなく「将来のキャリアパスはどうなっているの?」「仕組みを詳しく知りたい!」という就活生に向けて、ジュエリー業界のキャリアや仕組み、自己PRの書き方についてもわかりやすく解説していきます。

また、ジュエリー業界の売上や利益、年収、従業員数、勤続年数をランキングで紹介しているため、ビジネス規模や働きやすさ等も合わせて確認してみてください。

目次

・ジュエリー業界の最新動向をご紹介

・ジュエリー業界で求められる人物像とは?!

・自己PR・志望動機の書き方をご紹介!

 

ジュエリー業界の最新動向や気になる自己PR方法、志望動機の書き方など、専門的な業界への就活に関する情報をご紹介します。

ジュエリー業界の仕組み

ジュエリー業界には、様々な業界が関わっています。

ジュエリー業界のビジネスモデルは、上記の画像のように発掘された原石を扱っている「宝石問屋」から「商社」が素材を購入し、加工・デザインの後、「卸売業」から「メーカー」へと販売され、私達「消費者」に商品が届けられるという仕組みになっています。

■ジュエリー業界のビジネスモデル

宝石問屋:発掘された原石を扱っている
商社:宝石素材を購入し、加工、デザインをおこなう
卸売業:商社から宝石を購入し、メーカーへ販売する
消費者:好みのブランドや店舗、ECサイトなどを経て商品を購入する

メーカー以外では、ブライダル企業などジュエリーの利用頻度が高い業界がジュエリーを卸売業から購入し、消費者に向けて販売しているケースもあります。

本記事ではジュエリーを扱うメーカーを中心に動向を紹介するので、確認してみましょう。

仕事選びサポート_CTA

ジュエリー業界の動向

ここではジュエリー業界の動向を3点紹介していきます。それぞれ以下のトピックスについて紹介しているので、確認しておきましょう。

■売上推移

■デジタル化
・SNSでの商品発信
・ECサイトの利用が活発

■事業展開
・同業種のM&Aが増加
・新規事業の展開

まずジュエリー業界の動向を学ぶ前に”ジュエリー業界”を数字で見てみましょう。

不景気の影響から贅沢品と言われるジュエリーの売上が落ち込んだため、伸び率も右肩下がりとなりました。

しかし2022年以降は行動制限が緩和されたことに加え、オンラインショップを開設する店が増えたことで、買い物をする人が増えました。緩やかではありますが女性ファッションジュエリーの販売が堅調に推移しました。

参照元:参照元:業界動向サーチ/2022年-2023年(※2023年12月作成)

ジュエリー業界の売上推移 

矢野経済研究所によると、2023年のジュエリー小売市場規模は、前年比101.9%の1兆423億円を予測しています。

ジュエリー業界は贅沢品を扱っていることもあり、経済環境によって売上が大きく左右される特徴を持っているため、新型コロナ流行時の外出規制が厳しい時は売り上げが下がりました。

しかし、新型コロナウィルス感染症も5類感染症に移行されたことにより、海外からの団体旅行も解禁され、インバウンド需要も回復することでジュエリー企業各社の売上増加に繋がっています。

2024年以降のジュエリー市場規模は、生活必需品にはあたらないジュエリーに対する需要が落ち着きを見せ、供給不足からくる素材価格の高騰も相まって、市場全体の勢いも再び停滞するとみられています。

このようにジュエリー業界は世の中の情勢に左右されやすいため、日ごろから新聞などを読み、ジュエリー業界を取り巻く事柄だけではなく経済動向に関する見聞を広めておきましょう。

参照元:株式会社矢野研究所/宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査を実施(2023年)

SNSを活用した商品発信

近年、業界を問わず以下のようなSNSを活用したマーケティングや商品発信を行う企業が出てきている中、ジュエリー業界も同様にSNSを活用する企業が増えています。

ジュエリー業界の主なSNS
・X(旧Twitter)
・Instagram
・Facebook
・LINE

ジュエリー業界が積極的にSNSを活用し始めたのは、ターゲットである結婚・婚約指輪を購入する率が高い1980年代後半から2000年代初頭に生まれた「ミレニアル世代」がSNSを積極的に利用しているからです。

過去にはミレニアル世代をターゲットに、スワロフスキーがミレニアル世代のインフルエンサーとコラボをおこなったり、ティファニーがフォロワーが100万人以上いるインフルエンサーとタイアップしてキャンペーンをおこなったりと、様々な取り組みが実施されています。

中には実店舗を持たずにInstagramで主に集客をする企業もいるなど、若い世代がSNSを頻繁に利用しているところを狙って、SNSを活用している企業もあります。

■ECサイトの利用が活発

新型コロナウィルス感染拡大防止施策に伴う外出規制の影響もあり、ECサイトでのジュエリー販売が活発におこなわれるようになりました。

例えば、株式会社4℃ホールディングスの2021年2月期決算では、コロナ禍の時短営業や休業、外出自粛などの影響で、ジュエリー事業全体の減収減益が報告されています。

しかし内訳を見ると、ECチャネルは前期比+30%の収益増となり、前年は10.9%だったEC化率が17.0%に伸長しています。

今後は在庫連携や予約・カスタム対応の充実といったオンライン施策の強化をおこなうなど、更なる売上向上を目指しています。

参照元:株式会社4℃ホールディングス/第71期(2021年2月期)決算説明資料

事業展開

繰り返しになりますが、ジュエリー業界は景気や世界情勢に左右されやすい業界でもあるため、不景気でも売上を担保するための動きが取られています。

ここでは各企業がおこなっている事業展開について紹介します。

■M&A

ジュエリー業界やジュエリー関連の事業を行う企業がM&Aをする目的には、シェアの拡大と製造などに関する専門的な知識を持つ優秀な人材の獲得などが挙げられます。

2019年のM&Aの件数は853件、2020年は849件でした。2020年はコロナの影響を受けたことから件数は前年よりも4件少ない結果となりましたが、年々M&Aの件数は増えています。

例えば、2019年にはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンがティファニーをM&Aし、ブックオフグループホールディングスがジュエリーアセットマネジャーズを完全子会社化しました。

2020年には京セラが三菱マテリアルトレーディングの宝飾品事業を譲受しています。このようにジュエリー業界全体でM&Aが積極的に行われていることが分かるでしょう。

■新規事業の展開

例えば株式会社ツツミでは、20~30代の女性をターゲットにした新たなブランド「TODAYS DIAMONDS」を立ち上げ、新規の顧客獲得を図っています。

更に2017年4月に株式会社ベリテは、コスチュームジュエリーの「アクセガーデン」の拡販に取り組み、2019年3月時点で85店舗まで拡大しました。

また、昨今のジュエリー業界では合成ダイヤモンドの登場に注目が集まっています。

それを受け、2018年に天然ダイヤモンドの生産で最大手とされているデビアスが合成ダイヤモンドを使用したジュエリーの販売を発表しました。

このようなジュエリー業界の様々な取り組みを知り、業界理解を深めることは、選考を突破するために欠かせません。

そのため「ジュエリー業界の選考を受けたい!」「ジュエリー業界の求人が知りたい!」という方は、ぜひ一度就職エージェントneoにご相談ください。

仕事選びサポート_CTA

ジュエリー業界で目指せるキャリアパス

ジュエリー業界には接客のプロになる以外にも様々なキャリアが存在します。


ジュエリー業界での就職を考えている就活生は、以下で紹介しているキャリアの例を参考に、自身の今後のキャリアについても考えてみましょう。

ジュエリー業界 キャリアパス

まずは商品を覚え、現場を知ることを目的に研修として販売職からスタートするケースが多いです。

現場での販売職を経験することで、そのまま自身の販売スキルを磨く人や、マネジメントとして店長や店舗運営、人材育成に携わる人もいるでしょう。その他にも本社勤務となり、人事やバイヤー、広報等に異動する可能性もあります。

企業によっては、デザイナーや製作職などへの道へ進むことも可能な場合もあるので、興味のある企業のキャリアパスを確認してみてください。

志望企業に入社した場合のキャリア像が想像つかないという方は、Webサイトなどでわからない場合は、会社説明会や座談会等に参加するなどして積極的に情報収集をしていきましょう。

徹底解説!合同説明会とは?~開催意図や注意点を解説~
合同説明会とは、様々な企業が一つの会場に集まり数時間かけて会社説明会を行う就活イベントのことです。
会場では就活セミナーが行われたり、パンフレットが配布されたり、社員の服装や説明会の雰囲気から社風を見ることができます
本記事では、合同説明会に参加するメリット・デメリット、参加するときの注意点などを紹介しています。

ジュエリー業界が求める人物像

ジュエリー業界が求める人物像

接客をメインに行う仕事のため、大前提としてコミュニケーション能力が必要です。高級品を扱うこともあるため、丁寧さや落ち着き、慎重さなども求められます。

また、お客様が何を求めているのかを聞き出す傾聴力や適切なアドバイスができる商品知識と提案力も欠かせません。

ジュエリーはブライダルやプレゼント用だけではなく、冠婚葬祭など幅広い場面でも求められます。そのため、お客様一人ひとりの状況にあったジュエリーを紹介・提案できる商品の知識も必要です。

つまりジュエリーに興味があり、学び続ける勤勉さがあると良いと言えるでしょう。

ジュエリー業界の求める人物像について学んだら次は自己PRの書き方を学んでいきましょう。

希望業界紹介します_CTA

ジュエリー業界で評価される自己PRの書き方

自己PRを書く際は基本的に「強み⇨エピソード⇨結果・学んだこと⇨入社後どう活躍できるか」の順番で書きます。

自己PRのフレームワーク_繊維業界

(1)結論

自己PRを書く際は最初に「私は○○することができます」といったように自分の長所を端的に述べます。

最初に結論を述べ面接官に今から何の話をするのか伝えることで、聞き手側も話が入りやすくなります。

そのため、自己PRをする際は結論として、まず長所を伝えるようにしましょう。

例)
私は相手に寄り添い、親身に話しを聞くことが得意です。

(2)エピソード

長所を伝えたら、実際にその長所があることを証明できるエピソードを交えます。

ここではできるだけ具体的なエピソードを伝えるために、その出来事の中で生じた課題・目標や、その課題・目標に対してどのような行動をとったのかについてまで書くようにしましょう。

また企業は、課題・目標やそれに対する行動を通してその人の人柄や価値観を判断しているため、なぜその課題・目標に取り組もうと思ったのか、なぜそのような行動をとったのかについて、しっかりと見つめ直しておいてください。

例)
アルバイトをしている雑貨店にて、様々なお客様への対応を行いました。中でも印象に残っているのは、仲直りをするためのプレゼント選びを手伝ったことです。学生時代から仲が良かったお二人は些細なことでけんかをしてしまい、素直になれなくなってしまったため、プレゼントと一緒に気持ちを伝えたいからプレゼント選びを手伝ってほしいとのことでした。関係性や好み、思い出などを聞いていると、学生時代に手紙の交換をしていたエピソードを教えてくれました。手紙の交換が二人が仲良くなるきっかけだったこと、素直になれず仲直りができていないことを踏まえて、品物自体にメッセージ性が高く、素直な気持ちを伝えられるようにと、商品を提案しました。気に入っていただき笑顔で帰宅されました。

(3)結果・学んだこと

エピソードの次は、自分がとった行動によってどのような結果になったかについても書きましょう。

結果を書く際は、定量的に表すことを意識してください。

例えば「〇〇というアイディアを出し実践したところ、売上を40%上げることができた」など数字を用いてアピールした方が相手に伝わりやすいです。

また、この経験を通して何を学んだのかについても書きます。面接官はその人の学びからも価値観や人柄を判断しています。

価値観や人柄はその学生を採用するかどうかの大きなポイントとなるため、自分がどういった人なのか、いかにその企業に必要な人材であるのかをアピールするようにしましょう。

例)
後日、無事に仲直りができたと来店され、その際に「親身に話しを聞いてプレゼントを選んでくれてありがとう」とおっしゃっていただきました。ご友人にお店の宣伝をしてくださったり、お店でお買い物をしてくださったりとリピーターになってくださいました。相手に寄り添い、親身に話を聞くことで相手に喜んでもらい、自分が与えた物以上の利益を得ることができます。

(4)入社後どう活躍できるか

企業は採用活動を通して、自社に貢献してくれる人材を求めています。つまり、面接官にこの学生は「自社で活躍する素養がある」と思わせるのが大事です。

そこで自己PRをする際は、最後に今伝えてきた長所をどのように志望企業の業務に活かしていくかまで伝えるようにしてください。

そのためには企業が求めている人物像を把握する必要があります。業界研究・企業研究を通してどのような強みをアピールするのか考えておきましょう。

例)
相手に寄り添い、親身になることで何を求めているのかを把握することができます。それにより満足度の高い買い物をしていただくことができ、リピート購買に繋げられます。

より詳しい自己PRの書き方について知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。

企業から評価される自己PRの書き方とは?ポイントや注意点をわかりやすく解説
「選考通過できる自己PRを書くためにはどうしたら良い?」「自己PRの正しい書き方がわからない」という方に向けて、本記事では自己PRの書き方について詳しく解説しています。

まだ自己PRを考えてない人も、すでに考えている人も自分の自己PRがこれで大丈夫か確認してみてください。

また「志望企業に評価される志望動機・自己PRの書き方が知りたい」「選考通過率を上げたい」という方は、就職エージェントneoを利用してみてください。

自己PRについて相談する_オレンジ

ジュエリー業界の志望動機の書き方

ジュエリー業界の志望動機の書き方

ジュエリー業界の志望動機を書く際は「なぜジュエリー業界なのか」「なぜその会社なのか」をしっかりと深堀りしておくことが必要です。

具体的には自分が将来何を成し遂げたいのか、例えば「ジュエリーという特別な商品で、お客様の日々の暮らしに煌きを届け、笑顔にしたい」などといったジュエリー業界ならではの理由を述べるようにしましょう。

“なぜその会社なのか”については、他の企業ではなくその企業でなければいけない理由を伝えます。

例えばティファニーは、ダイヤモンドを全て職人の手でカットしているため、カットデザインがとても独特で洗練された作りとなっています。

他にも女性社員が多く在籍し、管理職としても多くの女性社員が活躍しています。

上記のような企業ごとの特徴や強みを把握した上で志望企業を決め、志望動機を作成するようにしましょう。

ジュエリー業界の志望動機の例文を見てレベル感を掴みたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ジュエリーショップの志望動機の書き方と例文
志望動機を書く際は、なぜその職種なのか、なぜそのジュエリーショップなのかを明確に、ロジカルにアピールすることが大切です。
多くの職種のなかから、なぜジュエリーショップを選んだのかを明確に説明する必要があります。
「ジュエリーが好き」では、ほかの人と似たり寄ったりな志望動機になってしまいます。なぜその業種を選んだのか、ジュエリー業界や企業について研究してから志望動機を作成する必要があります。

ジュエリー業界ランキング

ここではジュエリー業界のランキングを「業績」と「社内環境」に分けて紹介します。

ジュエリー業界の業績ランキング

ジュエリー業界の業績ランキング
参照元:業界動向サーチ/ジュエリー業界の業績ランキングは上記企業の有価証券報告書に基づき作成しています。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。ホールディングスはHDと省略しています。※2023年12月時点

売上については1位がコメ兵HD、2位がエステールHD、3位がTASAKI経常利益は1位がコメ兵HD、2位がNEW ART HD、3位がヨンドシーHDです。

コメ兵は中古品をメインとしたジュエリー、時計、ブランドバッグ等の買取・販売をおこなっている会社で、ジュエリー以外の商品も含めてブランドファッション事業として事業展開しています。

その他の企業はジュエリーをメインに製造や販売をおこなっている中で、コメ兵はさまざまな商品を取り扱っているため売り上げ1位になったと考えられます。

売上や利益、利益率をチェックした方が良い理由は、以下の2点です。

  • 売上は企業の財務力を表しているから
  • 利益、利益率は企業がおこなっているビジネスの成否を示しているから

売上は企業の財務力、ビジネスの規模を表しています。つまり売上が高い企業の方が行っているビジネスの規模が大きいということです。

またA社とB社が同じ利益の場合、売上が大きい企業の方が金融機関からの融資を受けやすいとされているため、売上を見ることで企業の資金調達力もチェックすることができます。

次に利益、利益率は企業が行っているビジネスの成否を示しています。そのビジネスによる付加価値がどれくらいあるかを測る指標です。

繰り返しになりますが、ジュエリー業界は贅沢品を取り扱っているため、他の業界よりも利益率が高い特徴があります。

扱っている宝石は、人件費やランニングコストなどで売値の調整をすることから店舗の規模によって売値が異なります。

つまり利益がほとんど出ていなかったり、赤字だとビジネスに何らかの問題があるということになります。

ただし、このランキングだけでなく、成長率も大事であるため各企業の過去についても振り返っていきましょう。

ジュエリー業界の社内環境ランキング

ジュエリー業界の社内環境ランキング
参照元:業界動向サーチ/ジュエリー業界の社内環境ランキングは上記企業の有価証券報告書に基づき作成しています。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。ホールディングスはHDと省略しています。※2023年12月時点

年収は1位が NEW ART HD 、2位がヨンドシー、3位がクロスフォー、勤続年数は1位がナガホリ、2位がツツミ、3位がヨンドシーHDとなります。

勤続年数が長いということは定着率が高いということになります。一概には言えませんが、定着率が高い会社は従業員の満足度も高く、良い会社である可能性が高いです。

また従業員数が多い会社は多様な人と関わり合うことができるというメリットがあります。

しかし多いと自分の意見が通りにくい場合もあるというデメリットもあるため、自分にとってどの環境が合っているのか考えてみましょう。

まとめ

本記事ではジュエリー業界について紹介してきました。

ジュエリー業界は景気に左右されやすい業界ではありますが、不景気の波に飲み込まれないよう様々な取り組みが取られています。

志望動機や面接では「なぜジュエリー業界を志望しているのか?」「なぜその企業を志望しているのか?」を伝えられるようにするだけでなく、SNSでの商品発信のように「他にどんな幸せの提供の仕方があるのか?」「自分ならどうするか?」まで考えられると他の学生との差別化が出来ます。

「業界研究って他に何をしたらいいの?」と思う人は下記の参考記事を見ておくことをオススメします。

たった4ステップで業界研究を完璧に!誰でも簡単にできるやり方を紹介
まだ業界研究をしたことがない人、何となくやっている人は「業界研究って何をしたらいいの?」と漠然とした不安を感じてしまうこともあるでしょう。

本記事では業界研究のやり方や活用すべきもの、注意点についてわかりやすく解説しています。少しでも業界研究に対して不安がある方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

就職エージェントneoを活用して就活をしよう!

  • 「自分に合う仕事って何だろう…」
  • 「どんな企業を受ければいいかわからない…」
  • 「自分に合った企業を紹介してほしい…」

このように就活に関する悩みは人それぞれでしょう。

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、就活生一人ひとりの就活状況をお伺いした後に、状況にあったアドバイスの実施や希望や適正に合った企業の求人情報を紹介しています。

「志望企業の選考を突破するために、面接のアドバイスがほしい!」「自分のアピールポイントを見つけるために自己分析を手伝ってほしい…!」等、少しでも就活に不安がある方はぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoのサービス_今すぐ無料で相談する

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ