就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

更新日|

「就活が分からなくなってきた」ならやるべき対処法4選

就活を進めていく中で「自分にあっている業界や企業はどこだろう?」「自分の強みって本当に〇〇なんだっけ?」と分からなくなっていませんか?

就活は、自己分析や業界研究等を通して自分と深く向き合う必要があります。そのため、「やればやるだけ分からなくなってきた・・・」と悩む学生は多くいます。

そのような学生に向けて、本記事では分からなくなってきたと思う根源にある要素や対処法について紹介します。

目次

就活が”分からなくなってきた”…その根源とは?

まずは、就活が分からなくなってきた根源を探っていきましょう。

就活が”分からなくなってきた”根源とは?

人によって別の要素を抱えている場合もありますが、大きく分けて上記の要素が根源として考えられます。自分がどの要素に当てはまるのかを確認しておきましょう。

自分のやりたいことが明確でないから

自分のやりたいことが、はっきりしていないことが理由で悩む学生が多くいます。始めは、「有名だから」「楽しそうだから」等の理由で業界や企業を決めている学生も多いですが、自己分析や業界研究等をすることで、最初に行きたいと決めていた業界や職種とやりたいことが変わってくる場合があります。

もしくは自己分析や業界研究等の深堀りが上手く出来ていないことから、何を軸に業界や企業を探したら良いのかが分からなくなることが原因で「就活が分からない…」と悩んでいる可能性があります。

やりたいことがはっきりしていない人は自己分析や業界研究等の深堀りをすることで解決する場合がありますので、再度行ってみましょう。 

ESや面接の選考に通らないから

ESや面接で落ちたときに、否定されている気分になったり落ちた理由が分からなかったりすること等が原因で「分からなくなってきた」と思ってしまう人も多いです。

例えばESでは、何を書いたら良いのかが分からなかったり、文章力がないと思い込んでしまったりすること等が挙げられます。面接では緊張から上手く話すことが出来ず、やりたいことを見失ってしまうケースもあります。

落ちてしまう理由には、書き方や伝え方を理解していないことや自己理解が出来ていないこと等が原因で相手に話の内容が伝わっていないということが考えられます。そのためESでは、書き方を理解することや自己分析の深堀りを再度行ってみましょう。

面接では場数を踏んだり面接対策をおこなったりすることで緊張を緩和させる方法を見つけてみてください。それによって「分からなくなってきた」を解決することが出来る場合があります。

周囲と比較してしまうから

周囲と比べてしまうことが原因で迷宮に入ってしまう学生もいます。例えば、「面接でガクチカを問われた際に自分よりも凄いことをしていた学生がいる」「つっかえることなく質問に対しての回答が出来る人がいた」→「けれども自分は出来なかった」と周りと比較して自分はダメだったと考えてしまうことです。

周りと比べても意味がないと分かっていても、目の前に対象者が現れると無意識に自分と比較してしまうことは仕方がありません。しかし、他人と優劣をつけて自信をなくし、自らチャンスを逃してしまうのはもったいないことです。

企業が求めている学生は必ずしも「ガクチカで優秀な成績を収めた人」等ではないので、比較をしすぎて落ち込まないようにしましょう。

就活や仕事に悪いイメージを持ってしまったから

就活をしていく中で、仕事や就活に対してあまり良いイメージを持てなくなってきたいうことはありませんか?そのような人は就活に対して前向きになれずに、思うように就活が進まないことが原因で分からなくなってきてしまうことがあります。

「電車に乗っているサラリーマンがいつも下を向いていて楽しくなさそう」というようなことを聞いたことがあるかもしれません。そこから「仕事=辛い」というイメージが出来てしまうのかもしれませんが、必ずしも働いている人が辛い思いばかりをしているわけではありません。もちろん辛いこともありますが、それは学生生活でも起こりうることです。

悪いイメージだけが先行して働きたくない気持ちが大きいと、やりたいことや興味のあることを探すのも積極的になれずに立ち止まってしまう事があるので、自分が楽しく働けるような業界や企業はどこなのか?という目線で業界や企業を探し、就活をしていくようにしましょう。

将来について不安だから

先の見えない将来について不安を抱えていくことで「分からなくなってきた」と悩む人がいます。「この業界や企業が自分に本当にあっているのか?」「入社後に辛い思いをしたらどうしよう」「自分がやりたいことは本当にこれであっているのか?」と先の見えない将来に不安を感じてしまうことは当然です。

しかし、不安を感じるあまり一歩を踏み出せずにいると、今度は「就活が間に合わなくなってきた」という問題に直面するかもしれません。正直、将来のことは誰にも分かりません。もし悩むことや不安なことがあれば会社説明会やOBOG訪問で直接話しを聞いてみることをオススメします。

不安だから立ち止まるのではなく、不安だからこそ一歩踏み出して情報を取りに行く行動や就活に詳しい人に相談しにいく動きを取りましょう。もし相談出来る人が周りにいない場合は、就職エージェントに相談することをオススメします。

就職エージェントneoの就活支援サービス

就活が分からなくなってきた際に覚えておきたい4つの考え方

「就活が分からなくなってきた」と悩む学生に覚えておいてほしい考え方が4つあります。就活の沼にハマってしまう人は下記の考え方が出来ていない場合があるので、確認しておきましょう。

就活が分からなくなってきた際に覚えておきたい4つの考え方

やりたいことが明確な学生は多くない

最初にお伝えしたいことは、「やりたいことが明確な学生は多くない」ということです。社会に出ていないこともあり、多くの学生がアルバイトや大学、サークル、テレビCMなどで触れてきた職業しか知りません。

そのため、就活サイトを見て初めて「こんな職業もあるのか!」「〇〇という企業が存在するのか!」と知ることが多いかと思います。自分が経験してきた狭い範囲でしか物事を見てこれなかったのに、数ヶ月で自分のやりたいことや興味のあることを明確に見つけることは容易ではありません。

それはあなただけでなく、ほとんどの学生が同じ思いを持っているので、「自分だけがダメなんだ」と悩む必要はないです。もし「やりたいことがなくて、どうしよう」と悩んでいる人はこちらの動画を確認してみてください!

選考が通らない=必要とされていないということではない

「選考が通らない=必要とされていない」というわけではありません。企業側は毎年、職種によって様々な「求める人材」を設定しています。それは既存の従業員との相性や今後伸ばしていきたい事業等に必要な能力を持っている人を採用していくためです。

しかし、自分の準備不足によって選考が通らない場合もあります。ESの書き方や面接での伝え方を見直して、選考通過を目指しましょう。

内定がゴールではない

就活生の”あるある”ですが、「内定がゴールになっている」学生が多いです。就活を楽しいと思える学生よりも辛いと思う人の方が多いのではないでしょうか?そのため、その苦しさから「とにかく早く内定がほしい」という思考になってしまいがちです。

就活はあくまで、あなたの人生を豊かにしていくための手段にすぎません。内定をゴールにしたことで、中途半端な就活をしてしまい、就職後に苦しい思いをしてしまう人もいます。「内定=ゴール」という思考にならないように気を付けましょう。

過去の先輩も不安を感じていた

先が見えない出来事に不安を感じることは必然とも言えます。また、不安を感じたのであれば何をすれば不安の解消ができるのかを考えてみましょう。

自己分析の深堀りが出来ていないことで不安を感じるのか、面接のやり方が分からずに不安を感じているのか、人によって不安を感じる瞬間は異なります。

何かしらに不安を感じている人は就活エージェントに今の状況を話してみることも1つの手です。プロがあなたの不安に寄り添って、考えを整理し、解消してくれます。

就職エージェントneoの就活相談

就活が分からなくなってきた時の対処法4選

「分からなくなってきた」と思う根源や考え方を理解できた人は、あなたの就活状況を変えていくために下記の対処法を実践してみましょう。

就活が分からなくなってきた時の対処法4選

自己分析をやり直す

「分からなくなってきた」と思う背景は様々なことがありますが、自己分析の深堀りができれば解決する場合があります。深堀りができているつもりで出来ていなかった、という可能性も十分にあるからです。

今回、下記の5つの自己分析を紹介します。人によって「〇〇の自己分析がやりやすい!」等があるので、一通りやってみるのもオススメです。

自己分析をやり直す

詳しいやり方は下記を確認してみてください。

▶参照:【まとめ】自己分析のやり方5選紹介!図付きでわかりやすく解説

【できること】で仕事を探してみる

次に「自分が得意とすることや出来ること」の観点から仕事を探してみましょう。やりたいことがない場合、無理矢理やりたいことを探すのではなく、得意とすることや出来ることから自分軸や仕事を探すと見つけやすくなります。

出来ることに関しては、「自然(無意識)にできること」を探してみましょう。例えば「1つのことに集中し続けることが出来る」「誰かの困っているにいち早く気づくことが出来る」等があります。自然にできていることは、意外と他の人にとっては出来ない凄いことでもあるので、「得意とすることや出来ること」から紐付けて仕事を探すのも1つの手です。

幅広く業界を見てみる

こちらは就活生の”あるある”ですが、業界を狭めすぎて視野が狭まってしまっている可能性があります。今見ている業界よりも他の業界の方があなたにとっては、活躍できるかもしれません。「自分はこの性格だから〇〇業界しか見ない!」と決めつけるのではなく、視野を広げてみましょう。

他にも業界を広げることで、見えなかった「やりたいこと」を見つけることが出来るかもしれません。

一度、就活から離れる

どうしても就活が分からなくて苦しい場合は、一度就活から離れてみましょう。無理に続けてつらい思いをするのであれば思いっきってリフレッシュすることも大切です。1つの分からないから連鎖して様々な分からないに繋がってしまっている可能性があるからです。

しかし、リフレッシュする期間を決めずに離れてしまうとつらい思いをいた経験を思い出し、再開をしにくくなります。そのため、ある程度の期間を決めておくことをオススメします。

プロに相談する

一番のオススメが「プロに相談をすること」です。理由としては、就活をしていると上述したように深堀りが足りなかったり、視野が狭くなったりと様々な問題が生じます。何が一番の困難になるのか?何を解決すれば良いのか?は客観的な意見を聞いたほうが良い方向に進む場合が多いです。

勉強をするときも教師が方式や出来事の背景を教えてくれ、分からないことがあればなぜ躓いているのかを教えてくれていたかと思います。就活も1人で進めるのではなく、就活のプロに相談をしながら進めたほうが就活をスムーズに進めることができます。

あなたの悩みを解決に導くヒントをくれますので、悩んでいる人は相談をしてみましょう。

就職エージェントneo就活相談

就活が分からない人が陥りやすい心理とは?

対処法を理解しても、上手く行かなかった経験や分からないと思ったことから就活に対しての「辛い」という勘定を持っている人も多いと思います。そのような人は、まずは辛さを緩和させましょう。

どのようにしたら良いのかを知りたい人は下記URLを確認してみてください。辛いと思ったときの脱却方法を紹介しています。

▶参照:「就活つらい…」と感じるあなたへ。【脱却のカギは○○!!】

「就活が分からなくなってきた」ならやるべき対処法4選-まとめ-

本記事では「就活が分からなくなってきた」人に向けて、分からなくなっている背景や対処法等を解説してきました。就活は正解はありません。

後ろ向きに就活を考えてしまうと、余計「分からない」という迷宮に入ってしまいます。そのため。何が分からないのか?分からない原因はなにか?どうすれば良いのか?を考えて就活をしていきましょう。

就職エージェントneoの紹介

就職エージェントneoでは専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)

各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介

面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス

専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス

面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット

  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれる

デメリット

  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性がある

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoの就活相談
前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ