就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

専門学生 不利
更新日|

専門学校生の就職は不利なんて言わせない!~内定獲得する方法を紹介~

専門学生が一般企業に就職するのは大学生に比べて「不利」と書かれた情報を見て、不安を抱えていませんか?

ネットに書かれているネガティブな情報だけに囚われて、就活をすることを辞めたり後ろ向きな状態で就活を進めたりしないようにして下さい。それは、努力ややり方次第では内定を獲得することが出来るからです。

「不利」と言われている理由を理解した上で、「不利」にならないための行動をしていきましょう。

本記事では、内定を獲得をするための方法やあなたに合った求人を紹介してくれる就活のプロについて紹介していきます。

目次

公式LINE_友だち追加CTA

大学生と専門学生の違いとは?

まず、就活に関する大学生と専門学生の違いを見て「不利」と言われている理由を知りましょう。

就活の考え方

大学生は一般企業への就職をメインに就活を行っており、幅広い業界や企業の中から自分に合う企業を探していきます。

反対に専門学生は専門職への就職を考えている人が多く、あまり幅広い業界を見ていません。更に、学校に企業が出向きガイダンスをしてくれるため、自ら業界や企業を探しにいく人はあまり多くいない傾向があります。

就活支援の環境

環境に関しては、「キャリアセンターや教員が就活支援をしてくれるのか?」「友人に相談出来るのか?」について紹介します。「大学生が一般企業」、「専門学生が専門職」を希望している場合は、各学校のキャリアセンターや教員が就活支援をし、友人も相談に乗ってくれやすいです。

しかし「専門学生が一般企業」を希望している場合は、異なります。専門学校のキャリアセンターや教員は、一般企業に対する知識が専門職に比べてあまりないため、専門職を希望している人よりも支援が手薄になりがちです。

また、友人は専門職を希望している人が多いこともあり、相談がしにくいと思う人も多いようです。

募集条件

ここでお伝えするのは、一般企業に就職する際の条件についてです。企業によって求める人材は異なるため、募集条件もそれぞれ違います。

一般企業を希望する際は、大卒が条件になっている企業もあるため、専門卒だと就職出来ない企業が存在してしまいます。そのため、大学生よりもやや就職先の幅が狭くなってしまう傾向にあります。

年収

厚生労働省の調査によると、大学出身者の平均年収は210.2万円、専門学校出身者は平均183.9万円で大学の方が高めでした。

就職後は、頑張り次第で専門学校出身でも年収が高くなるケースはありますが、入社時の年収は専門学生のほうが低くなりがちです。

▶参照元:厚生労働省/令和元年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況

就職先を見つける方法

大学と専門学校の違いを紹介しましたが、様々な違いがある中で「一般企業への就活を成功させたい」「自分に合った求人が知りたい」という人もいると思います。ここでは、就職先を見つける方法を紹介するので、一般企業を希望している人は実践してみましょう。

✓就活情報サイト
✓就活イベント
✓就職エージェント

就職先を探す方法として、マイナビ等の就活情報サイトや就活イベント、就職エージェントがあります。特に就職エージェントは、あなたの不安や悩みに耳を傾け、過去の出来事や強み等からあなたにマッチした業界や企業を紹介してくれます。

就活情報サイトを利用し、就活イベントに参加することも大事ですが、「どう就活を進めたら良いか分からない」「自分に合う企業が分からない」という人は就職エージェントを利用してみましょう。

専門学校生の就職は不利だと言われていますが、内定獲得が出来るようにサポートしてくれるので、利用してみたい人は下記画像をクリックして相談してみて下さい。

就職エージェントneo就活相談

就職以外の選択肢

大学と専門学校の違いを知って、「早い段階できちんと準備をしている大学生とライバルになるのは嫌だな」「就職以外の選択肢はないかな」と思っている人もいるかと思います。

もし就職をしない場合、どんな選択肢があるかとその選択肢のメリットとデメリットを見てみましょう。

✓留年
✓フリーター
✓大学に編入
✓フリーランス
✓起業

留年

まず、専門大学を留年することについてのメリットとデメリットを紹介します。場合によっては「就活留年」と言う場合もあるので、覚えておきましょう。

■メリット

1番のメリットは、現在の就活を活かしながら新卒として再度就活に挑めることです。新卒と既卒では求められてくるスキルや難易度が大きく変わります。そのため、ポテンシャル重視の新卒枠で就活が出来ることは大きなメリットです。

更に今年の経験を活かせることや先に入社した同期からの情報を貰えることもメリットの1つです。

■デメリット

大きなデメリットは、お金がかかることです。分野によって異なりますが、昼間部の授業料だけで平均69.3万円前後を払わないといけないのは金銭面的には大きな負担となるでしょう。更に、就活のときに「なぜ留年したのか?」を問われることが多いです。

留年をした理由や留年をしていた時期に何をしていたのかを明確に伝えられる様にしましょう。「就活留年」を検討している人は、留年期間の過ごし方等も確認しておくことをオススメします。下記のURLで紹介しているので確認してみてください。

▶参考:就活留年って不利?留年期間の過ごし方やアピール方法を紹介
▶参照元:学校各種学校協会「学生・生徒納付金調査(令和2年度)」

フリーター

フリーターとは、15~34歳までの正社員以外の就労雇用形態で働く人のことを指します。例えば、アルバイトやパートの人等が当てはまります。

■メリット

一番のメリットは、時間の融通が効くことです。好きな日数・時間に働くことができ、更に正社員よりも責任を問われることが少ないです。また、人間関係や仕事内容に不満を持った際は、正社員よりも比較的簡単に職場を変えることができるメリットがあります。

自由に時間管理が出来るので、資格の勉強等をしていきたい人はメリットに感じるでしょう。

■デメリット

収入が安定しないことや保障制度がないことがデメリットとして挙げられます。正社員であれば月収が決まっているため、一定の金額を安定的に得ることが出来ますが、フリーターは職場の状況によっては安定的に勤務することが出来ず、月の給料に波が生じます。

更に、正社員のような保険や福利厚生等が得られないことをデメリットに感じる人もいるかもしれません。

大学に編入

専門学校によっては「大学編入コース」を用意しているところがあり、文部科学省により定められている条件(※)をクリアすれば、大学への編入が可能です。

(※)修業年限が2年以上であること、そして総授業時間数が1,700時間以上の要件を満たす課程を修了することの2条件を満たしている場合

■メリット

メリットとしては、専門的な知識だけでなく大学で幅広い知識を得ることが出来ることです。キャリアアップや進路変更を考えている人にオススメで、就活のときには留年をするよりも面接官に良い印象を与えやすいです。

■デメリット

デメリットは友達ができにくいことです。もちろん個人差や大学の環境によりますが、すでに人間関係が構築されている輪の中に入ることもあり、友人を作りにくいと思ってしまうかもしれません。

他にも専門学校と同じく学校に通うので、当然費用が発生します。目的なく編入をしてしまう場合は、費用面もデメリットになるでしょう。

フリーランス

フリーランスとは、特定の企業や団体に所属せずに個人で仕事を請け負いながら働く方法です。フリーランスと聞くとカッコいいイメージを持つ人もいるかもしれませんが、メリットとデメリットは何なのか確認してみましょう。

■メリット

取引先で常駐しながら働く企業でなければ、働く場所も時間も自由に決められます。また、自分がやりたいことをやることができ、磨きたいスキルを磨くことが出来ます。

一切人と関わらなくて済むことはありませんが、組織に属するよりも人間関係に対するしがらみがなくなることもメリットの1つです。

■デメリット

デメリットは、安定した収入が得られないことと自ら営業をする必要がある点です。更に、仕事を依頼する企業側は、あなたのスキルを見て”お願いの有無”や”任せる仕事の質や量”を判断します。

そのため、安定的に収入を得ることが難しいというリスクも存在します。働くことで生じる税金や保険の支払いに関しても自ら手続きをしなくてはいけないため、手間がかかることもデメリットの1つです。

起業

最後に起業について紹介します。

■メリット

起業をする際はフリーランスと同じで、自由に仕事ができることはメリットになるかと思います。組織に属さないため、自分の思い通りに働く日や時間、仕事内容、方向性等を決めることが出来ます。

新卒では経営などについて実践的に理解を深めることが難しいため、自分の力で経営や社会についての理解を深め、チャレンジをしたい人にとっては1つの手です。

■デメリット

デメリットとしては、安定的な収入を得られないことや自ら仕事を獲得してなければならないことです。起業したばかりで安定した収入を得られる人はほとんどいません。

多くの場合、初期投資などを行い、赤字経営からスタートします。そのため、起業する前に起業できるだけの費用があるのかを確認しておきましょう。

更に、新卒入社ではビジネスマナーなどを教えてもらえますが、就職をせずに起業をする場合は基本スキルを自ら学んでいかなくてはいけないデメリットもあります。

就職以外の選択肢を紹介しましたが、いかがでしょうか?やってみたいことがある場合は、就職以外の選択をしても良いかもしれません。しかし、簡単なことではないことは覚えておきましょう。

「どうすれば良いか分からない」「就活を頑張ってみようと思ったけど、不安」等と思っている人は就活のプロである就職エージェントに相談してみて下さい。

就職エージェントneoの就活支援サービス

まとめ

本記事では、大学と専門学校の違いや就職以外の選択肢等について紹介してきました。

一般企業への就職を希望している専門学生は、一般職を希望している大学生よりも就職難易度が上がり、不利と言われています。しかし、就活をサポートしてくれる就活のプロを利用すれば専門学校を卒業する前に内定を獲得出来る可能性が高くなります。

そのため、就活や就職に対して不安を抱えている人は、就活のプロである就職エージェントに相談してみて下さい。就活は1人で進めないといけないなわけではないので、周りに助けてもらいながら進めていきましょう。

就活エージェントneo

就職エージェントneoでは、専任のアドバイザーが個別面談を実施し、各人の就活状況や人柄を把握した上で、希望や適正に合致した企業の求人情報を紹介してくれるサービスを提供しております。

何千人もの就活生を見てきた就活のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるのが特徴と言えます。

受けられるサービス

(1)個別面談(就活相談)
各人の抱える就活の悩みを相談することができます。

(2)企業紹介
面談をした上、あなたの希望や適正にマッチした企業を紹介してくれます。

(3)履歴書・ESアドバイス
専任のアドバイザーが企業から評価されるESの書き方の助言をしてくれます。

(4)面接アドバイス
面談を通して、自分という商材のアピール方法をアドバイスしてくれます。

メリット
  • サポートはすべて無料で受けることができる
  • 模擬面接の予約が取りやすい
  • 面接練習だけではなく本番の面接のセッティングもしてくれるa
デメリット
  • 相性のいいコンサルタントに当たるとは限らない
  • 志望度が高くない企業を紹介される可能性があるa

内定支援実績約40,000件を誇る就職エージェントneoの専属アドバイザーがあなたが内定を獲得するまで最後まで伴走をしてくれます。

また、サイト登録をすることであなたに適した未公開求人も紹介してくれるためさらに内定の確率がアップします。

とはいえ、「就職エージェントってなんか不安だな」と思われるかもしれません。ですが、仮にキャリアセンターに相談をしても、紹介できる求人数に限りがある場合もあります。

求人数が少ないと、あなたの本来の目的である「内定の獲得」を果たすことは難しい可能性が高いです。一方で、就職エージェントneoならば多数の求人の紹介・就活の相談を同時に受けることが可能です。

このサービスに登録することで、ご自身の人生を変えるキッカケを得ることができるのです。

このまま何も行動を起こさなければ、ご自身の納得のいく企業に内定をもらうことができないかもれません。

たった1分の行動が「納得内定」へのキッカケになるでしょう。本記事を「読んで就活エージェントに相談したい」「効率的な就活がしたい」という方は、ぜひ就職エージェントneoをご利用ください。

就職エージェントneoの就活相談

関連記事

本サイトでは、他にも専門学生や留年を考えている人に読んでほしい様々なコンテンツを公開していますので、ぜひ本記事と合わせてご確認ください。

  専門学校に関する記事一覧  ★専門学校の就職率や就活でのメリット・デメリットを詳しく解説

★専門就職VS一般就職|専門学校生が就職できないと思う理由を解説!

★「専門学校生は就職先が決まらない」は”幻想”だった!?ー内定獲得の方法を紹介!-

★専門学校生の就職を成功させる方法とは~就活開始時期が遅い?と感じたら就活のプロに相談しよう!~

  留年に関する記事一覧  ★就活留年って不利?留年期間の過ごし方やアピール方法を紹介

★面接で「留年した理由は何ですか?」と質問されたときの正しい答え方~回答例10個紹介~

前の記事
記事一覧へ
次の記事
ページトップへ